キャッシング関連の良くある質問

「キャッシング関連の良くある質問」のコンテンツ

【収入証明書なし?】キャッシングの審査には収入証明書が必要?不要?

証明する

キャッシング審査では、収入証明書は基本的に不要です。消費者金融なら「50万円以上」借りる時のみ提出する…というルールになっています。ここでは、キャッシングの審査と収入確認資料の関係について書いていきます。

消費者金融は、50万円まで年収確認資料不要

上に書いた通り、消費者金融の審査では借入総額が50万円を超えるまでは、収入証明書を提出する必要はありません。この借入総額というのは、そのキャッシングブランド単独でも借り入れです。

すべての借入総額だと「100万円を超える時のみ、年収証明書を提出」という条件になっています。これは貸金業法で法律的に決まっているルールなので、例外はありません。

身分確認資料だけ提出すればOK

そのように収入証明書を提出しないでキャッシングするとなると、どのような必要書類があるのか。これは身分確認資料だけです。つまり、下のような書類を提出すればいい…ということですね。

  • 各種健康保険証
  • マイナンバー
  • パスポート
  • 運転免許証
  • 住民基本台帳カード
  • 外国人登録証明書
  • 在留カード

その他、まだいろいろありますが、基本的に一番いいのは「運転免許証」を提出することです。運転免許証は、ネット審査の申込みフォームにも「運転免許証の有無」などの審査項目があるくらい、信用度が高い身分確認資料なのです。

上に書いた以外の身分証明書では、たとえば宅建主任の証明書など、国家が発行する資格証なども、一応本人確認資料として認められます。しかし、やはり上の一覧のような「一般的な身分証明書」を提出した方が、審査も早いし印象もいいので、そちらおすすめします。

(キャッシングの審査では、基本的に「普通にしている」というのが、一番重要なのです)

個人事業主・会社経営者なら、収入確認資料も必要

ここまで書いた通り、基本的にキャッシング審査では年収確認資料は不要なのですが、例外もあります。

  • 個人事業主
  • 会社経営者
  • 法人代表者
  • 自営業
  • フリーランス
  • 商店主

これらの独立系の職業の方々の場合は、収入が不安定な上に、個人事業主だと本当に営業しているかわからないということで、それを確認するために、年収証明書の提出が必要…となっています。これはキャッシング金額に関係なく、ということです。消費者金融で、借入希望金額が50万円以下でも、必ず所得確認資料を提出しなければならない…ということですね。

「他社も含めた借入総額」が100万円以上の場合

先ほど少し書きましたが、「他社も含めた借入総額が100万円以上」という人の場合は、会社員・OL・公務員やパート・アルバイト・フリーターの方々であっても、収入証明書を提出する…というルールになっています。(これも上に書きましたが、貸金業法でそう決まっているからです)

この場合は、「所得証明書を提出するのが面倒」などと考えるより、すでに消費者金融での借り入れが100万円をオーバーしているという事実に、危機感を持つべきでしょう。

消費者金融での借入総額が100万円以上ということは、月々の利息は、1万5000円以上ということです。どう考えても危険な状況なので、早急に収支のバランスを改善しなくてはいけません。

多数の銀行カードローンが「300万円」まで

すべての銀行カードローンが300万円までというわけではないのですが、ほとんどはそうなっています。大手の銀行カードローンで一覧にすると、下のようになります。

  • 三井住友銀行
  • 楽天銀行
  • 横浜銀行
  • じぶん銀行
  • ジャパンネット銀行
  • ソニー銀行
  • イオン銀行

このように、そうそうたる顔ぶれです。大手の銀行カードローンでは「300万円」以外の金額は少数派なんですね。

そして、300万円をキャッシングするには、たとえ銀行カードローンが貸金業法第13条の2第2項の規定の範囲外(例外・除外含む)といっても、一般的に「最低でも年収900万円」は必要となっています。つまりほとんどの人はこれらの銀行カードローンで、収入証明書が必要になる金額まで借りること自体がないわけですから、事実上、年収確認資料はまったく不要と言ってもいいわけです。

みずほ銀行は「200万円」から

みずほ銀行カードローンは、100万円でも300万円でもなく「200万円」という基準になっています。これも単純計算で「年収600万円が必要」ということになるので、この金額まで借りる人はあまりいないでしょう。

(昔の日本だったら、年収600万円の人はもっと多くいたでしょうが、今はかなり少なくなってきましたからね)

何にせよ、三大メガバンクのカードローンの「収入証明書が必要になる金額」が、下のようにきれいに分かれているわけです。

  • 三菱東京UFJ銀行…100万円
  • みずほ銀行…200万円
  • 三井住友銀行…300万円

だからどうということもないのですが、何となくこのすみ分けは興味深いですね。

収入証明書は何を出せばいいのか?

