今すぐ借りたい即日キャッシング

「今すぐ借りたい即日キャッシング」のコンテンツ

10万円を今日中に借りたい人は即日融資対応キャッシング

10万

携帯やクレジットカードの支払いで、10万円程度必要なことは多いです。そうした支払いで、10万円今日中にキャッシングしたい…ということはよくあるでしょう。

10万円程度であれば、最短即日借入をするのは割と簡単です。ここでは、10万円を今日中に借りるための知識をまとめていきます。

大手の消費者金融なら最短1時間で借入可能

まずどこで借りるべきかですが、これはアコム・プロミス・モビット・アイフルなどの大手の消費者金融がベストです。これらのキャッシングブランドであれば、最短1時間でキャッシングできるからです。

キャッシングの知識がある人だったら「あれ、最短30分では?」と思うかも知れません。確かにこれも正しくて、純粋に審査にかかる時間だけを見たら、最短30分という意味なのです。実際には、いろいろ融資の手続きや説明などがあるので、全体では「最短60分」になるわけですね。

ノーローンは「最短20分」だが、審査が厳しい

大手の消費者金融の中で唯一「最短20分」で審査できるのが、ノーローンです。大手の消費者金融の中でというより、銀行カードローンも含めて、すべてのキャッシングのサービスの中で、この時間でできるのはノーローンだけと言ってもいいです(大手では)。

というように、審査スピードだけを求めるのであればノーローンが一番いいのですが、ノーローンは審査通過率が低いという口コミ・評判があります。つまり審査が厳しいということです。

もちろん、ネット上の口コミ・体験談が、どこまで本当かはわかりません。また、審査が厳しいというのは、借入超過者や貸し倒れを出さないために、良いことでもあります。

という点で、ノーローンがおすすめできないというわけではなのですが、自分の信用度(クレジットスコア)に自信がない人は、ノーローンは避けておいた方がいいでしょう。

10万円は大手の消費者金融の「最低限度額」

次に「10万円」という金額ですが、これは大手の消費者金融が設定する借入枠の中で「一番小さな金額」です。つまりこれ以上小さい与信枠はないということです。5万円などの極度額を与えても、大手の消費者金融・銀行カードローンとしては全然利益を出せない…どころか完全に赤字になってしまいますからね。

(10万円でも、オペレーターさんの時給などを私は計算してみたのですが、どう考えても赤字でした)

ということで、10万円は最低レベルの融資枠。つまりキャッシングの審査に通った時点で、10万円は確実に借りられるということです。要は「審査に通るかどうか」の問題だけであって「10万円」という金額については、何も問題ないわけですね。

10万円なら「無利息期間」で完済しよう

10万円という金額は、キャッシングの世界では「少額」に入ります。そして、このような少額融資であれば、できるだけ「初回30日間無利息」で借りられる消費者金融で借り、1ヶ月で完済する、あるいはそれに近い状態まで返済する…ということをおすすめします。言うまでもなく、そうしたら利息がゼロか、激減状態になるからです。

初回30日間無利息で借入可能な消費者金融

具体的にどの消費者金融が初回30日間無利息で借りられるのかというと、「アコム・アイフル」です。そして、もっと有利なのがプロミスで、初回だけではなく、ポイントを貯めることで、何度でも30日間無利息でキャッシングできるというサービスになっています。

(このサービスには、WEB明細利用・メールアドレスの登録も必要です)

つまり、ただ今日中に借りたいというだけでなく、「できるだけ低金利・無利息で借りたい」と思うのであれば、アコム・アイフル・プロミスで借りるのがベスト…ということですね。大手の消費者金融のサービスはどこでも大体同じなので、この3つの消費者金融であれば、いい意味でどこで借りてもOKです。

レイクなら「5万円まで180日間無利息」も併用できる

また、消費者金融でなく銀行カードローンで借りることにこだわりたい。個人信用情報に、消費者金融での借り入れが記録されるのが、何となく抵抗がある…という方もいるでしょう。(実際には、個人信用情報に消費者金融でのキャッシングが記録されても、別にマイナスになることはないんですけどね。マイナスになるのは、遅延・延滞などの事故情報だけです)

そのように「銀行カードローン」にこだわりたい人で、10万円を今日中に借りたいということであれば、新生銀行カードローン レイクをおすすめします。初回30日間無利息のサービスに追加して、「5万円まで180日間無利息」という独自のサービスまであるからです。

1ヶ月で10万円の返済はきついでしょう。現時点でクレジットカードなどの支払いもできていないという状態なわけですから。しかし、半年間あれば、ほとんどの人返済できるはずです。例えば2ヶ月で残り5万円まで持っていけば、後4ヶ月は無利息で借りられるわけです。こうして見ると、「10万円を借りる場合、金利・利息面では新生銀行レイクが一番有利」と言っていいです。

