今すぐ借りたい即日キャッシング

「今すぐ借りたい即日キャッシング」のコンテンツ

【推奨手順】とにかく急いでお金を借りたい場合のキャッシング

今すぐに

とにかく急ぎでお金を借りたい…という緊急の場面はよくあるでしょう。そのように急ぎでお金が必要な場面では、消費者金融でキャッシングするのが一番です。銀行カードローンやクレジットカードと比較して、審査通過率を見ても審査スピードを見ても、断然有利となっています。

消費者金融のどこで借りるべきか?

そもそも消費者金融とは何かというと、プロミス・アコム・モビット・アイフル・ノーローン…といった、多くの人が街中でよく目にする、大手のキャッシングブランドのことを言います。中小業者も消費者金融といいますが、基本的に現代のキャッシングでは、これらの大手を使わずに中小の消費者金融で借りる理由がないので、消費者金融といったらこれらの大手ブランドと思って下さい。

夜間だったら、プロミス・アコムがいい

これらの大手の消費者金融の中で、どこが最短即日キャッシングにいいかというと、たとえば夜間の即日借入をしたいのであれば、アコム・プロミスがいいと言えます。

理由は、ほぼ毎日、夜10時(22時)まで最短当日審査に対応しているという点。店舗や状況・条件によっては時間が変わることもありますが、ほとんどの場合は22時まで最短即日審査をしています。

他の消費者金融は、ノーローン・アイフル・モビットの3つとも「21時(夜9時)まで」となっています。もちろん、これでも十分受付時間が長いといえますが、アコム・プロミスはさらに1時間長いわけですね。なので「緊急でお金を借りたい」という時でも、特に夜間のギリギリのケースでは、プロミス・アコムで申し込むのが一番いい…というわけです。

審査結果をすぐ知りたいなら、モビット

緊急でお金を借りたいという時は、「まず、大体の審査結果だけでもすぐに知りたい」ということが多いでしょう。もし「その消費者金融では落ちる」といわかったら、すぐに次で審査の申し込みをする準備ができる…ということですね。

そのようにすぐ審査結果(大体の)がわかるという点では、大手の消費者金融の中でもモビットが最強です。モビットは、10秒で簡易審査結果表示という、圧倒的なスピード審査が可能だからです。

限りなく本審査に近い結果

このモビットの「10秒簡易審査」というのは、決してお試し診断・借入診断のようなものではありません。それはモビットも別にあるのです。借入診断ではなく、全ての審査項目をスーパーコンピューターによって自動審査した、限りなく本審査の結果に近いものが、10秒という圧倒的な短時間で出るわけですね。

いわゆる「書類選考」のようなものです。勤続年数・年収・自宅情報・借入状況などの客観的なデータについては、人間でなくてもコンピューターで大体の審査ができますからね。「この年収で、この勤続年数で、このレベルの勤務先の人だと、貸し倒れのリスクは何%」というようなことを、瞬時に機械がはじき出してくれるのです。

これは1983年にプロミスが開発した自動与信システムというもので、プロミスがハーバード大学の研究の対象になった理由ともなっています。そして、モビットもプロミスと同じ三井住友銀行グループの会社なので、こうした技術が高いレベルになっているわけですね。

銀行カードローンは考慮しなくていい

消費者金融以外のキャッシングの選択肢と言えば「銀行カードローン」ですが、緊急でお金を借りたいという場面では、銀行カードローンを選択肢として考慮する必要はありません。その理由を説明していきます。

急ぎの時は、高額キャッシングはしない

当サイトの他の記事でも何度か書いていることですし、他のキャッシングの情報サイトでもよく指摘されていることですが、「急ぎでお金を借りたい」という時、30万円や50万円という高額が必要…というケースは少ないのです。大抵はやはり3万円・5万円・10万円程度の少額のキャッシングを必要としているものです。

このように借入希望金額が少額であるなら、銀行カードローンのように低金利である必要はないんですね。消費者金融の方が多少銀行カードローンより金利が高いにしても「キャッシング総額が小さいなら、金利差の影響はほとんどない」ということです。

