銀行系カードローンガイド

「銀行系カードローンガイド」のコンテンツ

安い金利・低金利で借りたい場合のおすすめキャッシングは?

少額のお金

「金利安いキャッシング」を探している場合、半年間なら実は消費者金融・半年以上なら、銀行カードローン…という風に区別すると、わかりやすいです。なぜこのような期間で分かれるのか、説明していきます。

消費者金融の「初回30日間無利息」

消費者金融は、プロミス・アコム・アイフルが「30日間無利息」というサービスを提供しています。これを利用して借りると、当然最初の1ヶ月、銀行カードローンよりも利息でリードするわけです。

そして、もともとは銀行カードローンの方が低利息なので、そこから毎月、このリードが縮まっていく…というわけですね。そして「追いつかれるのが、ちょうど5ヶ月程度」ということです。

なので、正確には「5ヶ月」なのですが、冒頭ではわかりやすく「半年」と書きました。

半年で完済できるなら、迷わず消費者金融で

5ヶ月も半年もほぼ同じようなものなので、半年で完済できる自信がある、という人は、「金利が安いキャッシングを探す場合も、消費者金融がいい」と言えるでしょう。

1ヶ月の違いを無視しているわけではありません。そもそも「半年で完済できる」ということは、5ヶ月が経過した時点で、もうほとんど借入残高がない…という所たなのです。

借入残高が少なければ、銀行カードローンと消費者金融の金利差が多少あっても、ほとんど影響しないというわけですね。たとえばキャッシング残高が3万円だったら、1ヶ月の利息の差は、「わずか90円」です。100円玉にすら満たないわけですね。

そして、最短即日借入がしやすいことなども考えると、半年程度で全額返済する予定の人は、どう考えても「消費者金融で借りた方が、金利でも申し込みの便利さの面でも有利」ということです。

「30日間無利息」でない場合は?

上で書いた消費者金融というのは、すべて「30日間無利息」で借りられる消費者金融のことです。アコム・アイフル・プロミスですね。では、30日間無利息で借りられない消費者金融の場合は、どうしたらいいのか。

これは「金利が安い」という基準で見るなら、やはり「銀行カードローンの方がいい」ということになります。たとえばSMBCモビットは無利息キャッシングができませんが、金利・利息面だけ見ると、SMBCモビットはどうしても不利です。

もちろん、その分SMBCモビットは10秒簡易審査で、借入可能かどうかが大体もっとも早くわかるというスピード審査の魅力があります。なので、そもそもSMBCモビットは金利・利息で勝負するキャッシングブランドではないのですが、「金利・利息だけで見ると、どうしても不利」ということです。

(これは、レーシングカーが「街乗りでは不利」というのと同じです。何にでも用途というものがあるのです)

ノーローンの「何度でも1週間無利息」だと?

もう一つの大手の消費者金融として「ノーローン」があります。ノーローンは「30日間無利息」では借りられませんが、「何度でも1週間無利息」という独自の無利息サービスを持っています。

1週間ということで、アコム・プロミス・アイフルのように「5ヶ月銀行カードローンをリードする」ということはできません。単純計算でその4分の1になるので、「1ヶ月ちょっとは、銀行カードローンよりノーローンの方が低利息」となるくらいでしょうか。

なので、「金利が安い」とは言いがたいです。しかし、給料日前などの定期的なピンチに、繰り返し使えるという点では、ノーローンの「何度でも1週間無利息」は、かなり有利なシステムでもあります。

というように、ここでもSMBCモビット同様「利用目的が違う」「それぞれのメリット・長所がある」という結論になります。とりあえず、消費者金融で「金利が安い」といったら、アイフル・プロミス・アコムのどれかになる、ということです。

