初めてのキャッシングガイド

「初めてのキャッシングガイド」のコンテンツ

短期返済ならお得!給料日前の金欠は30日間無利息キャッシングで乗り切れ!

給料日前の金欠

無利息キャッシングには、いくつか種類があるのですが、それぞれの無利息期間のメリットを、ここでは紹介していきます。無利息キャッシングというのは、いわば「究極の低金利」ですから、できるだけ低利息でお金を借りたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

30日間無利息

まず、無利息キャッシングの代名詞といえる「30日間無利息」。これは、消費者金融だとアコム・アイフル・プロミスが提供していて、銀行カードローンだと新生銀行レイクが設けています。以下、この30日間無利息について詳しくまとめていきます。

アコム・アイフルは「初回のみ」

まずアイフル・アコムですが、いつでも30日間無利息にできるわけではありません。あくまで「初回のみ」となっています。つまりアコム・アイフルでキャッシングするのが初めて、という利用者のみということですね。

と言っても、ほとんどの人は初めてのはずなので、特に問題ないでしょう。

プロミスはポイントを貯めれば「何度でも」

同じ30日間無利息でも、プロミスは「何度でも」適用することが可能です。以前はプロミスも「初回30日間無利息」だったのですが、それが変わって「ポイントを貯めることによって、繰り返し適用できるようになった」んですね。

あと、初回からですが、プロミスで30日間無利息にするためには、メールアドレス・WEB明細利用の登録をする必要があるので、この点は注意してください。

新生銀行カードローン レイクも「初回30日間無利息」

銀行カードローンで無利息期間を持っている所は少ないのですが、新生銀行カードローン レイクは例外です。(何かにつけて、レイクは銀行カードローンの中の例外的な存在です。)

新生銀行カードローン レイクもやはり「初回30日間無利息」で借りることができます。こちらはアコム・アイフルと同じで、初めての借り入れだけとなっています。新生銀行レイクは「5万円まで180日間無利息」という無利息キャッシングも併用できるのですが、これは今から詳しく説明します。

5万円まで180日間無利息

これは新生銀行カードローン レイク独特のサービスで、内容は名前通りです。5万円をオーバーしてはいけないかのようですが、そうではありません。また、初回30日間無利息とも同時に適用できるので、「無利息サービスに関しては、新生銀行カードローン レイクが最強」と断言していいでしょう。

新生銀行レイクのみの無利息サービス

まず、現時点ではこれは上に書いた通り、新生銀行カードローン レイクのみのサービスです。こうした「独特の無利息期間」については、他に下のようなものがあります。

  • ノーローン…何度でも1週間無利息
  • 静岡銀行…最大45日間利息キャッシュバック

これらもそれぞれのメリットがあるのですが、レイクがノーローン・静岡銀行と異なる点は「初回30日間無利息も併用できる」ということ。つまり「ただ個性的な無利息キャッシングがある」だけではなく「王道の30日間無利息も、バッチリ抑えている」ということです。

(なので、無利息キャッシングについて最強というのは、口コミ・評判や主観的な評価ではなく、システム上の物理的な事実なんですね。)

5万円を超えても大丈夫

これも上に書いた通り、レイクの「5万円まで180日間無利息」は、5万円以上のキャッシングをしても適用される、というシステムです。たとえば「7万円」借りたとしたら、下のようになります。

  • 5万円分…無利息
  • 2万円分…有利子

新生銀行レイクの実質年率(金利)で2万円を1ヶ月借りると、利息は大体300円になります。本来、7万円借りていると1ヶ月で「1050円」の利息になるのですが、それが300円まで減った…、つまり「750円割引になった」ということですね。

というのが「5万円まで180日間無利息」の「5万円をオーバーして借り入れをしてもいい」という意味&仕組みです。

初回30日間無利息と併用

ここまでも書いてきた通り、レイクは「初回30日間無利息と併用できる」という点が、最も優れています。つまり、初月でできるだけ多く返済し、5万円近くまで借入残高を減らしておけば、残りはほとんど、無利子で済むということです。

アコム・プロミスなどの「30日間無利息」だと「初月で全部返済しなければ…」というプレッシャーがかかるかも知れませんが、新生銀行カードローン レイクだったら「さらに5ヶ月、5万円まで無利子でOK」ということなので、非常に楽になるわけですね。

どちらにしても「初月に頑張って、できるだけたくさん返済する」というのがポイントです。先憂後楽という四字熟語の通り「最初で苦労した方が、後で楽になる」わけです。

何度でも1週間無利息

何度でも1週間無利息は、ノーローンが提供する独自のサービスです。文字通り、初回だけではなく、何度でもこのサービスを適用することができます。

ノーローンだけの無利息期間

そもそも、無利息キャッシングという文化は、最初にノーローンが始めたイノベーションなんですね。ノーローンというブランド名は、そこから来ているのです。このキャッシングブランドを提供している会社は、株式会社シンキです。

ノーローンがキャッシング業界で初めての無利息キャッシングを開発した時の開発秘話は、ノーローンの公式サイトで読むことができます。非常にユーモラスで面白い内容です。

給料日前など、定期的なピンチに役立つ

この「何度でも」「1週間」という条件は、まさに給料日前などの、定期的に訪れて、少額で、しかも短期間のピンチという場面で、非常に役立ちます。

特に一人暮らしをしている学生や、新卒で働き始めたばかりの社会人の方など、この何度でも1週間無利息というサービスは、かなり役立つでしょう。

もちろん、毎月給料日前にピンチになるというのは、根本的な部分で問題があるので、それはできるだけ早く改善していく必要がありますが…。何はともあれ、独特のスタイルだけに、ピンポイントで役立つ人が多い無利息キャッシングです。