いざ収入確認資料が必要になった時には、どのような書類を提出すればいいのか。これは源泉徴収票・確定申告書などの一般的な年収確認資料でいいのですが、職業・属性別にベストなものが異なります。それをまとめていきましょう。

給与所得者なら「源泉徴収票・給与明細書」

まず、パート・アルバイト・フリーターの方々、あるいは会社員・OL・公務員の方々など「給与所得者」の方々は、給与明細書か源泉徴収票を出す…というのが基本です。一番いいのは源泉徴収票です。国が発行している書類ですからね。

給与明細書は、それぞれの職場が発行するものなので、公的書類ではありません。そのため信用度は落ちるのですが「直近の収入がわかる」という点では給与明細書の方が役立つこともあります。

なので、たとえばまだ勤続1年経っていなくて、年1回しか発行されない源泉徴収票を持っていない…というような時は、給与明細書を提出します。また、キャッシング業者や銀行カードローンの判断で、給与明細書をチェックする…ということもあります。

何はともあれ、給与所得者の方々は、基本的に「源泉徴収票・給与明細でOK」と思っておいて下さい。他の収入確認資料を提出した方がいい人というのは、この辺の知識がかなりある人なので、自己判断でやっていただいて大丈夫です。

個人事業主なら「確定申告書・納税通知書」

そして、個人事業主・自営業や法人経営者・会社代表者など「事業所得者」に該当する方々は、基本は確定申告書、無ければ納税通知書などを提出する…というやり方になります。その他の収入確認資料も一覧にすると、下のようになります。

  • 課税証明書
  • 住民税決定通知書
  • 支払調書
  • 収支内訳書
  • 青色申告決算書
  • 所得証明書

この「所得証明書」というのは、収入確認資料という意味ではありません。所得証明書という、その前年にその人が稼いだ金額をすべて一括で計算して、国がまとめてくれた書類のことです。これは特に多数のクライアントさんからお給料をいただいているフリーランスの方々などにとって、非常に便利です。そうした方々は、キャッシングの審査の提出書類としてだけではなく、所得証明書を一度発行してもらう…というのもいいかも知れません。

確定申告をしていない人は、アウト

これは当たり前ですが、個人事業主・自営業で確定申告をまだしていない…というのはアウトです。稼いでいるのに確定申告をしていないのは脱税ですし、「稼ぎがなかった」というのも、それでもやはり確定申告はしなければいけません。(年間の売上が、20万円以下の場合でも)

また「年度をまだまたいでいないから、確定申告しようにもできない」というのもNGです。そんなに事業年数が浅い自営業・個人事業主を、誰が信用できるだろう…という話ですね。自分でも、今後自分の事業がどうなるか、まったくメドが立っていないはずです。

というわけで、まだ確定申告をしていないというフリーランスや個人事業主・自営業の方々は、残念ながらキャッシングはまったくできないと考えて下さい。むしろ何かパート・アルバイトを始めて、そちらで「給与所得者」として審査に申し込みした方がいいでしょう。それだったら、審査に通る可能性は十分にあります。

キャッシング審査での収入証明書・まとめ

以上、カードローンの審査で必要になる収入確認資料について、その提出のルールや、年収確認資料の種類などの情報をまとめてきました。最後に、提出書類の種類について、重要なポイントをまとめていきます。

基本的に「一般的な書類」を出す

ここまでにも少し書きましたが、消費者金融にしても銀行カードローンにしても、借入審査と言うのはとにかく「普通にしている」というのが大事です。役人根性のようですが、とにかく「個性など要らないので、安定性を示す」ということが大事なのです。なので、給与所得者なら源泉徴収票、事業所得者なら確定申告書…というように、もっともメジャーな所得確認資料を提出する…というのが一番いいわけですね。

収入証明書だけではありません。身分確認資料にしてもやはり、運転免許証がベスト。その次が「各種健康保険証・パスポート・マイナンバー・住民基本台帳カード」…というようになっています。とにかくできるだけ一般的な書類を提出し、一般的な行動をとるということが、最重要なのです。審査通過した後に、借入枠が増額されやすい人も、そういう利用や返済をする人です。

(たとえばクレジットカードだったら、毎月の利用金額に波がある人ではなく、コンスタントに一定金額を利用して、もちろん延滞・滞納をしない…という人ですね)

変な書類を出すと、審査に時間がかかる

「変な書類」というと、書類に対して失礼ですが、たとえば「小型船舶免許」とか「猟銃携帯許可証」のようなものを提出されても、自分が消費者金融・銀行カードローンのスタッフさんだったら、かなり困るでしょう。

こうした資格証も一応身分確認資料ではありますが、どこを見れば偽造していないか確認できる…というノウハウや経験が、スタッフさんの側で不足しているわけです。なので、業者・ブランド・銀行によっては、このように特殊な書類は受け付けていない…ということもあります。

仮にOKだったとしても、このような書類は審査にかなりの時間がかかります。そのため、最短即日キャッシングのチャンスを逃す…ということもあり得るわけです。なので、最短当日借入の可能性を高めるためにも、できるだけ運転免許証などのメジャーな書類を提出するようにして下さい。

キャッシング関連の良くある質問に関連するその他の記事