キャッシングコラム

「キャッシングコラム」のコンテンツ

家族(夫・妻)に内緒でキャッシング(秘密で借り入れ)する場合のおすすめは?

内緒・秘密のイメージ

家族に内緒でキャッシングすることは簡単です。悪質な遅延・延滞をしない限りは、借り入れが家族にバレることはまずありません。以下、家族に内緒での借り入れについて詳しく説明していきます。

審査で自宅に電話がかかることはない

これはキャッシングの知識がある人の間では常識とも言えますが、キャッシングの審査で自宅の固定電話に電話がかかるということはありません。本人の携帯と勤務先に電話確認が行くだけで、その他の電話連絡は一切ないというのが、現代のキャッシングの審査の基本です。

本人の携帯電話か確かめるだけ

自分の携帯への確認電話というのも、極めて簡単な内容です。主に下の2点が確認されます。

  • 今回の申し込みは、ご本人様からのもので間違いないか
  • これから会社への在籍確認をするが、問題ないか

このような確認の電話です。極めて当たり前の内容なので、特に難しいことはありません。ほとんど「はい、大丈夫です」と頷いているだけです。

稀に、信用度(クレジットスコア)に不安な点がある場合は、電話口でごく簡単な審査をされることもあります。しかし、基本的に普通の人であればそれはないので、確認電話・電話連絡の内容は、特に意識する必要はないと言えます。

固定電話はなくても大丈夫

このように本人の携帯にかけるだけなので、自宅の固定電話を持っていない人でも、消費者金融・銀行カードローンのキャッシングの審査に申し込むことは問題なく可能です。

もちろん、固定電話の番号があった方が審査通過率が上がるというのは事実です。間違いなくそこに住んでいるという証明になりますし、固定電話を確保するだけの経済力があるということでもありますし、連絡先が単純に多い方が、連絡がつきやすく、督促もしやすいですからね。

ということで、固定電話があるに越したことはないのですが、ないならないで、携帯電話の番号だけでも十分審査の通過は可能です。

(実際、特に消費者金融で借りるような人の場合、携帯電話しか持っていないということが多いですからね。特に若い世代の方々はそうでしょう)

利用開始後の連絡も、自宅には行かない

そして、無事に審査完了して借り入れをし、返済生活に入った後も、銀行カードローン・消費者金融からの電話が自宅に来る…ということはありません。この点について、ポイントを箇条書きすると下のようになります。

  • 利用開始後にかかる電話といったら「督促」である
  • しかし、督促も「本人の携帯」にしかしない
  • よほど重度の遅延・延滞をした場合のみ、督促ハガキが自宅に来る

このようなシステムになっています。(システムというよりルールかも知れませんが)

督促・取り立てのハガキや郵送物も、別に怖いものではありません。携帯電話の料金やクレジットカードの引き落としの失敗で、受け取ったことがある方も多いでしょう。あれと同じようなものです。

特にプロミス・アコム・アイフル・SMBCモビットなどの大手の消費者金融の場合、一流ブランドということで、イメージを高く保ちたいですから、いかにもサラ金というような強引な郵送物を送ることはありません。極めてクリーンなものです。(仮に郵送物が来るような事態になったとしても)

そのため、一度審査通過したら、電話もかかって来ませんし、相当な悪質な遅延・延滞をしたとしても、郵送物が来るだけ…と思って下さい。

キャッシングの郵送物について

電話連絡の話から郵送物の話になりましたが、キャッシングと郵送の関係について、さらに掘り下げていきましょう。まず、審査の段階でも郵送物は一切ありません。自分から送ることもないし、受け取ることもないということです。

必要書類の提出も、メールでOK

郵送物を自分から送るというと、多くの人が想像するのは「身分確認資料・収入証明書」などの必要書類の提出でしょう。あるいは、職業・属性によっては「親権者の同意書・配偶者の同意書」などもあるかも知れません。

何にしても、このようなキャッシングの審査の必要書類は、郵送で送る必要はないというシステムになっています。見出しの通りメールで送信するだけでOKですし、スマートフォン・タブレットで借りる場合でも、やはりスマートフォンやiPadなどのカメラ機能を使って、必要書類を撮影して送信するだけでOK…というシンプルなやり方になっています。

