初めてのキャッシングガイド

「初めてのキャッシングガイド」のコンテンツ

キャッシング金利が低いのは?おすすめの銀行カードローン

金利計算

キャッシングの金利は何%?支払利息を計算してみよう

キャッシングの金利は、消費者金融と銀行カードローンで、大体下のようになっています。

  • 消費者金融は「18.0%」
  • 銀行カードローンは「14.5%」

キャッシングの金利は「借入金額」によって変わるのですが、100万円未満の借り入れだったら、どの消費者金融・銀行カードローンでも大体このくらいの水準になっています。(銀行カードローンについては、消費者金融と同レベルの上限金利を設定している所も、いくつかありますが)

そして、この金利で支払い利息がいくらになるのかは、大体下の通りです。

10万円を借りた場合の、1ヶ月の利息
消費者金融 約1500円
銀行カードローン 約1200円

20万円や30万円なら、これを2倍・3倍すればいいわけです。また、5万円だったら、半分にすればOKです。というように、キャッシングの支払い利息は概算できます。

100万円を借りて金利18%だと1か月の金利はいくら?

100万円を金利18%(実質年率)で借りた場合は、1ヶ月の利息は下のようになります。

  • 消費者金融…約1万5000円
  • 銀行カードローン…約1万2000円

上に書いた「10万円借りた時の1ヶ月の利息」を、そのまま10倍するだけでOKです。

正確に書くと、消費者金融でも銀行カードローンでも「借入金額が100万円を超えた時点」で、適用金利が変わります。たとえば消費者金融だったら、それまでは「18.0%」だったのが「15.0%」になることが多いです。

(少なくとも利息制限法では「15.0%」以下にしないといけないので、どんなに高くても15.0%になります)

というわけで、厳密には「100万円で18.0%で借りる」ということはないのですが「99万円」ならあり得ます。そのため、上の計算は正確には「99万円借りた場合」のシミュレーションだと思ってください。

(なお、消費者金融は「100万円」から適用金利が変わることがほとんどですが、銀行カードローンは「50万円」から変わる場合もあります)

残高スライド元利定額リボルビング払いって何?

キャッシングの返済方式の中に「残高スライド元利定額リボルビング払い」というものがあります。内容を箇条書きすると、

  • 毎月「一定の金額」を払う(定額)
  • その金額は、まず「利息」に充当する(元利)
  • 残ったお金を、元本の支払いに充てる
  • この「一定の金額」は、残高に応じて決める(残高スライド)
  • 追加の借入金額がいくら増えても、一定のレベルまではこの金額は固定する(リボルビング払い)

ということです。つまり毎月、一定の金額だけ払っていればいいということです。ただ「借入金額が増えても、この一定の金額がほぼ固定されている」というのは、言い換えれば「キャッシングの金額が増えた自覚ができない」ということでもあります。そのため、金銭感覚がゆるい自覚がある人は、くれぐれも注意してください。

利用限度額が大きければ適用金利が低くなる

キャッシングでは、利用限度額が大きくなるほど、適用される金利が低くなります。これは普通の買い物でいう「まとめ買い割引」と、まったく同じ要領です。借入金額が大きければ、低金利でも高い利息収入が得られるので、当然ですね。

  • 与えられた「限度額の大きさ」で決まる
  • 実際に「借りている金額」で決まる

この2通りがあって、どちらになるかはその消費者金融・銀行カードローンのルールによって違います。基本的には「借りている」金額で決まることが多いようです。少なくとも上限金利を決める「利息制限法」では「限度額」ではなく「実際に借りている金額」で、適正な金利かどうかを判断しますからね。

何にしても、たくさん借りると低金利になります。ただし、基本的には「100万円以上借りない限り、金利は変わらない」ので、「たくさん借りて、低金利にしよう」などとは考えないでください。

銀行カードローンの金利は消費者金融系より低い

銀行カードローンの金利は、全体的に消費者金融より低くなっています。例外として「下限金利は安いけど、上限金利は高い」という銀行カードローンになると、消費者金融と同レベルということもあります。

  • ジャパンネット銀行
  • オリックス銀行
  • じぶん銀行

などがそうですが、これらの銀行カードローンは「高額キャッシング向けなので、下限金利は安い」「代わりに、少額借り入れで適用される上限金利は、消費者金融と同レベル」となっています。

こうした例外的な銀行カードローンはありますが、それ以外の銀行カードローンは、基本的にみんな「消費者金融より低金利」と思ってください。

おすすめの銀行系カードローン

楽天銀行スーパーローン(カードローン)

楽天銀行スーパーローン(カードローン)は、特にネットでの借入・返済が便利です。また、楽天市場や楽天クレジットカードなど、楽天の関連サービスの利用実績がある人は、それによっても審査で有利になる、ということがあります。

また逆に「楽天銀行スーパーローン(カードローン)を利用していた実績で、楽天カードの審査に通りやすくなる」ということもあります。楽天カードは、高還元率と言われるクレジットカードの中でも、特に還元率が高いカードなので、持っておくとプラスになるでしょう。

普通にクレジットカードの審査に通る自信がある…という人なら問題ありませんが、あまり自信がない人の場合、楽天銀行スーパーローン(カードローン)の利用などによって「クレジットスコアを高めてから申し込む」というのもおすすめです。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンのメリットは「低金利」ということ。大手の銀行カードローンの中でも特に低金利なカードローンとして人気です。

