今すぐ借りたいスピードキャッシング

「今すぐ借りたいスピードキャッシング」のコンテンツ

ネットで完結、簡単キャッシング!すぐに借りたい人へ!

ネット完結でキャッシングのイメージ

今のキャッシングの審査はネット完結が普通です。もうわざわざ「ネット完結」とアピールしなくてもいい…とキャッシングの知識がある人だったら思っているくらいです。

もちろん、特に高齢者の方々などは「お金を借りる審査までネット完結でできるのか?」とかなり驚くでしょうから、それでどの消費者金融・銀行カードローンでもアピールしているのだと思われますが。何にしても「ネット完結というのは、まったく驚くに値しないくらい、今のカードローン審査では普通にできる」と思って下さい。

すべてネットのみで完結する、キャッシングの審査

ネットのみで借入審査ができるということは、具体的に「何がなくなる」のか。一覧にすると下のようになります。

  • 郵送
  • 来店
  • 電話

この3つがなくなるということですね。それによってどのように審査が楽になるのかなど、メリットを書いていきます。

郵送物は、もらうのも送るのも不要

キャッシングの経験がない人が、借入審査で真っ先に想像する作業は「身分確認資料などの必要書類を郵送するというものでしょう。実際、クレジットカードの審査ではそのように本人確認資料を郵送するというルールが今でも多くあります。

クレジットカードは銀行カードローン・消費者金融のように「今すぐお金を借りたい」という人があまり来ないですし、発行まで数週間かかることも普通なので、このように郵送という「時間がかかる作業」があっても、別にいいわけですね。

しかし、消費者金融・銀行カードローンなどのキャッシングの場合は「今すぐお金が必要」という人のニーズに答えるために、このような余計な審査作業をカットする必要があるのです。提出書類自体は確かに必要なものですが、郵送でなくてもメールやFAXで十分なわけですからね。

そのため「こちらから郵送する」という作業はまずありません。そして「受け取る」方の郵送物もありません。

郵送物を受け取らないことのメリット

郵送物を「自宅で受け取らなくていい」ということのメリットは何か。これはもちろん「家族バレ」を防げるということ。親バレ・夫バレ・旦那バレ・嫁バレ・妻バレ…と、回避したい「家族バレ」の種類はいろいろあるでしょう。これらのいずれにしても「自宅に郵送物が来ない」ことによって回避しやすくなるわけです。

「自宅にどんな郵送物が届くのか?」という疑問については「主にローンカード」というのが答えになります。ローンカードというのは、普通の銀行の預金でいう「キャッシュカード」のようなものです。ATMを操作して返済・借入するために必要なわけですね。

このローンカードは、下の2通りの方法で「郵送で受け取らない」という選択をできます。

  • 無人契約機・自動契約機で発行する
  • キャッシュカード一体型・兼用型のローンカードにする

後者は銀行カードローンでのみ使える方法です。今手元にある、財布の中のキャッシュカードが、カードローンの操作もできるように、審査通過した瞬間早変わりするということですね。銀行の側で設定をいじるわけです。

前者については主に消費者金融で使える方法で、街中で見かけるアコム・アイフルなどの看板の建物の中にある自動契約機・無人契約機で、ローンカードの発行の手続きをします。

どちらにしても、これらの方法によってローンカードの受け取りを郵送にしないことで、家族バレを防げるというのが、ネット完結のキャッシングの審査の大きなメリットということができるでしょう。

来店審査ももちろん不要

来店審査が必要ない…というのは、キャッシングの知識がある人でなくても大体わかるでしょう。「お金を借りる時は人と顔を合わせたくない」というのは誰でも当たり前のことで、昔の質屋も裏路地など人目につかない場所に多くありました。

(今は質屋自体が儲からない業界なので、そういう裏路地にあるような小さな店は軒並み潰れてしまっていますが)

そのように「誰とも対面せずにお金を借りたい」というニーズは、今も昔も変わらずに強いので、消費者金融・銀行カードローンなどのキャッシングの審査も、年々「来店審査がなくなる」方に進化してきたんですね。