郵送による審査の申し込みをした場合は、これらの提出書類も郵送することになります。しかし、今時郵送でキャッシング審査に申し込むような人は、高齢者の方々や、障害をかかえていて他の申込方法が使えない、というような特殊な方に限られますから、これは例外的なケースと考えていいでしょう。

ローンカードの郵送をなしにする方法

少しキャッシングの知識がある人だと、「ローンカードの受け取りはどうすればいいのか?」と思われるかも知れません。これも郵送でなくて大丈夫です。

確かに通常は郵送になっていますが、自動契約機・ローン契約機などで発行することで、郵送なしにできるわけですね。アイフル・アコム・SMBCモビットなどの大手のキャッシングブランドであれば、ローン契約機・自動契約機はみんな持っているので、そこでカード発行をすることができます。

自動契約機と言われてもわからない方もいるかも知れませんが、街中でよく見かける「プロミス・SMBCモビット」などの看板の建物の中にあるマシンです。アコムのむじんくんが有名ですね。その無人契約機で審査することもできますし、ローンカードの発行だけをそこでしてもいいわけです。

最近ではネット完結の審査の方が、自動契約機・無人契約機での審査よりだいぶやりやすくなっているので、多くの申込者が、ネット審査で審査完了した後で、カード発行だけローン申込機でする…というパターンをとっています。

銀行カードローンは一部、郵送がある

銀行カードローンについては、消費者金融のようにローン契約機を持っていないという所が多いです。銀行カードローンで自動契約機・無人契約機を持っているのは、新生銀行カードローン レイク、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」、三井住友銀行カードローンだけです。その他の銀行カードローンは、こうしたマシンを持っていません。(この点、消費者金融はかなりすごいことをしているわけですね。)

そして、そのようにローン申込機を持っていない銀行カードローンはどうするのか。これも「ローンカードの郵送をなしにする」というやり方があります。それは、キャッシュカード一体型・兼用型のローンカードを発行するということ。今財布の中にある、手持ちのキャッシュカードが、審査完了した直後から「カードローンにも使えるもの」に早変わりするわけですね。

昔の人からしたらまるで魔法ですが、要は「システムの管理者が、設定をいじった」ということです。「はい、山田さんのキャッシュカード、うちのカードローンも使えるようにしましたから、もうコンビニでもどこでも借入・返済できますよ」ということですね。(わかりやすく書くと)

このように「キャッシュカード兼用型・一体型」でローンカードの発行をできる銀行カードローンだったらいいのですが、中にはそれができない銀行カードローンもあります。その場合は「ローンカードの受け取りだけは、郵送がある」という風になります。このような銀行カードローンでお金を借りる場合には、家族バレの対策が必要でしょう。

(ローンカードが郵送されるだろう日時に、郵便屋さんのチャイムを待ち構えているなど。まるでビートルズの「Please Mr. Postman」の世界のようですが。)

重度の遅延・延滞をしている場合

ここまでも書いてきた通り、重度の遅延・延滞をしているというケースでは、督促のハガキなどが届く場合もあります。こうなると家族に内緒で借りるということは、少々難しくなります。秘密を守るには、何でも努力が必要なのです。

とは言うものの、消費者金融・銀行カードローンから督促のハガキが届くほどの延滞・滞納というのは、本当に悪質な遅延・延滞なので、基本的にほとんどの人は該当しません。具体的にどのくらい悪質だとそのようなケースになるのか、解説していきます。

自分の携帯の督促電話に出ない

先に書いた通り、督促・催促の電話連絡は必ず「自分の携帯」に来ます。それも、電話に出なかったら日時をおいて何度かかけます。それらの電話連絡、すべてに出られなかった、あるいは無視したという場合には、仕方なく自宅の固定電話にかける…ということもあります。

これは一般常識から考えても当然ですよね。何度かけても電話が通じないのであれば、もう一つの連絡先にかけるしかない…というのは自明の理でしょう。

これは督促・催促としての連絡だけではなく、特に高齢者の方の場合、孤独死などに一番早く気づくためにも重要なことです。つまり、銀行カードローン・消費者金融がそれぞれの利益のためだけにやっているわけではないんですね。「連絡がつかない」ということは、社会的にそれだけ大きな不安要素なのです。

