学生・フリーターキャッシングガイド

「学生・フリーターキャッシングガイド」のコンテンツ

就職活動(就活)の出費はキャッシングでお金を借りて乗り切れ!

就職活動中

就職活動でお金が必要になった時も、キャッシングが便利です。ここでは、学生の借り入れにおすすめのキャッシング先を紹介していきます。

学生なら大手の消費者金融で借りる

学生のキャッシングなら、大手の消費者金融で借りるのがベストです。大手の消費者金融というのは、知っている方も多いでしょうが、アコム・プロミス・アイフル・SMBCモビットなどの、知名度の高いキャッシングブランドのことです。これらのブランド名を知らない方は、あまりいないでしょう。

(少なくとも、街中をよく歩く学生さんであれば、必ず何度もこれらの看板の建物を見ているはずです)

なぜこれらの大手の消費者金融で借りるのが、学生のキャッシングにとって良いのか。その理由を説明していきます。

銀行カードローンは、学生への融資に対して厳しい

消費者金融以外の借入先としては「銀行カードローン」が代表的ですが、銀行カードローンは学生のキャッシングに対して、かなり厳しい審査基準をもうけています。そもそも学生の借入が不可だったり、親権者の同意書が必要だったり…というような条件ですね。

特に地方銀行のカードローンはこの傾向が顕著で、地方銀行のカードローンでナンバーワンの座を争う横浜銀行カードローン・静岡銀行カードローン「セレカ」が揃って学生キャッシング不可となっています。

また、最大手の三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」でも、学生がお金を借りるには親権者の同意書が必要という条件になっていて、学生の銀行カードローンでの借り入れは、かなりハードルが高いものになっています。

消費者金融は、難しい条件がない

一方の消費者金融は、学生の借り入れについて特に厳しい条件が設定されていません。20才以上で、アルバイトなどをして安定収入を得ている学生であれば借入可能という条件です。(つまり、未成年・10代・20才未満だと借入不可です)

これは別に消費者金融が「審査が甘い」とか「審査がゆるい」という話ではありません。その分「消費者金融は、自分の収入がない女性では借り入れできない」となっているのですから。(銀行カードローンは家庭に入っている女性でも借りることができます。)

要は住み分けのようなもので、キャッシングの審査で不利な2つの属性について「消費者金融…学生」「銀行カードローン…専業主婦」というように、それぞれ融資したいを振り分けている、というイメージですね。別にそういう話し合いがあったわけではないので、あくまでイメージですが。

学生のキャッシング枠は10万円が基本

消費者金融で学生が借り入れする場合、大体極度額は10万円から始まります。これはキャッシングの借入枠としては最小レベルの金額で、これ以下の与信枠でスタートするということはまずありません。

学生専用ローンを提供している中小業者だと、まれに「1万円から与信枠を設定する」ということもありますが、これはほとんど例外的なケースですし、中小の消費者金融はATMでの借入・返済ができないなど、利用面で不便なので、あまりおすすめできません。

というわけで、一般におすすめできる大手の消費者金融に限って言えば「最小のキャッシング枠は10万円から」で、そこから借入・返済の実績を積んでいくことで、30万円や50万円程度まで増額される…という風に考えて下さい。

(50万円まで行くことは、学生の借入の場合はめったにありません。大体30万円までです)

学生専用ローンで借りるのはおすすめ?

学生がキャッシングをしようとした時、最初に調べるのは「学生専用ローンで借りた方がいいのだろうか」ということでしょう。新幹線などの学割を経験していると、学生専用ローンの方が、大人でも申し込めるアコム・プロミス・SMBCモビットなどよりも、低金利なのではないか?という期待があると思います。

低金利だが、低利息ではない

確かに、学生専用ローンは低金利です。大体大手の消費者金融よりも1%程度、実質年率(金利)が安くなっています。しかし、「低金利=低利息」ではないんですね。

というのは、プロミス・アコム・アイフルだと、30日間無利息でキャッシングができるので、実際にこちらの方が利子総額が安くなるからです。たとえば10万円を1年間借りたとして、計算してみましょう。