アコムが1993年にむじんくんを開発してからは一気にそれが加速し、消費者金融のローン契約機の数は毎年倍々ゲームで増えていきました。それと反比例して有人店舗はどんどんなくなっていき、今では大手のアイフルでも20~30店舗しかない…というくらいです。(代わりに契約ルームと呼ばれる自動契約機は増えています)

というように、来店審査についてはすでに20年以上前から、かなりのスピードでなくなる方向に向かっていました。今のWEB完結申込の審査で、来店不要となるのも当たり前と言えるでしょう。

電話連絡は、本人の携帯と勤務先のみ

ネット完結のキャッシング審査と言っても、最低限の電話連絡はあります。

  • 申し込み後、本人の携帯に確認電話
  • 本人に確認後、職場に電話連絡

このように、2通りの電話確認があります。すべての消費者金融・銀行カードローン・クレジットカード会社の審査で同じルールになっているわけではありませんが、ほぼこのような電話連絡のルールになっていると考えて下さい。

いずれも「ただの確認電話」なので、「電話口で審査される」というようなことはありません。最低限、本人であるという確認のために「氏名・生年月日・住所」などを言ってもらう程度で、すぐに終わります。

(勤務先への在籍確認の電話の場合は、こうしたやり取りをしていると職場バレのリスクがあるので、在籍していることさえわかれば、それで終わりということも多いです)

というように、ほんの少しの電話確認はありますが、電話での審査はありませんし、確認電話の時間自体も、ほとんどゼロに近いものです。なので、電話はあるものの「ネット完結」と言われているわけですね。

スマートフォンならアプリで申し込む

ネット完結のキャッシングの審査というと、「パソコンならできるのはわかるが、タブレットやスマートフォンでもできるのだろうか?」と思う人がいるでしょう。これについては、こうしたモバイル端末でもまったくパソコンと同様にネット完結の審査ができるので、安心して下さい。

消費者金融は専用アプリを持っている

たとえばSMBCモビット・アコム・アイフル・プロミスなどの大手の消費者金融は「スマートフォン専用アプリ」を持っています。このアプリをダウンロードして、メニューをどんどんタップして行くだけで、審査の申し込みができるようになっています。

特にスマホアプリからの申し込みで有利な点は、「身分確認資料・収入証明書などの提出書類の送信」です。スマホの写メ・カメラ機能を使って必要書類を撮影し、それを添付してアップロードするだけなので、非常に簡単です。パソコンでスキャナに接続し、スキャンして取り込むよりも大幅に簡単になると言っていいでしょう。

全体的には、申込情報をタイピングによって高速で入力できるパソコンの方が有利ですが、年収確認資料や収入確認資料の送信については、スマホ・タブレットの方が有利だと言えます。

利息のシミュレーションなども可能

これらの大手の消費者金融のスマホアプリは、ただ審査の申し込みができるというだけではありません。大部分の消費者金融は「利息計算」もできる機能を搭載しています。

これによって、これから自分が借りようとしている金額で、どのくらいの返済ペースで、いくらの利子総額になるかということを計算できるわけですね。これによって、その借入可能金額が妥当であるか、妥当でないかもわかるのです。

こうして事前に利息シミュレーションをしている人は、キャッシングをしても返済不能になるということはめったにありません。このような危機感を持っている人は大抵まじめなので、アルバイトも仕事もしっかりしますし、返済もおくれずきっちりとし、浪費もしないからです。

逆に言うと事前に利息シミュレーションをしてから借り入れするようにするだけでも、自分が返済不能になる確率が下がるということですね。「いや、自分は同じ人間なんだから、それだけで変わるわけがない」と思うかも知れませんが、変わるのです。

これは禅の言葉で「外相整えば、内相自ずから整う」というのですが、「心が正しくなくても、正しい行動をしているうちに、心も正しくなる」という考え方です。パスカルやマーク・トウェインなどが唱えた「人間機械論」にも共通しますが、人間は「行動や環境によって、心も決まる」部分がかなりあるんですね。

(それだけが全てとは言いませんが)

なので「真面目な人が、借り入れ前にやるだろう行動」=「利息シミュレーション」をしておくと、それだけできっちり全額返済しやすくなるのです。これは消費者金融・銀行カードローンの側にとってありがたいだけではなく、自分も気持ちよく借金完済をできるので、自分にとってもプラスになります。

