キャッシングコラム

「キャッシングコラム」のコンテンツ

銀行の融資審査ってやっぱり厳しいの?カードローンはどう?

銀行の融資審査

お金を借りたい時は、銀行カードローンで借りるかプロミス・SMBCモビット・アイフルなどの消費者金融で借りるか…という選択肢で迷う方が多いでしょう。銀行カードローンの審査は、低金利な分消費者金融よりも厳しくなっています。

そのため、もし審査に通る自信があまりないのであれば、銀行カードローンでお金を借りるのではなく、消費者金融を選ぶことをおすすめします。

審査通過率はどのくらい違うのか

具体的に、消費者金融と銀行カードローンを比較した場合、審査通過率の数字でいうと、どのくらい差があるのか―。これは特に銀行カードローンの方で正確な審査通過率の数字が出ていない(公表されていない)ので、単純比較は難しくなっています。

ただ、アコム・アイフル・プロミスについては月次レポートによってほぼ正確な審査通過率が公表されていますし、その他の消費者金融・銀行カードローンについても、実際に審査を受けた人々の口コミ・評判から、大体の審査通過率を判断することは可能といえます。

ここではそうした推測による全体的な審査通過率について、両者を比較していきます。

消費者金融は大体「40%」程度

消費者金融といっても、SMBCモビット・アコムなどの大手と、いわゆる街金業者・サラ金と呼ばれる中小業者では、審査通過率に差があります。一概には言えませんが、大体大手の消費者金融の方が審査が厳しく、中小の街金業者の方が審査基準が比較的甘い・ゆるい…という傾向が見られます。

これは当たり前で、誰でも最初はアコム・アイフルなどのよく知られた大手で申し込み、そこで落ちた人が中小の消費者金融に借りに行くという流れだからです。自然と「信用度(クレジットスコア)が低い」人が集まりやすくなるので、どうしても中小の街金業者は、審査基準のハードルをゆるく・甘くする必要がある…というわけですね。

ということで、消費者金融といっても大手か中小かによって審査通過率はかなり異なるのですが、大体全体的な傾向としては、プロミス・アコム・アイフルなどの大手の場合は「40%~45%程度」と考えて下さい。

(これも時期によってだいぶ変化するものではありますが)

銀行カードローンは20%~30%程度

消費者金融の審査通過率の話をしてきましたが、では一方の銀行カードローンの審査通過率はどのようになっているのか。これは大凡の目安として「20%~30%程度」ということができます。

実は、銀行カードローンについては、消費者金融以上に借入先によって審査通過率が変化するので、一概には言えません。消費者金融の場合は上限金利がほとんど18.0%で統一されているのですが、銀行カードローンは大手だけでも「13.8%~18.0%」というように、かなりのバラつきがあるからです。

なので、あくまで全体的な目安ではありますが、大体銀行カードローンは見出しのような審査通過率と考えて下さい。つまり、大体消費者金融の1.5倍か2倍程度審査が厳しい…というわけですね。

新生銀行カードローン レイクならやや通りやすい?

よくキャッシングをした人の口コミ・評判で書かれているのは、「大手の銀行カードローンの中でも、新生銀行カードローン レイクだったら、比較的審査に申し込みやすい」というものです。これはケースバイケースですが、確かにその傾向は少し見られます。

理由は方で新生銀行カードローン レイクの上限金利は「18.0%」で、消費者金融と同じだからです。上限金利というのはいわゆる「高い方の金利」で、100万円以下の借り入れのときにはほとんどの場合、これが適用されます。

つまり、ほとんどの人のキャッシングでは、用いられる金利は上限金利になるんですね。それが消費者金融と同じ数値ということは、「実質、消費者金融と同じ金利」のようなものなのです。

となると、もっと上限金利が安い(低い)、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」やソニー銀行カードローンなどの借入先よりは、理論的に新生銀行カードローン レイクの方が審査に申し込みやすい傾向が見られる…というのも、別におかしくないわけですね。

上限金利が高い銀行は審査に申し込みやすい?

上限金利と審査基準の関係について書きましたが、さらに詳しく解説していきましょう。必ずしも「上限金利が高いキャッシング先であれば、審査通過率も高くなる」というルールがあるわけではありません。しかし、金融の理論的にはそうなりやすい、ということは指摘できます。

「審査が甘くて低金利」な借入先があったら?

仮の話として「審査基準が甘くて、しかも金利が低い」という理想的な銀行カードローンがあったとしましょう。当然、そのようなキャッシング先には申込者が殺到するわけです。

それらの人をすべて「ゆるい審査基準」で通していたら、すぐに貸付のための資金がなくなるわけですね。そうなったら、その後の申し込みについては「断る」しかないわけです。どれだけ信用度(クレジットスコア)高い人が申し込んできたとしても、です。

信用度が低い人が「先着」という理由だけで借りられて、信用度が高い人が「後から申し込んで来た」というだけの理由で審査に通らない…というのは理屈で考えておかしいでしょう。なので、このような「理想的な銀行カードローン」が仮にあったとしても、そこはやがて「審査基準を厳しくするか、金利を高くする」という流れになるのです。

