キャッシングコラム

「キャッシングコラム」のコンテンツ

給料日前のピンチに数万円を賢い利用法でキャッシングするには?

給料日

給料日までのピンチに、数万円だけ借りたい―。というような「少しだけお金が必要」というケースは、誰にでもあるでしょう。消費者金融では「数万円」というコースはなく「最低10万円から」となっていますが、問題はありません。

というのは、これは「最大で10万円まで借りていい」という意味であって「実際にATMから引き出す」(あるいは振り込んでもらう)のは、数万円だけでもいいのです。

というわけで「借入枠が10万円から」となっている消費者金融でも、実際には「数万円だけ」借りることができるので、給料日前のピンチでも、安心してください。

数万円だったら、消費者金融で借りるべき

このような「数万円」程度の少額借り入れであれば、迷うことなく消費者金融を選ぶべきです。銀行カードローンを検討する必要あありません。

というのは、銀行カードローンのメリットは「低金利であること」ですが、数万円の少額借り入れなら、利息差はほとんどないからです。消費者金融で借りても、銀行カードローンで借りても利息はほとんど変わらない…ということですね。

3万円だったら、銀行との月の利息差は「90円」だけ

数万円借りたいという場合、たとえば「3万円程度」が一番多いケースでしょう。もし3万円借りると、消費者金融・銀行カードローンの利息差はどうなるのか。結論は「1ヶ月で90円」です。「900円」ではなく「90円」です。100円玉より安いわけですね。

こうなると、数万円の借り入れの時に「低金利だから銀行カードローンで借りる」というのが、まったく意味がないことがわかるでしょう。もちろん、審査通過率が同じだったら意味があるのですが、実際には、銀行カードローンは審査落ちの確率が高いわけですから。

余計な時間・手間がかかるというのもデメリットですが、「審査落ちしたことは、個人信用情報にも記録が残る」ということで、無謀な審査申込みはあまりおすすめできません。

「銀行カードローンだったら、落ちても仕方ないから、それほど低評価にはならないのでは?」と思う人もいるかも知れませんが、多少低評価になります。というのは無謀な審査に申し込むという性格自体が、金銭感覚にもある程度影響するからです。これは何となくわかるでしょう。「無謀な起業をしてしまう」「FXやバイナリーオプションなどの投資で失敗してしまう」というのは、こういうタイプの人です。

というわけで、たった90円のために、わざわざ銀行カードローンを検討する理由は、どこから見てもないわけです。明らかに消費者金融の方がいいんですね。

消費者金融だったら、最短60分で借りられる

上に書いた通り、消費者金融は審査に通りやすいというメリットがあるのですが、それだけではなく「審査スピード自体も早い」というのが魅力です。

特に給料日前で数万円だけ借りたい―、というようなケースは「急ぎでお金を借りたい」という時がほとんどでしょう。そのような時、銀行カードローンだったら、審査で数時間かかるのが普通ですが、消費者金融は最短30分で審査できるようになっています。純粋な審査の所要時間が最短30分で、融資まで全て含めた時間は「最短60分」となっています。

しかも「初回30日間無利息」で借入可能

さらに消費者金融でキャッシングするメリットは「30日間無利息」で借りられることです。全ての消費者金融ではなく、大手の消費者金融でいうなら「アコム・アイフル・プロミス」がこれに該当します。

  • 初回のみ…アコム・アイフル
  • 何度でも…プロミス(ポイントの蓄積が必要)

それぞれの30日間無利息のサービスは、上のようになっています(プロミスはメールアドレス・WEB明細利用の登録が必要です)

数万円の少額借り入れだったら、大体1ヶ月あれば完済できる…というのが普通でしょう。となると、これらの消費者金融で借りたら「まったく利息を払うことなく、そのまま完済して終わり」という風にできるわけです。「消費者金融とかキャッシングというのは抵抗がある」という人でも、このように「クリーンに使って、クリーンに終われる」のであれば、まったく抵抗はないでしょう。

今後もピンチになりそうなら「ノーローン」がおすすめ

「給料日前にお金が無い」というのは、誰でもあることです。特に社会人になりたての人や、一人暮らしを始めたばかりの人などは、最初の数年は、毎月のように訪れるピンチかも知れません。

このように、「今後も給料日前にピンチになるかも知れない」と思う人であれば、ノーローンでキャッシングすることもおすすめです。

「何度でも1週間無利息」のシステム

上のような方にノーローンがおすすめな理由は「何度でも1週間無利息」というサービスがあることです。文字通り「初回だけ」ではなく「何度でも」無利息で借りられるというシステムです。

1週間だけという短い期間の制限がありますが、給料日前のピンチは、大体1週間あれば乗りきれるので、こういうケースでお金が必要になる人にとっては十分なんですね。

むしろ定期的にそのようなピンチになるとわかっている人の場合、ノーローンのように「短期間でもいいので、何度でも無利息になる」というサービスの方が「30日間無利息」よりも向いているわけです。

基本的には、早めに卒業した方がいい

ただ、当たり前ではありますが、ノーローンの「何度でも1週間無利息」を利用するにしても「できるだけ早く、その状態を卒業した方がいい」というのは確かです。当たり前ですが「毎月給料日前にピンチになる」というのは、収支のバランスがどこか間違っているからです。

このように「早めに卒業した方がいい」と書くと「キャッシングとか消費者金融というサービスは、やはり良いものではないんだな」などと言う人がいるかも知れません。しかし、それは間違いです。

それを言ったら、下のようなことも言えるのです。

  • 薬はずっと飲むべきでないから、薬は毒である
  • 手術は何度もすべきでないから、手術は毒である
  • 幼稚園は、ずっと通うべきではないから、幼稚園は悪である