そもそも、両者の金利差も少ない

そもそも、消費者金融・銀行カードローンの両者の金利差もそれほどないんですね。実質年率(金利)だけ書くと、下のようにかなり大きな差があるように見えます。

  • 消費者金融…約18.0%
  • 銀行カードローン…約14.5%

どちらも上限金利(高い方の金利)です。この金利だけ見ると「3.5%の金利差」ということで、かなり大きいように見えるでしょう。

しかし、実際の利子総額で見ると、それほど大きな違いはないというのが実情です。たとえば「10万円」キャッシングした場合は、1ヶ月の利息が消費者金融・銀行カードローンそれぞれ下のようになります。

  • 銀行カードローン…ほぼ1200円
  • 消費者金融…ほぼ1500円

このように「10万円を1ヶ月の間キャッシングして、約300円の利息差」ということなんですね。1万円だったら「約30円」という完全な小銭ですし、5万円でも「約150円」、3万円なら「約90円」です。少額のキャッシングの時、いかに両者の金利差が小さいかがわかるでしょう。

最短即日借入のしやすさも全然違う

このように、銀行カードローンでお金を借りるメリットである「低金利・低利息」についても、ほとんど銀行カードローンのアドバンテージは、少額借入の時はないのです。さらに「緊急でお金を借りたい」という時にもっとも必要なのは、言うまでもなく最短即日借入のしやすさです。しかし、この点については完全に消費者金融の方が銀行カードローンに対して
優位に立っているんですね。

具体的には、下のような理由によって、消費者金融の方が最短当日借入をしやすくなっています。

  • 夜間ギリギリの時間でも最短当日審査できる
  • 土日・祝日でも最短当日キャッシングできる
  • 銀行カードローンのように「その銀行口座」がなくてもいい
  • 審査の所要時間自体も短い(最短30分)

このように審査の所要時間を見ても、受付時間の長さを見ても、銀行口座の保有の条件などを見ても、全てにおいて消費者金融の方が銀行カードローンよりも上となっているんですね。なので、「大至急キャッシングをしたい」という場面で、もはや銀行カードローンを考慮する必要はないのです。

専業主婦のみ銀行カードローンで借りる

上のように書いてきたものの、自分の収入がない専業主婦であれば、「急ぎでお金を借りたい」というケースでも銀行カードローンを選ぶ理由があります。というのは、専業主婦のように無収入だと、アコム・アイフルなどの大手の消費者金融ではキャッシングができないからです。

中小業者でもかなりしにくいです。一応「配偶者貸付」というシステムによって、専業主婦でも借り入れできる中小の消費者金融はあるのですが、借入・返済が不便などのデメリット・短所があるので、あまりおすすめはできません。

なので、基本的に収入がない専業主婦の場合は、「大至急お金が必要」という緊急の場面でも、銀行カードローンで借りるべきということですね。(借りるべきというより、他の選択肢がないというのが実情ですが)

夫・旦那にはバレないので安心

専業主婦の女性がキャッシングする時、一番心配なのは夫バレ・旦那バレするのではないか?ということでしょう。これは、家庭によっては離婚の原因になったりもしますからね。離婚にまで至らなくても、夫婦不和・家庭不和の原因になってしまう…ということは考えられます。

(逆にカミングアウトすることによって夫婦仲が深まるということもあるかも知れませんが…)

何はともあれ、家族バレしたくない、夫バレ・旦那バレしたくないというのは、キャッシングするすべての専業主婦の女性の本音でしょう。そして、銀行カードローンだとそれが問題なくできるようになっています。

というのは大半の銀行カードローンは、配偶者の同意書なしでキャッシングかのという条件になっているからですね。夫バレ・旦那バレの原因の99%は、この「配偶者の同意書」というものなのです。文字通り夫・旦那からキャッシングの同意をもらうというものですが、これだと書類の偽装でもしない限り、確実に夫バレ・旦那バレするということですね。

(もちろん、書類の偽造は軽い犯罪になるので、決してやってはいけません)

このように、提出書類についてはまったく夫バレ・旦那バレの要素がありませんし、自宅への電話もなく、郵送物もないということで、あとはよほど悪質・重度の遅延・延滞をしない限りは、自宅に電話連絡が行くこともないですし、郵送物が届くということもありません。

なので、「配偶者の同意書なしで借入可能」と言われている銀行カードローンで借りれば、その時点で夫バレ・旦那バレのリスクはほとんどゼロになている…というわけです。

ちなみに、どの銀行カードローンで借りれば夫・旦那の同意書なしでOKになるかですが、これは主に楽天銀行スーパーローン・みずほ銀行カードローンなどで、そのような口コミ・評判が見られます。ただ、実際には信用度(クレジットスコア)が低い専業主婦の女性だったら、必要になることもあるので、この辺はケースバイケースだと思って下さい。。

