キャッシングコラム

「キャッシングコラム」のコンテンツ

大手キャッシング&カードローン アコムと三菱東京UFJ銀行のバンクイック徹底解説

大手銀行

キャッシングの借入先は、大別して消費者金融・銀行カードローンのどちらかになります。そして、消費者金融ではアコム、銀行カードローンでは三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」が、それぞれの代表の一つ…と言っていいでしょう。

アコムは「初回30日間無利息」で借りられることがメリット・長所で、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は「家庭に入っている女性が申し込みやすい」ということが、メリットになっています。

アコムでキャッシングするメリット

まず、アコムでお金を借りるメリットを書くと下のようになります。

  • 初回30日間無利息で借り入れできる
  • 最短即日審査の時間も、毎日22時まで
  • 楽天銀行の口座がある人は、特に有利

以下、これらのアコムのメリット・長所について、詳しく解説します。

初月は無利息でキャッシングできる

これはプロミス・アイフルも提供しているサービスですが、アコムは「初回30日間無利息」というシステムを利用して、初月の利息をゼロにする…ということが可能です。

これは非常に大きなことで、キャッシングの知識がある人だったらよく知っているでしょう。この「初回30日間無利息」を利用することで、最初の4ヶ月か5ヶ月は、銀行カードローンよりもアコムの方が低利息になるという法則があるんですね。

つまり、下のような状態になるわけです。

  • アコムの初月の利子がゼロになる
  • 初月で、銀行カードローンとの利子総額の差がつく
  • 翌月からは、銀行カードローンの方が低利息なので、差が縮まっていく
  • 完全に縮まるまでに、4ヶ月~5ヶ月かかる

どうしてこの計算になるのかというシミュレーションは、やや長くなるので省略します。しかし、半年程度で全額返済できるなら、実はアコムの方が銀行カードローンよりも利子総額が小さくなるという、以外な意外な事実があるわけですね。

最短即日審査の受付時間が長い

消費者金融は、銀行カードローンと比較すると、かなり最短当日審査の受付時間が長くなっています。銀行カードローンは大体15時程度で締切時間となっていますが、アコムは平日でも土曜日・日曜日・祝日でも22時(夜10時)まで最短当日審査というタイムスケジュールになっているのです。

他の消費者金融は、SMBCモビット・ノーローン・アイフルだと夜9時までですが、アコムとプロミスは夜10時まで…という時間設定になっているんですね。なので、もともと銀行カードローンより受付時間の面で有利な消費者金融の中でも、プロミス・アコムはさらに有利になっている…ということです。

そのため、最短当日キャッシングを希望する人の中でも、夜の遅い時間に審査申込みする…という人の場合は、アコムかプロミスのどちらかを選んだ方がいい…というわけです。

以上、アコムでお金を借りるメリットについてまとめてきました。次は三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」でキャッシングするメリットについて書いていきましょう。

三菱東京UFJ銀行でお金を借りるメリット

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」で融資を受けるメリット・長所は、一覧にすると下のようになります。

  • 家庭に入っている女性が、夫・旦那に内緒で申し込みやすい
  • 学生も配偶者の同意書があれば借入可能
  • 土曜日・日曜日・祝日・夜間でも最短即日借入できる
  • 三菱東京UFJ銀行の口座がなくてもOK

以下、これらのバンクイックの長所・メリットについて、解説していきます。

土曜日・日曜日・祝日でも口座なしで融資可能

さらに三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の最短当日キャッシングのメリットとして、下の2点が挙げられます。

  • 土曜日・日曜日・祝日でも申し込める
  • しかも、三菱東京UFJ銀行の口座がなしでいい

まず、銀行カードローンは消費者金融と違って「土日キャッシングができない」という所が結構あります。三菱東京UFJ銀行と同じメガバンクでも、みずほ銀行カードローンは土日借入が不可能となっています。(代わりにみずほ銀行の方が低金利ですが)

そのように、まず土曜日・日曜日・祝日の最短当日借入ができるという点で、銀行カードローンとしては有利ですし、さらに「三菱東京UFJ銀行の口座なしでもOK」という条件なのですね。

例えばイオン銀行カードローンBIG・楽天銀行スーパーローン(カードローン)などは、土日融資はできるものの「それぞれの銀行口座を持っている」ということが、土日キャッシングの条件になっています。

つまり、これらの銀行口座を持っていない人は土日借入ができないということですね。その点、バンクイックは「三菱東京UFJ銀行の口座を持っていない人でも当日借入できる」ということで、多くの人にとって有利な条件なのです。

アコム・バンクイックの比較

以上、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」・アコムのそれぞれについて、メリット・長所をまとめてきました。両者の比較を簡単にすると、下のようになります。

