初めてのキャッシングガイド

「初めてのキャッシングガイド」のコンテンツ

【安全キャッシングサービス】で安心してお金を借りよう!

お金を借りる

安心してお金を借りるためには、当然信用できる銀行カードローンや、あるいはキャッシング業者を選ぶ必要があります。これは別にキャッシングだけではなくどんな業界のサービスを利用するにしても同じでしょう。

安全・安心なキャッシング業者や銀行ローンの選び方というのはシンプルで「大手で選ぶ」というだけです。別に寄らば大樹の陰というわけではありませんが、大手は悪い口コミ・評判が流れた時のダメージが計り知れないので、変な契約もしないし、強引な取り立てや督促もしないということです。

また、中小のキャッシング業者はごく一部、整理屋や紹介屋などの悪徳業者が紛れ込んでいることもあります。そのようなリスクがないという点でも、大手の銀行カードローン・消費者金融を選ぶことが一番安心・安全といえます。

貸金業者登録をしていても、悪徳業者がいる?

「中小の消費者金融の中には、悪質業者も混ざっている」ということを書きましたが、これを読んで「正規の貸金業者登録をしているキャッシング業者だったらいいのでは?」と思う人もいるかも知れません。しかし、実はそうではないのです。

「トイチ」と呼ばれる、正規の悪徳業者

キャッシングの世界で「トイチ」というと「10日で1割」という暴利を貪るヤミ金を連想する方も多いでしょう。事実、一般的にはその意味で使われます。

しかし、より専門的な用語として、もう一つの意味があるんですね。それは貸金業者登録をしてまだ数年しか経っていない、新しい貸金業者という意味です。たとえばそれが東京都で登録したキャッシング業者であれば、「都(1)」という番号がついています。ここから「トイチ業者」という用語が生まれたんですね。

新しく貸金業者登録をして、すぐに廃業する

正規の貸金業者登録をしながら、悪質業者として活動している業者は、当然「すぐに廃業」します。長くやっていると警察に捕まる可能性があるからです。

そのため、貸金業者登録をしては廃業、しては廃業の繰り返しなので、いつまで待っても「都(1)」のままなのですね。そのようなトイチ業者も中小の消費者金融の中には混ざっているので、そうしたデータを小まめにチェックするような人でなければ、中小のキャッシング業者からは借りない方がいいということです。

紹介屋・整理屋とは

紹介屋・整理屋というのは、それぞれ下のような内容の悪徳業者です。

  • 紹介屋…ヤミ金に紹介する
  • 整理屋…「返済計画の再編を手伝う」と言って手数料をだまし取る

紹介屋については特に「正規の貸金業者登録をしているけど、実は悪質業者」という代表的なパターンといえます。この紹介屋が普通の貸金業者として利用者を集め、それをヤミ金に流すというやり口ですね。

整理屋については、「弁護士事務所・司法書士事務所と提携している」という、高度な違法業者もいます。最近は弁護士・司法書士という資格だけではお金を稼ぐことが難しくなっているので、お金目当てにこうした仕事に手を染める司法書士や弁護士の方々も増えているようです。

(弁護士も最近はそれほど高収入ではなくなっていますし、キャバクラ嬢などに入れあげてお金がなくなって、こういう違法行為に手を出す、ということはよくあります)

このように、悪徳業者にも様々な手口があるのですが、いずれにしても、中小業者だからそういう業者が混じる可能性があるというだけで、大手だったらそのようなことは絶対にないのです。なので、安心・安全な借入先から借りたいのであれば、大手の銀行カードローン・消費者金融を選んでおけば間違いないというわけですね。

大手の方が、借入・返済がしやすい

このように悪徳業者が混ざるリスクがなく安心・安全にキャッシングができる―、というのが大手の消費者金融・銀行カードローンの魅力です。それ以外にも大手の方が借入・返済しやすいというメリットもあります。ここではこの借入・返済のしやすさについて書いていきましょう。

審査スピードが桁違いに大手の方が早い

大手の消費者金融・銀行カードローン…、特にアコム・プロミス・SMBCモビットなどの大手の消費者金融の審査スピードは、桁違いに早くなっています。最短30分で審査、融資まで全て含めて最短60分というスピードです。

これが中小のキャッシング業者だったり、あるいは地方銀行のカードローンだったりすると「数営業日」が精一杯です。金融機関によっては「翌日か二日後」というパターンも非常によくあります。

また、スピード借入ができるにしても、「最短30分」という短時間で審査結果がわかるか、数時間かかるのかという点では、大きな違いがあります。「何が何でもその日中にお金を借りる必要がある」という場合には、少しでも早く審査結果がわかることが重要だからです。もしその銀行カードローン・消費者金融で借りられないということであれば、他の借入先をすぐに探す必要がありますからね。

そのような点からも、急ぎでお金を借りたいという方にとっては、特に大手のキャッシングを選んだ方がいいわけです。

初回30日間無利息などのサービスも充実

さらに大手のキャッシング業者・ブランドや銀行カードローンで借りるメリットとして「初回30日間無利息などの無利息キャッシングが可能となっている」という点が指摘できます。アコム・アイフルは「初回30日間無利息」、プロミスはポイントを貯めてメールアドレス・WEB明細利用の登録をすれば、何度でも30日間無利息(初回はポイントなしで無利息)…、というように特に大手の消費者金融で無利息サービスは充実しています。

銀行カードローンでも新生銀行カードローン レイクが「30日間無利息・5万円まで180日間無利息」の二本立てのサービスをしているなど、大手だと「利息を払わずに完済までこぎつける」ということも可能なのです。このように金利・利息面でも、大手の銀行カードローン・消費者金融は中小業者に比べて非常に有利だといえます。

