今すぐ借りたい即日キャッシング

「今すぐ借りたい即日キャッシング」のコンテンツ

【応相談】簡単にキャッシングでお金を借りることはできる?

簡単に借りれる?

キャッシングで簡単にお金を借りたいなら、消費者金融で申し込むのが一番です。ブランド名でいうと、プロミス・アコム・アイフル・SMBCモビットなどですが、ここではなぜ、これらの消費者金融に申し込むのがおすすめなのかを、説明していきます。

最短当日審査の受付時間が長い

最近のキャッシングは、銀行カードローンでも消費者金融でも、最短当日審査が当たり前になっています。そして、その中でも消費者金融は銀行カードローンと比較して、最短当日審査の受付時間が長くなっています。そのため、ギリギリの場面でお金が必要という時でも、間に合わせることができるのです。

土曜日・日曜日・祝日でも夜9時~夜10時まで最短当日審査

具体的には、平日でも土曜日・日曜日・祝日でも21時~22時程度まで最短即日審査に対応している…という点で有利です。これが銀行カードローンになると、新生銀行カードローン レイクなどの例外を除けば、下のようになっています。

  • そもそも、土日審査自体対応していない
  • 対応していても、その銀行の口座が必要などの条件
  • 審査してくれても、14時までで終わる

このように、土曜日・日曜日・祝日の最短当日審査について、銀行カードローンでは「三段階の壁」があるわけです。

  • できない
  • 口座が必要
  • 締切時間が早い

これに対して、消費者金融は下のようになります。

  • 土日借入はできて当然
  • 口座も不要
  • 受付時間が長い

このように三拍子揃って土日キャッシングがしやすい…という点で、まず消費者金融が有利なわけですね。

審査の所要時間も短い

続いて、実際に審査にかかる時間という点でも、消費者金融の方が銀行カードローンよりも借りやすくなっています。「最短30分」という短時間で最短即日審査ができるからです。

一応、銀行カードローンでも三井住友銀行カードローンや静岡銀行カードローン「セレカ」などは、同様に「最短30分」で審査できる…というシステムになってはいます。しかし、本当に30分で審査が終わるかというと、その割合はやはり消費者金融の方が上だといえます。やはり最短というのは、「あくまで一番早い時」ということですから、全体的なスピードが常に30分というわけではないんですね。

なので、安定して30分で審査が完了する確率が高いという点で、特に急ぎでお金を借りたい時には消費者金融で申し込んだ方が安心…というわけです。

何よりも重要なのは審査通過率

「スムーズにキャッシングの申し込みをしたい」という方にとって、やはり何よりも重要なのは「審査通過率」でしょう。どれだけ審査に申し込みやすいか…ということですね。

最短当日審査がしやすいとか、スピードキャッシングができるというのも確かに重要ではありますが、キャッシングを簡単にするのは、何よりも業者・ブランド・銀行の審査通過率であるというのは間違いないでしょう。いくらスピード審査をしてくれても、それで審査に通らないのでは、まったく意味がないですからね。

そして、そのように「実際に審査に通ってお金を借りられる確率」という点から見ると、消費者金融・銀行カードローンの比較では、圧倒的に消費者金融の方が有利なのです。

(もちろん、消費者金融はその分、銀行カードローンよりも高金利なのですが)

特定の銀行口座がなくてもOK

ここまでは「時間」や「審査通過率」の面に着目して、「消費者金融の方が簡単にお金を借りられる」ということを書いてきました。ここからは「特定の銀行口座が必要かどうか」という点から、銀行カードローン・消費者金融を比較していきましょう。

銀行は、口座がないと最短即日借り入れできない?

銀行カードローンの中には、最短当日キャッシングをするには、その銀行口座を所持していないといけない…という条件のものがいくつかあります。具体的には下のような銀行カードローンです。

  • みずほ銀行カードローン
  • イオン銀行・カードローンBIG
  • 横浜銀行カードローン

これらのうち、みずほ銀行・横浜銀行は、当日口座開設ができるので、朝イチで口座開設をしてから審査の申し込みをする方法があるのですが、イオン銀行カードローンBIGについては当日口座開設もできません。つまり、もともとイオン銀行の口座を持っていないと、最短当日借入はできないということです。

もちろん、イオン銀行の口座を持っていない人が、あえてイオン銀行カードローンBIGでキャッシングをしようとは思わないでしょう。なので、これは特にデメリット・短所というわけではないのですが、一応銀行カードローンにはこのような制限があります。

