初めてのキャッシングガイド

「初めてのキャッシングガイド」のコンテンツ

カードローンの返済額はどれくらい?どんな返済方法・種類があるの?

返済スケジュール

カードローンの返済金額は、毎月最低2000円から…というルールが多いです(中小業者はともかく、大手の銀行カードローン・消費者金融の場合はこの金額が多いです)。

この最低返済金額も固定されているわけではなく、その人の借入総額・借入残高によって変わります。ここではこうしたキャッシングの返済金額や返済方法などのルールについて書いていきます。

最低返済金額だけ返していると、全然減らない

最低返済金額というのは、どのカード会社でも金融機関でも、非常に安く設定されています。利用者がそれを希望していますからね。(たくさん返済したい人は、自主的に返済金額の設定を変更すればいいだけの話ですし)

こうした理由から最低返済金額は「かなり少額」に設定されているのですが、それだけ少額の返済しかしていないと、なかなか元本が減らず、利息ばかり払い続けるということになります。なので、「最低返済金額が2000円から」というようなシステムを聞いて、喜んでばかりいてはいけません。選択肢が広いことはいいことですが、返済は早ければ早いほどいいのが当たり前なのです。

とにかく小まめに臨時返済をする

キャッシングの返済というのは、2種類あります。

  • 約定返済
  • 臨時返済

前者の約定返済というのは「毎月の引き落とし」のことです。ま月1回、決まった日に返済するということですね。

一方の臨時返済というのは、いつでもいくらでも、自由にしていいものです。銀行振込によって返済することもありますし、コンビニATMなどから返済することもできます。

キャッシングでお金を借りるのは、必要な場面では非常に重要なことですが、それをできるだけ早く早期完済するということも、やはり同様に重要なことです。そのためにも、借り入れをしたら、臨時収入があるたびに任意返済をして、早期完済を目指すという意識を強く思って下さい。

返済手数料がかからないATMを使う

当たり前ですが、そうして小まめな臨時返済をするには「利用手数料がかからないATMを使う」というのが基本になります。そうでなければ、手数料だけで利息より高い金額を払う…ということになってしまいますからね。

たとえば消費者金融で10万円を借りていたら、1ヶ月の利息は約1500円です。これに対して、コンビニATMの利用手数料が200円だとすると手数料のかかるATMで8回返済したら、10万円の1ヶ月の利息を超えてしまうということですね。

もちろん、8回返済するというのは相当な回数なので、そこまで行くことはないかも知れません。しかし、6回くらいだったらあるでしょう。それでも相当「利息の金額に近づいてしまう」ということです。

とは言うものの、元本は確かに減ったわけなので、その後の利息は小さくなります。そういう点では、手数料がかかるATMで任意返済・臨時返済することも、それほどマイナスではないのですが…。

消費者金融なら自社ATMを使う

自社ATMというのは、街中で見かけるモビット・プロミス・アイフルなどの看板の建物の中にあります。あの中には自動契約機・無人契約機もありますが、専用ATMもあるのです。このATMであれば、借入・返済ともに利用手数料はかかりません(当然ですが)。

銀行ATM・コンビニATMについては、プロミス・モビット以外の消費者金融は、すべて手数料がかかるというシステムになっています。モビット・プロミスの場合は、三井住友銀行のATMが手数料なしで利用できるようになっています。

ということで、利用手数料なしのATMが多いという点で、大手の消費者金融の中ではプロミス・モビットがリードしています。アコム・アイフル・ノーローンについては、互角と思ってください。(ノーローンはATMが少ないと思われるかも知れませんが、新生銀行カードローン レイクのATMが利用できるので)

返済方式は、リボルビング払いが基本

続いてキャッシングの返済方式について説明していきます。これは知っている方も多いかも知れませんが、リボルビング払いが主流です。いわゆるリボ払いですね。クレジットカードで聞き馴染みのある方も多いでしょう。

リボルビング払いとは?

リボルビング払いとは、「毎月決まった最低返済金額だけ払えばいい」という返済方式です。つまり、その最低返済金額が「1万円」と決まっていたら、100万円借りていようが、1億円借りていようが、毎月1万円だけ払えばいいということですね。

実際には、それでは間違いなく借入超過者になってしまうので、「借入総額ごとに、最低返済金額が増えていく」というルールになっています。しかし、そうして増えた最低返済金額に合わせて支払いをしている限りは、借入総額がいくらであろうと、それ以上払う必要はないのです。

リボ払いのメリットは?

このリボ払いのメリットは、月々の返済の負担が少ないということ。ありとあらゆる返済方式の中で、一番月々の支払いが少なくなる(自分で設定して増やすことも可能)というものなので、「しばらくお金がないので、返済の負担を減らしたい」という人にとっては、メリットがあります。

ただ、これは誰でも想像がつくと思いますが、「そうして返済を先延ばしにすると、あとで苦労する」というデメリットもあります。月々の支払い金額を少なくしているということは、元本がそれだけ減らないということなので、利息もたくさん払っているということなのです。

なので、リボ払いの「返済の負担が小さい」というメリットは、あくまで「一時的に資金繰りが苦しい時」のみに、役立つものだと思って下さい。

リボ払いのデメリットは?

