今すぐ借りたい即日キャッシング

「今すぐ借りたい即日キャッシング」のコンテンツ

2万円を遅くとも今日中か明日中には借りたい人向けのキャッシングサービス

2万

今日中に2万円キャッシングしたい―、という場面では、今すぐ借り入れをしやすい消費者金融がおすすめです。消費者金融なら土曜日・日曜日・祝日・夜間でも最短即日借入ができるようになっていますし、最低10万円からという借入限度額になっているので、2万円ももちろんキャッシングすることができます。

土曜日・日曜日・祝日でも21時まで最短即日審査

「今日中にお金を借りたい」という時、例えば土曜日・日曜日・祝日などの休日だったり、あるいは夜間である…ということもあるでしょう。そのような場合でも、没頭に書いた通り消費者金融は土曜日・日曜日・祝日・夜間でも、最短即日キャッシングに対応しているということで、「すぐ借りる」上で非常に便利なサービスです。

アイフル・SMBCモビット・ノーローンは21時まで

最短即日審査の受付時間について書くと、大手の消費者金融の中でも、ノーローン・SMBCモビット・アイフルは、毎日夜9時まで…という時間設定で審査をしています。店舗や曜日、その他の状況・条件によって、多少時間が前後することはありますが、大体この3つの消費者金融は、21時まで毎日最短即日審査…と思ってください。

プロミス・アコムは22時まで

アコム・プロミスの場合は、上の3つの消費者金融よりさらに1時間長くなり、毎日(平日でも土曜日・日曜日・祝日でも)夜10時まで最短当日審査…という体制になっています。

これもやはり店舗や日によっては時間が変動することがありますが、大体この時間まで最短即日審査できるので、夜間ギリギリの審査申込みの時は、アコム・プロミスを選ぶと考えていただくといいかと思います。

限度枠は10万円からだが、自分で2万円だけ借りる

消費者金融でも銀行カードローンでも、キャッシングには「借入枠」というものがあります。「この金額までは、自由に追加借入していいですよ」という限度額ですね。

この限度額は、大手の消費者金融・銀行カードローンでは「最低10万円から」となっています。それ以下の金額だと、採算が取れないからです。しかし、10万円借りなければいけないというわけではないので、自分で2万円だけ借りればいいのです。なので、2万円という小口借入でも、極度額についてはまったく問題ありません。

ただ、借りようと思えば10万円借りられるということなので「10万円の借り入れができるだけのクレジットスコア」は必要になります。普通の生活をしている人であれば、10万円程度の与信枠は誰でももらえることが多いので、特に問題ないとは思いますが…。

銀行カードローンで借りる必要はない

銀行カードローンの魅力は「低金利」ということですが、2万円のような超少額借入だったら、わざわざ銀行カードローンを選ぶ必要はありません。その理由をまとめていきましょう。

2万円という少額なら、消費者金融との利息差はない

消費者金融より銀行カードローンの方が低金利というのは、誰でも知っているでしょう。しかし、この「低金利」というのは、あくまで「借入総額が大きい時」に生きてくるものです。逆に言えば2万円のような、小口融資の時にはあまり意味がないのです。

一般的な銀行カードローンの場合、消費者金融との1ヶ月の利息差は「1万円あたり、30円」となっています。それぞれの利息が、1ヶ月で下のようになっているんですね。

  • 消費者金融…約150円
  • 銀行カードローン…約120円

このように「1万円で30円の利息差」ということは「2万円のキャッシングだったら、1ヶ月で60円の利息差」となるわけです。100円にも満たないわけですね。駄菓子しか買えないような少額の利息差なのです。

こうして計算すると「銀行カードローンで借りる必要は、2万円の借り入れの場合、まったくない」ということがわかるでしょう。

銀行カードローンは「今すぐ借りる」には向いていない

もちろん、少しでも低利息な方がいい…という考え方もあります。確かに銀行カードローンが「消費者金融と同様に最短即日キャッシングをしやすい」というのであれば、それでいいのです。

しかし、銀行カードローンは「最短即日借入のしやすさ」では、明らかに消費者金融に劣ります。

  • その銀行口座が必要なことがある
  • 土曜日・日曜日・祝日の最短即日借入に対応していない所が多い
  • 夜間の最短即日審査は、大体できない

このようなデメリット・短所があり、最短当日キャッシングだったら、断然消費者金融の方が有利となっているわけです。

無利息期間があるので、むしろ消費者金融の方が低利息

さらに追い打ちをかけるようですが、消費者金融には「初回30日間無利息」などの無利息期間があります。これを利用してキャッシングすると、最初の5ヶ月程度は、銀行カードローンより消費者金融の方が利子総額が安いという、一種の逆転現象が起きるのです。

そして、言うまでもなく「2万円」のような少額だったら、1ヶ月あれば大抵の人は返済できます。2万円全額返済できなくても、1万円くらいは返済できるでしょう。(というより、貸金業法によってそのくらいは元本を返済するようになっています)

ということは、利息がかかっても「借入残高1万円分」なのです。もはや「微々たるもの」を通り越して「雀の涙」と言っていいでしょう。(1ヶ月150円程度ですから)

2万円なら、お金を借りる必要はない?