急ぎなら三菱東京UFJ銀行(バンクイック)

特に専業主婦が借りやすい銀行カードローンで、急ぎのキャッシングに対応しやすいのは、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」です。具体的には、下のような条件によって、バンクイックは最短当日借入がしやすくなっています。

  • 土日・祝日でも即日審査をしている
  • 毎日17時~20時まで最短当日審査している
  • 三菱東京UFJ銀行の口座を持っていなくても融資可能

先ほど「消費者金融の方が銀行カードローンよりも借りやすい」という理由を書いてきましたが、実に三菱東京UFJ銀行(バンクイック)も、その「消費者金融のメリット」を、かなりの部分まで満たしているということですね。

消費者金融とバンクイックの違い

最短即日キャッシングのしやすさで、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」と消費者金融はどのように違うのか。箇条書きすると下のようになります。

  • 時間が消費者金融の方が長い(21時~22時まで)
  • 審査通過率が、消費者金融の方が高い

このような違いです。最短当日審査の受付時間については、バンクイックは「17時~20時」ですが、アコム・アイフル・モビット・ノーローンなどの消費者金融は「21時~22時」と、2時間から4時間程度長くなっている…ということですね。

また、実際に借りられるという審査通過率が特に大きな違いです。やはり低金利である以上、三菱東京UFJ銀行(バンクイック)にしてもその他の銀行カードローンにしても、審査は厳しくなります。緊急でお金を借りたいという時には、やはり誰でも「審査落ちするのが一番怖い」はずなので、それを回避するためにも、やはり銀行カードローンよりも消費者金融で申し込んだ方がいいと言えるでしょう。

とにかく急ぎの場合のキャッシング・まとめ

以上、とにかく緊急でお金を借りたいという場面のキャッシングについて、その選び方や注意点などをまとめてきました。ラストにいくつか補足をして終わりましょう。

消費者金融で借りることにリスクはない

昔のサラ金バッシングや、貸金業法改正の頃の消費者金融バッシングを覚えている人は、消費者金融でお金を借りるということに対して、かなり抵抗があるでしょう。強引な取り立てや過剰貸付などの被害に遭うのではないか…という意識があるわけですね。

しかし、このようなことは現代の消費者金融では全く無いので安心して下さい。もともと、2000年代の消費者金融バッシングの頃も、問題があったのは武富士や商工ファンドなどのごく一部のキャッシング業者だけで、今でも残っているプロミス・アコム・モビット・アイフル・ノーローンなどのキャッシングブランドは、まったく問題がなかったのです。

また、現代ではプロミス・モビットが三井住友フィナンシャルグループに入り、アコムが三菱UFJフィナンシャル・グループに入るなど、消費者金融が銀行カードローンの一部になりつつあります。このように、もはや消費者金融と銀行カードローンはほとんど差がなくなっているんですね。

なので、消費者金融でキャッシングすることについて、昔のようなリスク・危険は何もないのです。

迷わず早めに申し込むこと

緊急でお金が必要というシチュエーションでは、一番重要なのは迷わず早めに審査の申し込みをする…ということです。この一番重要なことだけをまずやって、後のことは後で考えるというスタイルは、人生全般で非常に役立つ思考法です。

『エッセンシャル思考』という世界的なベストセラーにも書かれていますが、いわゆる「できない人」とか「凡人」と呼ばれる人々は「選択ができない」んですね。能力がないわけではないのです。

つまり「Aは絶対に手に入れる。Bは手に入ったら嬉しいが、絶対に欲しいわけではない」という場面では「Bのことなど考えない」のです。「Aだけは、何が何でも絶対に手に入れる」というスタイルで行くわけですね。つまり「徹底している」のです。

緊急でお金が必要という場面では、言うまでもなくこのAに当たるのは「まずキャッシングすること」です。金利とか借入種別の良し悪しなどということは、あとで考えればいいことなのです。

どの道、先にも書いた通り「急ぎでお金が必要ということは、必要な金額は少額」なので、消費者金融で借りようと銀行カードローンで借りようと違いはありません。こういう決断はスピーディーにするようにしましょう。

今すぐ借りたい即日キャッシングに関連するその他の記事