ATMで借入・返済が簡単にできる

次々と大手の有利な点を語っていますが、さらに追加すると「提携コンビニATM・提携銀行ATMでの借入・返済ができる」というのも、大手のキャッシングが有利な点です。発行されたローンカード(銀行カードローンならキャッシュカード兼用型のものも)を、提携コンビニATM・提携銀行ATMに差し込むだけで、自動的に借入・返済や残高照会のメニューが起動する、というわけですね。

これが中小のキャッシング業者だと、例えば返済だったら、自分で返済先の口座の銀行名・支店名・口座番号・口座名義などを入力して振り込みする必要があります。非常に面倒なわけです。

また、提携銀行ATM・提携コンビニATMと書きましたが、大手の消費者金融の場合はそれぞれの専用ATM・自社ATMも持っています。プロミス・アイフルなどの看板の建物の中にあるATMですね。

こうした専用ATM・自社ATMであれば借入・返済の利用手数料もいつでも無料になるので、その点でも、やはり大手の消費者金融や銀行カードローンは有利なわけです。

中小業者で借りた方がいいケース

ここまでは大手のキャッシングを利用した方がいい理由について書いてきました。では、安心・安全な借入先として、中小業者を選ぶべき場面、その時の注意事項はあるのか、それをまとめていきます。

学生が「1万円だけ」借りたい時

大手にはない中小業者だけのサービスとして「学生専用ローン」があります。そして、中小の学生専用ローンの特徴として「1万円だけ」という超小口の借り入れもできるという点があります。

大手の銀行カードローン・消費者金融だと「最低でも10万円からの借入枠」となっているので、10万円借りられる程度の信用度(クレジットスコア)は持っていないと、1万円すら借りられないということです。

しかし、学生専用ローンであれば「最低限1万円の信用度(クレジットスコア)があればキャッシングできる」ということもあり、こうした学生さんにとってはメリットがあると言えます。

中小業者の「レディースローン」は要注意

「専用ローン」の他のパターンとして、「女性専用ローン」もあります。レディースローン・レディースキャッシングという名前で呼ばれることもあります。

これはこれで良いサービスですが、プロミスなどの大手と違い、中小業者の場合は注意する必要があります。というのは、裏で風俗店や反社会勢力と結託しているレディースローンもあるからです。

これも冒頭に書いた紹介屋・整理屋などのパターンと同じで、あくまでごく一部の悪質業者がそうしたことをしているというだけですが、大手だったら最初からその心配ないのです。

「独自審査の業者」は避けた方がいい

中小の消費者金融の中には「独自審査」を謳う業者もあります。独自審査というのは、JICC・CIC・KSCなどが保有する個人信用情報に頼らずに審査を行うという意味です。つまり「個人信用情報にブラックリストの履歴が記録されていても、借り入れすることができる(可能性がある)」というわけですね。

なので、特にブラックリスト入りしている多重債務者・借入超過者の方々などが飛びついてしまうのですが、「言うまでもなく、そのような貸金業者がまともである確率は低い」です。そのため、中小業者から借りるにしても、独自審査の業者は避けた方がいいでしょう。

安心できるキャッシング業者選び・まとめ

以上、安全・安心なキャッシング業者の選び方について、ポイントをまとめてきました。結論を書くと最初の通り「大手の消費者金融・銀行カードローンで申し込めばいい」というようにシンプルなのですが、以下いくつか補足していきます。

中小業者で借りるのは、大手で落ちた人が多い

基本的に、中小のキャッシング業者というのはSMBCモビット・アイフル・ノーローン・アコムなどの大手の消費者金融の審査で落ちた人が申し込むと思って下さい。もちろん全員が全員そのパターンというわけではありませんが、そのパターンが非常に多いです。

これは少し考えればわかると思いますが、「お金を借りる」というと、多くの人はアコム・SMBCモビットなどの大手の消費者金融を連想するわけです。なので、キャッシングが必要になったらほとんどの人はこうした大手のキャッシングブランドに真っ先に走るはずなのですね。

しかし、そこで審査に落ちたとなって、ようやく(それでもまだお金が必要であれば)中小のキャッシング業者に走る…というわけです。そのことは中小業者の側もよく自覚していることが多いので、中小の消費者金融は大手よりも審査基準が緩めになっていることが多いです。

強引な取り立てなどは一切ない

最近は消費者金融について「強引な取り立てがある」というイメージも薄まってきたかと思います。しかし、90年代の武富士など「大手の消費者金融でも社会的に問題になるような強引な取り立てをすることがある」というイメージが、一部の方には焼き付いているかも知れません。

しかし、幸か不幸か武富士などの企業がそのようなことをしてくれたおかげで、金融庁による消費者金融の監視が厳しくなり、業界は徹底的に健全化された状態なのです。そのため督促や取り立ても「大人しすぎるくらい」と言われており、漫画やドラマでよく描かれる「ヤクザが押しかけてきて取り立てをする」というイメージとは、完全に真逆になっている」と思ってください。

もちろん、遅延・延滞をした時の督促だけではなく、借り入れの審査や申し込みの段階からすでに、まるで銀行のサービスを利用するかのような丁寧さ・クリーンさになっています。(事実、アコムは三菱UFJ銀行のグループですし、SMBCモビットは三井住友銀行グループの会社ですからね)

というように、世間の人が思っているような消費者金融の悪いイメージというのは、こと大手に限っては一切ないと思って下さい。なので、安全・安心なキャッシング業者・ブランドを探しているという方は、とりあえずよく名前が知れた大手の消費者金融・銀行カードローンで申し込みをすれば間違いないというわけです。

初めてのキャッシングガイドに関連するその他の記事