今すぐ借りたい即日キャッシング

「今すぐ借りたい即日キャッシング」のコンテンツ

20万円を最短即日融資キャッシングするにはキャッシング業者選びが重要

20万

20万円を今すぐ、遅くとも今日中には借りたい!…という場面も、人生の中では何度かあるでしょう。20万円をこのように今すぐ借りるというのは、消費者金融などのキャッシングであれば簡単です。ここでは、「20万円の最短即日借入」について、まとめていきます。

最短30分で審査完了、融資まで1時間

例えば大手の消費者金融であれば、最短30分で審査が完了し、融資までの全ての手続きも含めて、全部で最短60分…という時間設定になっています。

つまり審査申込みをしてから、最短1時間でお金を借りることができるわけです。もちろん、20万円という金額でも、決して難しくはありません。

(実際に借りられるかどうかは、もちろん申込者の信用度によりますが)

WEB完結で、郵送・来店なども不要

消費者金融の審査は、大手ならどこでも「WEB完結・ネット完結」でできるようになっています。つまり、郵送・電話・来店なしで、ネット申込みだけで借りられるということですね。

ネット申込みだけといっても、正確には本人の携帯に簡単な確認電話程度はかかって来ることが多いです。また職場への在籍確認の電話は、どの消費者金融・銀行カードローンでも必要となっています。

ということで、まったくネットのみというわけではないのですが、提出書類の送信はメール・写メでできますし、審査通過後にローンカードが自宅に郵送されてくる…ということもありません。

土曜日・日曜日・祝日・夜間でもOK

また、消費者金融のキャッシング審査は土曜日・日曜日・祝日・夜間などの「普通だったら借り入れがかなりしにくい日時」でも、まったく問題なくできるようになっています。土曜日・日曜日・祝日でも毎日夜9時から夜10時程度まで最短即日審査をしているので、ギリギリの場面で「今日中にお金が必要」となっても、間に合うことが多いです。

もちろん、このようなギリギリの場面でも「20万円」は借りられます。誰でもというわけではありませんが、消費者金融で借りられる金額の平均は、初めてのキャッシングの場合10万円~50万円なので、20万円は決して無理な金額ではないのです。

特定の銀行口座も必要なし

これは消費者金融と銀行カードローンを比較した時の、消費者金融のメリットです。銀行カードローンだと、最短即日融資をするには、その銀行口座が必要という条件のものが、いくつかあります。「口座がなくても、当日口座開設してから、キャッシングの審査に申し込めばいい」というスタイルの銀行カードローンもありますが、それでも口座開設の時間が余分にかかるので、急ぎでお金を借りたい時には、少々もどかしいというデメリット・短所があります。

また、「口座なしで最短即日借入可能」と書かれている銀行カードローンでも、「それは平日だけで、土曜日・日曜日・祝日になるとその銀行口座が必要」ということがよくあります。もちろん、これは銀行振込のシステム上仕方がないことで、決して銀行カードローンのサービスが悪いというわけではないのですが…。

何はともあれ、そのように「特定の銀行口座を持っていないと、最短即日借入ができない」という制限がない消費者金融は、「急ぎで20万円借りたい」というような場面でも、非常に役立つというわけです。

借入限度額は、20万円もらえるか?

ここまでは「急ぎでお金を借りる」ことについて書いてきました。最短当日キャッシング自体は、消費者金融だったらまったく問題なくできる…ということは理解していただけたと思います。

となると、次に気になるのはどのくらいの信用度(クレジットスコア)があれば、20万円借りられるのかということでしょう。そうした審査基準と限度額の関わりについて書いていきます。

会社員・OLなら、問題なく借入可能

会社員・OL・公務員として働いている方だったら、20万円程度のキャッシングはほとんどの場合できます。正社員・契約社員・派遣社員・嘱託社員…という雇用形態に関係なく、会社員・OLという時点で、基本的に問題なく借りられると考えていただいて大丈夫です。

会社員・OL・公務員の場合は、初めてのキャッシングでも30万円程度の借入限度額をもらえることが多いです。多い人だと「50万円」になります。逆に「初めてのキャッシングで50万円を超える与信枠になる」ということは、まずありません。どれだけ一流企業に勤務していても、消費者金融・銀行カードローン側は大抵、最初は「様子見」をします。

(もちろん、これは多重債務者・借入超過者を出さないために、社会的に重要なことでもあります)

フルタイムのアルバイト・フリーターも可能

次にパート・アルバイト・フリーターの方々の場合ですが、こうした非正規雇用の雇用形態の方々でも「フルタイムで働いている」という方の場合は、30万円程度は借りられることが多いです。絶対というわけではありませんし、勤続年数や勤務先の信用度など、総合的な条件によって判断されますが、確率としては、割と高いと思って下さい。

月収でいうなら、あくまで目安ではありますが、10万円~15万円程度稼いでいる方なら、アルバイト・パートでも20万円~30万円は借りられると考えていいでしょう。

学生は少々厳しい

学生が20万円キャッシングすることは、かなり厳しいです。正確に書くと「初回からいきなり」というのは厳しいです。

キャッシング自体は、学生でも割と簡単にできるのです。これは別に「消費者金融の過剰融資」という、マスコミがよく書くようなことではありません。

  • 学生は、条件のいいアルバイトがたくさん見つかる
  • 10万円程度の少額なら、生活が壊れることもない
  • 企業だったら、若い顧客を育てるのが、株主に対する責任でもある
  • 若年層がお金をどんどん使って、どんどん稼がないと、日本は成り立たない

ということです。少々本質的な話も混ざりましたが、10万円程度の少額であれば、消費者金融が学生に融資することは、まったく問題ないのです。もちろん、消費者金融だけではなくクレジットカードでも銀行カードローンでも同じです。

このような理由から「10万円」だったら学生でも最短即日キャッシングをすることは、割としやすいのです。しかし「20万円」となると、突然難しくなります。学生の借り入れの場合「まずは10万円の限度額を与えて、様子を見る」という金融機関が多いからです。

(これも当然、学生を破産させないために、きわめて重要なことです)

なので、20万円は難しいかも知れません。この場合は「残り10万円は、用事自体を断るか、不要品の売却などで乗り切る」と考えていただくのがいいかと思います。

家庭に入っている女性でも融資可能?

