今すぐ借りたい即日キャッシング

「今すぐ借りたい即日キャッシング」のコンテンツ

少額キャッシング、少額をすぐに借りたい人のためのおすすめカードローン

1000円(少額のイメージ)

借りたい金額が少額でいいなら、完全に消費者金融がおすすめ。「すぐ借りる」ことに関しては、銀行よりも圧倒的に有利なのが、消費者金融というサービスです。ここでは、「少額を最短即日借入する」ことについて、重要なポイントをまとめていきます。

少額キャッシングの時の、消費者金融と銀行の利息比較

多くの人は「消費者金融の金利は高い」と思っています。確かに「実質年率」という数字だけ見れば、消費者金融は銀行カードローンよりも高く見えます。

  • 銀行カードローン…14.5%程度
  • 消費者金融…14.0%程度

…という風ですね。しかし、これは「実際に支払う利子総額」で換算すると、少額借り入れの時には、ほとんど差がないのです。

1万円を1ヶ月借りて、わずか「30円」の利息差

たとえば「1万円を1ヶ月借りる」時には、それぞれの利息は下のようになります。

  • 消費者金融…約150円
  • 銀行カードローン…約120円

驚くと思いますが、わずか30円の違いしかないんですね。「1万円あたり、1ヶ月で30円の利息差」なので、借入金額が増えても、下の程度の利息差しかありません。

  • 2万円…60円
  • 3万円…90円
  • 5万円…150円

少額キャッシングという定義は人によって違うでしょうが、大体5万円借りられれば十分…という人が多いでしょう。その場合、1ヶ月でわずか150円の利息差しかない、ということなのです。

最初の5ヶ月は「消費者金融の方が低利息」

特に、消費者金融には「30日間無利息」というサービスがあります。アイフル・アコム・プロミスが提供していて、アコム・アイフルは初回のみ、プロミスは繰り返し利用可能となっています。

(WEB明細利用・メールアドレスの登録が、プロミスでは必要。また、繰り返し利用するには、ポイントを貯める必要があります)

そして、この「30日間無利息」の条件で借りると、実は最初の5ヶ月は、銀行カードローンより消費者金融の利息の方が安いという逆転現象が起きるわけですね。計算の詳細はここでは省きますが、「一般的な銀行カードローン…5ヶ月」「ソニー銀行などの低金利な銀行カードローン…4ヶ月」程度の期間、消費者金融の方がリードする形になります。

「30万円」までは、両者の利息差はほぼない

仮にモビットなどの「30日間無利息のサービスがない」消費者金融で借りたとしても、30万円程度までは、銀行カードローンとの利息差はほとんどありません。10万円~30万円での利息差を書くと、下のようになります。

借入金額 利息差
10万円 約300円
20万円 約600円
30万円 約900円

このように「30万円を1ヶ月借りても、利息差は900円」しかないわけですね。900円程度の無駄遣いなら、正直誰でも当たり前のようにしているでしょう。30万円という、かなりの高額をキャッシングしても、このくらいの利息差しかない…というのが実際の所なのです。

「すぐ借りる」なら、断然消費者金融

ここまでは「利息差がほとんどない」ということについて、説明してきました。ここからはもう一つ、急ぎでお金を借りるなら、明らかに消費者金融の方が有利という点について説明していきます。

最短30分で審査し、融資まで入れても最短60分

審査のスピードが早いのが、消費者金融でお金を借りるメリット。モビット・アコム・アイフル・プロミスなどの大手の消費者金融は、すべて「最短30分」で審査できるようになっています。

これはあくまで「審査の所要時間」なので、実際の融資までの手続きも含めると「最短60分」となっています。しかし、最短60分にしても十分早いことは間違いありません。

10万円~50万円という大金が、わずか1時間で手に入る…と考えたら、そのスピードキャッシングの凄さがわかるでしょう。

(それだけに、人によっては金銭感覚が麻痺してしまい、やや危険でもあるのですが)

土日・祝日でも21時~22時まで最短即日借入可能

消費者金融のスピードキャッシングのすごい点は、平日だけではなく、土日・祝日でも21時~22時まで、最短即日審査をしているという点です。土日・祝日でも時間が変わることがないんですね。

これが銀行カードローンだと、まったく逆になります。

  • 土日・祝日は、最短即日審査自体していない
  • 審査はしていても、受付時間が短くなる
  • 土日・祝日はその銀行の口座が必要になる

このように、銀行カードローンで土日キャッシングをしようと思うと、時間面でもその他の面でも、ありとあらゆる障害が出てくるのです。

銀行口座の指定などもなし

上で少し「銀行口座の指定」について触れましたが、銀行カードローンである以上、それは仕方がないでしょう。「自行の口座を、できるだけ利用してもらいたい」というのは、銀行の経営を考えれば、自然なことです。

しかし、最短当日キャッシングをしたい時には、そのような条件は当然邪魔になります。自分が口座を持っている銀行が、最短即日借入しやすい銀行カードローンだったらいいですが、そうでないことも多いですからね。

(たとえば横浜銀行・みずほ銀行などは、土日融資には対応していません。その分低金利ではありますが)

このように「その銀行の口座が必須」という条件は、最短即日キャッシングの障害となります。しかし、消費者金融は「特定の銀行口座を持っている必要がない」ということで、その申込者のメインバンクがどこであろうと、平等に最短当日借入をしやすくなっているのです。

銀行でスピードキャッシングがしやすいのは?

