主婦・専業主婦キャッシングガイド

「主婦・専業主婦キャッシングガイド」のコンテンツ

お金を借りたい専業主婦のためのカードローン利用まとめ

お金のない専業主婦

専業主婦の女性も、いろいろとお金が必要な用事が多くあるでしょう。家計のやり繰りもあれば、リフォームなどの急な大型出費、教育に関する費用、ママ友との付き合いに必要な費用…というように、専業主婦の方々でお金が必要になるケースは山のようにあります。

ここでは、そうした場面での専業主婦のキャッシングについて、解説していきます。

専業主婦でも、お金を借りられる

専業主婦でもキャッシングはできます。ただし、大手の消費者金融ではできません。無収入の専業主婦がお金を借りる場合は、銀行カードローンでキャッシングするというのが基本です。ここでは、専業主婦がお金を借りる方法や、借入先の選択について書いていきます。

銀行カードローンだったら借入可能

新生銀行カードローン レイクなどの一部の例外を除き、大手の銀行カードローンは「無専業主婦でも借入可能」という所が多いです。「配偶者に安定収入があれば融資可能」という条件です。

配偶者というのはつまり「夫・旦那」のことですが、専業主婦としてその女性が生活している以上は、「夫・旦那に安定収入があるのは当たり前」なので、この点はどの専業主婦の方でも、特に問題なくクリアできるでしょう。

消費者金融は、専業主婦では借入不可

一方、アコム・プロミス・アイフルなどの大手の消費者金融は、専業主婦ではキャッシングできないというルールになっています。消費者金融の場合は「借り手本人に、安定収入がある」というのが融資条件になっていて、自分の収入がない専業主婦では、借入資格がないわけですね。

先ほど「新生銀行カードローン レイクも専業主婦ではキャッシングできない」と書きましたが、新生銀行レイクは、大手の銀行カードローンの中でも審査基準が「消費者金融より」ということで知られています。審査スピードの早さも、大手の銀行カードローンの中ではダントツで早く、消費者金融に近いレベルになっています。

クレジットカードは会社による

クレジットカードは、買い物だけではなくキャッシングもできます。(キャッシング枠をもらえたら、ですが)

クレジットカードにも「専業主婦でも発行可能」というものもあれば「専業主婦では持てない」というものもあります。なので、すべてのクレジットカードで専業主婦がキャッシングできるというわけではありませんが、「専業主婦は発行不可」というクレジットカードを避ければいいだけの話なので、特に問題ありません。

専業主婦でも発行できるクレジットカードとしては、下のような種類が人気です。

  • 三井住友VISAアミティエカード
  • エポスカード
  • セディナカードJiyu!Da!
  • Yahoo!JAPANカード
  • セディナカード

…といったものです。他にもまだ無数にありますが、もし急ぎでお金が必要でないから、そうしたクレジットカードもチェックしてみて下さい。

*急ぎでお金が必要な場合、クレジットカードでは即日発行できないものが多いので、これは「即日融資不可」となります。そのため、急ぎの場合は「即日借り入れ可能」と書かれている大手の銀行カードローンで借りるのがいいでしょう。

夫・旦那に内緒で借りられる?

専業主婦の方がお金を借りる場合は、当然「夫・旦那に内緒で借りたい」と考えているでしょう。これは銀行カードローンやクレジットカード会社の側もよく理解しているので、まったく問題なく可能です。つまり「夫バレ・旦那バレすることなく、キャッシングできる」ということです。ただ、一応そういうシステムになっている借入先を選ぶ必要があります。ここではそれを解説します。

「配偶者の同意書なし」の銀行カードローンならOK

先に書いた通り、専業主婦がお金を借りたい場合は「銀行カードローンで申し込む」ことになります。(クレジットカードでもいいですが、ここでは即日融資の話に絞って、銀行カードローンだけについて書きます)

銀行カードローンでキャッシングする時、「夫・旦那に内緒で借りたい」と思うのであれば「配偶者の同意書なしでOK」という条件の銀行カードローンを選びましょう。配偶者の同意書というのは、言うまでもなく「夫・旦那の同意書」のことです。

そして、夫・旦那の同意書が必要ということは、必ず夫バレ・旦那バレするということです。そのため、そのような借入先で申し込んではいけないわけですね。

「配偶者の同意書なしで借入可能」な銀行カードローンは、代表的な所では、下のようなものがあります。

  • 三菱東京UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • 楽天銀行
  • イオン銀行
  • 横浜銀行
  • じぶん銀行

メガバンクの三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行も入っていますが、このように大手の銀行カードローンが揃っているので、借入先で困るということもないでしょう。特に三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」については、「三菱東京UFJ銀行の口座なしでも即日借入可能」となっていて、非常に申し込みやすいです。

「住民票」を提出するだけで審査に通る

上のような「夫・旦那の同意書なしで融資可能」な銀行カードローンでも婚姻関係の証明書(住民票・戸籍抄本・戸籍謄本など)は提出する必要があります。そして、一番簡単な書類が「住民票」なので、多くの専業主婦の方々は、婚姻関係の証明書として住民票を提出しています。

一番提出書類が少ないのは?

