学生・フリーターキャッシングガイド

「学生・フリーターキャッシングガイド」のコンテンツ

三菱UFJの銀行系カードローン、即日OK?学生は?審査のポイント解説

ポイント

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、最短当日借入も可能となっています。これは今の大手の銀行カードローン・消費者金融だったら、どこでも共通して言えることですが、三菱東京UFJ銀行は特に最短即日キャッシングがしやすい銀行カードローンの一つです。

また、学生でもキャッシングは可能です。ただし、親権者の同意書が必須という条件なので、注意してください。

最短即日借入がしやすい借入先の一つ

大手の銀行カードローンの中でも特に、三菱東京UFJ銀行(バンクイック)は最短当日借入がしやすいということで人気です。バンクイックの最短即日キャッシングがしやすい理由は、具体的に箇条書きすると下のようになります。

  • 土日審査に対応している
  • 三菱東京UFJ銀行の口座を所持していない人でも借入可能
  • 学生・専業主婦でもOK(すべての職業・属性が融資可能)
  • 「最短30分」で即日審査できる
  • 夜間の最短当日審査にも対応

このような5つの理由です。以下、これらの三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」のメリットについて解説していきます。

土日キャッシングに対応

アコム・モビット・アイフルなどの消費者金融だったら土日・祝日に最短当日借入ができるのは当たり前ですが、銀行カードローンだとこれができない所が結構あります。たとえば、静岡銀行カードローン「セレカ」・みずほ銀行カードローンなどは土日キャッシングができません。

特に、三菱東京UFJ銀行と同じ三大メガバンクの一つであるみずほ銀行でも、土日・祝日の最短当日キャッシングができないわけですね。そうした条件と比較すると、三菱東京UFJ銀行・バンクイックの「土日借入可能」というのは、銀行カードローンの中では大きなメリットになるわけです。

三菱東京UFJ銀行の口座なしでOK

また、銀行カードローンは最短当日キャッシングの条件として「その銀行の口座を所持している」ということが、しばしば必要になります。たとえばイオン銀行カードローンBIGは、平日でも土日・祝日でも、最短当日借入にはイオン銀行の口座が必要という条件です。

また、イオン銀行ほど厳しくなくても、「平日は口座なしで最短当日借入できるが、土日・祝日は口座が必須」という条件の銀行カードローンは多くあります。

  • ソニー銀行カードローン
  • 楽天銀行スーパーローン
  • オリックス銀行カードローン

これらの銀行カードローンが、そのような条件に該当しています。一方、三菱東京UFJ銀行(バンクイック)は土日・祝日だろうと平日だろうと、どちらでも口座なしで最短当日借入可能となっていますから、この面でもやはり最短当日借入がしやすいわけです。

学生・専業主婦でも借入可能

また、無収入の専業主婦や学生など、一般的にキャッシングの審査で不利になる職業・属性でも、問題なく借り入れができるというのも三菱東京UFJ銀行(バンクイック)のメリットです。

学生は銀行カードローンの借入審査では基本的に不利になっていて、イオン銀行や静岡銀行カードローン「セレカ」など「学生はキャッシング不可」と商品説明書に明記している借入先もいくつかあります。また、専業主婦についても「完全に借入不可と明記されてはいないものの、審査通過はかなり厳しい」という銀行カードローンが多くあります。

(たとえばオリックス銀行カードローンなどがそうだと言われています。あくまで口コミ・評判による情報ですが)

このように、銀行カードローンのキャッシングの審査では、職業・属性の面で消費者金融よりも制限があるのですが、三菱東京UFJ銀行(バンクイック)だったらそれもありません。特に専業主婦のキャッシングが、夫・旦那の同意書なしでできるなど、家族バレしにくいメリットもあるというのが特徴。ただ「借りられる」だけではなく、「より好条件で」借り入れできるわけです。

その他、プロミス・モビットなどの消費者金融と同様に「最短30分というハイスピードで審査できる」などの特徴もあり、全体的に最短当日キャッシングに有利な銀行カードローンといえます。

学生の審査では、親権者の同意書が必要

冒頭に書いた通り、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は学生でもキャッシングができます。ただ、学生の借り入れについては少し条件が厳しくて「親権者の同意書を提出しなければいけない」というルールになっています。

親バレは避けられない

言うまでもないことですが、親権者の同意書が必要ということは、バンクイックでの借り入れについて、親に相談しなければいけないということです(親でなく保護者でもいいですが)。

このように「相談して同意書を貰わなければいけない」ということは、必ず親バレするということです。そして、学生にとって親バレというのは「絶対にしてはいけないもの」の一つでしょう。

バレたら叱られるというのもありますが、そもそも、学生の子供がキャッシングをすることを、ほとんどの親は許可しないという点が指摘できます。親が立て替えるか、バイトするように言うかはそれぞれですが、親権者の同意書がもらえる確率はかなり低いわけですね。

そう考えると、一応学生でも借り入れできるという条件になってはいるものの「実際に学生が三菱東京UFJ銀行・バンクイックで借りるのは相当難しい」と言った方がいいかも知れません。

親に内緒で借りたければ、消費者金融で

このように、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」では親バレが必至なわけですが、逆に親に内緒で借りたいという学生さんの場合(バイトなどで安定した収入がある場合に限る)は、モビット・ノーローン・アイフルなどの消費者金融を選ぶといいでしょう。大手の消費者金融はすべて学生でもキャッシング可能で、親権者の同意書も不要なので、親バレすることはありません。

