主婦・専業主婦キャッシングガイド

「主婦・専業主婦キャッシングガイド」のコンテンツ

銀行カードローンでお金を借りる!簡単に解る初めてのキャッシング

初めてのキャッシングでお買い物

カードローンでお金を借りるには、ネット申込みをすればOKです。郵送、来店は一切不要で、書類も身分証明書だけでいいので、非常に借りやすくなっています。ここでは、そうした「キャッシングでお金を借りる方法」について、より詳しく解説していきます。

ネット申込みと、最低限の電話連絡だけ

カードローンの審査は、基本的に「ネット申込み+最低限の電話」だけで借りられるようになっています。最低限の電話というのは、下の2通りです。

  • 本人の携帯への電話連絡
  • 会社への在籍確認の電話

1つ目は当然ですが「その携帯電話が本当に本人のものか」「そもそも、本当に本人が申し込んだのか」ということを確認するためにします。これは、たとえば携帯電話の契約や、レンタルオフィスなどの契約をする時も、必ずするものです。

というわけで、一定以上の厳しさが必要な買い物だと、キャッシングでなくてもやるものなんですね。なので、これだけは最低限必要なのです。

在籍確認の電話は、きわめて簡単なもの

特に初めてカードローンでお金を借りる人にとって、一番心配なのは在籍確認の電話ではないでしょうか。これによって勤務先バレが起きるのでは…ということですね。

しかし、これについては安心してください。在籍確認の電話によって職場バレしないというのは、下のような理由によって言えます。

  • 「クレジットカードの審査」と言っておけばいい
  • 個人名でかかって来るので、業者・銀行名は名乗らない
  • ある程度のリクエストは受け付けてくれる
  • 業者・銀行の側も、職場バレはさせたくないので、実にうまくやってくれる

ということです。極端な話、一番上の「クレジットカードの審査」というだけで終わりです。クレジットカードの審査でも在籍確認をするものはありますし(大体半分程度です)、それを職場の同僚も受けたことがある…ということが多いですから「ああ、あれか」と思ってくれます。

そして、在籍確認をする時間についても、たとえば「この時間だったら自分が職場にいるから、この時間帯にかけてほしい」あるいは「スタッフさんの性別を男性でお願いしたい」などのリクエストも、ある程度は受け入れてもらえます。

もちろん、時間の指定については、万が一詐欺の可能性があったら…ということを業者・銀行も考えるので、これは絶対ではありませんが、何にせよ、在籍確認で職場バレはしないよう、徹底的に対策がとられているので、この点は安心して下さい。

銀行の営業時間内に審査完了すれば、そのまま振り込み

カードローンでお金を借りる人の半分程度は「振り込みで借りたい」と思っているかと思います。その場合、平日の15時までという、銀行の営業時間に振り込まれる必要があります。

そして、15時までに振り込むということは、大体14時か14時50分までには審査完了していないといけないということなので、ある程度早く審査の申し込みをする必要があります。大体平日の午前中、ギリギリでも14時まで…と考えておいてください。

そうして、無事に審査通過したら、最短即日振込で借りることもできます。もしこれより遅い時間になっても、ローンカードを無人契約機・自動契約機・ローン契約機などで発行して、ATMから借り入れするという方法を選べば、土日・祝日・夜間などの日時でも、当日借入できるようになっています。

(このシステムは消費者金融でも銀行カードローンでも同じです。銀行カードローンは、そこがローン契約機を持っていればの話ですが)

身分証明書は、何を提出する?

カードローンでお金を借りるためには、提出する書類は何が必要なのか―。これは実はほとんどありません。パスポート・運転免許証などの「身分確認資料」だけで借入可能となっています。。

運転免許証があれば、一番いい

本人確認資料の種類は多くありますが、その中でも一番信用度が高いのは運転免許証です。運転免許証以外の本人証明書類を提出する場合でも、たとえばプロミスの「フル入力」などの審査項目では、「運転免許証の有無」という項目があるくらいです。そのくらい、運転免許証があるということは信用度(クレジットスコア)のプラスになるわけですね。

なので、運転免許証を現時点で持っているという人は、そのままその運転免許証を出すのが一番でしょう。

パスポート・保険証などでもOK

もちろん、運転免許証を取得していない人もいるでしょうから、そうした場合は、下のような身分証明書でも融資可能となっています。

  • マイナンバー
  • 各種健康保険証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード
  • 外国人登録証明書

ほとんどの人は運転免許証を出せなければ、各種健康保険証かパスポートを提出する…というパターンになっています。最近はマイナンバーが流行なので、マイナンバーのカードを出している人も多いかもしれませんね。

いわゆる在日朝鮮人・在日韓国人などの方々は、特別永住証明書というものを提出します。普通のアメリカ人の英語講師などと違い、戦争という特殊な事情があって永住することになった方々…という意味です。

自分の友達にも在日韓国人や中国人が多くいましたが、案外カードローンの審査でこの「特別永住証明書」を提出している方も、多いのかもしれないと思います。

何はともあれ、そのような身分証明書を提出するだけで、カードローンの審査の申し込みは書類面では、OKです。

収入確認資料は不要

ここまでの説明を読んで「収入確認資料はなしでもいいのか?」と思った人も多いでしょう。収入証明書は、消費者金融でお金を借りる場合は、下の2つのケースで必要となります。