10万円の利息は、1ヶ月「1500円」

無事に借り入れをした後は、もろもろの支払いをしながら返済もしていく必要があります。そのためには利息シミュレーションを事前にする必要が、当然あります。

消費者金融の利息計算というのは、別に難しくありません。10万円を1ヶ月借りる場合は「1500円」です。1万円だったらこの10分の1なので「150円」です。多少前後しますが、ほぼこの金額でOKです。

20万円なら「3000円」、30万円なら「4500円」…という風に、この法則を使って掛け算をすれば、大体の利息シミュレーションがすぐにできます。こういうリテラシーがあるだけで、破産のリスクはかなり下がりますし、今後の収支のバランスの改善もしやすくなるでしょう。

10万円なら、銀行カードローンでなくてもいい

先ほど、新生銀行カードローン レイクを少し勧めましたが、10万円程度の小口借入だったら、新生銀行レイク以外の銀行カードローンで借りる必要は、はっきり言ってありません。特に「今日中に借りたい」「支払いができない」というような事情で急いでいる方の場合は、なおさらです。

金利は確かに銀行カードローンの方が低いが…

銀行カードローンで借りるメリットとして「低金利」ということがあります。確かにその通りですが、10万円程度の小口融資だったら、金利はほとんど関係ないのです。消費者金融で10万円を1ヶ月借りる時の利息は「1500円」程度ですが、銀行カードローンだと「1200円」程度です。つまり「300円しか違わない」わけですね。

このくらいの無駄遣いだったら、ほぼすべての日本人が「ヘタすると、毎日」しているでしょう。毎日スターバックスのコーヒーを飲む、などですね。

(無駄遣いというわけではありませんが、削減はできるでしょう)

というように、10万円という小口キャッシングだったら、実は「金利などどうでもいい」のです。それより「今日中に借りたい」という急ぎの事情があるわけですから、それを重視して、消費者金融を選択するべきなんですね。

最初の5ヶ月は、消費者金融の方が低利息で借りられる

特に「初回30日間無利息」で借りられる消費者金融は、金利・利息面でも、実は銀行カードローンより有利です。というのは、30日間無利息でキャッシングした場合、利子総額を計算してみると、最初の5ヶ月は、銀行カードローンよりもこれらの消費者金融の方が安くなるからです。ここでは計算は省きますが、大体5ヶ月あれば、10万円くらいは完済できる…とほとんどの人は思うでしょう。実際、追加借入をしない限りは大体返済できます。

ということは、実は利息・金利に関しても「このくらいの小口借入であれば、銀行カードローンより消費者金融の方が上」ということになるんですね。そうなると、ますます銀行カードローンを選ぶ理由がなくなるわけです。

その後の利息差も、ほぼないに等しい

そして、もし5ヶ月で完済できなかったとしても、その後の利息差もほぼないようなものです。というのは10万円フルで借りていた時すら、月300円の利息差だったのに、それがさらに減るからです。

5ヶ月あれば、誰でも「借入残高5万円」くらいまでは減らせるはずです。そうなると利息差も半分になるので、大体「1ヶ月150円」の差しかないのです。1500円ではなく、150円です。

もはや自販機のペットボトルのレベルなんですね。「銀行カードローンは低利息で、消費者金融は高金利」というのは、あくまで「高額を長期間借りる場合」限定なのです。

(プラス、世間の思い込みですね。昔の「サラ金」のイメージが、未だに根強いのです)

今日中に10万円借りたい時・まとめ

以上、10万円を今日中に急ぎで借りたい…という人のための知識や情報を整理してきました。最後に、書ききれなかったポイントなどを補足していきます。

借入状況などに問題ない人なら、普通に借入可能

いろいろ書きましたが、特に重要なのは10万円程度の小口借入だったら、普通の人は大体審査に通るということです。普通の人というのは、一言でいうと「キャッシング状況に問題がない」ということです。

  • 借入件数・借入総額が多すぎる
  • 現時点でどこかで遅延・延滞をしている
  • 過去に事故情報・異動情報が記録されている

ということですね。特に最後の内容はいわゆる個人信用情報の「ブラックリスト」ですが、これになると、10万円だろうと1000円だろうと、キャッシング審査に通ることはありません。(一定の期間だけですが)

あせって同時申込みはしないこと

クレジットカードの支払や、電話料金の支払いのために、今日中にお金を借りたい―。という場面では「確実に借りるため」に、ついつい同時の審査の申し込みをしてしまう…ということがあります。しかし、これは申込みブラック・審査ブラックという軽度のブラックリストに入るリスクがあるので、しないようにして下さい。

金融機関にとって多重申し込み(連続申込み・同時申込み)をする人間は危険なんですね。仮に職業・属性に問題がなくても「そういう人は、延滞・滞納をする可能性が高い」からです。だからみんな警戒して融資をしないのです。

(自分が融資する側だったら、やはり同様に考えるでしょう。)

そのような理由から、多重申し込みにはくれぐれも注意してください。それさえ注意すれば、今日中に10万円を借りるというのは、特に難しいことではありません。

今すぐ借りたい即日キャッシングに関連するその他の記事