銀行カードローンだったら、レイク

ここまでは消費者金融の話をしてきましたが、銀行カードローンで金利が安いといったら、新生銀行カードローン レイクは真っ先に候補に上がります。

キャッシングの知識がある人だと「いや、レイクの金利は消費者金融並みだろう」と思うかもしれません。確かに「上限金利」はそうです。

しかし、新生銀行カードローン レイクは「無利息キャッシングで最強」なので、半年間の借り入れだったら、どの銀行カードローンよりも低利子で借りられるわけですね。そのため、ここではレイクの無利息サービスについて説明していきます。

30日間無利息と「5万円まで180日間無利息」

なぜレイクの無利息サービスが、この分野で「最強」なのか。これは下の2つの理由からです。

  • 一番効果が大きい「30日間無利息」がある
  • それと併用して「5万円まで180日間無利息」もある

30日間無利息と併用の無利息サービスがあるのは、新生銀行カードローン レイクだけなのですね。と言うよりも、無利息期間を2つ持っているのが、レイクだけなのです。

当然「2つを合計すれば、確実にナンバーワン」になるわけですね。プロミスでポイント貯めて「2年後くらいに、もう一度30日間無利息にする」という方法もありますが、それだけ長期間キャッシングを続ける人は、あまりいないでしょう。

そのため、短期間で大きな利息軽減効果があるという点では、やはりレイクがナンバーワンなのです。

特に少額なら、半年間利息ゼロ

特に少額キャッシングだったら、新生銀行カードローン レイクは半年間、利息ゼロで借りることができます。

  • 初回30日間無利息
  • 5万円まで180日間無利息

この2つの無利息キャッシングができるわけですから1ヶ月目に、借入残高を5万円まで減らせば、そこから5ヶ月は無利子でキャッシングできるというわけですね。

また、もし5万円まで減らせなくて、たとえば「9万円」だったとしても、別にいいのです。5万円分はこれでも無利息になるので、借りているのは、4万円だけという扱いになるわけですね。

新生銀行カードローン レイクの金利で5万円借りると、1ヶ月の利息は750円ですから、「半年間は、常に利息を750円割引(毎月)」となるわけです。少額のキャッシングで、レイクがどれだけ有利かよくわかるでしょう。

消費者金融からの借入先の変更リレーもおすすめ

これは一種の裏ワザですが、「借入先の変更リレー」というのもあります。(審査に通るかどうかわからないので、あくまで理論的には、そういう方法もあるということです)

具体的には、下のような順番で、無利息キャッシングができる消費者金融を借り継ぎ、新生銀行カードローン レイクにつなげます。

  1. プロミス
  2. アコム
  3. アイフル
  4. ノーローン
  5. 新生銀行カードローン・レイク

こうして、「30日間無利息で借りられるうちに、できるだけキャッシング残高を減らしておく」というやり方です。そうして、「借入残高が小さくなってから、新生銀行カードローン レイクで借りる」というようにすれば、「5万円まで180日間無利息」の効果が、きわめて大きくなるわけです。

もちろん、これはあくまで「理屈で考えればこうなる」というだけで、このようにうまく「借り継ぎ・借入先の変更」ができるかはわかりません。あくまで参考程度にしてください。

通常でも低金利なら、銀行カードローン

ここまでは、消費者金融にしても新生銀行カードローン レイクにしても「無利息キャッシング」について語ってきました。ここからは、通常金利が安いという意味で「本当に低金利な銀行カードローン」について書いていきます。

(つまり、半年以上の借り入れだったら、これらの銀行カードローンが金利が安く借りられる…ということです)

イオン銀行・ソニー銀行が一番低金利

まず、大手の銀行カードローンの中で一番低金利なのが、ソニー銀行カードローン・イオン銀行カードローンBIGです。どちらも「13.8%」という上限金利になっています。

は銀行カードローンの平均的な上限金利は14.5%なので、イオン銀行・ソニー銀行はそれよりも「0.7%低金利」というわけです。

メガバンクなら、みずほ銀行カードローン

上のように、一番低金利なのはソニー銀行・イオン銀行なのですが、いかんせん「口座を持っていない」という人も多いでしょう。ソニー銀行カードローンは口座がなくても平日だったら最短即日借入できますが、土曜日・日曜日・祝日では口座が必要です。

