今すぐ借りたい即日キャッシング

「今すぐ借りたい即日キャッシング」のコンテンツ

帰宅費用の5000円をキャッシングで借りる。学生は学生ローンを利用しよう。

電車で帰宅する

実家への帰省でお金を借りる人は多いです。帰宅費用でいくら必要かは人によってケースバイケースでしょうが、5万円程度であれば、キャッシングで借りることは簡単といえます。

学生なら、学生専用ローンもあり

このように「帰宅・帰省の費用でお金が必要になる」というのは、学生が特に多いでしょう。もし学生さんがそのようにお金を借りたいと思っているのなら、学生専用ローンで借りる…という選択肢もあります。

学生専用ローンは中小業者なので、借入・返済で不便な点なども多く、基本的にはアコム・アイフル・プロミスなどの大手の消費者金融をおすすめします。しかし、学生専用ローンにもメリットはあるので、ここではそれを紹介します。

1万円からでも、学生ローンなら借りられる

学生ローンのメリットは、やはり「1万円のような少額からでもキャッシングできる」ということ。大手の消費者金融だと、最低でも10万円の借入限度額からスタートするので、「10万円借りられるだけのクレジットスコア」がないと、1万円すらキャッシングできないんですね。

(大手の消費者金融で1万円を借りる方法というのは、まず「10万円」の借入枠をもらって、その中から1万円だけ、自主的に借りるという風なのです)

これに対して、学生専用ローンは中小業者なので、割と融通がききます。「帰宅費用のために、1万円だけ借りたいんです…」といえば、ある程度の審査をした上で、1万円だけ融資してくれる、ということはしばしばあります。

*このあたりのさじ加減は、当然学生ローンの業者によって違うので、あくまで「そういうケースもある」ということですが。

大手の消費者金融は「10万円から」

先に書いた通り、モビット・ノーローン・アイフルなどの大手の消費者金融で借りるには、「最低でも、10万円借りられるだけの信用度」が必要になります。ただ、これはアルバイトをしていて20才以上である学生さんだったら、それほど難しいことではありません。

月収でいうなら大体7万円稼いでいれば、審査に通ることが多いです。安定した職場に勤めているのであれば、月収5万円でも借りられることがあります。

ということで、「1万円や数万円だけ借りる」というのは学生ローンの方が融通がききますが、「大手の消費者金融で借りることも、それほど難しくはない」ということは、理解しておいて下さい。

一部の違法な学生専用ローンに注意

ここまで書いた通り、大手の消費者金融でも学生ローンでも、最終的にはどちらでも良いのですが(それぞれのメリットがあるのですが)、学生専用ローンは、一部違法業者が混ざっていることがあるので、注意してください。

言うまでもなく、ほとんどの学生ローンはまじめに運営されている業者さんです。ただ、経営が行き詰まったなどの事情で、ごくごく一部ではありますが、「紹介屋・整理屋」などの悪質業者に転身してしまう中小業者も見られます。

どの業者がそうかは当然わかりませんが、アコム・モビット・アイフルのような大手の消費者金融だったら、そのような悪質業者にあたる確率はゼロなわけですから、最初から大手で申し込んだ方がいい…というわけですね。

基本的に、大手の消費者金融がおすすめ

上に書いた通り、学生さん(あるいは社会人でも)の帰省や帰宅の費用でも、やはり消費者金融でのキャッシングがおすすめです。ここでは「悪質業者に引っかからない」という以外の理由も、説明していきます。

ATMで無料で借入・返済できる

まず、最大の違いの一つはこれです。学生専用ローンは中小業者なので、コンビニATMや銀行ATMと締結していないわけですね。ごく一部提携しているものもありますが、「台数が少ない」「エリアが制限されている」「手数料がかかる」というように、極めて使いにくくなっています。これは別に学生ローンの業者さんが悪いわけではもちろんなく、「規模が小さい以上、仕方がない」ということです。

これに対して、プロミス・モビット・アイフルなどの大手の消費者金融であれば、それぞれの専用ATMは当然無料で利用できますし、コンビニATM・銀行ATMもすべて利用できます。

プロミス・モビットに至っては、三井住友銀行のATMも無料で利用できるということで、ATMでの借入・返済の便利さについては、大手と中小業者の学生専用ローンでは、残念ながら「比較にならない」レベルなのです。こうした利便性からも、大手でキャッシングをした方がいいわけですね。

土日・祝日でも夜間でも、最短即日借入可能

また、帰宅費用を借りたいということは、ある程度「急ぎで借りたい」というケースが多いでしょう。そのような「即日キャッシングが必要」という場面になったら、なおさら大手の消費者金融が有利です。

学生専用ローンは大体、平日の日中しか当日審査をしていません。しかし大手の消費者金融は、夜間でも土日・祝日でも、最短即日審査に対応しているんですね。

年末年始でも、プロミス・モビットなどは元旦しか最短即日審査を休まないというくらいで、365日、いつ審査申込みをしても即日融資できる…と言えるレベルなのです。

大手は30日間無利息で借りられる

さらにダメ押しで大手の消費者金融が有利な点を挙げると、プロミス・アイフル・アコムは「30日間無利息」でキャッシングすることができるんですね。

プロミスはWEB明細利用・メールアドレスの登録が必要という条件で、ポイントを貯めることで何度でも「30日間無利息」にすることができます。アコム・アイフルは「初回のみ」というルールです。

