キャッシングコラム

「キャッシングコラム」のコンテンツ

キャッシング・カードローンのおすすめは?銀行系・消費者金融系総合比較

おすすめのイメージ

キャッシング・カードローンのおすすめは、当然人によって違います。その人の職業・属性によっても違いますし、どのくらい急ぎでお金を借りたいのか、あるいは急ぎでなく低金利を重視しているのか…、というような希望条件によっても異なります。

ここではそのような職業・属性や状況・条件を絡めて、カードローン・キャッシングのおすすめをまとめていきます。

すぐにお金が必要?消費者金融キャッシング、銀行カードローン、どっちがおすすめ?

まず、「急ぎでお金を借りたい」というケースでは間違いなく消費者金融を選ぶべきです。これは、キャッシングに関する文章ではよく見られる例え話ですが、「急ぎの旅行では、新幹線や飛行機を使う」というのと同じです。船旅や鈍行とどちらがいいかという話ではなく、単純に、目的に一番合ったサービスを選べということです。

(当たり前のことなのですが、消費者金融のようなお金が絡む話になると、なぜか人間、特に日本人は冷静な考え方ができなくなるんですね。)

そのような考え方の話はさておき、「急ぎでお金を借りたい時は消費者金融」という理由・メリットを説明していきましょう。

消費者金融系キャッシングは審査~融資のスピードが、桁違い

消費者金融は「急ぎでお金を借りる」ために運営されているサービスですから、スピードキャッシングに関する便利さは圧倒的です。審査時間は「最短30分」、説明や振り込みなどのすべての手続きを含めても「最短60分」…という時間設定になっています。

キャッシングの知識がある人だと三菱東京UFJ銀行・バンクイックなどの銀行カードローンも、同じスピードで審査できるというかも知れません。確かに公式サイトにはそう書かれています。

しかし、これはあくまで最短なので、「本当に30分や60分で終わるか」という割合を考えると、圧倒的に消費者金融の方が有利だと言えます。

実際に借りられる「審査通過率」も重要

さらに、急ぎでお金が必要なシチュエーションでは、そもそも審査に通るということが一番重要です。どれだけスピーディーに最短当日審査ができたとしても、それで審査に通らなかったら何の意味もないですからね。

次の借入先で審査の申し込みをするにしても、だいぶタイムロスしていますから、むしろゆっくりでも、確実に審査に通る借入先で申し込んだ方がよかったということになりかねません。(ウサギとカメのようですが)

こうした理由から、急ぎでお金を借りたい場面では「審査通過率」も非常に重要なのですが、この点でも消費者金融は審査通過率が高いので「実際に借りられる」という安心があります。

(もちろん、絶対に審査に通るということではありませんが、銀行カードローンより審査に申し込みやすいのは確かです)

銀行口座が必要などの条件もない

また、銀行カードローンでお金を借りる時には「その銀行口座を持っている」というのが、最短当日キャッシングの条件になることがあります。当然ですが、この場合は口座を持っていない人は借り入れを諦めることになります。

口座を当日開設して、そのままキャッシング審査に申し込むという方法もあるのですが、相当時間がかかることは間違いありません。この場合は朝イチでその銀行の支店に行かないと間に合わない…というレベルです。

一方、消費者金融であればそのようなことはなく、特定の銀行口座を持っていなくても、審査に通れば誰でも最短当日借入できるというシステムになっているので、口座の有無などを気にする必要も一切ない…というくらいです。

(一応、何らかの銀行口座は持っていないといけませんが、それは誰でも持っているでしょう)

高額を長期間借りるなら、銀行カードローンと消費者金融系どちらがおすすめ?

キャッシングで借りたい金額が高額で、しかも長期間という場合は銀行カードローンがおすすめです。理由は銀行カードローンの方が低金利なので、高額・長期間の借り入れの時、利息面で有利になるということ。以下、このメリットについて説明していきます。

30万円程度までは、消費者金融とほぼ同じ利息

実は、キャッシングする金額が30万円程度までだと、銀行カードローンと消費者金融の利息はあまり変わりません。30万円キャッシングした場合の1ヶ月の利息は、それぞれ下のようになります。

  • 銀行カードローン…約3600円
  • 消費者金融…約4500円

このように、30万円借りても、1ヶ月の利息の差は「900円」ということなのですね。もちろん人によっては「900円は大きい」と思うこともあるでしょう。

ただ、これは「初月だけ」ということを意識してください。その後は借入残高が減っていくわけなので、利息差は徐々に小さくなっています。900円、800円、700円…というようなイメージですね(単純計算ですが)。

極端な話「9ヶ月後の1ヶ月の利息の差は、100円」となっていることも多いわけです。こうして見ると、「30万円までの借り入れなら、消費者金融・銀行カードローンの利息差はほとんどない」というのも、納得していただけるでしょう。

30万円を超える高額なら、銀行カードローンが有利になる

ここまでの内容だと「だから、消費者金融がいい」という風に読めるかも知れません。しかしあくまで「30万円まで」であって、それ以上の高額キャッシングだったら、銀行カードローンの方がおすすめということですね。

たとえば「50万円」を借りていたとしたら、1ヶ月の利息は下のようになります。

  • 消費者金融…約7500円
  • 銀行カードローン…約6000円

このように「1ヶ月で1500円」の利息差になります。これを見ると「結構大きい利息差だな」と思う人も多いでしょう。

しかも50万円という高額だと、利息が大きい分元本がほとんど減らないので、完済までの期間も長くなるという点に注意が必要です。完済までの時間が長ければ長いほど、消費者金融・銀行カードローンの金利差が大きくのしかかってくるわけです。

