キャッシングコラム

「キャッシングコラム」のコンテンツ

ご祝儀が用意できずに、急きょキャッシングでお金を借りた話

ご祝儀

結婚式のご祝儀のためにキャッシングする人は多くいます。やはり相手にとっては一生に一度のイベントなので、ご祝儀の金額はけちってはいけません。10万円程度の借り入れであれば、利息もほとんどないも同然なので、ご祝儀のお金が足りない時には緊急の手段として、キャッシングを利用するのもいいでしょう。

ご祝儀程度なら、スムーズに申し込みできる

ご祝儀の相場は、一番高い親族で大体6万円と言われます。後は親しさの度合いによって違いますが、親族でなければ「5万円未満」でいいでしょう。

このくらいの金額であれば、消費者金融・銀行カードローンなどのキャッシングでは余裕で借りられます。余裕と言うのは別に審査が甘いとか審査がゆるいという話ではなく「借入金額としては、最小レベル」ということです。

なので、必ずしも審査に通るという保証があるわけではありませんが、「ご祝儀のための借り入れ」というのは、金額的には「キャッシングの中で、一番難易度が低い利用用途」ということです。

キャッシングの借入枠は10万円から

仮に必要な金額が「5万円」だけだったとしても、キャッシングの利用限度額は「最低10万円から」となっています。これ以下の少額で融資しても、キャッシング業者や銀行カードローンの側としては、利益が全然出ないからですね。

というわけで、5万円だけ必要という場面でも「10万円」という条件で審査されます。つまり、10万円のキャッシングの審査に通るだけの信用度(クレジットスコア)は必要になるということですね。

10万円は社会人なら誰でも申し込める

完全に誰でもというわけではありませんが、ほとんどの働いている社会人であれば、10万円の借り入れは、銀行カードローンでも消費者金融でもどちらでもできます。(銀行カードローンは多少難しいかも知れませんが)

キャッシングには貸金業法第13条の2第2項の規定というルールがあり、「その申し込み者の年収の3分の1まで融資していい」というルールになっています。ということは、10万円借りるのに必要な年収は30万円なので、社会人なら誰でも稼いでいるというわけです。月収ではなく「年収」で30万円ですからね。極端な話「月2万円か3万円」のアルバイト収入があるだけでも、10万円の借入資格はあるわけです。

実際には、最低でも「月収5万円」は稼いでいないと、10万円の借り入れも難しくなっています。しかし、このくらいはパート・アルバイト・フリーターの方々も含め、社会人だったら誰でも稼いでいるでしょう。特に会社員・OL・公務員という職業・属性で働いている方だったら、なおさらです。

そのため、ご祝儀に必要な数万円を銀行カードローン・消費者金融などで借りるのは、まったく難しくないと考えて下さい。

他社借入がないなら、30万円も可能

他社でのキャッシングがない人だったら、ある程度月収が多ければ「30万円」程度のキャッシング枠をもらう…ということも可能です。特に会社員・OL・公務員の方々であれば、10万円より30万円からスタートする方の方が多いです。

(新入社員の方、あるいは過去に他の業者・ブランド・銀行で返済の遅延・延滞をしているというような方だと金額も小さくなるかも知れませんが)

フリーター・アルバイト・パートなど非正規雇用の方々でも、フルタイムかそれに近いくらいで働いていれば30万円の借入枠をもらえることは多いです。そうしたことも考えるとますます「ご祝儀くらいの金額の借り入れは、何も問題ない」ということがわかるでしょう。

(ちなみに、キャッシング枠が30万円になっても、別に30万円借りないといけないというわけではありません。4万円必要なら4万円だけ借りて、残りは放置しておけばいいわけです。放置といっても、もちろん4万円の返済は必要ですが)

ご祝儀でブライダルローンは使えるか?

ブライダルローンというのは、「結婚に関する費用」に限定して融資される目的別ローンです。ご祝儀の借り入れでも、この結婚ローン・ブライダルローンは使うことができるのでしょうか。この点を説明していきます。

ブライダルローンは「結婚する人」のためのもの

ブライダルローンはあくまで「結婚する人」のための融資です。つまり「お祝いする人」が借りられるものではないんですね。「お祝いだって結婚資金のうちだろ」と思われるかも知れません。

確かにそうですが本人が結婚する時と違い、ご祝儀などお祝いの場合は、資金使途の証明ができないのです。結婚資金だったら、結婚式場からの請求書・ヘアサロンから発行された領収書…というような書類を用意すれば、確かに結婚に関することに使ったという資金使途の証明ができるわけですね。

一方、ご祝儀については「友達が結婚するんです」と言った所で、何も証明できないわけです。

  • その「友達」が本当に結婚するのかわからない
  • 「友達」に呼ばれているのかわからない

上記の2つの理由からですね。自分が結婚する時は、結婚式場からの請求書などを提出すれば、確かに結婚するということがわかります。あるいは婚姻届でもいいでしょう。

しかし、友達の結婚式の場合は、これらの書類を用意することができないのです。もちろん、親戚でも用意できません。まさかあなたの結婚式のご祝儀をキャッシングで借りたいから、婚姻届とか請求書を貸してくれなんて言えないでしょう。

つまり、友達にしても親族にしても「その人が結婚する」ということの証明ができないのです。ましてや結婚することが証明できたとしても「その結婚式に、呼ばれているという証明ができない」わけですね。結婚式の招待状など、偽造しようと思えば自宅のプリンタでいくらでもできてしまいますから。

