今すぐ借りたい即日キャッシング

「今すぐ借りたい即日キャッシング」のコンテンツ

30万円を今日中にキャッシングできる?個人の収入と信用力が重要

30万

30万円を今日中、今すぐに借りたい―。こうしたケースでは、大手の消費者金融でキャッシングをすることをおすすめします。大手の消費者金融なら最短即日借入自体は非常にスムーズにできますし、会社員・OL・公務員程度の職業・属性の方、あるいはフルタイムのアルバイト・パートの方々などは、30万円すぐ借りることも可能です。

最短即日借入自体は、問題なくできる

「30万円すぐ借りる」ということの問題点は、30万円という金額に届かない人が、一部いるということだけであって、最短即日キャッシング自体は、まったく問題なくできるようになっています。

銀行カードローンだと、たとえば土日・祝日は借入不可とか、夜間は最短即日審査できない…というように、いろいろ障害があります。しかし、消費者金融だったら、土日・祝日だろうと夜間だろうと、最低限間に合う時間に申し込みすれば、当日借入できるようになっています。

土日・祝日・夜間でも21時~22時まで即日借入可能

具体的にいうと、アコム・プロミス・ノーローン・モビットなどの大手の消費者金融は、平日だろうと土日・祝日だろうと、21時~22時まで最短即日審査をしています。キャッシングブランドによって時間が違っていて、それぞれの締切時間は下のようになっています。

  • ノーローン・アイフル・モビット…21時まで
  • プロミス・アコム…22時まで

キャッシングの知識がある人なら、このそれぞれの締切時間はよく知っているかも知れませんが、このような遅い時間まで、土日・祝日などの休日でも、最短当日審査をしているというわけです。

郵送、来店も不要。ネットのみでOK

そして、申し込みの方法も非常にスムーズかつシンプルになっています。こちらから提出書類・必要書類などを郵送する必要もありませんし、あちらからローンカードなどの郵送物が送られて来る…ということもありません。

もちろん、有人店舗に来店して審査をする…ということも不要です。自動契約機・無人契約機に行く必要も「カード発行」以外では不要ですし、ネット申込みと、携帯電話への最低限の確認電話くらいで、即日審査の手続きが完了する…ということです。

最低限の電話連絡というのは「本人の携帯に対して、今回の申し込み&この電話番号が本人のもので間違いないか」という確認が一つ。もう一つは、職場への在籍確認の電話です。本当にその職場で働いているかということを、電話で確認するわけですね。

このようなどうしても必要な電話連絡だけはありますが、電話口で長々と審査することはありませんし、最短30分で審査完了、融資まで最短60分というスピードになっています。

銀行口座などの指定もなし

さらに消費者金融のキャッシング審査のメリットとして、特定の銀行口座を持っていなくても、最短即日借入の資格があるという点があります。「何それ」とキャッシングの知識がない人だと思うかも知れませんが、たとえば銀行カードローンだと、その銀行口座がないと最短当日借入ができないなどの「縛り」があるのです。

これは「自行の預金残高を増やしたい」ということももちろんあるでしょうが、単純に「土日・祝日・夜間などは、自行でないと振込手続きが反映されない」という事情もあるのです。つまり、目一杯のサービスをして、土日・祝日・夜間に即日振込みをした―。しかし、他行の口座だったために、それがその日中に反映されなかった―。ということが起きてしまうわけですね、他行の口座だと。

そのため、銀行カードローンによっては平日はその銀行の口座無しで即日借入できても、土日・祝日・夜間になると、口座が必要になるという設定になっているわけです。これは別に「自行の利益」のためではなく、銀行振り込みのシステム上、仕方がないわけですね。

しかし、消費者金融だったら「ローンカードを発行してATMで借りる」という「銀行振込のシステムを無視した借入方法」があるので、これで土日・祝日・夜間だろうと、いつでも最短即日借入できるというわけです。

30万円は、ある程度の収入が必要

ここまで書いた通り、消費者金融の最短当日キャッシングのシステムは非常に優れています。過去にはプロミスのビジネスモデルがハーバード大学の経営学のケーススタディにも用いられたというくらいで、日本の消費者金融というのは、世界的に見てもかなり優れたシステムを持っているのです。

そのため、「最短即日キャッシング」自体は非常にしやすくなっています。審査が甘いという意味ではなく、システム的に借りやすいサービスになっている、ということです。

ただ、問題は「30万円という限度額をもらえるか」という点でしょう。この点について解説します。

会社員かフルタイムのアルバイトならもらえる

簡単に職業・属性の目安を書くと、会社員・OL・公務員として勤務している人や、パート・アルバイト・フリーターの方々でも、フルタイムでシフトに入っているような人であれば、30万円は借りられる…といえます。絶対ではありませんが、この条件だと、30万円キャッシングできる割合はかなり高いです。

会社員・OL・公務員については、正社員でなくても大丈夫です。派遣社員や契約社員・嘱託社員という立場であっても、全然問題ありません。今の御時世、正社員になれるというのはかなり恵まれたことですから、そうした人だけに絞っていたら、消費者金融は融資する先がなくなってしまうのです。

(消費者金融でキャッシングしている方々の大部分が、正社員ではないはずです)

学生だと30万円はやや厳しい

上のように「働いている方」だったら30万円キャッシングすることは割とできるのですが、学生だと厳しいです。学生は、相当アルバイトをしていたとしても「学生」という時点でどうしても様子見をする必要があるので、最初は10万円程度の少額のキャッシング枠から始まる…ということが多いです。

