銀行系カードローンガイド

「銀行系カードローンガイド」のコンテンツ

銀行系カードローンと消費者金融系カードローンの違いとは?

違い

銀行系カードローン・消費者金融系カードローンの違いは、まずそれぞれの定義が必要です。実はこの定義は意外と曖昧で、キャッシングの知識がある人の間でも見方が割れています。

まずは両者の定義をしつつ、違いをまとめていきましょう。

銀行「系」とはどういうことか?

まず、銀行「系」ということは、「銀行カードローン」でなくてもいいわけです。銀行カードローンだったら「系」など付けなくても、完全に「銀行のカードローン」ですからね。

では、どのようなキャッシングの種類に対して「銀行系」と付けられているのか。そこから分析してみましょう。

アコム・プロミス・モビットは、ある意味「銀行系」

まず、一番「銀行系」と呼ばれる理由があるのは、大手の消費者金融の中ではモビット・プロミス・アコムです。理由は、それぞれ下の銀行と関連があるからです。

  • アコム…三菱東京UFJ銀行
  • モビット・プロミス…三井住友銀行

その他、ノーローンも新生銀行と関係があります。何はともあれ、これらの消費者金融は銀行のグループ企業か、あるいはブランドになっているので、そういう点では「銀行系」のカードローンといえます。

実際には「消費者金融」と分類される

しかし、一般的にはこれらのキャッシングブランドは「消費者金融」と呼ばれることが多いです。プロミス・モビットは徐々に変わるかも知れませんが、たとえばアコムを見て「銀行カードローン」と思う人はいないでしょう。

モビット・プロミスが変わるかも知れないというのは、相当イメージの切り替えに力を入れているからです。どちらも三井住友銀行ATMで無料で借入・返済ができますし、三井住友銀行のローン契約機を利用して、審査申込みやカード発行もできるという具合です。この銀行との連携ぶりは、アコムやノーローンを遥かに超えています。

そのため、消費者金融から一番早く「銀行系カードローン」として認知されるブランドがあるとしたら、プロミス・モビットになるだろうと思われます。現時点では、どのキャッシングブランドも「消費者金融」というのが、一般的な認識です。

アイフルは間違いなく「消費者金融系」

一方、大手の消費者金融の一角を占めるアイフルは、完全に「消費者金融系」です。どの銀行の傘下にも入っていないからです。

大手の消費者金融の中でも、アイフルと武富士はずっと銀行系に属さず、独立を貫いてきました。別にそれが良い悪いということではなく、その歴史が今も続いているということです。

(武富士は過剰融資やジャーナリストの盗聴など、犯罪や問題のある行為を次々と犯したため、消滅してしまいました。銀行のグループに属さなかったから潰されたというのは間違っています)

新生銀行カードローン レイクは?

大手の消費者金融の中の分類は上に書いた通りですが、では「銀行カードローン」の中ではどうか。銀行カードローンと消費者金融の中間にあるブランドは「新生銀行カードローン レイク」です。

以前は「ほのぼのレイク」という消費者金融

知っている方も多いでしょうが、新生銀行カードローン レイクはもともと「ほのぼのレイク」という消費者金融でした。サッカーのジーコ氏などがイメージキャラクターになっていたので、覚えている方もいるかと思います。

この当時の名残で、今でも実質年率(金利)や審査基準などは、消費者金融に近い部分があります。ただ、形式としては完全に銀行カードローンなので「銀行系」でも「消費者金融系」でもありません。普通の「銀行カードローン」です。

他の銀行カードローンとレイクの違い

一般的な銀行カードローンと新生銀行レイクでは、どのような点が違うか。箇条書きすると下のようになります。

  • レイクは借り換え専用コースがある
  • レイクは実質年率(金利)が高い
  • 代わりに無利息期間が充実している
  • 無収入の専業主婦は借入不可

「銀行カードローンとの違い」といっても「どの銀行カードローンと比べるか」という問題もあるので、あくまで「平均的な銀行カードローン」と比較しました。

たとえば「借り換え専用コースがある」という部分ですが、銀行カードローンはすべて総量規制の対象外なので、わざわざおまとめ・借り換えの専用のコース・プランは用意していないというのが現状です。一応イオン銀行で「おまとめローン・ネットフリーローン」というものはありますが、これもあくまで「フリーローンのおまけに、おまとめの機能がついている」というイメージです。

新生銀行カードローン レイクも総量規制の対象外なので、別に借り換え専用コース・プランを用意しなくてもいいはずなのですが、専用のコースがあった方がわかりやすいからか、「借換プラン」という商品が用意されています。

「系」を無視して比較すると?

ここまでは「系」という部分に着目して比較してきました。結論は「プロミス・モビット・アコム・ノーローンは、ある意味銀行系」であり、アイフルは完全に「消費者金融系」ということです。

ただ、それもハッキリと定義されているものではないので、あくまで「あえて整理するなら」ということです。ここではこうした「系」という単語は無視して、単純に「消費者金融・銀行カードローンの比較」をしていきましょう。

借りやすさなら、消費者金融のカードローン

これは多くの人がすでに知っていると思いますが、借りやすさで比較するのであれば、銀行カードローンよりも断然消費者金融の方がおすすめです。

  • 特定の銀行口座を持っていなくても融資可能
  • 土日・祝日でも最短当日借入できる
  • 夜間の最短当日審査も21時~22時までOK
  • 審査時間はわずか「最短30分」とスピーディー