家庭に入っている女性でも、20万円を最短即日キャッシングすることはできます。アコム・アイフル・プロミスなどの消費者金融ではできませんが、銀行カードローンだったら可能です。以下、銀行カードローンでの専業主婦の最短即日借入について、詳しくまとめていきます。

銀行カードローンなら借入可能

専業主婦は銀行カードローンなら申し込めるというのは、消費者金融と違って、銀行カードローンは貸金業法第13条の2第2項の規定の範囲外(例外・除外含む)だからです。貸金業法第13条の2第2項の規定というのは「年収の3分の1までキャッシングできる」という基準ですが、これはつまり「年金以外の収入がない人は、1円も借り入れできない」ということになります。

消費者金融はこの貸金業法第13条の2第2項の規定によって管理されているため、「自分の収入がない女性では借り入れできない」わけですね。

(正確には「配偶者貸付」という例外のシステムもあるのですが、これは話が長くなるので、割愛します)

三菱東京UFJ銀行か楽天銀行が申し込みやすい

銀行カードローンの中でも、特に家庭に入っている女性がお金を申し込みやすいのは、下の2つの銀行カードローンだといえます。

  • 三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」
  • 楽天銀行スーパーローン(カードローン)

この2つが申し込みやすい理由は、まずどちらも配偶者の同意書の提出が不要ということ。つまり「夫・旦那の同意書を提出しなくていい」ので、「夫・旦那に内緒でキャッシングをしやすい」ということですね。

専業主婦が借入可能な銀行カードローンの中でも「配偶者の同意書の提出が必須」という所はかなりあります。それらの銀行カードローンでは「絶対に夫バレ・旦那バレしてしまう」わけですが、楽天銀行・三菱東京UFJ銀行だったら、そのようなデメリット・短所がないわけです。

また、特に楽天銀行スーパーローン(カードローン)については三菱東京UFJ銀行・バンクイックなどで必要になる「婚姻関係の証明書」すら提出しなくても借りられるということがあります。こうした提出書類についてのルールは、その女性の信用度(クレジットスコア)によって変わるということもあるので、全員そうとは限りませんが、何にせよ、そのような口コミ・評判があるということは「より申し込みやすい銀行カードローン」と考えていいでしょう。

婚姻関係の証明書というのは、戸籍謄本・戸籍抄本などのことです。

  • 戸籍謄本…全部事項証明書
  • 戸籍抄本…個人事項証明書

というように、今では正式名称が変わっていますが、役所では「戸籍抄本・戸籍謄本」で今でも通じますので、それをもらってこればOKです。(戸籍抄本の方が簡単です)

借入枠は10万円~30万円が基本(最大50万円)

三菱東京UFJ銀行にしても楽天銀行にしても、銀行カードローンで家庭に入っている女性がキャッシングする時、限度額はいくらまでもらえるのか―。これは大体10万円~30万円が基本となっています。イオン銀行カードローンBIGや楽天銀行スーパーローン(カードローン)など借入実績によって増額をすれば、最大で50万円まで借りられるという銀行カードローンもありますが、すぐに50万円までは行きませんし、基本的には「最大30万円」と思っておいて下さい。

しかし、これでも「20万円を急ぎで借りたい」という人にとっては、十分な金額でしょう。このように、家庭に入っている女性でもこのくらいの金額を急ぎ&今日中に借りるということは、問題なくできるようになっています。

20万円を緊急で借りたい時・まとめ

以上、20万円を急ぎで借りたいという人のための、最短即日キャッシングの知識をまとめてきました。最後に要点を簡単にまとめます。

一般的な人なら、消費者金融で問題なく借入可能

いろいろ書きましたが、普通の人なら、消費者金融で問題なく借りられると考えてください。会社員・OL・公務員の部分で「30万円借りられることが多い」と書きましたが、他に借り入れのない人だったら、「普通の生活をしていれば、20万円のキャッシングは全然難しくない」というのが実際の所なのです。

消費者金融で審査に落ちる人は、用事そのものを潰すことを考える

このように「普通の人だったら、特に問題なくキャッシングできる」はずの金額を借りられなかった…。ということは、「全体的な収支のバランスに問題がある」ということです。

消費者金融の審査に、もし2件連続で落ちたら、少なくとも半年はキャッシングを諦めてください。(半年は、審査落ちの記録が個人信用情報に残っているからです)

そのため、この場合はお金が必要な用事そのものをなくすことが大事です。それでメンツが潰れたり、誰かに少し迷惑をかけることがあっても「消費者金融の審査に2連続で落ちる」時点で、もう相当経済的に危険な状況になっている…ということを、問題視すべきでしょう。

…と、このような厳しい状況を除けば「20万円を今すぐ借りる」ということは、特に難しくはないのです。そうした場面になっても、安心してキャッシングを利用して下さい。

今すぐ借りたい即日キャッシングに関連するその他の記事