(なお、プロミスで30日間無利息のサービスを適用するには、メールアドレス・WEB明細利用の登録が必要です)

10万円を1年間借りた場合

10万円の1%は「1000円」です。「実質年率が1%違う」ということは、年間で、1000円の利息差が出るという意味なのですね。

一方、アイフル・アコム・プロミスで「30日間無利息」で借りたとすると、最初の1ヶ月の利息がゼロになります。10万円の1ヶ月の利息は「1500円」なので、こちらは「1500円安くなる」ということ。

  • アコム・プロミス・アイフル…1500円割引
  • 学生専用ローン…1000円割引

このように、「プロミス・アイフル・アコムの方が、500円割引が多くなる」ということです。あまり大きな差ではないかも知れませんが、学生専用ローンより、実は大手の消費者金融の方が低利息であるというのは、理解していただけるでしょう。

SMBCモビット・ノーローンよりは、確かに低金利

上の比較は、あくまで「30日間無利息のキャッシング」ができるアコム・アイフル・プロミスに限られます。SMBCモビット・ノーローンは「30日間無利息」のサービスは持っていないので、この場合は「学生専用ローンの方が低金利」となるわけです。

しかし、だからと言って、学生専用ローンの方がいいかとうと、個人的にはそうは思いません。これは実際に私が大学時代に学生専用ローンでお金を借りていたからそう実感します。その理由を、体験談も交えて書いていきます。

学生専用ローンは借入・返済が不便

先にも少し書きましたが、学生専用ローンは返済・借入が不便なのです。箇条書きすると下のような実情です。

  • 提携コンビニATM・提携銀行ATMでの返済ができない
  • 臨時返済する前に、事前連絡しないといけない
  • 借り入れも同様

これの何が不便かというと3000円などの少額では、任意返済がしにくいということです。いちいちスタッフさんの時間を取って臨時返済の手続きをしなければいけないため、少額の追加返済だと申し訳ないわけですね。

少なくとも5000円はためてから臨時返済しないといけない…と思っていると、なかなか一部繰り上げ返済をするチャンスがないのです。だから「どんどん臨時返済をして、早期完済したい」と思っている方には、学生専用ローンはおすすめできないのです。

(借り入れがしにくいという点では、借り過ぎを防ぐことができていいのですが…)

キャッシングは就職活動に影響する?

就職活動をしながらキャッシングをする学生にとって気になるのは、借り入れの履歴が就職先にバレて、内定が取り消されたり、面接で落ちたりするかも知れないということでしょう。しかし、これは絶対にありません。一部の例外はありますが、詳しく説明していきます。

個人の借入・返済の履歴は、普通の企業は見られない

よく考えたら当たり前ですが、「トヨタ自動車」とか「三井物産」のような会社が、個人の、それも学生の個人信用情報など見る理由がないのです。あなたが個人信用情報機関の職員で、こうした企業から開示請求があったら「何に使うんですか?」と必ず聞き返すでしょう。

実際、個人信用情報機関は、加盟している貸金業者やクレジットカード会社などでしか、開示できません。この加盟にしても、入会金のようなものを払えばいいわけではなく、あくまでこうした貸金業や割賦販売などのビジネスをしている必要があります。「この企業だったら、本当に必要だから」という理由で、加盟が認められるわけですね。

なので、ほとんどの人の企業では、就職活動をしている学生の個人信用情報を開示することなど、まったく不可能なのです。

消費者金融・銀行に就職する場合は別

ただ、ピンと来たと思いますが、消費者金融や銀行、あるいは信用金庫、労働金庫など金融機関に就職するという場合は話は別です。これらの組織の場合は、合法的に個人信用情報をチェックすることもできます。

しかし、「じゃあ、就活生の個人信用情報を照会するか」といったら、しないでしょう。理由は「個人信用情報の開示請求の履歴は、すべて記録される」からです。つまり、これらの金融機関が開示請求をしたことは、あなたに筒抜けということです。