また、イオン銀行カードローンBIGについては、平日でも土曜日・日曜日・祝日でもイオン銀行の口座が必要…という条件です。つまり、どちらも銀行口座がないと借りにくい、しかしマイナーなので、口座を持っていない人が多い…というのがデメリット・短所なのですね。

その点ではメガバンクのカードローンが有利でしょう。三大メガバンクだったら、どれかの口座は、皆持っているはずです。そして、メガバンクの中では、みずほ銀行カードローンの14.0%が、一番安い上限金利になっています。先ほどのイオン銀行・ソニー銀行のカードローンの「13.8%」にも、かなり近いですね。

大部分の銀行カードローンは14.5%前後

みずほ銀行カードローンの「14.0%」の後は、大体似たような上限金利が続きます。軽く一覧にしてみましょう。

  • 三井住友銀行…14.5%
  • 楽天銀行…14.5%
  • 静岡銀行…14.5%
  • 三菱東京UFJ銀行…14.6%
  • 横浜銀行…14.6%
  • 千葉銀行…14.8%

このように、ほとんどが「14.5%か14.6%」となっているわけですね。

一部の銀行の上限金利は、消費者金融並み

そして、ここから先は「上限金利が高いグループ」ですが、これらの銀行カードローンの上限金利は、消費者金融に近いです。

  • じぶん銀行…17.5%
  • オリックス銀行…17.8%
  • 新生銀行カードローン レイク…18.0%
  • ジャパンネット銀行…18.0%

新生銀行カードローン レイクについては、上に書いた通り無利息キャッシングが最強なので、消費者金融と同じ部類と考えた方がいいでしょう。つまり「最初の半年なら、低利息でおすすめ」ということですね。

じぶん銀行カードローンやオリックス銀行カードローンは、上限金利は高いものの、下限金利は低金利なので、数百万円レベルの高額キャッシングに向いているといえます。最初からそういう客層に絞っているので、こうした金利設定になっているのでしょう。

というように、銀行カードローンだったら必ずしも低金利というわけではありません。銀行カードローンによって金利がだいぶ違うので、この点は注意してください。

金利が安いキャッシング・まとめ

以上、金利が安い消費者金融や銀行カードローンのキャッシングについて、まとめてきました。最後に、今回述べた要点を整理していきましょう。

1年だったら、消費者金融も銀行カードローンも変わらない

冒頭では「半年」で分けましたが、借入期間が一年未満だったら、消費者金融で借りようが、銀行カードローンで借りようが、金利・利息はほとんど変わらない…と思ってください。

1年で完済できるということは、半年経過した時点で、もうかなり借入総額が減っています。そこから先の半年間は、両者の金利差も、ほとんど意味が無い…ということですね。金利差というのは「キャッシング総額が大きくてこそ、違いが出る」ものですから。

1年で完済するのが基本なので、消費者金融でいい

そして、キャッシングとか借金というサービスは、そもそも長く利用するようなものではありません。金融機関の側も、お客さんに長く利用してもらうことは期待していません。(短期間で完済するお客さんを見ている方が、清々しい気分になると、スタッフさんもよく言われています)

そのため、キャッシングというのは「1年程度で完済するのが基本」と言えるのです。そして、上に書いた通り「1年だったら、ほぼ同じ」わけですから、だったら「最短即日借入がしやすい消費者金融で借りた方がいい」という結論になるでしょう。

もちろん、少しでも低金利な方がいいという方は、銀行カードローンを選ぶというのもありです。しかし、最短即日キャッシングのしやすさなど、全体的なメリットを考慮する場合は、消費者金融がいいでしょう。

銀行系カードローンガイドに関連するその他の記事