キャッシングコラム

「キャッシングコラム」のコンテンツ

低い金利で利用したい?キャッシングサービス各社の金利を比較してみた

利息・金利・利率

キャッシングの利息の違いは、それぞれの消費者金融・銀行カードローンで設定されている「実質年率」で決まると思っている方が多いでしょう。確かにこれもある程度影響しますが、実際の利子総額に一番影響するのは、実は「初回30日間無利息」などの無利息サービスがあるかどうかです。ここでは、こうした無利息期間とキャッシングの利息の関係について書きます。

利息の違いは「30日間無利息」で決まる

無利息期間にもいろいろありますが、一番メジャーなのは「30日間無利息」です。消費者金融だとアコム・アイフルが「初回の借り入れ限定」という条件で30日間無利息のサービスを提供しています。そして、プロミスは「ポイントを貯めることで、何度でも30日間無利息にできる」というシステムになっています。

(プロミスでは、WEB明細利用・メールアドレスの登録など、いくつかの条件のクリアが必要となりますが、それほど難しいものではありません)

そして、こうした「初回30日間無利息」などのサービスが、なぜ「もっとも実際の利子総額を左右する要素」になるのか。ここではそこから説明していきます。

消費者金融の金利は、どこも変わらない

まず、アコム・モビット・アイフル・プロミスなどの大手の消費者金融同士で比較する場合、「実質年率」の金利の数字は、ほぼ同じなんですね。

  • プロミス…17.8%
  • それ以外の消費者金融…18.0%

となっています。「プロミスが一番安いなら、金利差もある」と思われるかも知れませんが、実際の利子総額で計算してみると、実はそれほど大きな違いにはならないのです。

(もちろん、それでもプロミスが大手の消費者金融で一番低金利というのは事実で、これはプロミスのメリット・長所です)

たとえば「10万円」を「1年間」キャッシングしたとしましょう。プロミスの「実質年率17.8%」というのは、「10万円の17.8%の金額が、1年間の利息総額になる」ということです(わかりやすく書くと)。

10万円の17.8%は「1万7800円」です。これが「年間利息」になるんですね。一方、モビット・アコム・アイフルの「18.0%」の場合は「10万円の18.0%」なので、「1万8000円」です。これも「年間利息」です。

つまり、それぞれの年間利息は下のようになります。

  • プロミス…1万7800円
  • 他の消費者金融…1万8000円

こうして見ると、両者の年間利息の違いは「わずか200円」ということがわかります。「10万円を1年間借り続けて、わずか200円しか違わない」わけですね。そのため「大手の消費者金融の金利は、実質みな同じ」と言っていいわけです。

(もちろん、繰り返しますがそれでも「プロミスが一番低利息」というのは、すごいことであり、高く評価すべき顧客サービスであると言えます)

そして、このように「金利が実質同じ」である以上、「あとは、差がつくポイントは無利息サービスしかない」ということです。

30日間無利息だと、5ヶ月は銀行カードローンよりも低利息

無利息サービスは、消費者金融同士の間で差をつけるだけではありません。「最初の5ヶ月の利息であれば、銀行カードローンよりも安くなる」という、意外な事実があるんですね。これも簡単な計算をお見せして、説明しましょう。

まず、消費者金融・銀行カードローンのそれぞれの1ヶ月の利息ですが、1万円借りた場合、それぞれ大体下のような金額になります。

  • 消費者金融…約150円
  • 銀行カードローン…約120円

*銀行カードローンは、一番一般的な金利である「14.5%」の場合で計算しています。

このように、1ヶ月あたり「30円」、銀行カードローンの方が低利息なわけですね。しかし「初回30日間無利息」の消費者金融で借りた場合は、初月の消費者金融の利息が「0円」となるのです。この時点(1ヶ月が終了した時点)で、銀行カードローンは消費者金融よりも「120円多く利息を払う」ことになるわけですね。

つまり、消費者金融が「120円リード」するわけです。それを「毎月30円ずつ」銀行カードローンが追い上げていく…という計算になります(何やらスポーツのようですが)。

そして、「120円」を「月30円ずつ」追い上げるので「4ヶ月」で追いつきます。そして「最初の1ヶ月が終わった後、プラス4ヶ月」なので、「全部で5ヶ月」となるわけです。

こうした計算から、「最初の5ヶ月は、30日間無利息の消費者金融の方が、銀行カードローンより低利息」となるわけですね。概算なので日数は多少前後しますが、ほぼこれで合っています。

30日間無利息で借りられる消費者金融

では、このように30日間無利息でキャッシングできる消費者金融はどこがあるのか。大手で一覧にすると、下の通りです。

  • プロミス
  • アコム
  • アイフル

冒頭にも書いた3つの消費者金融ですが、アイフル・アコムは「初回のみ」、プロミスは「何度でも」となっています(WEB明細利用・メールアドレスの登録などの条件も、先に書いた通りです)。

プロミスの「何度でも30日間無利息」というのは、あくまで「ポイントを貯めることが必要」なので、1回無利息サービスを利用した後、次に利用できるまでにはある程度の期間が必要…と考えてください。

銀行カードローンの利息の違い

ここまでは消費者金融の金利と無利息期間について語ってきました。ここから先は「銀行カードローン」の場合について語っていきます。

無利息期間なら「新生銀行カードローン・レイク」がおすすめ

まず、無利息サービスについては「新生銀行カードローン レイク」が断然有利です。これは「銀行カードローンの中で有利」というだけではなく、「すべての大手の消費者金融・銀行カードローンの中で、新生銀行カードローン レイクがナンバーワン」なんですね。その理由は「無利息期間の種類が2つある」ことです。