このように「急ぎでお金を借りたい」という人のニーズに応えられるシステムが、完璧に整備されているからです。(消費者金融というのは、融資の特急サービスに特価したビジネスなのです)

そんため、「今日中にお金を借りたい」というような急ぎの場面では、ぜひ消費者金融を選ぶことをおすすめします。

低金利&高額借入なら銀行カードローン

低金利で借りたいという希望があって、しかも高額のキャッシングをする…というのであれば、銀行カードローンを選ぶことをおすすめします。高額になればなるほど消費者金融との金利差が大きく効果を発揮するようになりますし、借り入れが長期間に渡れば渡るほど、低金利な方が最終的な利子総額が小さくなるからです。

ただ、銀行カードローンだったらどれでも消費者金融より低金利というわけではありません。たとえばジャパンネット銀行カードローンの上限金利は消費者金融と同じなので、100万円以下の借り入れだと、消費者金融と利息が変わらない…という注意点もあります。

その他、オリックス銀行カードローンやじぶん銀行カードローンなども上限金利は高いですが、これらの銀行カードローンは代わりに下限金利が低金利なので、特に借入総額が大きくなる時に選ぶといいでしょう。

ほとんどの人は消費者金融でOK

基本的に、ほとんどの人がお金を借りる時は消費者金融でOKです。理由は、多くの人がお金を借りる時の必要な金額は3万円・5万円・10万円程度であり、このような少額借り入れだったら、消費者金融の方が向いているということです。

何にでも利用用途に適したサービスというものがありますが、「少額・短期間」のキャッシングをするのであれば、銀行カードローンよりも消費者金融の方がいいわけですね。3万円・5万円・10万円程度の借り入れでわざわざ銀行カードローンを使うのは、「一人のドライブでハイエースに乗る」のに等しい…というイメージです(そこまでひどくありませんが)。

何はともあれ、高額・長期間の借り入れをするのでなければ、誰が借りるにしても消費者金融系で十分なので、アコム・モビット・アイフルなどの有名なキャッシングブランドを選ぶといいでしょう。

(無収入の専業主婦の方々は消費者金融系では借りられないので、その点のみ注意が必要ですが)

銀行系・消費者金融系のカードローン・まとめ

以上、消費者金融系・銀行系のカードローンの違いや定義について書いてきました。基本的に「系」という定義は特に意味がないのですが、銀行カードローンと消費者金融の違いについては、意味があります。要は高額・長期間で借りるなら銀行カードローン、そうでなければ消費者金融という違いです。以下、補足の説明もしていきます。

消費者金融の悪いイメージは昔の話

今の消費者金融を一度利用して見るとわかりますが、もうほとんど銀行カードローンと何も変わりません。実際に大手の消費者金融サービスを見ても「銀行系のグループが提供するブランド」であることが解ります。

例えばアコムは三菱UFJフィナンシャル・グループなので、消費者金融・銀行カードローンを分けることも、徐々に意味がなくなっていく可能性があります。街金業者と呼ばれる中小の消費者金融は相変わらず「消費者金融」と呼ばれるでしょうが、アコム・プロミス・モビットなどの銀行系の消費者金融については、今後は「銀行の個人向けキャッシング」というような扱いになっていく可能性も高いでしょう。

逆に銀行カードローンが消費者金融に近づいている

消費者金融が銀行カードローンのようになっているというのもありますが、銀行カードローンの方が、金利が高くなるなどして、逆に消費者金融に近づいているという点も指摘できます。

たとえば下の銀行カードローンの上限金利(100万円未満のキャッシングで適用される金利)は、アイフル・アコムなどの消費者金融とほぼ同じになっています。

  • ジャパンネット銀行…18.0%
  • 新生銀行レイク…18.0%
  • オリックス銀行…17.8%
  • じぶん銀行…17.5%

見ての通り「17.5%~18.0%」という上限金利です。一方の消費者金融はどうかというと、「17.8%~18.0%」です。つまり、上の一覧の銀行カードローンの中で、消費者金融より銀行カードローンよりが安いというのは、じぶん銀行カードローンだけなんですね。あとはすべて、消費者金融と同じということです。

(消費者金融はみんな「18.0%」ですが、プロミスは唯一オリックス銀行カードローンと同じ「17.8%」と、安くなっています。)

これらの銀行カードローンが高金利なわけではない

もちろん、これはこれらの銀行カードローンが高金利という意味ではありません。たとえば新生銀行カードローン レイクについては、下の2種類の無利息期間があることで、実際に支払う利子総額では、一番安くなる可能性があります。

  • 初回30日間無利息
  • 5万円まで180日間無利息

「初回30日間無利息」についてはアコム・アイフルなども提供しているサービスですが、さらに「5万円まで180日間無利息」まで入ることで、半年程度の短期間で、少額のキャッシングであれば、一番低利息なのは新生銀行カードローン レイクとなることが多いのです。

また、その他のオリックス銀行カードローンなどにしても、上限金利は高いものの、下限金利は大手の銀行カードローンの中でもトップレベルに安くなっており、「高額借入に強い銀行カードローン」というポジションを確立しています。

要は「小口借入向け」か「大口融資向け」かという違いがあるだけで、どちらが良い悪いというわけでもないのですね。

このように、銀行カードローンも多様化していて、消費者金融・銀行カードローンの区別というのはだんだん難しくなっています。もちろん、かつての武富士のような強引な取り立てをするような消費者金融がなくなったということは、利用者にとっては非常にいいことでしょう。

銀行系カードローンガイドに関連するその他の記事