そして半年程度、返済の延滞・滞納などがないようであれば、そこから20万円・30万円と増額していく…というパターンが多くなっています。

もちろん、学生でも大人顔負けにアルバイトをして稼いでいる…という方もいるでしょう。そうした学生さんの場合は、いきなり30万円という融資枠もありえるかも知れません。ただ、相当なレアケースだと思って下さい。

勤続年数も影響する

さらに言うと、当然ながら職業・属性や収入だけではなく、勤続年数・月数も審査に影響します。同じ勤務先で同じ年収でも、特にアルバイト・パート・フリーターの方々だと、勤続年数が長いというのは有利になるわけですね。

金融機関の側としてはできるだけ融資したいのです。そして、最低限の収入があれば、とりあえず10万円や30万円くらいなら融資してもいいと思っているわけです(普通の人は、仕事をやめない限りは、このくらいは返済できますからね)。

しかし、仕事をやめてしまうかも知れない、となると話は別です。私達が個人的に友達などにお金を貸す場合も、貸した後特にショックを受けるのは「○○、仕事辞めたって」と聞くことでしょう。「本当に?」と焦るはずです。

今の日本の平均的な生活だと、何らかの仕事をしている限り30万円程度までは返済できるというのが普通なのです。なので、アルバイト・パートなどの非正規雇用の方々については、収入も重要ですが、それ以上に「やめたり首になったりしない」ということが、最重要になるわけですね。

その点勤続年数が長い人は、そう簡単にクビにならないだろうと推測できますし、自分からもやめない可能性が高いわけです。居心地がいいから、長くいるわけですからね。

このように、キャッシングの審査基準では、特に非正規雇用だと「勤続年数も重要になる」ということを、意識しておいて下さい。

収入がない専業主婦でも借入可能?

消費者金融では、自分の収入がない専業主婦がキャッシングすることはできません。しかし、銀行カードローンだったら借り入れできます。ここでは専業主婦の借り入れについて詳しくまとめていきましょう。

現時点で他社借入がなければ、借りやすい

専業主婦は、キャッシングの世界では立派な一つの職業と見なされています。当たり前ではありますが、そのような評価なので、「現時点で他社でのキャッシングをしていない」ということであれば、借りられる確率は割と高いと考えて下さい。

そもそも、女性が専業主婦をしている時点で、その家庭は、夫・旦那がある程度の安定収入を得ている…ということが想定できます。女子大生の希望職種の上位が「専業主婦」というような時代ですからね。

そのため、他社借入がなければ、専業主婦がお金を借りることはそれほど難しくないのです。

消費者金融は不可なので、銀行カードローンで借りる

ただ、先に書いた通り「消費者金融で借りる」ことは、専業主婦ではできません。そのため、銀行カードローンで借りるという選択肢になります。

どんな銀行カードローンで借りるべきかですが、これは配偶者の同意書(夫・旦那の同意書)を提出しないで借りられるという条件の銀行カードローンをえ選ぶといいでしょう。そうでなかったら、同意書を夫・旦那からもらう時点で、確実に夫バレ・旦那バレするからです。

銀行でも新生銀行レイクは不可

上記のような条件を満たせば、銀行カードローンであればどこでもいいと言えます。ただ、例外として新生銀行カードローン レイクなど、いくつか専業主婦がキャッシングできない銀行カードローンがある…ということは、知っておいて下さい。

オリックス銀行カードローンなどは「専業主婦は借入不可」と言われていますが、商品概要や商品説明書に明確に書かれているわけではなく、実際はケースバイケースなのかも知れません。何にしても、専業主婦が借入可能とわかっている三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行・楽天銀行などで申し込んだ方が、確実と言えます。

30万円を今すぐ借りたい時・まとめ

以上、30万円を今すぐキャッシングしたい…という人のための知識・情報をまとめてきました。最後にいくつか重要なポイントを補足していきます。

30万円までなら、返済もそれほど難しくない

ここまで繰り返し書いてきた通り、30万円までだったら、消費者金融で借りても返済はそれほど難しくありません。一般的な日本人・日本の世帯であれば多少時間はかかっても、全額返済できる金額だといえます。

そのため、銀行カードローンは無収入の専業主婦に対しても最高30万円まで融資する…ということが多いのですが、逆に言えば30万円以上のキャッシングは危険ということです。

30万円以上借りるとどうなるか

たとえば消費者金融の1ヶ月の利息は、30万円の借り入れだと「4500円」です。このくらいなら、まだ多くの人は「何とかなる」と思えるでしょう(実際、何とかなります)。

しかし、これが「50万円のキャッシング」になると、1ヶ月の利息は「7500円」になります。毎月1万円払っても、ほとんどが利息でなくなってしまい、元本がほとんど減らないまま、ひたすら「7500円近い利息を払い続ける」…というわけですね。

毎月2500円ずつしか減らないのですから、1年経って、ようやく「3万円」しか元本が減らないのです。そして、その1年で利息は「9万円」払っているのです。

30万円以上(特に50万円)借りるのが、いかに危険か…ということがわかるでしょう。そのため、30万円まではいいのですが、それ以上のキャッシングをする時は「アルバイトを増やす」など、それなりの覚悟をして臨んでください。

今すぐ借りたい即日キャッシングに関連するその他の記事