みずほ銀行カードローンには2通りのプランがあります。

  • コンフォートプラン
  • エグゼクティブプラン

一般的なのは「コンフォート」の方で、こちらの実質年率は「3.5%~14.0%」となっています。これでも、イオン銀行・ソニー銀行の「13.8%」という上限金利についで、大手の銀行カードローンで大体3位につけています。

(先に書いた通り、100万円以下の借り入れでは上限金利が適用されるので、金利比較では上限金利だけ見ればOKなのです)

コンフォートプランでもこのように低金利なのですが、「エグゼクティブプラン」だと、さらにダントツで低金利になります。「3.0%~7.0%」という実質年率ですが、これは審査が厳しいことで有名な「ろうきんカードローン」と同レベルです。

もちろん、その分みずほ銀行カードローンでも、エグゼクティブプランは審査が厳しくなりますが、ある程度のクレジットスコアがある人であれば、こちらで申し込んで低金利で借りるのがベストでしょう。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンは、低金利と最短即日借入のしやすさのバランスが魅力です。

  • 最短30分で審査できる
  • 土曜日・日曜日・祝日も最短即日審査できる
  • 毎日21時程度まで最短即日審査をしている
  • 三井住友銀行の口座を持っていなくてもOK

という「最短即日キャッシングに必要な条件」をすべて満たしています。また、このように「申し込みやすい」銀行カードローンというのは、新生銀行カードローン「レイク」などのように「金利が消費者金融並み」ということが多いのですが、三井住友銀行カードローンは「銀行カードローンの平均レベル」の金利です。

(上限金利で「14.5%」

このような「金利と融資スピードのバランス」が、もっとも優れているのが、三井住友銀行カードローンです。(難点としては、学生が借り入れできないことくらいでしょう)

三菱東京UFJ銀行バンクイック

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」も、三井住友銀行カードローンについで、申し込みの便利さと低金利のバランスで人気です。金利については「上限金利14.6%」なので、三井住友銀行とほぼ同じです。

申し込みの便利さについては「最短即日審査の締切時間」が、三井住友銀行の「毎日21時頃まで」に対して、バンクイックは「18時~20時」と、やや時間が短くなっています。この点は、三井住友銀行カードローンの方が有利です。

反面、バンクイックは「若年層でも借入可能」「家庭に入っている女性でも申し込みやすい」というメリットがあります。特に専業主婦については「夫・旦那の同意書なし」という条件で借りられるため、夫・旦那に内緒でキャッシングしたい女性でも、安心して利用できます。

消費者金融系なら無利息期間ありがおすすめ

銀行カードローンではなく消費者金融でお金を借りる場合、「無利息期間」がある借り入れ先をおすすめします。消費者金融で無利息期間があるのは、下の業者・ブランドになります。

  • アコム
  • アイフル
  • プロミス
  • ノーローン

アコム・プロミス・アイフルについては「30日間無利息」、ノーローンは「何度でも1週間無利息」というシステムです。(プロミスは、WEB明細利用・メールアドレスの登録が必要)

基本的には「30日間無利息」の方がいいでしょう。キャッシングは何度でも利用すべきサービスではないですし、完済まで1ヶ月かかる(次の給料日までかかる)という人は多いので、30日間無利息の方が便利です。

アコム・アイフルは「初回のみ」ですが、プロミスは「会員ページのログインなどによってポイントを貯めて、再度30日間無利息のサービスを利用する、ということも可能です。

無利息期間ありのキャッシングならプロミス、レイク

消費者金融だけでなく、銀行カードローンも含めて「無利息キャッシング」で借り入れ先を選ぶなら、プロミスと新生銀行カードローン「レイク」がベストです。

プロミスは上に書いた通り「30日間無利息を何度でも利用できる」点に加えて、三井住友銀行ATMが全部借入・返済ともに無料で使えるなど、ATM利用の点でも他の消費者金融より有利です。(他の消費者金融は基本提携銀行ATMは無料で使えません)

新生銀行カードローン「レイク」については「初回30日間無利息」に加えて「5万円まで180日間無利息」という、独特の無利息サービスがあるのがメリット。特に少額のキャッシングをする時には、この「5万円まで180日間無利息」が非常に役立つでしょう。5万円をオーバーしても「オーバーした分の利息を払うだけ」でいいので、7万円や8万円を借りたい…という人でも問題ありません。

急いでないなら銀行カードローンがおすすめ

キャッシングを利用する時は、特に急ぎでないなら、消費者金融より銀行カードローンで借りることをおすすめします。銀行カードローンの方が低金利ですし、借入種別の評価も高いからです。

つまり、後々クレジットカードの審査などに申し込む時、「消費者金融で借りている」人よりも「銀行カードローンで借りている」人の方が、評価が高くなるわけですね。(その他の条件が同じなら)

これは銀行カードローンの方が審査が厳しいので、「その厳しい審査に通ったなら、信用できるだろう」という見方です。私達も、学歴の評価などで日常的にしている判断です。

もちろん、借り入れをしたままクレジットカードなどの審査に申し込む人は少ないでしょうが、こうした点を考えても、金利面を考えても、基本的には「急ぎでなければ、銀行カードローンで借りる」方がいいと思ってください。

初めてのキャッシングガイドに関連するその他の記事