主婦・専業主婦キャッシングガイド

「主婦・専業主婦キャッシングガイド」のコンテンツ

主婦・専業主婦はキャッシング審査に落ちやすい?通過のコツはこれ!

主婦・専業主婦

主婦がキャッシング審査で落ちやすい…ということはありません。申し込みの時点で、最初から「借入不可」か「借入可能」に分かれる、ということはあります。

そして「キャッシング可能」の方で申し込んだのであれば、無収入の専業主婦である以上収入や勤務先によって審査されることがないわけですから、審査通過率はむしろ、パート・アルバイト・フリーターの方々などよりも高くなるわけです。

消費者金融では「借入不可」

まず「融資不可」の方から書くと、消費者金融では収入がない専業主婦は借入不可となっています。これは貸金業法の「総量規制」というルールによるものです。

総量規制はその人の年収の3分の1までしか貸し付けしてはいけないというものですが、「専業主婦は、3分の1どころか年収自体がない」ということで、この総量規制のルールが登場してから「専業主婦は消費者金融ではキャッシングできない」となったわけですね。

大手の消費者金融はみんな、専業主婦は不可

実は中小の消費者金融で、自分の収入がない専業主婦でもキャッシングできる所はあります。ただ、アコム・アイフル・ノーローン・モビット・プロミスなど、多くの人が知っている大手の消費者金融だと、どこでも専業主婦はキャッシング不可…というルールになっています。

「信販系」などは「配偶者貸付」があるが…

そんな中でも、無収入の専業主婦に対して融資している消費者金融はいくつかあります。上にも書いた通り、中小業者で一部ありますし、大手でも「信販系」と呼ばれる消費者金融は、ごく一部専業主婦でもキャッシングできるようになっています。

信販系というのは「クレジット系」ということですが、本業が「分割払いの決済など」という企業ですね。

そうした信販系の消費者金融などが、専業主婦に融資できる理由は「配偶者貸付」という制度にあります。配偶者貸付は「総量規制の例外」と呼ばれるもので、夫婦の年収を合算して、その3分の1まで借入可能となるというものです。

これを適用すれば、法律的には消費者金融でも自分の収入がない専業主婦に対して貸し付けをしていい…というわけですね。ただ、配偶者貸付は、借りる専業主婦の女性の側にとって問題があります。

配偶者貸付は「夫バレ・旦那バレ」が必須

配偶者貸付の条件として「配偶者の同意書を提出する」というものがあります。配偶者の同意書とは夫・旦那の同意書のことですが、要するに「必ず夫バレ・旦那バレする」ということです。

当然、どんな専業主婦の女性でもこれは嫌でしょう。夫・旦那に内緒でキャッシングしたい…という専業主婦の女性が、ほぼすべてのはずです。そのため、配偶者貸付というのは「ルール通り、夫・旦那が同意しているような、夫婦公認の借り入れ」でないといけない…というわけですね。つまり、ほとんどの専業主婦の女性にとっては「あまり現実的でないシステム」というわけです。だから大手の消費者金融も採用していないのだと思われます。

(採用していない理由はあくまで私の推測ですが)

銀行カードローンは「融資可能」

ここまで書いてきた消費者金融とは違い、銀行カードローンは「自分の収入がない専業主婦でも融資可能」となっています。先に書いた「総量規制」のルールが関係なく、いわゆる「総量規制の対象外」になっているからですね。

銀行カードローンが総量規制の対象外である理由は簡単で、総量規制は貸金業法のルールで、銀行カードローンに貸金業法は関係ないということです。銀行カードローンを管理するのは「銀行法」なので、管轄が違うわけですね。

なお、クレジットカードは、ショッピング枠については「割賦販売法」、キャッシング枠については「貸金業法」というように、管理する法律が分かれています。質屋の場合は「質屋営業法」です。

(さらに言うと、自己破産は「破産法」など、とにかく法律は多岐に分かれていて複雑です。司法試験の合格が難しいわけです)

一部は不可だが、大体OK

銀行カードローンもすべてが「専業主婦でもキャッシング可能」となっているわけではありません。一部の銀行カードローンは「専業主婦は借入不可」となっています。

口コミ・評判によれば、新生銀行カードローン レイクは、専業主婦では借り入れできないようです。新生銀行レイクは金利面でも、無利息サービスなどの面でも銀行カードローン・消費者金融の中間に位置する存在なので、大手の消費者金融のように専業主婦への融資に対しては、少々厳しいということでしょう。

その他、オリックス銀行カードローンも専業主婦は借入不可という口コミ・評判が多いです。実際、申込みフォームの職業欄で私が「主婦」を選択しようとしたらなかった…ということがあります。

2015年のことなので、今は違うかも知れません。また、電話で問合わせると「主婦の女性でも、借り入れすることは可能です」というような内容のことを言われました。要は「ケースバイケース」ということだと思われます。たとえばオリックス銀行の口座を長年利用していたり、オリックスクレジットで利用実績あったり…ということだと、専業主婦でも借りられるのかも知れません。

「夫の同意書不要」の銀行カードローンも多い

専業主婦が借入可能な銀行カードローンでキャッシングする時、配偶者の同意書を提出する必要はあるのか―。これは「なしでOK」という銀行カードローンが多数派になっています。

そもそも、夫・旦那の同意書を提出するというのは、先に書いた「配偶者貸付」のルールなんですね。そして、銀行カードローンは配偶者貸付が関係ないわけですから、配偶者の同意書の提出も「最初から不要」となっている可能性が高いのです。

ただ、このあたりは「ケースバイケース」で判断されることが多いはずです。つまりクレジットスコア(信用度)が高い専業主婦の女性なら、配偶者の同意書なしで、そうでなければ提出が必須ということです。信用度が低い専業主婦の女性なら、夫・旦那の同意書の提出が必要になるかもしれない…ということですね。

キャッシングの審査というのは、基本的に単一のルールではなく、総合的な条件によって審査結果が決まる…という風になっています。そのため一概に「配偶者の同意書の提出が絶対不要」とは言い難いですし、逆に「こういう人だと必要になる」などの条件も、提示しにくいのです。

楽天銀行スーパーローンが一番借りやすい?