  • 借入金額が50万円をオーバーする
  • 多重債務者も含んだ借入総額が、100万円を超える

つまり「50万円」「100万円」という2つの壁があるわけですね。この金額を超えてキャッシングをしたい…という場合には、年収証明書の確認が必要になる…というわけです。

また、個人事業主・自営業・法人経営者・会社代表者などの、事業所得者の方々も、収入証明書が必要というルールになっています。必ず必要というわけではありませんが、ほとんどの場合は必要となります。ご自身が一番よくご存知だと思いますが、これらの職業・属性の方々は、どうしても収入が不安定ですからね。

「いや、俺は安定している」という方は「安定していないから、今カードローンが必要になっている」ということを、自覚しないといけません。新日鉄の創業者の永野重雄氏でも『君は夜逃げをしたことがあるか』というタイトルの自伝を書いているくらいなので、経営者が資金繰りに行き詰まることは、別に恥ではありません。ただ「世間的に見て、極めて不安定な仕事である」という自覚は、持っておいて下さい。

自動契約機でのカード発行について

カードローン審査の流れの中では、しばしばローン契約機・無人契約機・自動契約機でのカード発行…という作業が登場します。なぜこれが必要なのか、どのように発行するのかなどを説明します。

土日・祝日・夜間だと、銀行振込ができない

普段から銀行を使っている大人であれば当然知っているでしょうが、銀行振込というのは、夜間・土日・祝日はできないようになっています。一応銀行振込自体は受け付けてくれますが、それが相手側の銀行口座に反映されるのは翌営業日(大体月曜日)…という風になっています。

つまり、無事に審査通過して、キャッシング業者や銀行カードローンが即日振り込みの手続きをしてくれても、それがあなたの銀行口座に反映されないということですね。なので、夜間・土日・祝日の場合は、「銀行振込以外の方法で借りる必要がある」ということです。

だから、カード発行をして、ATMから借りる

そこで登場するのが、「ローンカードを即日発行して、コンビニATM・銀行ATMなどから借りる」という方法です。わかりやすく「コンビニATM・銀行ATM」と書きましたが、、それぞれの消費者金融・銀行カードローンの専用ATMでも当然借入可能です。

ローンカードというのは、特に難しいものではありません。銀行のキャッシュカードと同じです。ATMに差し込むと自動的にメニューが立ち上がって、タッチパネルを押しながら、操作をするという流れです。

使い方自体は完全にキャッシュカードと同じなので、初めてカードローンでお金を借りるという方でも、いきなり普通に操作できます。また、銀行カードローンの場合はローンカードを発行しなくても、今持っているキャッシュカードが、そのままカードローン機能を付与され、借入・返済ができるようになるというシステムにもなっています。

何にせよ、カード発行自体は何も難しいことはありません。それより「時間の計算」だけ、最短当日借入のためにもきっちりしておく必要があります。

カード発行の時間も計算する必要がある

当たり前ですが、このカード発行をするには、無人契約機・ローン申込機に行く必要があります。平日の日中であれば、店舗窓口も開いているので、有人店舗が近くにあるという場合は、店舗窓口でもいいかもしれません。

しかし、土日・祝日・夜間ということは、当然キャッシング業者や銀行の店舗窓口も閉まっているわけです。そして、即日借入をしたいのであれば、郵送で発行するというのも、もちろん間に合わないのでNGです。

となると、銀行振込で即日借入ができない日時であれば、ローンカードの発行をするしかないわけです。そして、そのために審査通過した後自動契約機・ローン申込機に行く時間も計算しておく必要があるわけですね。それを計算しておかないと、「審査は通ったけど、即日借入はできなかった」ということになりかねません。

カードローンでお金を借りる方法・まとめ

以上、消費者金融などのカードローンでお金を借りる方法を、ネット申込み・自動契約機でのカード発行などを重点にしつつ、まとめてきました。以下内容を簡単にまとめていきます。

基本的に難しいことは何もない

カードローン審査というのは、極めて簡単になっています。大学入試などと違い「落とす」ためのものではなく、基本的に「通す」ためのものだからです。

もちろん、返済能力のない人に対して融資するというのは過剰貸付になるので、そのような「審査が甘い・審査がゆるい」ということはありません。しかし、一定以上んの信用度(クレジットスコア)がある人であれば、融資することが業者・銀行の利益になるのですから、彼らは喜んで融資してくれます。

そして、そうやって「できるだけ融資する」ためには、「審査申込みのシステムは、極限まで簡単にした方がいい」わけです。サービス業なのだから、当然ですね。

なので、大手の消費者金融・銀行カードローンのキャッシング申込のシステムは、どの申込方法でも非常に便利で簡単になっています。なので、お金を借りる方法については、初めてキャッシングをする人であっても、何も難しいことはないと考えて下さい。

借りるのは簡単だが、返済を意識すべき

どちらかというと問題なのは「返済」の方なのです。つまり借り入れという「登山」よりも、完済という「下山」の方が重要ということですね。これは多重債務者・借入超過者の方々の事例を見ていれば、わかるでしょう。彼らは「借りた」のが悪かったのではなく「返済できなかった」(人によってはしなかった)のがいけないわけです。

ということで、お金を借りる方法自体は確かに簡単出しスピーディーなのですが、それで油断することなく「できるだけ早く完済して、綺麗な体になる」ということを、常に念頭に置いておいて下さい。

主婦・専業主婦キャッシングガイドに関連するその他の記事