今すぐ借りたい即日キャッシング

「今すぐ借りたい即日キャッシング」のコンテンツ

3千円でも借入可能?10万円の限度額で契約して千円単位で借りるのがおすすめ

3000

今すぐお金を借りたい…という時に「3000円程度の少額で借りたい」ということは多いでしょう。

結論を書くと「3000円」という少額の限度額を設定している銀行カードローン・消費者金融はありません。大体大手の消費者金融・銀行カードローンの場合は、「10万円」が最小の与信枠になっている…というのが現状です。

しかし、これでも別に問題はありません。というのは、その「10万円」という借入枠の中で「自主的に3000円だけ借り、それ以上は借りない」という風にしていればいいからです。要は「3000円という限度枠はない」というだけで「3000円だけ、今すぐ借りる」ということはできるわけです。

大手の借入枠は「最低10万円から」だが…

「急ぎでキャッシングしたい」という方にとっては、冒頭の内容だけで、もう十分だといえます。より詳しく知りたいという方に、さらに詳細な解説をしていきます。

「10万円借りろ」という意味ではない

冒頭に書いた「10万円の借入枠」というのは「10万円借りなさい」と、金融機関が言っているわけではありません。あくまで、「最大で10万円まで」借りられますよということです。逆に言えば「10万円借りなくてもいい」ということです。(そうでなかったら、押し売り業者と同じですからね。ある意味当たり前のことです)

「1000円単位」で借入可能なので、3000円もOK

そして、その10万円という最高借入枠の中で、いくらから借り入れできるかですが、大手の消費者金融・銀行カードローンは大体、最小1000円単位で借入可能となっています。これは、それぞれの公式サイトを見ても、あまり明記されていません。

明記されていない理由は、使用するATMによって、最小の借入可能金額が違うということだと思われます。それぞれの専用ATM・自社ATMだったら、どれも「1000円単位」で借入可能ですし、提携の度合いが強い提携ATMだと、これもやはり「1000円単位」でキャッシング可能となっています。

しかし、中には「1万円単位からしか、借り入れできない」というようなATMもあるわけですね。たとえば信用金庫・労働金庫のATMなど「マイナーなATM」だと、このパターンが多いです。

また返済は1000円単位で可能だが、借り入れは1万円単位というものもあります。しかし、この場合でも「3000円だけ借りる」ということは、事実上可能です。というのは、「1万円借りて、すぐに7000円返済すればいい」からです。返済手数料がかかるATMだと少々マイナスですが、かからないATMだったらこのやり方でまったく問題ありません。

(1分だけ、余計な手間がかかるといえばかかりますが)

ただ「10万円レベル」の信用度は必要

このように、急ぎでキャッシングをしたいという時に、3000円だけ借りるということは可能です。ただ、先に書いた通り「キャッシング業者の側は、10万円の与信枠からしか、与えない」わけです。

これは何を意味するかというと、最低でも、10万円借りられるだけの信用度(クレジットスコア)が必要ということですね。「3000円しか使わないから、低収入でもいいでしょ」という考え方は、通じないわけです。業者・銀行の側はあくまで「10万円融資しても問題ない人」にしか、貸し付けしないんですね。

もっとも、現代の日本人で「10万円すら借りられない」というのは、あまりに低収入だったり、ブラックリスト入りしている人くらいです。10万円というのは「クレジットカードのキャッシングだったら、18才の学生でも借りられる金額」なので、それすら借りられないとなったら、相当経済的な信用度が低いと考えて下さい。

3000円だったら、キャッシングしなくてもいい?

これは「そもそも論」になるかも知れませんが「3000円程度の少額だったら、キャッシングを利用しない」という考え方もありです。もちろん、「すでにそれは考えた上」でキャッシングを検討している方もいるでしょう。そうした方の場合は問題ないので、そのままキャッシングでお金を借りることを、考えていただければいいと思います。

しかし、キャッシング以外の方法をまったく考えなかったという方の場合、一度それらの選択肢・資金調達の方法も考えてからお金を借りるべきなので、それについて書いていきます。

不要品の売却で3000円は大体行く

まず、誰もが真っ先に思いつく「即金を得る手段」は、やはり不要品の売却でしょう。昔は質屋が似たような機能を果たしていましたが、現代ではすっかりリサイクルショップに取って代わっています。

言うまでもなく、不要品の売却はかなり買い叩かれるので、あまりお金にはなりません。大体「10万円で買ったのに、5000円なんて…」と買い叩かれてショックを受ける…というパターンになります。(事前に覚悟していれば、それほどショックもありませんが)

不要品の売却をするたびに「もう無駄な買い物はしない」と心に誓う人が多いでしょう。そういう意味では、倹約・節約のきっかけになるので、少額の買い取りしかしてもらえなくても、不要品の売却を検討する意味はあります。

どうしても時間がない時はキャッシング

ただ、不要品の売却をするにはある程度の時間が必要です。

  • ハードオフなどのお店に持っていく時間
  • 査定の時間

ということですね。自宅近くにこうしたリサイクルショップがあっても、特に土日・祝日などは査定が混み合っているので、買い取りまでの時間がどのくらいになるかわかりません。また、売却するアイテムによってはかなり査定に時間がかかるので、その点でも時間がない時は、たとえ3000円という少額でも、キャッシングをした方がいいという考え方もできます。