これは2万円という金額に限らず、すべての小口借入に言えることですが、そもそも、それだけの少額キャッシングだったら、借りるのではなく別の方法で資金調達するという選択肢もあります。言うまでもないことかも知れませんが、あらためて、それらの選択肢とキャッシングも比較していきましょう。

家中の不要品を売却すると、2万円は行く

私の経験から言うと、ワンルームマンションに転がっている不要品をすべて売却すると、少なくとも2万円は行きます。その人が今までに買いためたアイテムにもよりますが、何かの統計でもやはり「数万円は行く」という計算になっていました。

ということで、もし売ってもいいのであれば、キャッシングなどの借り入れに頼るのではなく、不要品の売却をするという方法も考慮してみて下さい。

ただ、最低でも半日はかかる

不要品の売却のデメリット・短所は、「安く買い叩かれる」というのもありますが、何より「時間がかかる」ということです。特に「家中の不要品を売る」となると、まず整理や簡単な汚れ取りから始まるので、査定・審査の時間まですべて含めて「少なくとも半日程度」はかかるでしょう。

そうなると「急ぎでお金が必要」という場面では、間に合わない可能性もあるわけですね。これが不要品の売却の一番の欠点だといえます。

今すぐ借りるなら、消費者金融しかない

そのため「今すぐお金が必要」というシチュエーションでは、やはり消費者金融などのキャッシングを利用するのが一番だといえます。消費者金融だったら、SMBCモビット・アコム・アイフルなどの大手だと、最短30分で審査できるからです。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

融資や利用の説明など、全ての手続きも含めると「最短60分」となりますが、それでも不要品の売却より圧倒的に早いのは確かです。実家の両親に電話して借りるよりも、やはり早いでしょう。

どのくらい急ぎか、緊急かにもよりますが、緊急度が高い場合は、2万円だったらほとんど利息もゼロに近いですし、消費者金融を利用することをおすすめします。

今日中に2万円借りたい場合・まとめ

以上、今日中に2万円をキャッシングしたい…という方のための情報をまとめてきました。基本的に、2万円程度の少額だったら、借り入れをすることは特に難しくはありません。以下、その点を詳しく書きます。

アルバイトさえしていれば、大体借りられる

30万円や50万円という高額のキャッシングと違い、2万円程度の「超」少額借り入れであれば、アルバイトをしていればまず誰でも申し込める…と言ってもいいくらいです。

もちろん、ブラックリスト入りしている人は借入不可ですし、その他、何らかの問題がある人も融資不可です。しかし、そのような特殊なケースを除けば、普通の人でアルバイト収入があるなら、大抵2万円は借りられます。

すでに借り入れがある人のみ、要注意

当然ですが、現時点で他社借入がある人は「普通の人」には入らないので、これは審査落ちすることもあります。ただ、これも「1件だけ」とか「20万円程度」というような借入状況だったら、特に問題ないでしょう。

他社借入状況については、どのくらいまで許容されるかは、その人の職業・属性・年収・過去のクレジットヒストリーなどによります。あくまで総合的に判断されるものですが、もし他社借入がない人であれば、上に書いた通り「アルバイト収入があれば、大体借入可能」と考えて下さい。

新生銀行カードローン レイクもおすすめ

この記事では消費者金融をおすすめしてきましたが、例外として、銀行カードローンでも「2万円の最短即日借入」に向いている借入先があります。それが新生銀行カードローン レイクです。理由は下の通りです。

  • 消費者金融並みの金利だが、代わりに審査に申し込みやすい
  • 審査スピードも最短30分で、消費者金融とほぼ互角
  • 「5万円まで180日間無利息」というサービスがある

ということです。特に2万円の小口借入であれば、まさに「5万円まで180日間無利息」というサービスが、ぴったり当てはまるでしょう。これは文字通り、半年間5万円まで利息無しで借りられるというシステムです。

5万円を超えても、問題ありません。たとえば「8万円」借りたとしたら、利息がかかるのは3万円です。新生銀行カードローン レイクの金利だと、3万円は「1ヶ月あたり、450円」の利息になります。8万円だったら本来「1200円」の利息になるので、相当割り引かれるというのがわかるでしょう。

何はともあれ、2万円を半年間で返済するというのは、ほぼ誰でもできることです。むしろキャッシングは、月々の最低返済金額が決まっているので、そのペースで返済しても、半年以内に全額返済できるレベルです。

つまり、2万円のキャッシングだったら、新生銀行カードローン レイクだと「大部分の人が、無利息で完済できる」ということですね。「消費者金融で借りるのは、どうしても抵抗がある」という人であれば、新生銀行カードローン レイクもぜひ検討してみて下さい。

今すぐ借りたい即日キャッシングに関連するその他の記事