なので、30万円までは消費者金融でいいですが、それ以上になると(特に50万円以上になると)銀行カードローンの方が金利・利息面で断然有利というわけです。

半年で完済できるなら、消費者金融

消費者金融といってもアコム・プロミス・アイフルですが、これらのキャッシングブランドには「30日間無利息」というサービスがあります。

(プロミスで30日間無利息にするには、WEB明細利用・メールアドレスの登録が必要です)

この「30日間無利息」のシステムを活用してお金を借りると、標準的な金利の銀行カードローンよりも、最初の5ヶ月程度、トータルの利息が安くなるという事実があるんですね(意外かも知れませんが)。

なので、5ヶ月か半年程度で完済できるのであれば、銀行カードローンよりも消費者金融で借りた方がいいというわけです。「短期間の借り入れなら消費者金融がいい」ということを書いてきましたが、この「半年」というのが、短期間の目安だと思って下さい。

(それ以上かかるのであれば、銀行カードローンで借りた方がいいというわけです。)

職業・属性別のおすすめキャッシング

ここまでは、「急ぎでお金が必要かどうか」「低金利を重視するかどうか」という点で、消費者金融・銀行カードローンどちらがおすすめかを書いてきました。ここからは、職業・属性別にどのようなキャッシング・カードローンがおすすめかを書いていきます。

家庭に入っている女性なら銀行カードローン

これはおすすめを通り越して「絶対」と言ってもいい基準ですが、家庭に入っている女性だと銀行カードローンで借りることになります。自分の収入がない女性は、消費者金融では借りられないというルールになっているので、おすすめというよりも「これしかない」という状態なのです。

しかし、当然ですが銀行カードローンの方が低金利ですし、借入・返済を無料でできるATMも消費者金融より多いので、メリットはたくさんあります。なので、別に消費者金融で借りられないということをマイナスに思う必要はありません。

銀行カードローンの中でもどこが家庭に入っている女性にとっておすすめかというと、配偶者の同意書なしで借りられる銀行カードローンといえます。夫・旦那の同意書なしで借りられるということですが、これだったら夫バレ・旦那バレすることなく、家族に内緒でキャッシングができるというわけです。

(提出書類が少ないという点で、ギリギリの場面で審査申込みをしても間に合いやすくなりますしね)

学生の借り入れなら、消費者金融

若年層がキャッシングする時には、消費者金融をおすすめします。理由は、家庭に入っている女性の借り入れとは逆に、学生は銀行カードローンでは借りにくいからです。静岡銀行カードローン「セレカ」や横浜銀行カードローンなどは「学生は融資不可」と明記していますし、イオン銀行カードローンBIGなどもそうです。

また、学生のキャッシング自体はできても、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」のように「借り入れには親権者の同意書が必須」という条件を掲げている銀行カードローンもあります。このように、全体的に銀行カードローンという選択肢は、学生にとっては「借りにくい方法」なのですね。

一方、消費者金融だったらそのような制限はありません。20才以上でアルバイト収入があるという条件だけ満たしていれば、学生でも問題なく借入資格を満たすことができます。スピードキャッシングについても銀行カードローンより有利ですし、学生は小口借入しかどの道できないので、銀行カードローンとの金利差も意識する必要はありません。

個人事業主・自営業なら地方銀行も検討

自営業・個人事業主、あるいは会社経営者・法人代表者として独立してビジネスをしている方々であれば、あえて地方銀行のカードローンで借りる…という選択肢もありです。理由は言うまでもなく地方銀行や信用金庫などとのつながりを作って、今後のビジネスにつなげるということです。

キャッシングのようなサービスだと、実績には繋がらずむしろマイナス…と思う人もいるかも知れません。しかし、そのようなことはありません。むしろ「事業性融資よりも高金利なキャッシングで問題なく返済できた」という実績は、今後事業専用ローンなどを借りる時に、非常に有利になります。

(もっと低金利な今回は、さらに問題なく返済できるだろう…と期待してもらえるわけです。)

地方銀行のカードローンは、みずほ銀行・三菱東京UFJ銀行などのメガバンクの銀行カードローンに比べると、最短当日審査の体制や提携ATMの数など、何かと不便な点は多いです。しかし、今後の地元でのビジネスを見据えたら、個人事業主・会社経営者などの方々は、地方の金融機関を借入先として検討するのもいいでしょう。

キャッシング・カードローンのおすすめ比較、まとめ

以上、カードローン・キャッシングのおすすめについて、職業・属性や目的などと絡めて説明してきました。ラストにいくつか補足・まとめをしていきます。

銀行カードローンは「メインバンク」が申し込みやすい

メインバンクというのは「日頃使っている銀行」のことです。給与の振り込みやクレジットカードの引き落としなど、ありとあらゆる入金や出金を頻繁にしている銀行口座…ということですね。

こうしたメインバンクの口座を持っている銀行のカードローンだと、キャッシングの審査は比較的通りやすくなります。理由は、その銀行口座の利用状況を見れば、その人の経済状況がよくわかるからです。

もちろん「よく分かる」ということは、その経済状況がまずいものだったら、逆に審査落ちのリスクが高まる…というデメリット・短所もあります。しかしこれは「そういう生活をしているのが悪い」のであって、口座の利用状況がわかるからダメということではありません。

そもそも、口座の利用状況から見て「融資できない」と銀行カードローンの側が判断するようであれば、それは「仮に審査通過して借りられたとしても、その後が危険」ということです。なので、その場合は審査に落ちた方がむしろいいかも知れないわけですね。

ということも合わせて、銀行カードローンでも消費者金融でも、ご自身の目的や職業・属性にあった借入先を選んでください。

キャッシングコラムに関連するその他の記事