  • 初回30日間無利息
  • 5万円まで180日間無利息

このような2種類の無利息サービスが用意されているわけですね。銀行カードローンはもちろん、アコム・プロミス・アイフルでもそれぞれ「1種類」の無利息期間しかないので、2種類あって、しかも併用できる新生銀行カードローン レイクが、無利息サービスでは「最強」なのです。

メガバンクなら「みずほ銀行カードローン」が一番低金利

無利息期間を抜きにして、「通常金利」だけで見るのであれば、メガバンクだとみずほ銀行カードローンが一番低金利です。メガバンクというのは、三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行のことですね。これらの銀行カードローンの上限金利だけ比較すると、下のようになります。

  • みずほ銀行…14.0%
  • 三井住友銀行…14.5%
  • 三菱東京UFJ銀行…14.6%

このように、三大メガバンクの中で「みずほ銀行だけ、頭一つ抜けて低金利」ということがわかるでしょう。なお「上限金利だけ」で比較した理由ですが、これは「100万円以下のキャッシングでは、ほぼ上限金利が適用される」からです。

多くの人がお金を借りる時は、言うまでもなく「100万円以下」の借入枠で借りることが多いので、「その銀行カードローン・消費者金融の金利=上限金利」と考えていいわけですね。

それで、上限金利だけ比較すると「みずほ銀行が一番安い」ことから、「三大メガバンクのキャッシングでは、みずほ銀行が一番低利息」となるわけです。

(三大メガバンクだけで比較した理由は、一番身近で抵抗もなく、多くの人にとって借りやすいためです)

銀行は、たまに無利息キャンペーンがある

新生銀行カードローン レイクの無利息サービスについて書きましたが、レイク以外の銀行カードローンでも、無利息期間はあります。ただ、他の銀行カードローンの場合は「期間限定」のキャンペーンであったり、「期間限定とは言っていなかったのに、短期間で終了する」などのこともあり、安定して無利息サービスを提供しているとは言えません。

(もちろん、それでも問題はないのですが、要はすべて「キャンペーン」だと思った方がいい、ということです)

一番無利息になる割合が大きいのは、静岡銀行カードローン「セレカ」の「最大45日間利息キャッシュバック」です。30日に対して「45日」ということで、単純計算で「最大1.5倍低利息になる」ということですね(30日間無利息と比較して)。

借入金額が増えると、低金利になる?

キャッシングの利子を左右する要素ですが、「借入金額の大きさ」も関係します。知っている方も多いかも知れませんが「キャッシング金額が大きくなるほど低金利になる」というルールがあるんですね。これについて詳しく書きます。

100万円を超えて初めて、低金利になる

具体的にどのくらいの金額を借りると低金利になるかですが、大体の目安が「100万円以上」となっています。それ以下のキャッシング金額では、借り入れを増やした所で、金利が変わることはない…というのが、基本的なシステムです(どの銀行カードローン・消費者金融でも)。

この理由は「利息制限法」から来ています。利息制限法では、「100万円を超えたら、法定金利が15.0%までになる」と決められているので、どのキャッシング業者や銀行カードローンでも、それに合わせている…というわけですね。

銀行カードローンだと「50万円」でも低金利になる

一方、銀行カードローンは「50万円」を境目に適用金利が変わる…という所もいくつかあります。かなり少数派ですが、たとえばソニー銀行カードローンでは、60万円から適用金利が「12.8%」になるというシステムになっています。(50万円までは「13.8%」という上限金利です)

他にも、三菱東京UFJ銀行カードローンの「バンクイック」ではなく「マイカード・プラス」でも、やはり「50万円から」適用金利が下がるようになっています。

このような例外は一部ありますが、基本的には、大手の業者・銀行の適用金利は「100万円を超えたら初めて安くなる」と考えて下さい。

借入金額を増やすことより、返済を考えるべき

当たり前ですが、「低金利になるから沢山借りよう」などとは考えないことです。低金利でも、借入総額がおおきければ、実際に支払う利子総額は大きくなるに決まっています(本当に当然のことですが…)。

普通のスーパーなどの買い物でも「まとめ買い割引につられて、ついつい買いすぎる」ということは確かにあります。そうした心情はわかりますが、それでもキャッシングと普通の買い物では訳が違うので、こうした行動は当然ながら、謹んでください。

キャッシング各社の利息の違い・まとめ

以上、消費者金融と銀行カードローンの両方で、金利・利息・無利息期間について語ってきました。最後にポイントを整理すると、下のようになります。

  • 大手の消費者金融の実質年率(金利)は、みんなほぼ同じである
  • 消費者金融の利子総額の差は「30日間無利息」の有無で決まる
  • アイフル・アコム・プロミスは、30日間無利息で借りられる
  • モビット・ノーローンには「30日間無利息」はない

まずこれが「消費者金融の利息のポイント」です。次に「銀行カードローン・消費者金融の比較」をすると、下のようになります。

  • 「30日間無利息」の消費者金融は、最初の5ヶ月なら銀行カードローンより低利息
  • 銀行カードローンで30日間無利息が常時あるのは「新生銀行カードローン レイク」のみ
  • レイクは「5万円まで180日間無利息」もあるので、無利息サービスでは一番有利

そして、「銀行カードローンだけ」で書くと下のようなポイントになります。

  • 三大メガバンクの中では、みずほ銀行カードローンが一番低金利
  • レイク以外の銀行カードローンの無利息期間は、期間限定のキャンペーンが多い
  • 静岡銀行カードローン「セレカ」の「最大45日間利息キャッシュバック」は、一番低利息になる

その他、最後に書いた「100万円を超えたら低金利になる」などが、今回の記事のポイントです。「できるだけ低金利・低利息な借入先を探している」という方は、消費者金融でも銀行カードローンでもこれらのデータを参考にしてみて下さい。

キャッシングコラムに関連するその他の記事