初めてのキャッシングガイド

「初めてのキャッシングガイド」のコンテンツ

誰にも見られない・知られない・気づかれないでキャッシングでお金を借りる

見ざる言わざる聞かざる

キャッシングで「誰にも見られない・知られない・気づかれない」でお金を借りるのは簡単です。WEB完結の審査だから、誰にも見られないで借りることができるようになっています。以下「バレないようにキャッシングで借り入れをすることや、関連する知識について書いていきます。

来店・郵送などなしで、最短即日借入できる

キャッシングがバレる原因としては、たとえば審査方法でいうなら「来店・郵送」があるでしょう。

  • 来店…店に入る姿を、誰かに見られてバレる
  • 郵送…自宅に届いた郵送物を、家族が見つけてバレる

このようなパターンですね。また、もちろん「電話」もあります。自宅に電話がかかって来たら、それによって家族バレすることもあるでしょう。

しかし、現代の消費者金融・銀行カードローンのキャッシング審査では、これらは一切ありません。郵送については、「キャッシュカード」だったら送られてきますが「ローンカード」は送られてきません。キャッシュカードだったら、銀行の口座開設をしたということにできるので、問題ないのです。

消費者金融でも銀行カードローンでも「ネットのみ」が基本

上の続きになりますが、最近のキャッシングの審査は、申し込み先が銀行カードローンであっても、あるいは消費者金融であっても、「ネット審査のみ」というのが基本になっています。それをユーザーが求めていますし、金融機関の側としても、その方が「最初から申込者の審査情報がデータベースになる」ということで、コストを一気に削減できますからね。コスト削減だけでなく、もちろん審査スピードも早くなり、申込者にとっても非常に大きなメリットになります。

自分の携帯の確認電話など、最低限の電話があるだけ

もちろん、完全にWEBのみという審査は、なかなかできません。携帯電話に確認電話をかけて、最低限、今回の申し込みが本人のもので間違いないか…ということを確認する必要があります。このくらいはたとえばマンションの契約や、携帯電話の契約でもすることなので、当たり前と考えて下さい。

(逆に、こうした最低限の確認をしないのは、キャッシング業者でも不動産会社でも、心配なくらいです)

あと、本人の携帯への確認電話以外では、勤務先への在籍確認の電話もあります。この2つは基本的にどの銀行カードローン・消費者金融でも、あるいはクレジットカード会社でもあるものですが、それ以外はWEB審査のみで完結…というパターンが多くなっています。

審査完了後の郵便物もなし

審査完了した後に郵便物が送られてくるかですが、これは一応来ます。ただし、送られて来るのはローンカードなので、自動契約機・無人契約機で発行すれば、郵送なしにできるという仕組みになっています。

ローンカードというのは、銀行でいうキャッシュカードと全く同じです。預貯金ができないという違いはありますが、コンビニATM・銀行ATMに差し込んで、タッチパネルでメニューを選んで操作する…という内容はまったく同じです。

で、そのローンカードを郵送でもらうのであれば、郵送物が自宅に来る…ということになります。しかし、街中で見かけるアイフル・モビットなどの看板の建物で、そこにあるローン申込機や無人契約機・自動契約機というマシンでカードを発行し、それで借入・返済するようにすればいいわけですね。こうして「審査完了後の郵送物もなしにできる」のです。

借入後の返済も、バレずにできる(誰にも見られない・知られない・気づかれない)

また、一度審査通過した後の利用…つまり返済ですが、これもまったく家族バレや親バレ、あるいは夫バレ・旦那バレ・嫁バレ・妻バレなしでできるようになっています。

それは当たり前で、毎月の銀行引き落としか、ATMの臨時返済というのが普通ですから、どちらの方法にしても、家族がそれを見つける方が難しいわけですね。

もちろん、銀行口座が家族や夫婦で共有のものになっていたら、バレるでしょう。しかし、大抵は「自分しか見られない銀行口座」を持っているはずですし、持っておくべきです。で、そうした銀行口座を引き落としに設定しておけば、まず毎月の定期返済・約定返済については、家族にバレる可能性はゼロです。

ATMの臨時返済も、もちろん、バレません。ATMを後ろから覗きこまれたら別ですが、そんな犯罪者と勘違いされるようなことは、家族でもしないでしょう。

ネットバンキングでも返済できる

また、ネットバンキング・オンラインバンキングで返済する…ということも可能です、みずほ銀行だったらみずほダイレクト、三井住友銀行だったらSMBCダイレクト…といような「○○ダイレクト」のサービスですね。

やり方はシンプルで、「返済先口座」と指定されている口座に、自分で口座番号などを入力して普通に送金・振り込みするだけです。

同じ銀行のオンラインバンキングを使うので、手数料は基本的にかかりません。ただ、自分で支店名や口座番号を入力する…というのが少し面倒かも知れません。

(コンビニATM・銀行ATMにローンカードを差し込むなら、自動的に返済先口座に振り込んでくれますからね。口座番号の入力などが必要ないのです)

銀行だったら「キャッシュカード一体型」のカードで借入可能

「郵送物」に関する部分で少し書きましたが、銀行カードローンの場合は、利用するカードは「ローンカード」ではなく「キャッシュカード」になります。正確に書くと、

  • キャッシュカード一体型
  • キャッシュカード兼用型

と呼ばれるものです。新しく銀行口座を開設した方は、このタイプのキャッシュカードが郵送されてきますし、すでにキャッシュカードを持っていた人は、今あるキャッシュカードをこれまでのようにATMに差し込めば、今日からカードローンのメニューも使えるようになるという風になっています。(金融機関の側で、キャッシングのメニューをシステムに追加した…ということですね。あなたのIDを登録したと言いますか)

