学生・フリーターキャッシングガイド

「学生・フリーターキャッシングガイド」のコンテンツ

バイトしている学生だけどキャッシングでお金を借りられる?

学生

学生やフリーターでも、キャッシングは問題なくできます。審査に通るかどうかは当然その人の借入状況などのクレジットスコア(信用度)次第ですが、それでも借入資格としてはまったく問題ありません。どちらも年齢が20才以上であればキャッシング可能となっています。

(学生はもちろん、アルバイトをして自分の収入を得ている必要があります)

学生は10万円の限度額が多い

キャッシングの審査に通過した時にもらえる借入枠ですが、学生の場合は10万円程度ということが多いです。やはり学生ということで、あまり多く働くことができませんし、いつアルバイトを急にやめてしまうかわかりません。

フリーターの方々も急にアルバイトをやめるリスクはありますが、学生よりも生活がかかっている人が多いので、突然退職するリスクは低いですからね。そのため、学生の方が同じ月収だったとしても、フリーターの方よりはやや信用度が低くなり、10万円程度の与信枠でおさまることが多くなります。

返済実績を積めば、30万円程度まで増える

これは学生でもその他の職業・属性の方々のキャッシングでも言えることですが、最初のキャッシング枠が少額だったとしても、借入・返済の実績を積むことによって、徐々に増額されていくというシステムになっています。そうして増枠されたら、学生でも30万円程度の借入限度額をもらうことは可能です。

ただ、そのためには長期間利用していないといけませんし、当然その借入期間に利息も払っています。なので、「たくさん借りられる=お得」というわけではありません。学生でも社会人でも、キャッシングで与信枠が増えると、ついつい自分の自由に使えるお金と勘違いしてしまう傾向がありますが、これはあくまで「借金」である…という意識は、常に持つようにして下さい。

50万円以上になることは、ほぼ確実にない

逆に、学生のキャッシング枠が50万円以上という高額になることは、基本的にないと思って下さい。クレジットカードのショッピングの場合は、そのくらいの借入枠になることもありますが、消費者金融などのキャッシングでは、まずそのようになることはありません。

この理由は言うまでもなく「買い物より、現金で直接借りる方が、破産のリスクがある」ためです。クレジットカードのショッピング枠を使ってギャンブル・投資をすることはできませんが、現金だったらできてしまいますからね。また、夜遊びも基本的には現金払いの店が多いので(クレジットカードは手数料をかなり取られる)、そうした浪費に使ってしまう可能性も、キャッシングだとあるわけです。

このように、学生にキャッシング枠を多く与えてしまうと危険ということで、50万円以上の与信枠は、基本的にどの業者・銀行でも与えられないようになっています。

複数の借り入れなら、50万円も超えるが…

ここまで書いてきたのは「一つの消費者金融・銀行カードローンから借りる」という場合で、たとえば「3件の消費者金融から借りる」というような「複数ローン」だったら、総額が50万円を超える…ということは確かにあります。しかし、これは名実ともに多重債務者になったということで、極めて危険です。

こうすればキャッシング総額を増やせるにしても、そもそも「キャッシングというのは、借りるのが目的ではなく、問題をクリアした後、全額返済するのがゴール」なので、借りられる金額を増やすことは本来間違っている…ということは意識して下さい。

借入可能金額が増えると、利用者の方々はそれを自分の実力と勘違いしてしまい、必要ない金額まで借りてしまう…ということがよくあるんですね。借入超過者・多重債務者の方々の典型的なパターンです。

なので、借入限度額が増えるくらい評価されるということは良いことなのですが、かと言って借り過ぎてはいけない…という当たり前のことはぜひ意識しておいて下さい。

フリーターは30万円も借入可能

ここまでは学生の借入可能金額について書いてきましたが、もしフリーターの方であれば、当然学生よりも大きな金額を借りることができます。大体初のキャッシングの場合の借入枠は、10万円~30万円になります。

「最低ラインが10万円」という点では学生と同じですが、学生のキャッシング枠がほとんど10万円になるのに対して、フリーターなら30万円と半々」という点が違いだといえます。

簡単に書くと、フルタイムで働いているフリーターの方だと30万円、アルバイトだけでは生活できない程度に働いているフリーターの方(ニートというべきかも知れません)は、10万円~20万円のキャッシング枠…となることが多いです。

これはあくまで大体の目安なので、その人の職場の安定度や、これまでの他社でのクレジットヒストリー(たくさん借りてたくさん返済している)などがあれば、もう少し有利になることもあります。(もちろん、内容によっては逆に不利になることもあります)

フリーターなら、50万円以上の限度額も

最初から50万円以上ということはまずありませんが、数年間に渡り返済実績を積むなどすると、フルタイムで働いているフリーターの方なら、50万円以上の借入枠をもらう…ということも可能です。簡単に書くと、消費者金融には総量規制という貸金業法のルールが適用されるので、年収150万円があれば、50万円は借りられる…ということになります。

しかし、これは理論上の法的な上限金額であって、「これ以上は、法律的に融資してはいけない」という、正真正銘のギリギリのラインです。そのため、年収150万円あるフリーターの方でも、実際には50万円を借りるのはかなり難しいと考えてください。(逆に言うと、借りられた場合は年収以外の部分で相当信用されたということです。職場の安定性や勤続年数の長さ、これまでの利用実績などですね)

フリーターは、病気・怪我に注意

言うまでもないことですが、フリーターの方はアルバイトをしなければ収入がゼロになります。正社員など会社員・OL・公務員の方々であれば、たとえば入院して1ヶ月休んでも、お給料のほとんどの部分が保証されます。しかし、フリーターでそれはないわけですね。