返済・借入もネットバンキングでできる

スマートフォンやタブレットを使っているということは、常時インターネットに接続している状態でしょう。となると、借入・返済も非常に便利になります。UFJダイレクト・SMBCダイレクトなどのネットバンキングを使って、オンラインで返済・借入ができるからです。

たとえばノーローンはこれを「リアルタイム取引」というネーミングで呼んでいますが、こうした消費者金融のオンラインでの借入・返済は、Pay-easy(ペイジー)などの検索システム、楽天銀行などのネット専業銀行などを経由すると、特に便利にできるようになっています。

スマートフォンやiPadだと、借り入れの申し込みも便利ですが、このように「その後の返済・借入などの利用面」でも有利になる、というわけです。

消費者金融・銀行カードローン、どっちが申し込みやすい

ネット完結の審査に申し込むのであれば、銀行カードローン・消費者金融どちらの方が申し込みやすいか―。これは「明らかに消費者金融」ということができます、その理由を説明していきましょう。

審査通過率が、消費者金融の方が1.5~2倍

まず、消費者金融の方が大幅に有利なのが「審査通過率」です。審査スピードだけだったら、たとえば三井住友銀行カードローンなどもかなりスピード借入がしやすいようになっているのですが、ただスピードキャッシングができるだけではなく、実際に借入審査に通るかどうかという面で見ると、圧倒的に消費者金融の方が有利…というわけです。

どれだけスピード審査ができたとしても、それで審査落ちしてしまう…という結末になったら、何の意味もないですからね。その点、「銀行カードローンよりもやや低めの信用度(クレジットスコア)でも審査に通る」という点では、消費者金融の方が「申し込みやすい」ことは間違いありません。

(ただ、これはあくまで「銀行カードローンと比較して」というだけであり、消費者金融のキャッシング審査が甘い・ゆるいというような意味ではないので、注意してください。)

審査スピードも消費者金融の方が断然早い

また、審査通過率だけではなく審査スピードでもやはり消費者金融の方が圧倒的に早くなっています。アコム・アイフル・SMBCモビット・プロミスなどの大手の消費者金融はみんな「最短30分」でスピード審査ができるようになっており、ノーローンに至っては「最短20分」という驚異的なスピードを誇っています。

ノーローンについては、その分「審査に通りにくい」「審査落ちしやすい」という口コミ・評判もあり、実際に審査に通るかどうかという点から考えると、総合的には他の消費者金融の方がスピード借入には向いているといえます。

すぐに借りたいなら、消費者金融一択

今すぐお金を借りたいというような切羽詰まった場面では、銀行カードローンやクレジットカードなどを検討する必要はありません。消費者金融一択でOKです。

上に書いたノーローンと他の消費者金融の比較はさておき、どちらにしても「最短30分」という短時間でスピード審査ができるわけですし、審査通過率も銀行カードローンより圧倒的に高いのです。その他土曜日・日曜日・祝日・夜間でもスピード審査を受け付けている、特定の銀行口座が必要ないなど、スピード借入に必要なありとあらゆる条件において、消費者金融の方がクレジットカードや銀行カードローンよりも断然優位に立っています。

また「急ぎでお金を借りたい時に借りる金額は大抵少額」であり、少額キャッシングであれば金利差もほとんど影響しないので、消費者金融で借りるデメリット・短所もほぼないのです。

ネットで簡単キャッシング・まとめ

ここまで書いてきた通り、キャッシングの審査というのは、特に消費者金融で申し込むのであれば非常に方なのです。銀行カードローンでも割と簡単ですが、消費者金融になるとスピード審査の受付時間を見ても審査スピードを見ても、驚くほどスピーディーかつシンプルな審査作業で借りられることに驚くでしょう。

言うまでもなく、これは「審査がゆるい・甘い」ということではありません。要は顧客サービスが徹底していて、少ない負担で借りることができるという意味です。どうせ同じようにお金を貸すのであれば、利用者の負担を軽減すればするほどいい…というのは言うまでもないことですよね。

大手の消費者金融・銀行カードローンの企業努力によって、現代のキャッシングはそのように申し込みやすく、かつクリーンなものになっています。初めてキャッシングする方も安心して申し込みしてください。

今すぐ借りたいスピードキャッシングに関連するその他の記事