このように、銀行カードローンの場合はキャッシュカードが郵送されてくる…ということもあります。しかし、仮に中身を見られてもキャッシュカードですし、口座開設したのも事実ですから、「新しく口座を作ったから」と家族に言えばいいでしょう。

督促も、自宅への電話は郵便物は、基本的にない

返済自体は、ここまで書いてきた通り、まったく家族に内緒でできるようになっています。しかし、延滞・滞納をしたらその督促が自宅に来て、家族にキャッシングがバレるのではないか…と思っている人は多いでしょう。

しかし、これもまったく大丈夫です。基本的に返済の督促や取り立ては、本人の携帯にしかしないという風になっています。それも一日2回か3回までで、それ以上の回数かけたり、きつい言葉を使ったりすることは、貸金業法に抵触するようになっています(要は違法です)。

そのため、極めて大人しい紳士的(大抵は女性ですが)な電話が自分の携帯にかかって来るだけです。どうしても連絡が付かなかった時、…たとえば何度も着信を無視していたなど、そういう時だけ、自宅の電話に連絡が来たり、ハガキが来たりする…ということがあります。

夫・旦那にバレないで、専業主婦が借入可能?

専業主婦のキャッシングの場合、夫・旦那にバレないですることはできるのか―。これも可能です。専業主婦は消費者金融では融資できないので、銀行カードローンからキャッシングするのですが、その時にどの銀行カードローンをえ選ぶか…ということが焦点になります。

一部の銀行カードローンだったら借入可能

銀行カードローンで専業主婦がキャッシングするには、本来「配偶者の同意書(夫・旦那の同意書)」という物が必要です。夫・旦那の収入によって借り入れするので、夫・旦那本人からの許可がいる…ということですね。

しかし「夫・旦那の同意書」という名前でわかると思いますが、これだと夫バレ・旦那バレは必至です。

「配偶者の同意書が必要」だと、夫バレする

つまり「夫・旦那の同意書の手数料が必要」という条件の銀行カードローンだと、残念ながら専業主婦が夫・旦那に内緒でキャッシングする…ということはできないのです。なので「配偶者の同意書なしで借入可能な銀行カードローン」を選ぶ必要があるわけですね。

具体的にはどの銀行カードローンかというと、これは口コミ・評判で判断するしかありません。明確に「うちは配偶者の同意書なしで融資可能です」と、それぞれが明記しているわけではないのです。

そのため、あくまで評判・口コミによる情報ですが、楽天銀行スーパーローン・みずほ銀行カードローン・じぶん銀行カードローンなどは、比較的、配偶者の同意書なしでも借り入れOKとなることが多いと言われています。

「住民票」を提出すれば、借り入れできる

そして、このように「配偶者の同意書なしでお金を借りられる」銀行カードローンで借りる場合、他にどんな書類を提出すればいいのか。これは「婚姻関係の証明書」です。簡単に書くと、住民票、あるいは戸籍抄本を提出すればOKです。

戸籍抄本というとわかりにくいという方でも、住民票だったらわかるでしょう。その住民票を見れば、本人(専業主婦)との続柄の部分に「夫」と記されている男性がいるので、これが「結婚証明書」となるわけです。

このような「婚姻関係の証明書」を提出すれば、専業主婦のキャッシングはOK…というルールになっています。

バレないようにキャッシングする方法・まとめ

以上、家族や親など、周囲にバレないようにキャッシングする方法について書いてきました。勤務先への在籍確認の電話でもそうですが、職場の人も含めて「キャッシングは、ばれないのが普通」と思ってください。誰にも見られず、知られず、気づかれないで利用できます。

誰より業者・銀行がバレるのをいやがる

多くの人は、借り手だけがキャッシングがバレるのを怖がっていて、業者・銀行の側は全然気にしていない…と思っているでしょう。しかし、それはまったく違います。

「○○銀行カードローンのせいで、職場バレした」などという口コミ・評判を流されると、当然その銀行カードローンは申込者が減ってしまうわけです。そうすると、ヘタしたらその書き込み一つで、何十億という損失が出るかもしれないんですね。

そのため、こうした悪い評判・体験談が流れないよう、銀行カードローン・消費者金融の側も、あるいはクレジットカード会社なども神経を使っているのです。また、そうした利害のためだけではなく、やはり人情として「家族内でトラブルがないようにやっていただきたい」という気持ちが、誰にでもあります。

どんな人でも、職場でお客さんの気持ちを考えたことが「一度もなかった」なんてことはないでしょう。誰にでもそういう「お客さんに不快な思いをさせたくない」という感情が、ごく自然にあるのです。

悪質な遅延・延滞をした人だけ、バレる

しかし、どうしても借り入れがバレてしまうケースとして、「かなり重度の延滞・滞納をした」ということがあります。これでも、かなりのレベルまでは、先に書いた通り「本人の携帯に電話をかけるだけ」なのですが、それを無視したり、電話に出てもまったく返済をする気配がない…となると、自宅に連絡するしかないのです。

という場合もありますが、これは明らかに本人が悪いというのはわかるでしょう。そのような状態にならない限りは、バレないようにキャッシングすることはまったく普通に可能なので、安心して下さい。

初めてのキャッシングガイドに関連するその他の記事