ここまでは「少額で最短即日キャッシングをしたいなら、圧倒的に消費者金融がいい」という理由を説明してきました。しかし、「それでも、やっぱり消費者金融より銀行カードローンで借りたい」という方もいるでしょう。そうした方に「銀行カードローンであれば、少額のスピードキャッシングは、どこがやりやすいか」を説明していきます。

断然「新生銀行カードローン レイク」

最初に結論を書くと、断然「新生銀行カードローン レイク」が有利です。新生銀行レイクが最短即日借入で有利な理由は、下のようになります。

  • 最短30分で審査できる
  • 土日・祝日でも平日でも、夜9時まで最短即日審査している
  • 特定の銀行口座が必要ない
  • 審査通過率も、他の銀行カードローンより高い

以下、これらのポイントも踏まえて、さらに詳しく解説していきます。

上限金利が高いが、消費者金融並に審査が早い

新生銀行カードローン レイクは「上限金利」がやや高くなっています。上限金利というのは、100万円未満のキャッシングの時に適用される金利と思ってください。つまり「ほとんどの人の借り入れで適用される金利」ということですね。

新生銀行カードローン レイクは、それがやや高めに設定されているのですが、その分最短30分(融資までは最短60分)という、消費者金融と同レベルのスピード審査をしてくれます。「今日中にお金が必要」というような急ぎでお金を借りたい場面では、このような銀行カードローンが、特に有利であることは言うまでもありません。

カード発行のしやすさは、消費者金融より上

さらに、新生銀行カードローン レイクの最短即日キャッシングには、「消費者金融よりも有利な点」があります。それは「ローンカードの発行」のしやすさです。

ローンカードというのは、銀行でいうキャッシュカードのようなもの。これをコンビニATM・銀行ATMや、消費者金融の専用ATMに差し込んで、借入・返済をします。

銀行が開いている日時であれば、最短即日キャッシングは「振り込み」によって可能。しかし、銀行が営業していない日時だと、ローンカードを使ってATMから直接借りるしかないわけです。そのために、ローン契約機・自動契約機で「ローンカードの発行」をするのですが、それが可能な時間が、「新生銀行カードローン レイクは、最大24時まで」となっているんですね。

消費者金融は「21時~22時まで」なので、ローンカードの発行については、消費者金融よりもむしろ、新生銀行レイクの方が有利な位置に立っている…ということです。

少額を借りたい時のおすすめ・まとめ

以上、10万円などの少額のお金を、急ぎでキャッシングする時のポイントについてまとめてきました。最後に、重要なポイントをもう一度おさらいとして書いていきます。

少額を急ぎで借りたいなら、消費者金融一択

銀行カードローンにも消費者金融にも、それぞれのメリット・長所があります。しかし、ここでは「少額を急ぎで借りる」というのが目的なのですから、消費者金融以外の選択肢はないわけですね。消費者金融というサービスは、そのためにあるわけですから。

これはキャッシング以外の場面でも言えることですが、人間(特に日本人)は、「目的を一つに絞らずに行動する」癖があります。「空気を読む」癖が影響しているのでしょうが、ことお金を借りることに関しては「空気を読む」必要はないのですから「少額を急ぎでキャッシングする」ことだけを考え、迷わず消費者金融を選ぶべきなのです。

(物理的に、どう考えても消費者金融のメリットが一番大きいわけですから)

「消費者金融は高金利」というのは昔の話

それでもなお「消費者金融で借りるのはちょっと…」と思う方がいるのは「消費者金融は高金利」というイメージがあるからでしょう。しかし、これは完全に昔の話です。

たしかに昔の消費者金融であれば、40%を超えるような、高い実質年率を設定している時代がありました。いわゆる「サラ金地獄」などは、この頃に起きたものです。

(と言っても、これも当時の法定金利の範囲内だったので、別に消費者金融が何か悪いことをしていたわけではありません。だからこそ、東証1部に上場してから何十年も経過しているわけですし)

そのように「昔は高金利だった」消費者金融ですが、今は「最高でも実質年率18%」と、銀行カードローンと変わらない金利になっています。たとえば銀行カードローンでも、下のように「消費者金融と同じレベルの上限金利」という借入先が、たくさんあります。

  • ジャパンネット銀行…18.0%
  • じぶん銀行…17.5%
  • オリックス銀行…17.8%

新生銀行カードローン レイクも「実質年率18%」です。その他、地方銀行のカードローンでも同様のサービスはたくさんあります。

最初の5ヶ月で完済すれば、むしろ安くなる

そして、これが最も重要なのですが、上にも書いた通り、最初の5ヶ月程度であれば、30日間無利息で借りられる消費者金融の方が、銀行カードローンよりも低利息という、あまり知られていない事実があります。

もしこれが高額借入であれば「5ヶ月で完済する」というのは難しいかもしれません。しかし、今回の目的は「少額キャッシング」なのです。つまり、「5ヶ月で完済するのは、難しくない」わけですね。

そう考えると、銀行カードローンの方が有利なはずの金利・利息面ですら「実は消費者金融の方が有利」ということがわかるでしょう。

  • 利息・金利の面でも有利
  • 最短即日借入もしやすい

この2点を考えたら「消費者金融以外の選択肢はない」ということを、あらためて実感していただけると思います。

今すぐ借りたい即日キャッシングに関連するその他の記事