1週間で完済できない金額なら、初回30日間無利息の方がいい

ノーローンの「何度でも1週間無利息」は、あくまで「少額を借りる」ためのもの。もし1週間で完済できないような高額を借りるのであれば、初回30日間無利息で借りられるアイフル・アコムなどにした方がいいでしょう。1週間では返済できない金額でも、1ヶ月あれば大部分返済できるはずだからです。

(単純計算すると、難易度が4分の1になるわけですからね)

ということで、ノーローンは無利息キャッシングについて言えば「少額キャッシングに向いている消費者金融」と思って下さい。

無利息キャッシング・まとめ

以上、消費者金融と新生銀行カードローン レイクの無利息キャッシングについてまとめてきました。最後に、さらに詳しく説明しておくべきポイントについて書きます。

銀行カードローンよりも低利息になる?

これはキャッシングの知識がある人なら常識というレベルで知っているでしょうが、消費者金融で「初回30日間無利息」で借りると、5ヶ月は銀行カードローンよりも低利息になる…という現象があります。

これは実際に利息シミュレーションをしてみるとハッキリとわかります。まず、標準的な金利の銀行カードローンと、消費者金融の1ヶ月の利息は下のようになっています(1万円借りた場合)。

  • 消費者金融…150円
  • 銀行カードローン…120円

つまり「毎月30円」銀行カードローンの方が低利息なわけですね。そして、初月は消費者金融の方は「利息なし」ですから、1ヶ月目が完了した時点で、両者の利子総額は下のようになるわけです。

  • 消費者金融…0円
  • 銀行カードローン…120円

このように、「銀行カードローンで借りた人の方が、120円分、多く支払った状態」でスタートするんですね。そして、2ヶ月目からは「毎月30円」このゲーム差が縮まっていくわけです。

120円の差を「30円ずつ」縮めていったら、言うまでもなく「4ヶ月」で追いつきます。そして、「最初の1ヶ月+4ヶ月」なので「合計5ヶ月で、銀行カードローンが追いつく」というわけですね。

裏を返せば「最初の5ヶ月は、30日無利息キャッシングができる消費者金融の方が、銀行カードローンよりも低利子」となるのです。銀行カードローンの方がいつでも低金利で低利息というわけではないんですね。

その後も「1万円につき30円」銀行カードローンが安いだけ

また、5ヶ月を過ぎても、そこからさらに半年くらいは「銀行カードローンが断然有利になる」ということはありません。というのは、もともと「1万円借りて月30円」というわずかな利息差しかないからです。

そして最初の5ヶ月で、借入残高もだいぶ減少しているはずなので、両者の利息差も、より小さくなっていくわけですね。

たとえば借入総額が5万円まで減っていたら、利息差は「月150円」しかないのです。10万円借りていても「月300円」です。世間が思っている「銀行カードローンは低利息で、消費者金融は高金利」というのは、ただのイメージの問題…というのがよくわかるでしょう。

補足…最大45日間利息キャッシュバック

無利息キャッシングとは少し違うのですが、静岡銀行カードローン「セレカ」で「最大45日間利息キャッシュバック」という、独特のサービスもあります。

キャッシュバックというのは、「一度は利息を払う」ということ。払った後で計算して、キャッシュバックするべき分が、自分の口座に返金されるという仕組みですね。

すぐに戻ってくるわけなので、実質無利息と同じですが、やはり「最初から一度も払わないで済む」スタイルの、30日間無利息などのサービスの方が便利…と感じるは多いでしょう。

無利息になる日数は最長

一度は利息を払う…という点ではやや不利ですが、無利子になる日数を単純に計算すると、静岡銀行カードローン「セレカ」のこのサービスは、ある意味「一番有利な無利息キャッシング」ということができます。

まず、アコム・プロミス・アイフルについては「30日」なので太刀打ちできませんし、ノーローンももちろん無理です(何度でもというメリットはありますが)。

新生銀行カードローン レイクも、30日が過ぎてからは「5万円まで」という条件なので、借入総額がいくらであろうと、プラス15日無利子になるという点では、やはり静岡銀行カードローン「セレカ」が有利…と感じる人が多いでしょう。

逆に「15日」だけ無利子になることもある

ただ、この「最大45日間利息キャッシュバック」は、借り入れをするタイミングによっては、「45日どころか、キャッシュバック期間が15日になってしまう」というデメリットもあります。

仕組みがやや複雑なのですが、要は「借り入れをした日から、最初の返済日までが15日以上」ある場合は、その日までが利息キャッシュバック…となるわけです。

そして「14日以下」という時は「これだけ短い日数だと、少しかわいそう」ということで、「さらに1ヶ月(次の返済日まで)延長」となるんですね。それで、次の月が「31日」だったら「14日+31日」で、「最大45日」となるわけです。

このように、静岡銀行カードローン「セレカ」の無利息キャッシングはいつ審査の申し込みをするかというタイミングによって、大きく変わるわけです。なので、初回30日間無利息の方がわかりやすくて便利…という口コミ・評判もあります。

そのように、少々計算が複雑ということで、ここでは番外編的な扱いにしましたが、借り入れのタイミングがちょうどいい人で静岡銀行カードローン「セレカ」の審査に通るだけのクレジットスコア(信用度)がある人だったら、セレカで借り入れをする…というのもいいでしょう。

以上、様々な無利息キャッシングを紹介してきました。ご自身のニーズや借り入れのスタイルに、一番合ったものを選んでみて下さい。

初めてのキャッシングガイドに関連するその他の記事