「土曜日・日曜日・祝日は口座が必要」という条件も多い

また、平日は「銀行口座なしでも最短当日キャッシング可能」としていた銀行カードローンが、土曜日・日曜日・祝日の審査になると「口座が必要」という風に変わってしまう例も多くあります。具体的にはソニー銀行カードローン・オリックス銀行カードローン・楽天銀行スーパーローン(カードローン)などがそれに該当します。

例えばソニー銀行カードローンの場合は、「基本的にはソニー銀行の口座がないとダメだが、初回のみ、他行の口座でも最短即日振り込みに対応する」という条件になっています。しかし、これが土曜日・日曜日・祝日だと「初回でも、ソニー銀行の口座がないとNG」という条件になるわけですね。

なぜ土曜日・日曜日・祝日だけ変わるのか?

なぜこのように、土曜日・日曜日・祝日だけ口座の有無の条件が変わるのか―。これは、土曜日・日曜日・祝日は銀行が閉まってるので、最短即日振込をしても反映されないという理由からです。

つまり、ソニー銀行カードローンやオリックス銀行カードローンとしても、最短当日融資をしたいわけですね。(※オリックス銀行カードローンは、カード発行後、最短即日融資可能)そして、振込手続きもしてくれるのです。

しかし、たとえばあなたの銀行口座が「三菱東京UFJ銀行」だったら、その振り込みが三菱東京UFJ銀行で反映されるのが「月曜日」になってしまうわけですね(翌営業日です、正確には)。

ということは、銀行振込での最短即日融資はできない。では、どうすれば融資できるのかというと、ローンカードの発行をしてもらって、ATMから借り入れしてもらうとなります。

しかし、残念ながらソニー銀行・楽天銀行・オリックス銀行などは、そのローンカードを発行できる自動契約機・無人契約機・ローン申込機などを持っていないのです。そのため「銀行振込によって融資するしかなく、銀行が閉まっている土曜日・日曜日・祝日は、融資ができない」という条件になります。

同じ銀行の口座なら、土曜日・日曜日・祝日でも振り込める

上のような理由から、ローン申込機のない銀行カードローンは、他行の口座を持っている利用者に対して、最短即日振り込みができません。しかし、楽天銀行同士、ソニー銀行同士など、同じ銀行の口座であれば、土曜日・日曜日・祝日でも最短即日振込をすることができるのです。

そのため、楽天銀行・オリックス銀行などは「土曜日・日曜日・祝日の最短即日融資では、口座が必要になる」という条件設定にしているんですね。

キャッシングで簡単にお金を借りる方法・まとめ

以上、キャッシングで簡単にお金を借りるには、消費者金融がおすすめ…という理由と方法を説明してきました。最後に方法の部分で、もう少し踏み込んだ解説をします。

借入希望金額は、できるだけ小さくする

審査の時に借入希望金額を答える項目があったら、できるだけ少額で答えるようにしましょう。言うまでもなく、少額のキャッシングで終わらせようとする真面目なタイプの方々の方が、返済の延滞・滞納もなく、金融機関やキャッシング業者にとっては上客となるからです。

また、実際に自分が借りた後でも、借入金額が小さい方が完済が早くなります。早期完済ができれば、それだけ最終的な利子総額も小さくなるということです。どう考えてもいい事づくしなわけですね。

今すぐ沢山現金が欲しい…という方もいるかも知れませんが、そもそもキャッシングで借りて来るお金というのは、まごう方なき「借金」なのです。その点を重々理解していれば、あまり不要な金額を借りようとはしなくなるはずです。

銀行カードローンなら、新生銀行カードローン レイク

この記事では、消費者金融でお金を借りる方法を推薦してきましたが、どうしても銀行カードローンで借りたいという方もいるでしょう。そうした方の場合、新生銀行カードローン レイクが一番おすすめです。

新生銀行カードローン レイクは、上限金利(高い方の金利)が消費者金融と同じ18.0%です。基本的にカードローンの審査の難易度と金利は比例するので、このように金利が高い銀行カードローンであれば、審査通過率も自然と高くなる、ということが予想できます。

実際、ネット上の審査の通過に成功した方々の体験談を見ていても「大手の銀行カードローンの中では、新生銀行カードローン レイクが一番申し込みやすい」と言うような内容が書かれています。なので、「スムーズにキャッシングの申し込みをしたいけど、借り入れ先は銀行カードローンがいい」という方は、新生銀行カードローン レイクを選ぶといいでしょう。

今すぐ借りたい即日キャッシングに関連するその他の記事