専業主婦のキャッシングの審査の提出書類について、「一番少なくて済む」という口コミ・評判が多いのは、楽天銀行スーパーローンです。あくまで評判・口コミによる情報であり、楽天銀行スーパーローンが公式のアナウンスをしているわけではありません。

その前提で書くと、楽天銀行スーパーローンは自分の身分確認資料だけ提出すれば借りられるということが割とよくあるようです。つまり、「配偶者の同意書」以外で必要になる「婚姻関係の証明書」も提出しなくていい…というわけですね。

婚姻関係の証明書というのは、戸籍抄本・戸籍謄本、あるいは婚姻届の受理証明書・住民票などの書類です。夫・旦那の同意書なしで借りられるという銀行カードローンでも、この「婚姻関係の証明書・結婚証明書」だけは提出しなければいけない…というルールが多いのですが、楽天銀行スーパーローンはそれすらなしで借入可能…というわけですね。

(そうした口コミ・評判が正しければ、という話ですが)

全員そうなることはないでしょうが、ごく一部、クレジットスコア(信用度)高い人なら、そのようなケースもあるのだろうと推測できます。これもやはり「その申込者次第」と考えて下さい。

パートの主婦だったら、消費者金融でも借入可能

ここまでは、自分の収入がない専業主婦について語ってきました。もし自分の収入があるのであれば、パート・アルバイトなどをしている安定した収入のある主婦の方々であれば、プロミス・モビット・アイフルなどの大手の消費者金融で借りることも、問題なく可能となっています。

自分の収入があれば、消費者金融でもOK

消費者金融は別に「主婦がダメ」と言っていたわけではなく、あくまで「自分の収入がない人は、借入不可」と言っているだけなのです。ということは、主婦でも、パート・アルバイトなどで、自分の収入を得ていればキャッシング可能となるわけですね。

もちろん、言うまでもないことですが「パートをしていれば、必ず借入可能」ということではありません。実際に審査通過できるかどうかはその人次第なのですが、とりあえず借入資格・申込資格としては、パートの主婦は、消費者金融でも問題ないというわけです。

月収は8万円は欲しい、最低でも5万円

そして、気になる「パート収入がいくらあればキャッシング可能か」という点ですが、これは「できれば月収8万円」という基準が、キャッシングの情報サイトでよく言われています。

「ギリギリのギリギリで月収5万円」という情報もあります。この「ギリギリ」というのは、年収・月収以外の、勤続年数などの審査条件がすべて良好である場合ということです。

  • 勤続年数が長い
  • 安定した職場に勤務している
  • これまでの借入・返済の履歴が良好である
  • 現時点の他社借入がない

このような条件ですね。要は「年収・月収以外の条件が理想的」と思われたら、月収5万円程度でも融資してもらえる…というわけです。

月収と並んで「勤続年数」が重要視される

パートの主婦の審査で、特に重視される属性情報は「勤続年数」です。パートである以上、収入も大事ですが「いつクビになるかわからない」という不安定性の方が、融資する銀行カードローン・消費者金融の側としては不安なわけですね。

その点、勤続年数が長いということは、そうそうリストラされることはないわけです。また、本人もそう簡単に仕事をやめることはないと想定できます。そのため、勤続年数が長いパートの主婦の女性は、審査通過率が上がるわけですね。

主婦のキャッシング審査・まとめ

以上、主婦の借入審査についてまとめてきました。最後に、いくつか書ききれなかったポイントを説明していきます。

専業主婦でも10万円~30万円は、割と簡単に借りられる

専業主婦が銀行カードローンでキャッシングする時の借入可能金額ですが、大体10万円~30万円となっています。クレジットヒストリーが良好など、収入以外の部分で高い信用度を示せる専業主婦の女性であれば、いきなり30万円程度の与信枠をもらえることも、割とあるようです。

そして、専業主婦については「最高でも30万円」という限度額を制定している所が多いです。借入・返済の実績を積み重ねて、増額していっても30万円でストップ…ということですね。

もしそれ以上借りたいなら、何かパート・アルバイトを見つけるべきである…ということです。

大体の家庭で、返済できる金額

そもそも、専業主婦の最高限度額がどのように決まっているかというと、30万円から50万円という、普通の日本の家庭だったら、どこでも大体返済できる基準になっています。実際、専業主婦がいるような一般的な家庭だったら、30万円や50万円をキャッシングして破産する…ということはまずないでしょう。

夫・旦那の収入証明書が不要な理由

上に書いた内容は、専業主婦のキャッシングの審査で「夫・旦那の年収確認資料を提出しなくていい」という点にも現れています。本来、夫・旦那の収入で借りる訳ですから、その夫・旦那の収入がいくらなのかを調べるべき…と思う人が多いでしょう。

確かに調べた方が確実ではありますが、それでも女性が専業主婦として生活している以上、夫・旦那の男性が一定の安定収入を得ていることは間違いないわけですね。そうした「標準的な家庭」だったら、先に書いた通り30万円、あるいは50万円程度だったら、別に融資しても問題ないというわけです。それで、夫・旦那の所得証明書が不要なわけですね。

以上、専業主婦やパートの主婦の借り入れについてまとめてきました。「主婦だからキャッシングの審査で不利になる」ということは全く無いので、この点は安心して下さい。

主婦・専業主婦キャッシングガイドに関連するその他の記事