特に、何らかの約束があって遅れてはいけないという時は、キャッシングをした方がいいでしょう。心理学の統計によると、人間が「このくらいかかる」と思っている時間は「必ず、その1.5倍かかる」そうです。つまり「1時間でできる」と思った仕事は「一時間半」かかるわけです。

(ドラッカーはさらに「2倍かかる」と言っています。経営など難易度の高い仕事だったら、確かにそのくらいの覚悟をした方がいいのでしょう)

というように、時間がない時は「本人が思っている以上に、急いだ方がいい」ことが多いです。なので、そうしたケースでは不要品の売却などは考えず、カードローン・キャッシングを利用した方がいいでしょう。(特に消費者金融だったら、最短30分で審査できるのでおすすめです)

家族、友達から借りることも考える

人によっては、むしろ消費者金融から借りるよりはるかに厳しいかも知れませんが、家族や友達からお金を借りる…という方法も、もちろんあります。3000円程度の小口だったら、この方法で資金調達する人も多いでしょう。

もちろん、それができないからカードローンを検討している…ということはわかります。私自身、家族から借りるぐらいなら消費者金融で借りた方がいいという人間なので、これはまったく否定しません。

ただ、借入超過者・多重債務者の方々を観察していると、「身近な人に頼ることができなかったから、多重債務状態になった」というパターンが、多く観察できます。一応、そうしたことも頭にとどめておいて下さい。

学生だったら、大学から借入可能

もし学生さんだったら、3000円程度の少額借り入れだったら、大学からするということもできます。特に私立大学だとこうしたサービス?が整っていることが多いです。あまり知られていない知識だと思うので、これも解説していきます。

数万円まで、大学が「緊急融資」をしてくれる

多くの大学(特に私立)は、2万円から3万円程度の上限を設けて、緊急融資の制度を用意しています。これは学生が生活費・交通費などで困った時に、一時的に援助する目的で作られている制度です。

限度額は大学によって当然違いますが、数万円というパターンが多いので、3000円という小口借入であれば、まったく問題なくできます。

無利息で、大体数ヶ月で返済

利息についても、大学が学生に対して融資するわけですから、当然無利息です。(人によっては、利息を少しとってもいいので、もう少し高額のコースも用意してほしい、という主張もあるかも知れませんが。*アメリカだとあるようです)

何にせよ、数万円なので利息がついたとしてもわずかなのですが、それでも無利息で借りられる方が、当然ありがたいでしょう。そして返済までの期間は、大体数ヶ月となっています。消費者金融やクレジットカードの返済期間と比較するとかなり短いですが、学生さんだったら日払いのアルバイトがいくらでも見つかるので、これは特に問題ないでしょう。

学生専用ローンも1万円から融資可能

アコム・プロミス・モビットなどの大手の消費者金融ではなく、中小業者の学生専用ローンであれば、1万円単位からキャッシングできる…という業者もあります。大手の10万円の審査に通る自信はないけど、どうしても3000円借りたいということであれば、こうした選択肢もあるでしょう。

ただ、1万円単位で融資している学生専用ローン自体が少ないですし、大体1万円だと対面なので、東京の学生でないと借りにくいです。ということで、この選択肢はあまりおすすめできません。

3000円を今すぐ借りたい時のまとめ

以上、3000円程度の少額を今すぐ借りる時の方法・選択肢についてまとめてきました。最後に、特に重要なポイントをもう一度まとめていきます。

急ぎの時は、大手の消費者金融しかない

3000円という金額はおいておき、「急ぎでお金を借りたい」「どうしても、今日中にお金が必要」という場面では、選択肢は「大手の消費者金融」しかありません。

  • 銀行カードローンでは審査が遅い
  • 遅いだけでなく、審査に通らないことも多い
  • 中小業者は、銀行カードローンよりもさらに遅い

ということです。銀行カードローンでも、新生銀行カードローン レイクや三井住友銀行カードローンなどは、消費者金融のように「最短30分」で審査できるようになっています。しかし実際に30分で審査が完了する割合は、圧倒的に消費者金融の方が高いので、急ぎでお金を借りたい時には、消費者金融を選ぶべきなのです。

急ぎでないなら、その他の手段を検討

そして、急ぐ必要がないのであれば、銀行カードローンやクレジットカード、あるいは質屋など、他の借り入れの選択肢も検討する…ということになります。人間はよく「一番重要でないことまで、あれこれ考える」癖がありますが、急ぎでお金が必要な時に、低金利かどうかなどは意識する必要がないのです。まず借りて、問題を解決し、それから急いでアルバイトなどをして返済すれば、消費者金融で借りても利息は対してかからないのです。

そのように「今一番重要な問題だけ解決する」ことは、キャッシングや資金調達以外の場面でも、悩まない・ストレスを溜めないために役立つ発想です。こうした考え方も、ぜひ参考にしてみて下さい。

今すぐ借りたい即日キャッシングに関連するその他の記事