銀行系カードローンガイド

「銀行系カードローンガイド」のコンテンツ

お金の借り方徹底ガイド!銀行カードローンで学生や主婦がお金を借りよう!

主婦が銀行カードローンでお金を借りる

専業主婦・学生のお金の借り方について書くと、まず「専業主婦は銀行カードローンでないと借りられない」という点が、第一に指摘できます。そして、学生は逆に「銀行カードローンはやや厳しく、消費者金融の方が借りやすい」ということができます。

専業主婦は迷わず銀行カードローンで

まず、冒頭に書いた通り無収入の専業主婦の方々については、借入先を消費者金融・銀行カードローンで比較するなら、迷わず銀行カードローンといえます。プロミス・モビット・アイフルなどの消費者金融については、「専業主婦は、最初から借入不可」だからです。検討する余地がないわけですね。

銀行カードローンでも一部不可だが…

実は、銀行カードローンも専業主婦のキャッシングについて、どこでも借入可能となっているわけではありません。「専業主婦は借入不可」という銀行カードローンは、地方銀行を中心に一部見られます。

借入資格に「安定収入があること」と書かれている場合は、大体専業主婦のキャッシングは厳し目といえます。逆に「専業主婦でも借りやすい銀行カードローン」というのは、「主婦でも借入可能」とか「専業主婦の方々の融資枠は、30万円までとなります」などと書かれています。

なので、専業主婦の方がお金を借りたい時には、そのような銀行カードローンの中から選択する…というのがいいでしょう。

借入可能金額は10万円~50万円

専業主婦の方々が、銀行カードローンでキャッシングする時、与えられる与信枠は10万円~50万円となっています。50万円というのは最大レベルの話であって、楽天銀行スーパーローンやイオン銀行カードローンBIGなど、一部の銀行カードローンに限定されています。

ほとんどの銀行カードローンの場合は、最大で30万円までと思ってください。それも、誰でも最初から30万円の借入枠がもらえるというわけではなく、あくまで借入・返済の実績を積み重ねて信用が上がった専業主婦の方々だけになります。

自分の収入がない状態で、30万円以上の高額を借り入れするというのはやはり危険ですから、こうした与信枠の設定は無難かつまっとうなものだと思うべきでしょう。

パート・アルバイトをすれば、与信枠は増額できる

もし借入枠を増額したいのであれば、何らかのアルバイト・パートをすれば大丈夫です。自分の収入がないままだから30万円や50万円から増額されないというだけであって、何らかの自分の収入を得るようにすれば、クレジットヒストリー次第で50万円以上の高額キャッシングもできるようになります。

「専業主婦」と普通の「主婦」はよく混同されますが、キャッシングの世界ではアルバイト・パートなど、収入を得る仕事を何もしていない女性を「専業主婦」と呼びます。なので「専業主婦では融資不可」となっている消費者金融にしても「パート収入がある主婦の方々」だったら、問題なく借入可能となっているわけですね。

もちろんパート収入がいくらかという金額の問題もありますが、最低限5万円~8万円程度の月収を得ていれば、とりあえず10万円程度の借入可能金額で、審査は通ることが多いです。そして、フルタイムで働いている人が借入・返済の実績を積み重ねれば、50万円を超える高額借入をすることも、難しくはないでしょう。

学生でも借りられる銀行カードローン

ここまでは専業主婦の方々の銀行カードローンでの借り入れについて語ってきました。ここからは「学生が、銀行カードローンでキャッシングする」ことについて語っていきます。

ソニー銀行カードローンは10万円まで可能

学生でも借入可能と明記している銀行カードローンの一つに、ソニー銀行カードローンがあります。ここは「学生の与信枠は10万円まで」という制限があり、小口借入しかできません。しかしたとえ10万円という少額であっても、学生がキャッシングできると明記されているというのは心強い点です。

他の銀行カードローンについては、「学生は借入不可」だったり、あるいは「借入可能なのかどうか明記されていない」というパターンが非常に多いですからね。大抵の学生のキャッシングは10万円も借りられればとりあえず十分なはずなので、ソニー銀行カードローンの融資枠でも、まったく問題はないかと思います。

楽天銀行は学生への融資に比較的、積極的

楽天銀行スーパーローンも、学生がお金を借りる上では比較的借りやすい銀行カードローンの一つです。この「借りやすい」という言葉は、もちろん「審査基準がゆるい・甘い」というようなニュアンスではありません。あくまで「審査に比較的、積極的」ということです。

なぜかというと楽天銀行自体が歴史の浅い銀行なので、学生などの若者の層を取り込む必要があるということです。たとえばご自身の祖父母の方々などを想像していただくとわかるでしょう。おじいさん・おばあさんが楽天銀行を利用するということは、まず考えられません。リアル店舗もATMも持たないネット専業銀行ですからね。

このように「高齢者・年配の方々」を取り込めむのが難しい性質上、楽天銀行は「若者を顧客として育てる」しかないわけです。となると、銀行カードローンの審査でも当然「他のメインバンクなどよりは、学生への貸し付けに対して積極的になる」と想像できます。

