学生・フリーターキャッシングガイド

「学生・フリーターキャッシングガイド」のコンテンツ

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」、最短即日融資OK?学生は?審査のポイント解説

ポイント

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、最短当日借入も可能となっています。これは今の大手の銀行カードローン・消費者金融だったら、どこでも共通して言えることですが、三菱東京UFJ銀行は特に最短即日キャッシングがしやすい銀行カードローンの一つです。

また、若年層でもキャッシングは可能です。ただし、親権者の同意書が必須という条件なので、注意してください。

最短即日借入がしやすい借入先の一つ

大手の銀行カードローンの中でも特に、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は最短当日借入がしやすいということで人気です。バンクイックの最短即日キャッシングがしやすい理由は、具体的に箇条書きすると下のようになります。

  • 土日審査に対応している
  • 三菱東京UFJ銀行の口座を所持していない人でも借入可能
  • 「最短30分」で最短即日審査できる
  • 夜間の最短当日審査にも対応

このような5つの理由です。以下、これらの三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」のメリットについて解説していきます。

土日キャッシングに対応

アコム・SMBCモビット・アイフルなどの消費者金融だったら土曜日・日曜日・祝日に最短当日借入ができるのは当たり前ですが、銀行カードローンだとこれができない所が結構あります。たとえば、静岡銀行カードローン「セレカ」・みずほ銀行カードローンなどは土日キャッシングができません。

特に、三菱東京UFJ銀行と同じ三大メガバンクの一つであるみずほ銀行でも、土曜日・日曜日・祝日の最短当日キャッシングができないわけですね。そうした条件と比較すると、三菱東京UFJ銀行・バンクイックの「土日借入可能」というのは、銀行カードローンの中では大きなメリットになるわけです。

三菱東京UFJ銀行の口座なしでOK

また、銀行カードローンは最短当日キャッシングの条件として「その銀行の口座を所持している」ということが、しばしば必要になります。たとえばイオン銀行カードローンBIGは、平日でも土曜日・日曜日・祝日でも、最短当日借入にはイオン銀行の口座が必要という条件です。

また、イオン銀行ほど厳しくなくても、「平日は口座なしで最短当日借入できるが、土曜日・日曜日・祝日は口座が必須」という条件の銀行カードローンは多くあります。

  • ソニー銀行カードローン
  • 楽天銀行スーパーローン(カードローン)
  • オリックス銀行カードローン

これらの銀行カードローンが、そのような条件に該当しています。一方、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は土曜日・日曜日・祝日だろうと平日だろうと、どちらでも口座なしで最短当日借入可能となっていますから、この面でもやはり最短当日借入がしやすいわけです。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査のポイント

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」のキャッシングの審査を受けるにあたって、いくつか意識していただくべきポイントや注意点があります。これらも抑えておくと、最短当日借入がさらにしやすくなるでしょう。

土曜日・日曜日・祝日は受付時間が短くなる

三菱東京UFJ銀行・バンクイックの最短当日審査の受付時間は、平日だと「20時(夜8時)まで」となっています。しかし、土曜日・日曜日・祝日になるとこれが短縮されて、それぞれ下のようになります。

  • 土曜日…18時(夜6時)まで
  • 日曜日・祝日…17時(午後5時)まで

このように、平日よりも、2時間から3時間短くなるというわけです。なので、土曜日・日曜日・祝日にバンクイックで審査の申し込みをする人は、平日よりも早めに申し込む必要があります。(最短当日借入にこだわらないのであれば、別に問題ないのですが)

審査時間は最短30分

これは先の部分でも書いた通りですが、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査の所要時間は「最短30分」となっています。これはプロミス・アイフルなどの大手の消費者金融と同じ時間設定で、大手の銀行カードローンの中では最速レベルとなっています。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

他に「最短30分」で最短即日審査ができる銀行カードローンは、下のようになります。

  • しずぎんカードローン
  • 三井住友銀行カードローン
  • 新生銀行カードローン(レイク)

地方銀行の静岡銀行カードローン「セレカ」が入っているというのは意外かも知れませんが、北海道銀行の「ラピッド」なども含めて、地方銀行でも審査スピードが早いものは意外とあります。ただ、「実際に30分で終わる割合」で行ったら、三菱東京UFJ銀行の方が上でしょう。テレビ窓口などのローン契約機も備えていますし、最大手である以上、審査システムのコンピューターの導入も一番ハイレベルなはずですしね。

なお、三菱東京UFJ銀行よりさらに早いと期待できるのが、新生銀行カードローン レイクです。レイクの方がバンクイックよりも実質年率(金利)が高いので、これは当然と言えるでしょう。

提出書類は身分確認資料のみでOK

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査での必要書類ですが、これは本人確認資料だけでOKです。いわゆる身分証明書で、下のような書類ですね。

  • パスポート
  • マイナンバー
  • 住基カード
  • 在留カード
  • 外国人登録証明書
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 各種健康保険証
  • 印鑑証明書

このように大量にあるわけですが、基本的には一般的な身分確認資料である運転免許証・パスポート・保険証のどれかを提出すると考えていただければOKです。一番信用度が高いのは「運転免許証」なので、運転免許証や運転経歴証明書がある時は、素直にそれを出していただくのがいいでしょう。

学生・フリーターキャッシングガイドに関連するその他の記事