  • 5ヶ月で完済できるなら、アコムの方が低利息
  • それ以上借りるなら、バンクイックがいい
  • 専業主婦はバンクイックしかない

以下、このアコム・バンクイックの比較について、詳しく解説します。

5ヶ月で完済できるならアコムで

アコムのメリット・長所の部分で書いた通り、アコムには「初回30日間無利息」といサービスがあります。そのため、最初の5ヶ月だったら利子総額でアコムの方が、バンクイックより安くなるわけですね。

もちろん低利息であることが全てではありません。しかし、低利息で借りたいという方なら、これくらいの短期間で全て返済できるなら、アコムでキャッシングした方がいいのです。

5ヶ月以上借りるなら、バンクイック

上の内容は、逆に言えば5ヶ月以上キャッシングするなら、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の方が低利息になる、ということを意味します。もともと銀行カードローンの方が低金利なので、これは当たり前ですね。

銀行カードローンでも、上限金利が高いジャパンネット銀行カードローン・じぶん銀行カードローンなどで借りる場合はもう少し長期間アコムの方が有利になるわけですが、バンクイックは「銀行カードローンの標準的な金利」なので、半年からは逆転する…ということです。

専業主婦はバンクイックしかない

これもバンクイックの長所・メリットの部分で書いた通りです。家庭に入っている女性がアコムでキャッシングすることはできないので、自然と三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」を選ぶ…という結論になります。

これは他の消費者金融と銀行カードローンを比較する時でも同じです。SMBCモビットでSMBCモビット・プロミスでも、あるいはアイフル・ノーローンでも、自分の収入がない女性は借り入れができません。

三菱東京UFJ銀行とアコムの借り入れ・まとめ

以上、アコムでのキャッシングと、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」での借り入れについて、それぞれの利点を書きつつ、両者を比較してきました。以下、結論と補足を兼ねてまとめをします。

メインバンクが三菱東京UFJ銀行なら、バンクイックは特におすすめ

メインバンクというのは普段使っている銀行のこと。これが三菱東京UFJ銀行であるという人も多いでしょう。そうした方の場合は、特に三菱東京UFJ銀行・バンクイックで借りるメリットがあります。

メインバンクのカードローンで借りるメリットというのは、下の通りです。

  • 普段の用事のついでに借入・返済できる
  • 口座の利用実績で信用されるので、審査通過率が上がる

「ついでの借入・返済」ができると、特に小まめな臨時返済ができるようになるという点で、有利です。少しでもコツコツ任意返済をした方が、最終的な利子総額も間違いなく小さくなりますからね。

アコムのデメリットは、他の消費者金融と比較して特にない

アコムについても補足すると、アコムでキャッシングするデメリット・短所というのは、特にありません。銀行カードローンと比較すると、「高金利」など多少のデメリットはありますが、消費者金融同士で比較する場合、アコムのデメリットというのは、まったくと言っていいほどないのです。

  • 最短即日審査の受付時間…プロミスと並んで最長
  • 初回30日間無利息…あり
  • 金利(実質年率)…普通
  • 限度額…500万円(他の消費者金融と同じ)
  • 審査時間…最短30分(これも他と同じ)

このようにほとんど、アコムと他の消費者金融は同じスペックなのですね。つまり、アコムのデメリットがないというよりは「大手の消費者金融は大体同じ」なのです。

唯一違うのは「30日間無利息のサービスがあるか」「最短即日審査の受付時間は何時までか」ということですが、はアコムはこの2点は両方、プロミスやアイフルなどと並んでトップのレベルなので、まったく短所がないわけです。

唯一短所があるとしたら「返済計画の再編のための融資の金利が、上限金利・下限金利ともに中途半端で、あまり借りるメリットがない」ということくらいです。その他の面では、すべてのサービスで、非のつけどころがないキャッシングになっています。

すでにアコムで借りている場合

現時点でアコムで少額を借り入れしている人が、追加でキャッシングをしたくなったら、他の消費者金融に申し込むだけではなく、アコムで借入限度額を増額してもらうという方法もあります。これまで延滞・滞納をしていないのであれば、その方が早いし確実かもしれません。

ただ、基本的にキャッシング枠の増額というのは、最初に審査通過してから半年はない…というシステムになっています。大体半年ごとに見直し審査(途上与信)というものをするのですが、そのタイミングまでは、仮に遅延・延滞無しで払っていたとしても、最高借入枠を増やすことは難しいでしょう。

このように、アコムをすでに利用している方だと、少々手続きや借り入れの内容が変わりますが、その他の方は、ここまで書いてきた内容を参考にして、アコムや三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」でキャッシングするかどうか、検討してみて下さい。

キャッシングコラムに関連するその他の記事