キャッシングコラム

「キャッシングコラム」のコンテンツ

スピード審査でおすすめは?カードローンで最短即日融資って可能?

スピード

スピード審査に対応してくれるカードローンは、まずは消費者金融です。消費者金融ではなく銀行カードローンで借りたいという方であれば、三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行などがいいでしょう。

以下、スピード審査に対応しているカードローンについて、詳しくまとめていきます。

スピード審査だったら、断然消費者金融

スピードキャッシングをしたいというのであれば、基本的に選択肢は「まず消費者金融」です。銀行カードローンで消費者金融のように早い所もいくつかあるのですが、やはり「本職」には負けます。

消費者金融・銀行カードローンの違いは、よく「ファーストフードと高級フレンチ」に例えられます(当サイトでは)。要はどちらが良い悪いではなく早さを求めるならマクドナルドというように、消費者金融を選ぶのが自然ということです。

貸金業という性質上、ある程度のイメージがいろいろ入ってくるのは仕方ありませんが、それでも「用途・求めるスピードによってサービスを使い分ける」というのは、当たり前のことなのです。そこに何の先入観も持ち込むべきではありません。

最短30分で審査でき、融資まで全て含めて最短60分

この時間設定は、キャッシングの知識がある人であれば常識でしょうが、消費者金融の審査時間は下のようになっています。

  • 審査の所要時間…「最短30分」
  • すべての手続きも含めた時間…「最短60分」

これは「合計で一時間半かかる」という意味ではありません。すべて合わせた時間が1時間なので、一番早い時は、申し込んだ時間から一時間後には、もう手元にお金が振り込まれている…ということです。(よく考えると、恐ろしいスピードですね。それを全国の利用者を相手にやっているのですから)

「実際に最短30分」で終わる割合が高い

これも知っている人が多いかも知れませんが、「最短30分で審査できる」というのは、実は大手の銀行カードローンでも一部あるのです。

  • 三菱東京UFJ銀行
  • 新生銀行カードローン レイク
  • 静岡銀行
  • 三井住友銀行

これらの銀行カードローンが、消費者金融と同様に最短30分で審査できるようになっています。しかし、じゃあ本当に30分で審査完了するのかというと、銀行カードローンはその割合が低いんですね。そして、消費者金融は逆に、本当に30分で審査完了するという確率が高いのです。最短という言葉は、文字通り「最短の場合」なので、本当に常に30分で終わるとは限らないわけですね。

早いだけでなく、審査に通ることも重要

さらに言うと、キャッシングの最短当日借入というのは「スピード」だけではダメなのです。スピードキャッシングを求める人にとっても、スピード以外に重要なものがあります。それは「実際に審査に通る」ということです。

気づいたと思いますが、どれだけスピーディーに審査してくれても「片っ端から申込者を審査落ちさせる」というような銀行カードローン・消費者金融だったら、どれだけスピード審査に対応していても、まったく意味がないわけです。早いだけでなく、審査通過して初めて意味があるわけですね。

つまりスピードキャッシングには、時間面のメリットだけではなく審査通過率も重要になるのですが、消費者金融はその点でも銀行カードローンより有利というわけです。

銀行なら、新生銀行・三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行

ここまでは「スピード審査でキャッシングをしたいなら、消費者金融がおすすめ」という理由を書いてきました。しかし、どうしても銀行カードローンで借りたいという方もいるでしょう。あるいは、家庭に入っている女性の方々は消費者金融では借りられないので、その場合もやはり銀行カードローンを選ぶことになります。

そのため、ここではスピードキャッシングに対応している銀行カードローンについて書いていきます。特にスピード審査がしやすい三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・新生銀行カードローン レイクを中心に紹介しましょう。

いずれも「最短30分」で審査可能

上にも一覧にした通り、この3つの銀行カードローンであれば、消費者金融と同様に「最短30分」で最短当日審査をすることができます。静岡銀行カードローン「セレカ」もできるのですが、しずぎんカードローンは土日審査ができないという点で、三菱東京UFJ銀行・新生銀行などよりはやや劣ります。

ということで、特にスピードキャッシングがしやすいのはこの3つの銀行カードローンになるのですが、静岡銀行もそれについでスピード審査ができる銀行カードローンである…ということは強調しておきます。

それぞれの銀行口座なしでもOK

また、この三井住友銀行・新生銀行(レイク)などの銀行カードローンが申し込みやすい理由として「それぞれの銀行口座を持っていなくても借入可能」という点が挙げられます。たとえばオリックス銀行カードローン・イオン銀行カードローンBIGなどは特に土日キャッシングになると、口座がなければ借入不可という条件になっています。なので口座がない人にとっては、少々間口が狭いわけです。

その点、口座なしでも申し込めるバンクイックなどの銀行カードローンは「申込資格的には誰でもOK」な度合いが高いわけですから、スピード審査でも有利だといえるわけです。

(誰でもOKというのは、もちろん口座の有無についての記述で、決して審査基準が甘い・ゆるいわけではありません)

夜間の最短即日キャッシングも可能

バンクイック・レイク・三井住友銀行カードローンは、夜間でも最短当日キャッシングができるというメリットがあります。ほとんどの銀行カードローンは、夜間の最短当日借入は平日でも対応していないのです。