キャッシングを利用しているフリーターの方々の中には、「たくさん借入残高が増えてしまったけど、その分沢山働いているから大丈夫」という発想の方がいます。もちろん、沢山働いていることは立派なことですし、それができる体力や能力も見事なものです。

ただ、無理をし過ぎて体を壊してしまう…というフリーターの方も結構多いんですね。私は借金返済のために働いていたパチンコ屋で、このケースをリアルに何度か見たのですが、特に借金返済のためにがむしゃらに働いている…という方に多いです。

食費・睡眠時間は、削ってはいけない

フリーターの方だと入ってくる収入が限られるので、食費を削って節約する…というパターンがよく見られます。会社員・OL・公務員の方々でもあるとは思いますが、フリーターの方の方が多いです。特に野菜など、栄養になる部分の食費を削ってしまうということが非常に多いです。

また、節約だけではなく、収入を増やすために「睡眠時間を削ってでも働く」という例がよく見られます。これも特に肉体労働のフリーターの方の場合は、絶対に控えるべきでしょう。引っ越しや宅配便、倉庫作業などになると、しばしばぎっくり腰があるからです。

『闇金ウシジマくん』の「フリーターくん編」でも、主人公の宇津井が引っ越しのアルバイトの最中にぎっくり腰になってクビになり、完全に返済に行き詰まってしまう…というエピソードが描かれています。借金返済のために頑張るのはとてもいいことですが、野球の王貞治選手の座右の銘が「無事これ名馬」だったように、まずは「ケガ・病気をしない」ということを最重要に考えて下さい。

18才・19才の借り入れについて

学生やフリーターの方のキャッシングとなると、10代・未成年だけどお金を借りたい…というケースも出てくるでしょう。ここではそのような20才未満の若者のキャッシングについて書いていきます。

消費者金融では20才未満は借入不可

ノーローン・アイフル・モビットなどの、多くの人が知っている大手の消費者金融では、20才未満・未成年・10代の若者は借入不可というルールになっています。これは法的に制定されているわけではないのですが、それぞれのキャッシングブランドの自主的な判断によって融資不可となっています。

これは文科省なども当然支持するでしょう。別に貸し渋りをしてるわけではなく、金銭感覚が未熟な未成年・10代・20才未満の学生やフリーターの方々に、キャッシングを許可する方が彼らのためにならないからです。

というわけで、法律的に禁止されているわけではないものの、18才・19才などの20才未満の若年層の方々は、消費者金融では借り入れができないということで、理解して下さい。

クレジットカードならキャッシング枠があればOK

一方、クレジットカードのキャッシング機能であれば、借入枠さえ与えられていれば、それを利用して18才・19才でもお金を借りることが可能となっています。「キャッシング枠があれば」というのは、クレジットカードの利用者は、ショッピング枠は必ずつきますが、キャッシング枠があるかどうかは人によるからです。

簡単に書くと、信用度(クレジットスコア)が高い人はキャッシング枠がついて、それも高額になります。しかし、クレジットスコア(信用度)が低い人は、キャッシング枠すらもらえない…ということがしばしばあるですね。

なので、あくまで自分が保有しているクレジットカードにキャッシングの限度額が当てられていたら…という話ですが、このような方法であれば、18才・19才でも借り入れをすることが可能となります。

ただし、少額の5万円~10万円程度

一応このように、クレジットカードを利用して未成年・10代の若者でもキャッシングをする方法はあります。しかし、その時に利用できる最高限度額は「10万円か5万円程度の超少額」ということは意識して下さい。

フリーターの方であれば自分の収入が多いので、10万円かそれ以上の借入枠をもらうこともできます。しかし、学生だと、クレジットカードのキャッシングではどれだけ増えても10万円以上の限度額にはならないということを、理解しておく必要があります。

(例外もあることはありますが、基本的に9割以上の学生は、キャッシング枠は10万円までと思って下さい。)

学生・フリーターのキャッシング・まとめ

以上、学生やフリーターの方々のキャッシングについてまとめてきました。最後にそもそもの資金繰りに関するポイントを補足していきます。

若いうちは、日払いのアルバイトが見つかりやすい

他の部分でも書いた通り、学生でもフリーターの方でも、若いうちは日払いのアルバイトが見つかりやすいのです。なので「今すぐお金が必要」とか「大至急お金を借りたい」という時でも、キャッシングができなければ、日払いのアルバイトを探してすぐに現金を手に入れるということも可能なんですね。これで間に合う用事であれば、一番健全な方法です。

「間に合わない」という場合はカードローンを利用すべきでしょう。しかし「働くのがだるい」という理由だと、その方の金銭感覚や労働への見方は、これから先少々危険なので、少し危機意識を持った方がいいかも知れません。

収入を増やして早期完済する

これも当たり前のことで、しかしほとんどの方ができていないことですが、借りたら借りたで、収入を増やしてすぐに完済するというのが鉄則です。「毎月1万円とか、ゆっくり払っていけばいんじゃね?」と思うかも知れませんが「今の収入でも生活費が足りていないのに、さらに毎月の返済まで加わったら、もっときつくなる」という当然の算数に気づく必要があります。

なので、どうしても「収入を増やす」あるいは「支出を大幅に減らす」という、どちらか(もしくは両方)をやらざるを得ないわけですね。支出を減らすのは限界がありますし、特に食費などは先に書いた通り「極力削るべきではない」ので、そうなるとやはり「収入を増やす」という結論になるのです。

学生・フリーターキャッシングガイドに関連するその他の記事