ということで、ブライダルローンを「招待される人」が利用することはできないのです。あくまで結婚する新郎新婦本人でないと借入不可…ということですね。

銀行の「フリーローン」を借りるならOK

一方「ご祝儀のために使う」という用途でもいいのは、たとえば銀行のフリーローンです。普通の銀行カードローンとは違うものです。たとえば三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」、静岡銀行カードローン「セレカ」というような商品とは、まったく別のものです。

フリーローンは利用用途は自由だけど、借入可能金額は決まっているというもの。普通の銀行カードローンだと、限度枠の範囲内でいくらでも借りることができますが、フリーローンは「最初に一括で借りて、あとはひたすら返済するだけ」という仕組みになっています。住宅ローンやマイカーローンとよく似ていますね。

このフリーローンであれば、ご祝儀に使うことも可能です。しかし、フリーローンは普通の銀行カードローンよりも審査が厳しいし、同じ利用用途自由の借り入れであれば、銀行カードローンの方がいいという考え方が普通でしょう。

特にご祝儀の場合はここまでも書いた通り「せいぜい5万円」の超少額ですから、低金利というフリーローンのメリットも薄れるわけですね。逆に「できるだけ早めに準備するべきお金」なので、最短即日キャッシングが簡単な、普通の銀行カードローンを利用した方がいいわけです。

特に急ぎの時は消費者金融で

最短即日キャッシングという話題が出ましたが、ご祝儀の準備が急に必要になる、ということもあるでしょう。たとえば下のようなケースですね。

  • ご祝儀を落としてしまった
  • 自宅に忘れてきてしまった

このような場合も、銀行預金がある人だったら、その貯金を下ろせばいいというだけのことなので、何も問題ありません。しかし「貯金がゼロ」という方の場合、そこで下ろすお金もないですし、貯金はあってもその銀行のキャッシュカードを忘れてしまった…というようなケースもあるでしょう。

そうした場面で、ご祝儀のために急ぎでキャッシングする…という時には消費者金融で借りるべきです。「最短30分」で審査結果が出ますし、融資の手続きをすべて含めても「最短60分」となっています。つまり、申し込みしてから最速で1時間後にはもう、あなたの手元に現金があるというわけですね。

と言うようなスピードキャッシングが可能なので、ご祝儀のための借り入れでも、いざという急ぎの場面では、アコム・アイフル・プロミス・SMBCモビットなどの消費者金融を利用するのがいいでしょう。

冠婚葬祭で多重債務者になる人は多い

友達や親族の結婚式などを祝う…というのはとてもいいことでしょう。ただ、そのためにキャッシングが必要になった時点で、考えるべきことがあります。それは、このような冠婚葬祭が原因で支出がかさみ、借入超過者・多重債務者に転落していく人が多いということです。

「払わないとダメになる」関係は、維持する必要がない

親戚だと少々難しいですが、友達の場合は「払わないとダメになる」という人間関係の場合、最初から友達ではないのだから、別に放棄してしまってもいいかと思います。本当の友達だったら、ご祝儀のお金がない時にも「ごめん。お金がないから行けない」と正直に言えるはずだからです。

もちろん、そのようなことを正直に言える友達というのは、誰にもほとんどいないと思います。それはつまり「本当の友達がいる人など、実はめったにいない」ということです。確かアメリカの作家の名言で「人生で本当の友達は1人いれば幸せだ。2人いたら偉大である。3人は多分できない」というような言葉がありました。本当の友達というのは、そのくらい少ないものなのです。

逆に言えば「この友達だけは本当の友達だ」と思う人に対しては、キャッシングをしてでも借り入れをしてでも、お祝いに駆けつけるべきでしょう。そして、金額もある程度奮発するべきです。

というように、友達の結婚式などに参加することを否定するわけではありませんが、要は「自分が本気で参加したいからする」という姿勢を貫くべき…ということです。そうでない中途半端な人間関係を維持している人がちょっと多い…という気もします。

お金の使い方は、人生の使い方である

よく言われることですが、お金や時間の使い方は、そのままその人の人生の使い方である…ということができます。たとえば結婚式のご祝儀でいうなら「付き合いで何となく払っている」という方は、そのまま「付き合いで、何となく生きていく」ことになるのです。人生そのものが「お付き合い」になってしまうわけですね。

もちろん、それが好きで自信を持ってやっているなら、とても良いことだと思います。ただ「何となく、自分でも迷っている」という場合は、本当はどのようにお金を使いたいのか、時間を使いたいのか、お金を借りる前に考えるべきでしょう。その上でキャッシングをすべきという結論が出たのであれば、その時は迷わず消費者金融・銀行カードローンなどで借りていいと思います。(どの道数万円の少額ですし)

結婚式のご祝儀でも何でも、このようにお金が必要になるたびに「これは、自分の人生の一部である」という自覚を、常に持つのがいいかなと思います。

ご祝儀のためのキャッシング・まとめ

ここまで書いた通り、ご祝儀のために銀行カードローン・消費者金融などでお金を借りるというのは、金額的にはとても簡単です。また、少額である以上、借りるのが簡単なだけではなく、返済するのも簡単です。(数万円など、不要品の売却をすればすぐに完済できるという方も多いでしょう。)

ただ、ご祝儀の場合は問題はキャッシングの審査ではなく、最後に書いた通り「本当に、そのお金は必要なのか」ということでしょう。冠婚葬祭というのは、日本人が思うほど大事なものではないとも言えます。

(たとえば比叡山の修行僧の方々は、親が亡くなってもお葬式に出ないどころか、亡くなったことすら知らないくらいです)

「皆がやっているから」という理由で散財してしまうと、今は普通の人でも、いつ借入超過者・多重債務者になるかわかりません。くれぐれも、お金は大事にしたいものです。

キャッシングコラムに関連するその他の記事