このように、専業主婦のキャッシングの審査では最低限「住民票」(結婚証明書)だけは提出しなくてはいけないのですが、それすら提出しなくてもいい…という条件の銀行カードローンもあります。

  • 楽天銀行スーパーローン
  • 横浜銀行カードローン

上記2つの銀行カードローンが、この条件(本人確認資料だけでOK)で審査通過できる…という口コミ・評判も聞かれます。ただ、これはその専業主婦の方々の信用度(クレジットスコア)にもよるので、必ずしも全員そうなるとは限らない…という点に注意してください。つまり「信用度が低い」と判断された人なら、婚姻関係の証明書が必要になるケースもありうる…ということです。

専業主婦はいくらまでキャッシングできる?

専業主婦の借り入れ自体は、ここまで書いた通り問題なくできます。(銀行カードローンやクレジットカードであれば、という条件ですが)

そして、借入可能ということがわかったら、次に気になるのは「いくらキャッシングできるのか」という融資枠・与信枠の問題でしょう。ここではそれについて書きます。

10万円~30万円、最大でも50万円

まず、ほとんどの場合は「10万円~30万円」という借入枠になると考えてください。10万円というのはキャッシングの世界では「最低限の極度額」なので、あまりクレジットスコア的に高く評価されていないということですが、逆に言えば「審査通過さえすれば、10万円は借りられる」ということです。

(これより少額の限度額を設定しても、金融機関の側としては利益がでないので、最小でもk10万円から…というパターンがほとんどなんですね)

そして、クレジットヒストリーが良好・夫・旦那の収入が高い…などの好条件が加われば「30万円」の借入限度額をもらえることもあります。そして、さらに上の人、あるいは借入実績を積み重ねた方であれば「最大50万円」程度まで行きます。そして、それ以上は基本的にないと考えて下さい。

楽天銀行・イオン銀行の限度額が特に大きい

「配偶者の同意書なしでもキャッシング可能」という条件の銀行カードローンの中では、イオン銀行・楽天銀行だと、専業主婦でも最大で50万円まで、限度枠をもらえるという口コミ・評判が多く見られます。これも上に書いた通り「いきなり50万円の与信枠になる」というケースばかりではなく「遅れずに返済しているうちに、信用度が高まって増枠される」というケースによって、50万円となる場合が多いようです。

なので、あくまで「最大の金額」という「可能性」の問題ですが、一応専業主婦でも「最高で50万円はキャッシングできる」と考えて下さい。

(それより上の金額もありますが、それらは一般的ではないと考えて下さい)

「配偶者貸付」なら、業者によっては高額借入も可能

貸金業法では「配偶者貸付」というシステム(ルール)があります。これは「夫婦の年収を合算して、その3分の1まで借り入れできる」というものです。

この配偶者貸付を「額面通り」に採用しているキャッシング業者の場合、たとえば夫・旦那の年収が「400万円」だったとしたら「130万円」まで、専業主婦でもキャッシングできるということです。

「専業主婦でも100万円以上借入可能」というと、かなりぶっ飛んでいるようですが、配偶者貸付のルールを「そのまま」適用するとこうなります。つまり、理論上は、そうしたキャッシング業者であれば、専業主婦でも100万円以上という高額キャッシングをすることができる…というわけです(あくまで理論上です)。

実際にはそのような高額融資をするのは、キャッシング業者にとっても危険ということで、実行されることはめったにありません。また、配偶者貸付を採用しているのは、中小の消費者金融が多いので、信用度やATMの借入・返済の利便性を考慮しても、あまりおすすめはできません。

専業主婦のキャッシング・まとめ

以上、専業主婦でもお金を借りられる方法についてまとめてきました。基本的に「夫・旦那の同意書なしで借入可能」という条件を満たしている銀行カードローンであれば、後は特に深く考える必要はありません。どうしても婚姻関係の証明書を提出したくない、という時には、楽天銀行スーパーローンや横浜銀行カードローンで申し込む…などの例外がある、という程度に考えてください。

補足「パートの主婦だったら、消費者金融でも借入可能」

「専業主婦は、消費者金融では借りられない」と書きましたが、これはあくまで「自分の収入がない専業主婦」の場合であって、パート・アルバイトをしている主婦の方であれば、消費者金融でもキャッシングすることができます。「主婦である」ことがいけないのではなく「自分の収入がない」ことが問題というだけなのです。なので、何らかの仕事をしていて、自分の収入を得ている主婦の方であれば、アコム・アイフル・モビット・ノーローンなどの消費者金融でも、お金を借りることはできるわけですね。

もちろん、実際に借りられるかどうかは、一定の月収も必要ですし、勤続月数やこれまでのクレジットヒストリーなども問われます。そのため「パートをしていれば必ず借入可能」というわけではありませんが、申し込み資格自体は、問題なく満たせると思ってください。

主婦・専業主婦キャッシングガイドに関連するその他の記事