筒抜けといっても、あなたがJICC・CIC・KSCなどに開示請求をしない限りは、わかりません。しかし、開示請求をすれば確実にわかります。「あれ?私○○銀行からキャッシングなんてしてないのに、何で○○銀行が開示請求してるの?」というわけです。

そして、不審な開示請求があったら個人信用情報機関に通報することもできます。このような事件が起きたら、その金融機関が世間から猛烈に批判されることは言うまでもないので、そんなことは、まずしないわけですね。

(モラルどうこうもありますが、経営的にもまずいので、しないのです)

警察官希望なら、お金を借りない方がいい

個人的に例外だと思うのは、警察官です。理由は下の通りです。

  • 国家なら、開示請求の記録を残さずにチェックすることも、できるかも知れない
  • 警察官がお金に困っていると、犯罪者の手伝いをすることがある
  • 実際、そういう事件が山のようにある(『闇金ウシジマくん』にも登場する)
  • ということは、警察は国民のためにも、個人信用情報を照会すべきかも知れない
  • だから、チェックしている可能性はある

ということです。あくまで可能性です。このようなことは、国の治安維持にも関わることなので、公にはされていませんし、今後もされることはないでしょう。

なので実態はわかりませんが、やはり警察官希望の学生さんは、キャッシングはしない方がいいと言えます。実際、お金に困ったら自分の正義感もどう変化するかわからないので、「まずはお金に困らないようにする」というのが、立派な警察官になるための第一歩と言えるでしょう。

就職活動でのキャッシング・まとめ

以上、主に大学生・専門学校生の就職活動でのキャッシングについてまとめてきました。最後にいくつか、要点を補足していきましょう。

就職活動自体、早めに終わらせた方がいい

これは『エンゼルバンク』(『ドラゴン桜』の外伝の漫画。ドラマ化もされた)にも書かれていたことですが、「就職活動が長引くと、疲れてマイナスのオーラが漂うようになるので、ますます採用されにくくなる」「だから、あまり完璧を求めず、早めに決着をつけた方がいい」ということです。私もそう思います。

孫子の兵法で「兵は拙速を尊ぶ」という言葉がありますが、これは戦争は、とにかくすぐに終わらせろということです。就職活動もやはり「早期決着」が一番ということですね。

ノーベル経済学賞を受賞した学者、ポール・クルーグマンが「経済学者は、なぜ予測を外すのか」という有名な論文を発表した後、「2003年には、インターネットは急速に停滞しているだろう」という、「体を張った、世紀の予測外し」をした事件は、経済の歴史ではあまりにも有名です。

ノーベル賞学者ですら、このように未来を予測できないわけですから、我々も未来は予測できないのです。学生の就職人気ランキング上位の会社が潰れることなど、ごく日常なのですね。(山一證券・長期信用銀行・一時期の日本航空…などなど)

どこがいい会社かなど、働いたこともないのにわかるわけがありませんし、それは電通の女性社員の方の自殺の事件を見てもわかるでしょう。

結局、どこに就職するかの問題ではなく「そこで何をするか」なので、就職活動はある程度「良い加減」に決めてしまっていいと思います。エリートサラリーマンではそういうタイプは少ないですが、起業して成功する人は、そうやって「適当に決める」タイプが多いです。

というわけで、キャッシングで借りたお金を早期返済すべきというのと同様に、就職活動自体も、できるだけ早めに終わらせた方がいいでしょう。何が起きても「人間万事、塞翁が馬」です。

卒業旅行を控えてでも、完済してから入社すべき

あくまで個人的な意見ですが、学生時代に借り入れをしたなら、就職前に必ず完済しておくべきです。何となくですが、こういう「引きずる習慣」をつけた人は、その後も「引きずるべきでないものを、ずっと引きずる」傾向があるような気がするからです。

(統計があるわけではありませんが、何となくわかっていただけるかと思います)

松下幸之助が部下に説いていた仕事の鉄則の一つとして「とどめを刺す」というものがありました。キャッシングでも何でも一つ一つ、確実にとどめを刺してから前に進むという習慣をつけると、いわゆる「できる大人」になれるのではないでしょうか。

学生・フリーターキャッシングガイドに関連するその他の記事