ということです。「ずっと利用するべきでないからダメ」というのは、あまりにも幼稚な極論だというのがわかるでしょう。医療の世界が「予防」と「治療」に分かれているように、理想は確かに「予防」ですが、キャッシングという治療が必要な場面で、その治療を受ける&提供するのは、良いことなのです。ただ、「ずっと受け続ける」のが悪いだけです。手術や薬と、キャッシングや消費者金融というシステムはまったく同じなのです。

少々本質的な話になりましたが、ノーローン以外でも「数万円の借り入れ」を無利息でするのに適しているカードローンがあります。新生銀行カードローン レイクの「5万円まで180日間無利息」というサービスを紹介しましょう。

レイクなら「5万円まで180日間無利息」で借入可能

「5万円まで180日間無利息」は、文字通りのサービスです。「数万円だけ借りたい」という人にとって、これほど無利息で借りやすいシステムはないでしょう。「5万円まで180日間無利息」のサービスは新生銀行レイクしか提供していないので、これはレイクならではのメリット・長所といえます。

また、これは「5万円以上借りてもいい」というのがポイント。たとえば6万円借りたら、そのうちの「5万円」部分は無利息になるので、利息がかかるのは「1万円分」だけとなります。

新生銀行カードローン レイクの金利で1万円を1ヶ月借りたら、利息は「150円」です。なので、「毎月150円だけ、利息を払えばいい」わけですね。缶ジュースレベルの金額です。

月々1万円ずつ元本を減らせば、完全無利息

もしこの新生銀行カードローン レイクの「5万円まで180日間無利息」で借りた場合、仮に5万円キャッシングしたとしても、「毎月1万円ずつ返済するだけで、期間内に無利息で完済できる」というわけですね。

毎月1万円だったら、誰でも払えるでしょう。ほんの少し、土日・祝日などにバイトをするだけです。(毎月1万円すら捻出できないとなったら、生活が根本的に間違っている可能性があるので、お金の使い方などをよく検討し直しましょう)

審査スピードも、消費者金融並に早い

新生銀行カードローン レイクのメリットは、無利息サービスだけではありません。審査スピードが、銀行カードローンでありながら消費者金融並みに早い…というのも大きなメリットです。

アコム・モビット・アイフルなどの大手の消費者金融はすべて「最短30分」で最短即日審査ができるようになっていますが、新生銀行レイクも同様に、最短30分で審査でき、融資の手続きまで全て含めても、最短60分という早さになっています。

これはすべての大手の銀行カードローンの中でも最速のスピードなので、「急ぎでお金を借りたい」という給料日前でも、新生銀行レイクは心強い存在だと言えるでしょう。

土日・祝日でも最短即日借入できる

給料日前のピンチというのは、えてして土日・祝日によくやってくるものです。友達とのパーティーとか飲み会とか、あるいは結婚式の出席・二次会…といったものですね。

そういう場面でも、新生銀行カードローン レイクだったら土日借入ができます。銀行カードローンでは、土日融資に対応していない所が多いですが、新生銀行レイクならまったく問題ないわけですね。新生銀行の口座を持っていなくても借入可能という点も、急ぎでお金を借りたい人にとって、非常に借りやすい点の一つです。

給料日まで数万円借りたい時・まとめ

以上給料日までの金欠の時に、数万円だけお金を借りたい…という場面で、どんな消費者金融や銀行カードローンから借りるべきか、ということをまとめてきました。最後に、特に知っておくべきことを再度強調します。

数万円の借り入れなら、利息はほぼゼロにちかい

序盤で「3万円」借りた場合の利息について書きましたが、、数万円程度のキャッシングだったら、利息はほとんどゼロに近い…というのが、これでよくわかっていただけたでしょう。

少額借り入れの時の利息計算は、非常に方です。消費者金融で借りる場合「1万円を1ヶ月借りて150円」なので、それを掛け算すればいいだけです。

  • 1万円…150円
  • 3万円…450円
  • 5万円…750円
  • 10万円…1500円

10万円まで来ると少々大きいと感じる人もいるかも知れません。しかし、これも「30日間無利息」などで借りる方法もありますし、特に新生銀行カードローン レイクだったら、最初の1ヶ月で5万円返済すれば、後は5ヶ月無利息という条件で借りることができます。

なので、10万円以下の少額キャッシングだったら、利息については特に心配いらないということです。

しかし、そこから油断して借り入れを増やさないこと

ただ、言うまでもなく「そこで油断して、どんどん借り入れを増やしてしまう」人が多くいるわけですね。消費者金融は怖いというイメージを持っている人がいるかもしれませんが、そういう「多重債務・借入超過状態」に陥る人というのは、指摘するのは大変心苦しいですが、「ここで油断して、借入総額をどんどん増やしてしまう」タイプの人なのです。そのように油断して金銭感覚を麻痺させない限りは、消費者金融というサービス、キャッシングというシステムは、何も怖いものではないんですね。

結局、自動車・包丁・アルコール・睡眠薬などと同じようなものだと思ってください。これらは使い方を間違えるととんでもないことになる(人命に関わる)ものですが、人類にとってものすごく有意義であることも確かです(特に包丁)。

人間社会のすべてにおいて言えることですが、「キャッシングとかカードローン」という「サービス自体が良い悪い」ではなく、結局「使う人の問題」なんですね。自分の金銭感覚さえしっかりしていれば、キャッシングでお金を借りることは怖くないということを、よく理解して下さい。

キャッシングコラムに関連するその他の記事