上に書いた以外のデメリットも書くと今、いつの支払いの返済をしているのかわからなくなるということが指摘できます。つまり、お金に関する感覚が麻痺してきます。

キャッシングとは違って、どちらかというとクレジットカードのショッピングでこの傾向が見られます。たとえば通常の分割払いだったら、1月に「5回払い」で買い物すると、6月までにそれを毎月定額で、きっちり払っていかないといけません。それで「ああ、1月に買ったコートの分を、今払っているんだな」という実感がわきます。

その買い物が失敗だったら、ハッキリと後悔するでしょうし、逆に成功だったら「あれだけの買い物をするのに、大体このくらいの努力をすればいい」という感触がハッキリとつかめます。いずれにしても「金銭感覚がリアルになる」ということです。

しかし、これがリボ払いだとそうなりません。「今の利用残高は20万円です」と書かれていても「いつの買い物で、20万円になったんだ?」と思ってしまいます。これはリボ払いあるあるというか、ほぼ誰でも陥るものです(そのくらい、リボ払いで買い物をしていると、自分の支出に関して無頓着になります)

わかりやすいようにクレジットカードのショッピングを例にとって説明しましたが、キャッシングの場合も同じようなものです。「いつした借金だっけ?これ」となることが多いわけですね。リボ払いは便利なシステムですが、この点はくれぐれも注意して下さい。

実際の利息をシミュレーション

ここまでは、返済金額や返済方式について「仕組み」としての説明をしてきました。ここからは実際に、これだけ借りると利息はいくらになるという「実践的な内容」を書いていきましょう。

30万円借りて、月1万円返済した場合

仮に消費者金融で借りていたとすると、30万円の1ヶ月の利息は「約4500円」です。大体5000円とすると、月1万円支払ったら、元本は5000円だけ減るということです。それを12ヶ月続けたら、「元本が6万円減る」ということですね。

この時点で、支払った金額と借入残高は下のようになります。

  • 支払金額…12万円
  • 借入残高…24万円

このように「6万円は利息で消えた」ということです。30万円借りて、月1万円しか払わないと、消費者金融の場合は、年間利息だけで6万円払うということですね。(もっと毎月の返済筋を減らさないといけない、というのがよくわかるでしょう)

20万円借りて、1万円ずつ支払う場合

上のシミュレーションの続きですが、「24万円」だと中途半端なので、「20万円」にしてみましょう。この場合、消費者金融だと1ヶ月の利息が「約3000円」になります。それで毎月1万円ずつ払うということは「元本が7000円ずつ減っていく」ということです。

7000円の12ヶ月なので、「8万4000円」元本が減ります(1年で)。キリよく「8万5000円」とすると、一年後の借入残高は「11万5000円」となるわけです。ほぼ10万円ですね。

同じ「毎月1万円の支払い」でも、借入総額が30万円の時と20万円の時では、元本の減り方が全然違うというのがわかるでしょう。借入超過者・多重債務者の方々はよく「私は全然、自分のためにお金なんて使っていないのに、何で借金がこんなに減らないのでしょうか…」とつぶやきますが、それはこういう仕組みです。「借入残高が大きいと、どれだけ返済しても利息しか払えない」のです。

(まして、その利息を払うための借金を他でするようになったら、借金が減らないのは当たり前です)

こうして見ると、「キャッシングでは借り過ぎてはいけない」「借入総額が小さいうちに、全額返済しなければいけない」というのが痛いほどわかるでしょう。

カードローンの返済金額・方式、まとめ

以上、カードローン・キャッシングの返済金額や返済方式などについてまとめてきました。。最後に精神的に重要なポイントを補足します。

キャッシングが必要になった時点で、黄信号

たとえその借入金額が10万円などの少額であろうと、短期間の借り入れであろうと、キャッシングが必要になった時点で、その人の生活には黄信号が点灯しているという意識を強く思って下さい。つまり「今のままではダメだ」ということです。

「そんなことはない。10万円しか借りていないし、審査もすぐ通ったし、返済もすぐした」と思われるかも知れません。しかし、本当に「そんなことない」人は、そもそも借り入れを必要としないのです。どんな急な出費があったとしても、それを払えるだけの貯金がありますし、そもそもそういう支出が少ない人生を送っているのです。

(人間関係の断捨離をするなどして)

それができていないと、借り入れが必要になるのです。もちろん、長い人生ですから、二度や三度はそういうことがあるでしょう。なので、別に悪いわけではありません。あくまで「黄信号」ということです。

ただ、「青信号ではない」ということだけは、自覚しておいて下さい。

借りたらまず完済を意識する

どうしてもキャッシングが必要なケースは、やはりあるものです。古今東西貸金業というビジネスが途絶えた国がないことを思えば、これは歴史の必然、生活の必然と言っていいでしょう。

なので、借り入れをすること自体は、まったく問題ないのです。ただ、キャッシングをした瞬間から、完済に向かって素早く動くということは重要です。

率直な話、大手の銀行カードローン・消費者金融であればどこで借りても違いはほとんどありません。銀行カードローンか消費者金融かという違いはありますが、銀行カードローン同士、消費者金融同士の比較であれば、どこで借りようと大差はないのです。(銀行カードローンは多少違いがありますが)

なので、「どこで借りようか」と迷っている暇があったら、むしろ「どこでアルバイトを増やそうか」と考えた方がいいんですね。場合によっては、もっと高時給なアルバイトに転職するということも大事です。

というように「稼いで完済する」ことに意識を集中すべきであり、どこで借りるかということは、さほど悩まなくていいのです。お金が必要になったら、ぜひこれを意識して下さい。

初めてのキャッシングガイドに関連するその他の記事