たとえば英語で「責任」という単語は「レスポンシビリティ」と言います。これは「レスポンス=応答」から来ていて、直訳すると「応答能力」なのですね。「応答する」「返信する」というのが、社会人としての責任というわけです(私もメールの返信がよく遅くなるので、反省していますが)。

こうした英語の語源を考えても、督促電話に出ない人に対して、自宅の電話に連絡するというのは、社会人同士のマナーとして、当たり前のことなのです。誰がどう考えても「電話に出ない方がいけない」わけですね。

つまり、そのような「明らかに社会不適合」という行動をとらない限りは、自宅の固定電話に督促が行くことなど、まずないのです。

電話に出ていても、返済をしない

これもたまにあるケースです。つまり、携帯電話の督促に出て「来週には払いますんで」と言いながら、来週もその次もずっと返済しない…というパターンです。

これだと、「この利用者は、督促電話をしても全然効果がない」ということで、銀行カードローン・消費者金融は「督促の郵便物」を自宅に送るようになります。返済しないのだから、それしかないですよね。

こうした督促・催促にかかるコストは、すべて利息から出ています。つまりこのような悪質な利用者がいるから、キャッシングの利息が高くなるわけですね。税金でも同じですが、「一人マナーのない人間がいると、マナーのある他の人が迷惑をこうむる」わけです。

もちろん、生活が苦しくて仕方がないという方もいるでしょう。しかし、そうした生活困窮者の方々には、国や自治体が生活福祉資金・母子福祉資金などの支援制度を用意しているし、任意整理などの債務整理もできるわけです。

それをしないでただ延滞・滞納だけしているというのは、どう考えても怠慢です。うつ病などでそうした行動すらできないというケースもありますが、大部分はギャンブルなどにハマって、完全に自暴自棄になっているだけなのです。

そうした方に対して厳し目の督促をして、まじめな利用者全員の利益を図るというのは、民主主義の世界では極めて当たり前なことです。こういう規律まで批判すると、誰も努力をしないで崩壊した、旧ソ連などの共産主義社会になってしまうのです。

…と、少々根本的な議論になりましたが、要するに誰がどう見ても、督促のハガキが来て当たり前、というケースでなければ催促も取り立てもされないということです。なので、普通の人はこうした督促による家族バレ・夫バレ・旦那バレ・嫁バレなど、まったく気にしなくていいということですね。

家族に内緒のキャッシング・まとめ

以上、夫・旦那、嫁・妻・親などの家族に内緒でお金を借りることについてまとめてきました。少々哲学的な話も絡めつつ解説しましたが、よほどのことがなければ、家族にバレることはないということは、理解していただけたかと思います。

また、キャッシングを家族に秘密にするということについて、罪悪感を持つ必要もありません。どんなにおしどり夫婦と呼ばれる夫婦でも、何らかの秘密はあるものです。

たとえばイチローと弓子夫人の仲の良さは有名ですが、イチローはあるインタビューで、「弓子には、これだけは絶対言えないということ以外は、全部話している」と答えています。インタビュアーに「絶対に言えないことというのは?」と突っ込まれて、「それが言えないから、絶対に言えないことなんです(笑)」と、冗談めかして答えていました。

笑ってはいたものの、やはりそれは本当に「絶対に言ってはいけないこと」なのだと思います。湘南乃風の「純恋歌」のように「何でも話そう」という関係になれたら理想ですが、それはあくまで理想であり、現実にそんな人間関係は存在しないのです。

『ドラゴン桜』で、主人公の桜木が「本音で話すのって、そんなに大切か?」「何もかもすべて話さないといけない。そんな関係、息苦しくないか?」ということを言っています。(細部の言い回しは多少違いますが)

まったく桜木の言う通りで、「何の秘密もない、理想の人間関係」なんてものは、存在しないのです。そこまで潔癖な世界は「善玉菌すら殺菌してしまう」ようなもので、「白河の 清きに魚の 住みかねて」という状態になってしまうわけですね。(寛政の改革を批判した、有名な川柳です)

ということで、家族に内緒で借り入れをすることを、恥じることはありません。確信犯的に堂々と借りて、堂々と振る舞って、急いで稼いで、急いで完済すればいいのです。「確信犯」であることは、人生のありとあらゆる場面で重要なことです。

(あれこれ綺麗事を人間は言いますが、そもそも動植物を毎秒殺して生きている存在なのですから)

キャッシングコラムに関連するその他の記事