理由は、他の銀行カードローンは、銀行振り込みによって最短即日融資をするからです。ということは「銀行が稼働している時間でないと、最短即日融資ができない」となるわけですね。

一方、三井住友銀行カードローンや三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の場合は、「ローン契約機でカード発行をして、そのカードを使ってATMから現金で直接借りる」という方法での最短当日借入ができるのです。なので、銀行の営業時間外で、銀行振込ができない日時なってしまっても、問題なく当日借入ができるというわけですね。

(もちろん、これにもタイムリミットはありますが)

何時までに申し込めば、最短即日借入可能か

タイムリミットという言葉が出てきましたが、実際に何時までに審査申込みをすれば、消費者金融やこれらの銀行カードローンで最短当日借入ができるのか。それをまとめていきます。

消費者金融なら大体18時から21時

アイフル・SMBCモビット・アコムなどの大手の消費者金融の場合、大体18時~21時の間に審査申込みすれば、当日借入できる可能性が高くなります。いずれも申し込みから「最短60分」で借り入れができるので、締切時間の1時間前に申し込むのがギリギリ…ということになります。

  • アコム・プロミス…夜10時まで
  • SMBCモビット・ノーローン・アイフル…夜9時まで

これがそれぞれの最短当日審査の締切時間ですが、この1時間前となると、「夜8時~夜9時まで」となります。しかし、これはあくまで「ギリギリの時間」なので、余裕を持ってさらに2時間早くすると「夜6時から夜7時」という時間になります。なので、これを2つ合わせて「夜6時から夜9時」(18時~21時)という時間になるわけです。

ただ、これはそれぞれの消費者金融が公式のアナウンスをしたわけではなく、あくまで全体的にこのくらいの時間で大丈夫(という口コミ・評判がある)というだけなので、参考程度にして下さい。

レイク・三井住友銀行は18時から20時

上に書いたのと同じ原理で、新生銀行カードローン レイクや三井住友銀行でお金を借りる場合は、18時~20時に審査申込みしておけば、最短当日借入できる可能性が高まると言えます。

どちらも最短即日審査を21時で締め切るので、その1時間前の20時までには審査申込みの手続きを済ませておきたい…ということですね。もちろん、これもあくまで最速で審査できたらという話なので、実際には余裕を持ってさらに1時間か2時間前には申し込んでおいた方がいでしょう。

(何が何でもその日中にお金を借りたいという人でなければ、明日になってもいいので、そこまで余裕を持たなくてもいいかも知れませんが)

一般的な銀行カードローンは「午前中」

新生銀行カードローン レイクや三井住友銀行と違い、普通の銀行カードローンは「平日の午前中」に審査の申し込みをするのが基本です。というのは、先に書いた通り普通の銀行カードローンの最短即日融資は「銀行振込によってする」しかないので、銀行の営業が終わる15時以降では、最短即日融資ができないからです。

そして、15時より前に振込手続きをするには、大体14時か14時半には審査が完了していないといけないということになります。そこから逆算すると、どうしても遅くて正午、できれば午前10時くらいには申し込みが必要となるわけですね。

また、ほとんどの銀行カードローンは土日融資に対応していないので、午前中は午前中でも「平日の」となるのです。

スピード審査対応のキャッシング・まとめ

以上、スピーディーなキャッシングの審査に定評がある大手の消費者金融や、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」などの銀行カードローンについてまとめてきました。最後に要点を再度整理していきましょう。

スピードキャッシングをしたいなら、消費者金融一択

これはキャッシングの知識がある人の間では常識ですが、急ぎでお金を借りたいという場面では、消費者金融・銀行カードローンのどちらを選ぶかで悩む必要などありません。完全に消費者金融一択です。

これは他の部分でも書いた通り、飲食店でいうなら、高級店を選ぶかファミレスを選ぶかという違いで、もともとの目的がそれぞれ違い、優劣などないからです。急ぎでお金を借りたいという目的に合致しているサービスは、銀行カードローンではなく消費者金融なのですから、素直に単純に消費者金融を選べばいい…というわけですね。

消費者金融の方が低利息になることも多い

しかも、ただスピード審査がしやすいというだけではなく、短期間で少額の借り入れであれば、実は消費者金融の方が低利息になるという事実もあるのです。これもキャッシングの知識がある人ならよく知っていることでしょうが、「初回30日間無利息」などのサービスが、消費者金融にはあるからですね。

ここでは詳しい利息計算は省略しますが、大体最初の4ヶ月から5ヶ月は、30日間無利息で借りられるアコム・アイフル・プロミスなどの消費者金融の方が、普通の銀行カードローンよりも低利息になるのです。なので、このくらいの期間で全て返済できる目処が立っている人の場合は、金利・利息面でも実は、消費者金融の方が有利ということになるのです。

また、一部の人がいまだに間違ったイメージを持っている「消費者金融は強引な取り立てや督促がある」というのも、もはや都市伝説にすぎないので、この点でも安心して借り入れをしてOKです。(もちろん、借り過ぎてはいけないのは当然ですが)

キャッシングコラムに関連するその他の記事