あくまで想像ではありますが、実際に楽天銀行スーパーローンの審査を受けた学生さんの口コミ・評判で「割と柔軟だった」という体験談はよく見られます。

新生銀行カードローン レイクも借りやすい

また、新生銀行カードローン レイクも学生がキャッシングの審査に通りやすい借入先の一つだと言えます。新生銀行カードローン レイクの場合は楽天銀行スーパーローンとは違い、「学生だから」とか「若者だから」というわけではなく、単純に、もともと大手の銀行カードローンの中で一番審査通過率が高い借入先の一つなのです。

これは、新生銀行レイクの実質年率(金利)を見ればわかります。「実質年率18%」というのは、アコム・モビット・プロミスなどの大手の消費者金融の上限金利と同じなのです。プロミスに至っては「17.8%」なので、新生銀行カードローン レイクよりもプロミスの方が低金利…というくらいです。

このように上限金利が高いのであれば、金融の原理からいって当然審査通過率も高くなります。なので、大手の銀行カードローンの中でも特に「比較的審査通過しやすいキャッシング先」を探している学生さんは、新生銀行レイクを選ぶのがいいでしょう。

学生が借入不可な銀行カードローン

ここまでは「学生がキャッシングしやすい銀行カードローン」について書いてきましたが、中には「学生は借入不可」と明記している銀行カードローンもあります。こうした「学生ではお金を借りることができない」銀行カードローンについても紹介します。

横浜銀行カードローン

まず、地方銀行のカードローンの最大手である横浜銀行カードローン。これは地方銀行のカードローン全般で見られる傾向ですが、学生は借入不可という申し込み資格がハッキリと明記されています。

しかし、もともと横浜銀行は「神奈川県・東京都・群馬県」などの一部のエリアでしか利用できないカードローンですし、ほとんどの学生さんにとって「特に横浜銀行カードローンで借りなければいけない」という理由はないでしょう。お金の借り方として「銀行カードローンでなければだめ」というこだわりを持つ学生さんはまずいないと思われるので、この点は特に問題ないと言えます。

静岡銀行カードローン「セレカ」

横浜銀行カードローンと並んでトップレベルの人気を誇る地方銀行カードローンである、静岡銀行カードローン「セレカ」。地方銀行のカードローンでありながら、大手の消費者金融と同様に「最短30分」というスピード審査ができるというのがメリットです。

また「最大45日間利息キャッシュバック」という、申し込むタイミングによっては無利息期間が最大となるサービスもあり、もともとの実質年率(金利)も安いので、借り方によっては一番低利息・低金利を実現できる借入先といえます。

ただ、この静岡銀行カードローン「セレカ」もやはり学生ではキャッシング不可と明記されているので、残念ながら学生のお金の借り方としては、対象外になります。

イオン銀行カードローンBIG

イオン銀行カードローンBIGは地方銀行のキャッシングではありませんが、やはりこれも「学生では借入不可」とはっきり書かれています。基本的に主婦の女性がメインの顧客層なので、あえて学生さんを取り込む必要もないということでしょう。

これはイオン銀行カードローンBIGだけではなく他の銀行カードローンでも言えることですが、学生というのは高額融資をできないことが最初からわかっているので、あまり利益にならないという難点があるんですね。もちろん、先行投資のようなもので、学生のうちに利用者として取り込んでおくことで、就職して社会人になった後も、長く利用してもらえるというメリットはあります。

ただ、最初から顧客層が決まっていて、しかもその層で十分に人数が確保できているような、イオン銀行のような銀行カードローンの場合は、あえて学生を対象にする必要がないというわけです。

銀行カードローンでの借り方・まとめ

以上、無収入の専業主婦や学生の場合の、銀行カードローンでのお金の借り方についてまとめてきました。最後に、特に学生のお金の借り方について補足していきます。

学生だったら、消費者金融の方がおすすめ

上の内容でわかったと思いますが、学生があえて銀行カードローンで借りる必要というのは、あまりありません。最初から借入不可だったり、借入可能でも「10万円まで」とか「親権者の同意書が必須」とか、何かと障害が多いからです。

それだったら、最初から親権者の同意書も不要で、審査も早く審査通過率も高い消費者金融で借りた方がいいというわけですね。もともと少額借り入れでは消費者金融の方が有利というのは、会社員・OL・公務員などの場合も同じなのです。

学生のキャッシングである以上、小口借入であることは確定しているわけですから、その点でもキャッシングの知識がある人からしたら「自動的に消費者金融で決まり」となるくらいなのです。

中小の学生専用ローンは、おすすめできない

同じ消費者金融でも、アコム・モビット・アイフルなどの大手ではなく、中小業者の場合はあまりおすすめできません。中小のキャッシング業者の中には「学生専用ローン」というのもありますが、こうした学生ローンも含めて、大手ほどのメリットはないといえます。

というのは、学生専用ローンはコンビニATM・銀行ATMと提携していないものが多いので、借入・返済がしにくいというデメリット・短所があるため。特に臨時返済がしにくいというのは厄介で、どうしても完済が遅れてしまいます。完済が遅れるということは、多重債務者・借入超過者になるリスクも上がりますし、そこまでいかなくても利子総額は確実に増えていきます。

という「借入・返済がしやすい」という点でも、やはり学生のキャッシングは消費者金融が一番いいわけですね。「銀行カードローンの借り方」について書いてきましたが、こと学生に関しては「消費者金融の方がい」というのが当サイトの結論です。

(ここまで述べてきた理由から、それは納得していただけるかと思います。)

銀行系カードローンガイドに関連するその他の記事