だから、理論的に「低金利でしかも審査に申し込みやすい」という、申込者にとって究極の理想と言える借入先は、存在しないというわけです。

メインバンクで利用実績があると、審査で有利

日頃使っている銀行(メインバンク)で、その口座の利用実績が豊富にある…という場合は、審査が厳しい銀行カードローンでも比較的審査に通りやすくなります。その口座の利用状況を見れば、その人の経済状況や金銭感覚が、大体わかるからです。(これはご自身の口座の利用状況を振り返れば、大体納得できるでしょう)

つまり、利用実績があれば必ずしも有利になるというわけではなく、「あくまで良好な利用実績が必要」ということです。そういう制限付きではありますが、そのような条件に合致する人であれば、銀行カードローンでも比較的審査をパスしやすくなるということは言えるでしょう。

審査スピードはどのくらい違うか

ここまでは審査通過率・審査基準のみに着眼して、銀行カードローンが消費者金融のキャッシングの審査よりどのくらい審査が厳しいか…ということを書いてきました。ここからは、審査の早さについても比較していきましょう。

審査スピードは圧倒的に消費者金融が早い

これは大体想像がつくと思いますが、スピードキャッシングができるという点では、消費者金融は断然、銀行カードローンより有利…となっています。そのための高金利といいますか、その分も含めて高めの料金が設定されている…ということですからね。

(新幹線などの交通機関で言う特急料金とまったく同じです)

そのため、審査難易度の面というだけでなく「急ぎでお金を借りたいというニーズがある場合も、消費者金融を選んだ方がいい」ということが言えるでしょう。信用度(クレジットスコア)高く、銀行カードローンの審査をパスする自信がある人でも、「今日中にお金が必要」と言うような場面では、消費者金融を選んだ方がいいというわけです。

三井住友銀行・レイクなども早いが…

単純に「最短30分」などの審査スピードの数字だけを見れば、新生銀行カードローン レイクや三井住友銀行カードローンなども、消費者金融と同じ「最短30分」になっています。

しかし「最短30分」と書かれていても、本当にこの時間で審査が完了するとは限りません。どんな業界でも言えることですが、最短とか最速というのはあくまで理論値であって、実際にはバラつきがあるからです。

(Wi-Fiの「最高速度」などは相当バラつきがあります)

ということで「実際に30分で審査結果が出るか」という点では、やはり消費者金融には銀行カードローンはかなわない…ということですね。

そもそも「審査に通る」ことが最重要

さらにここで「審査通過率」の話に戻りますが、急ぎでお金が必要な時に一番重要なのは、そもそも審査に通ることなのです。どれだけスピーディーに審査してくれたとしても、それで審査通過できなかった…というのでは何の意味もありませんからね。また別の借入先で申し込むにしても、相当なタイムロスになります。

「何が何でも今日中にお金を借りたい」という人にとって、このタイムロスはかなり痛いものでしょう。なので、そのように審査落ちによって時間を無駄にすることがないという点でも、急ぎでお金を借りたい人にとって、消費者金融の審査通過率の高さは魅力的ということです。

銀行カードローンの審査・まとめ

以上、銀行カードローンの審査について、消費者金融と比較しながら審査通過率やスピードについてまとめてきました。最後に補足として、いくつかのポイントについて解説します。

基本的に余裕がある人だけ、銀行で借りる

総合的に言うと、「余裕がある人だけ、銀行カードローンで借りる」べきなのです。高年収である、安定した職場である、他社借入がない、これまでのクレジットヒストリーが良好である…というような方々ですね。

こうした「キャッシング審査に通る自信が満々」という方の場合は、低金利で借り入れができる銀行カードローンを選ぶべきなのです。しかし、そうでない人は消費者金融を選ぶのが基本…というわけですね。

家庭に入っている女性だけは例外

ただ、何にでも例外というものがありますが、これはキャッシングの選択肢でも同じです。自分の収入がない女性の場合は、そもそもSMBCモビット・アイフルなどの消費者金融ではキャッシングができないという事実があり、こうした専業主婦については、「銀行カードローンを選ぶしかない」というわけですね。

「しかない」と書くと否定的というかネガティブなようですが、そうでもありません。

  • 銀行カードローンの方が低金利である
  • 専業主婦の審査通過率は比較的高い

このような2点のメリットがあるからです。低金利についてはわかるでしょう。「専業主婦の審査通過率が意外に高い」というのは、下のような理由からです。

  • 女性が専業主婦をしているなら、夫・旦那の収入は安定している
  • 30万円程度までなら、問題なく融資していい

このような判断を、銀行カードローンなどの金融機関側がするわけですね。実際、女性がアルバイト・パートすらしないで専業主婦をしているという家庭で、30万円の借金が返済できない…というケースはまずないでしょう。

というような理由から、夫・旦那に何か内緒の借り入れがない限りは、基本的に専業主婦は審査に通りやすくなっているのです。

…というような例外も一部あるものの、やはり全体的に見れば「消費者金融の方が相対的に申し込みがしやすい」というのは間違いありません。なので、急ぎでお金を借りたい人・審査に自信がない人などは、銀行カードローンでお金を借りるよりも消費者金融を選んだ方がいい…と言って間違いないでしょう。

キャッシングコラムに関連するその他の記事