親権者の同意書がなしでOKというだけではなく、ローンカードを自動契約機・無人契約機で発行すれば自宅に郵送物が届くこともありませんし、審査の段階で自宅電話に連絡が来るということもありません。なので、よほど悪質な遅延・延滞をして督促を受けない限りは、親バレや家族バレをする要素が一切ないということですね。

また、「最短30分」でスピードキャッシングできるなど、最短当日借入のしやすさの面でもメリットがあり、この点では三菱東京UFJ銀行・バンクイックより消費者金融の方が上です(その分高金利なので当たり前ですが)。そうした点でも、急ぎでお金を借りたい学生さんなど、特にメリットがあるといえるでしょう。

20才以上でアルバイト収入があればOK

消費者金融で借入可能となる条件ですが、年齢が20才以上で、自分のアルバイト収入がある…というのが審査条件です。勤続年数などについては特に指定がありませんが、ギリギリのギリギリで3ヶ月、できれば半年以上と思ってください。勤続1年あったら、審査通過の可能性はかなり高くなります。

月収については、基本的に7万円以上、勤続年数などのその他の条件がすべて圧倒的にいい場合は、月収5万円でも審査に通るかもしれない…と言った所です。

この辺の審査基準については明確に決まっているわけではなく、その学生さんの総合的なクレジットスコア(信用度)を考慮して決めます。この辺は完全にケースバイケースであり、学生以外の職業・属性でも、やはり同様に審査結果が決まっています。

三菱東京UFJ銀行(バンクイック)の審査のポイント

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」のキャッシングの審査を受けるにあたって、いくつか意識していただくべきポイントや注意点があります。これらも抑えておくと、最短当日借入がさらにしやすくなるでしょう。

土日・祝日は受付時間が短くなる

三菱東京UFJ銀行・バンクイックの最短当日審査の受付時間は、平日だと「20時(夜8時)まで」となっています。しかし、土日・祝日になるとこれが短縮されて、それぞれ下のようになります。

  • 土曜日…18時(夜6時)まで
  • 日曜日・祝日…17時(午後5時)まで

このように、平日よりも、2時間から3時間短くなるというわけです。なので、土日・祝日にバンクイックで審査の申し込みをする人は、平日よりも早めに申し込む必要があります。(最短当日借入にこだわらないのであれば、別に問題ないのですが)

審査時間は最短30分

これは先の部分でも書いた通りですが、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査の所要時間は「最短30分」となっています。これはプロミス・アイフルなどの大手の消費者金融と同じ時間設定で、大手の銀行カードローンの中では最速レベルとなっています。

他に「最短30分」で即日審査ができる銀行カードローンは、下のようになります。

  • しずぎんカードローン
  • 三井住友銀行カードローン
  • 新生銀行カードローン(レイク)

地方銀行の静岡銀行カードローン「セレカ」が入っているというのは意外かも知れませんが、北海道銀行の「ラピッド」なども含めて、地方銀行でも審査スピードが早いものは意外とあります。ただ、「実際に30分で終わる割合」で行ったら、三菱東京UFJ銀行の方が上でしょう。テレビ窓口などのローン契約機も備えていますし、最大手である以上、審査システムのコンピューターの導入も一番ハイレベルなはずですしね。

なお、三菱東京UFJ銀行よりさらに早いと期待できるのが、新生銀行カードローン レイクです。レイクの方がバンクイックよりも実質年率(金利)が高いので、これは当然と言えるでしょう。

提出書類は身分確認資料のみでOK

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査での必要書類ですが、これは本人確認資料だけでOKです。いわゆる身分証明書で、下のような書類ですね。

  • パスポート
  • マイナンバー
  • 住基カード
  • 在留カード
  • 外国人登録証明書
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 各種健康保険証
  • 印鑑証明書

このように大量にあるわけですが、基本的には一般的な身分確認資料である運転免許証・パスポート・保険証のどれかを提出すると考えていただければOKです。一番信用度が高いのは「運転免許証」なので、運転免許証や運転経歴証明書がある時は、素直にそれを出していただくのがいいでしょう。

バンクイックと学生の借入審査・まとめ

以上、、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」のキャッシングの審査と、学生の借り入れについてまとめてきました。以下、最後に要点を再度まとめさせていただきます。

学生は基本的に消費者金融で借りる方がいい

中盤でも書いた通り、学生のキャッシングは消費者金融の方が断然やりやすくなっています。親権者の同意書などの条件もないですし、審査スピードは早いですし、未成年・10代ではなくアルバイト収入があるという条件さえ見ていれば、借入資格としてもまったく問題がないので。

(銀行カードローンだと、先に書いた通り「学生不可」の所が多くあります)

金利差についても、学生のキャッシングのように少額の借り入れだったら、実際の利子総額で計算するとほとんど変わらないので、消費者金融で借りるデメリットは特にないと考えていいでしょう。

バンクイックは、特に専業主婦におすすめ

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、特に無収入の専業主婦の方々におすすめできます。配偶者の同意書なしでキャッシングできるので、夫バレ・旦那バレしない…という前述の理由がその根拠です。

また、同じように「夫・旦那の同意書なしでOK」という銀行カードローンはあるものの、それらの銀行カードローンは、バンクイックと比較して最短当日借入がしにくくなっています。そうしたことも考えると、最短当日借入のしやすさ、配偶者の同意書不要という条件…などから、専業主婦に特におすすめな銀行カードローンはバンクイックである、と言えるわけです。

学生・フリーターキャッシングガイドに関連するその他の記事