何にしても、そのように「利息までなしにできる」(1ヶ月で返済すれば)という条件も加わるので、正直、学生専用ローンと大手の消費者金融では、「1万円程度の少額から借りられる」というような「小回り」を除けば、まったく「勝負にならない」レベルなのです。

社会人は、帰省での散財に注意

ここまでは学生さんの帰宅費用でのキャッシングについて書いてきました。しかし、帰省というのは言うまでもなく、社会人の方々でもするものです。

特にお金がかかるという点では、社会人の方々の方が負担が大きいでしょう。親戚に払うお年玉などもありますからね。ここではそうした「社会人の方の帰省時」の散財のリスクについて書きます。

『ヤバいです!その金遣い』の警告

長年、多重債務者の債務整理や借り入れの一本化の相談に乗ってきた、石原伸治さんという弁護士の方が書かれた『ヤバいです!その金遣い』という本があります。

この本の中に「社会人の、帰省時の散財」の例が書かれていますが、このような失敗をしないよう、くれぐれも注意して下さい。(以下、要約して紹介させていただきます)

親戚30人に、お年玉1万円ずつ?

一番ひどい例では「親戚30人に、一人1万円ずつお年玉を配った」というものがありました。たとえば田舎で、その人が長男として「家を代表する」というような期待をかけられていたら、そういうことをしてしまうことも、あるのかも知れません。

にしても「一人1万円」は明らかに高すぎるでしょう。親戚の人数は、その親戚の方々も重々承知しているわけですから、「一人3000円」でも、まったく文句はなかったはずです(それでも高すぎるくらいです。合計9万円ですから)。

r 

結局この男性は、親戚を思ってそうしたというより、ただの見栄のためにやっていたという可能性が強いのですが、これは多重債務で破産する方々で、非常に多いパターンです。友達の結婚式でも、高級車を自動車ローンで買うのでもそうですが、結局「自分に自信がない」わけですね。

「帰省時の散財」というと特別なケースのようですが、案外「人生の全てにつながっている、失敗の根源」と言えるかも知れません。

(これは悪い意味ではなく、これに気づきさえすれば、ありとあらゆる問題が解決するということです)

帰省は無理にしなくてもいい

個人的な意見ですが、そもそも帰省というのは、借金してまで無理にするものなのでしょうか。お金があるないに関わらず、帰省は無理しなくてもいい…という考え方もありだと思います。

帰省でなくても飲み会のお酒の付き合いなどもそうですが、絶対に断るわけにはいかない、と思っていたものが「意外と断っても、なんともない」というのはよくある話です。

人間は「自分がこれまでやってきたことを、否定したくない」「今の生活を変えたくない」という習性が強いので、「これを断ってはいけない」と決めつけているだけなんですね。多少人間関係が変化することはあるかも知れませんが、こういう「やりたくないこと」は「案外断っても、大丈夫」なのです。

(大体、借金をしてまで家族に気を使うというのも、おかしな話妥当思います)

帰宅費用のキャッシング・まとめ

以上、帰宅や帰省にかかるお金を、キャッシングで借りる時の注意点などをまとめてきました。最後に補足としてのポイントをまとめていきます。

帰省なのだから、親から借りることをまず考える

そもそも、これは普通の遊興費などと違って「帰省のために借りる」お金なのですから「親から借りる」ということも、検討するべきでしょう。もちろん、親に借金を申し込むと、ガミガミ言われるのが嫌だから消費者金融で借りるという気持ちは、非常によくわかります。

ただ、個人的な経験で恐縮ですが、私は一度海外で人に騙されて困窮した時、貯金がゼロだったので、親に助けを求めました。そして案の定「ガミガミ叱られた」のですが、おかげで発奮し、以後バリバリお仕事をさせていただき、それなりの経済力を獲得することができました。

「親から叱られる」というのは、誰にとっても嫌な経験だと思いますが、「お金を稼げていない」「身分不相応な出費・散財をしている」ということを自覚するには、非常にいい薬です。逆に言うとそういう自覚を避けて生活を続けると、年をとって再就職などができなくなってから、大変なことになるという危惧もあります。(今の時代、リストラなどは当たり前ですからね)

そう考えると、帰省費用のキャッシングは確かに便利ですが、やはり「親から借りる」というのも、できれば考慮していただきたい選択肢です。

どうしてもだめな時だけ、キャッシング

もちろん、どうしても「親から借りられない」というケースもあるでしょう。

  • 親の方が、そもそも困窮している
  • 親に心配をかけたくない
  • 親の反対を押し切って、芸術系の職業に進んだ
  • 性格的に、貸してくれる親ではない

というような理由です。他にもいろいろ考えられますが、このようなケースであれば、キャッシングで借りるのも、まったくありだと思います。ただ、その場合も「本当に必要最低限の金額だけ借りる」ということは、意識して下さい。

今すぐ借りたい即日キャッシングに関連するその他の記事