主婦・専業主婦キャッシングガイド

「主婦・専業主婦キャッシングガイド」のコンテンツ

5万円未満の収入でもパートキャッシングはできる?勤続年数が重要!

パート・アルバイト中の女性

パートでもキャッシングでお金を借りることは可能です。銀行カードローンでもいいが、消費者金融の方が借りやすいと言えます。以下、パートの方々の借り入れについて、知っておくべきポイントなどをまとめていきます。

自分の収入があるなら、誰でも借入可能

これはパートの方々だけではなく、アルバイト・フリーター・学生などの方々にも言えることですが、自分の収入があるなら借入可能というのが、キャッシングの審査の基本的なルールです。なので、「パートでは借入不可」となるどころか、むしろこれで職業・属性面の条件は、完全にクリア出来ている…ということです。

消費者金融は自分の収入があれば誰でもOK

銀行カードローンについては、特に地方銀行など、一部「パートなど、非正規雇用の方々は融資不可」としているものもあります。同じ地方銀行でも提供するキャッシングの商品によるのですが、一部そうしたパターンもある…というのは事実です。

その点、消費者金融は自分の収入があれば誰でも借入可能…というルールで、ほぼ統一されています。アイフル・アコム・モビットなどの大手の消費者金融はもちろん、中小の消費者金融でも、ほとんどが「自分の収入があるなら、パートでもOK」という条件で融資をしています。

月収はできれば8万円以上は欲しい

そうして借入資格・申込資格を満たしているとわかった時点で、次に気にすべきことは、「月収がいくらあれば審査を通過できるのか」ということでしょう。この大体の目安は「月収8万円以上」といえます。

これは完全に私の推測なのですが、月収8万円ということは、年収で96万円ということ。そして、消費者金融を管理する貸金業法の総量規制という法律では、年収の3分の1まで借りられるので、年収96万円だったら、単純計算で32万円はキャッシング可能という計算になるわけです。

で、初めてのキャッシングだと信用度が落ちるので、32万円は無理だとしましょう。しかし、そのさらに3分の1の「10万円」くらいだったら、常識で考えても融資してOKなのではないでしょうか。本来の上限金額より、3倍も返済しやすくなる…ということですから。

もちろん、同じ「年収96万円」といっても、その勤務先の安定度や、何年そのパートを続けてきたか、自宅は持ち家か賃貸か…というような諸条件で、「その人が無事に支払いできるかどうか」が判断されます。これがいわゆるクレジットスコア(信用度)というものですが、最終的にはこのスコアリングによって決まるので、一概に月収8万円あれば審査に通る…と決まっているわけではありません。

しかし、ある程度確率は高くなると考えていいでしょう。

5万円でも、他の条件次第では審査に通る

上に書いた内容は、裏返せば「月収5万円程度でも、その他の審査条件がすべていい人だったら、審査に通る可能性がある」…ということです。例えば下のような条件を満たしている人ですね。

  • その勤務先での勤続年数が長い
  • 官公庁など、安定した職場で働いている
  • これまでの借入・返済の履歴が良い
  • 現時点の他社借入が一切ない
  • 自宅が持ち家で、自分名義である
  • 同居家族の人数が多い
  • 運転免許証を持っていて、紛失したことがない(番号でわかる)

…というようなものです。まだ書き出せばいくらでもあるのですが、こうした条件がそろっていて、しかもたとえば勤続20年など、明らかに堅実であることがわかる人だったら、月収5万円でも十分審査に通る可能性はあります。

あと「借入・返済の履歴が良い」というのは、普通の感覚とは少し違います。キャッシングの世界で言う「良いクレジットヒストリー」というのは、一切借り入れをしてこなかったということではなく、たくさん借りてたくさん返済してきたという履歴のことを指すからです。

要は、この人は「借金をしても混乱することなく、しっかり返済してくれる」という実績があるのが、一番信用できるということですね。

銀行カードローンでも借りられる?

パートをしている方々は、銀行カードローンでももちろん借りられます。序盤でも書きましたが、要は消費者金融・銀行カードローンでもクレジットカードでも「自分の収入がある人」だったら、融資する側は大歓迎なのです。そもそも、彼らとしては融資するのが利益であり、仕事なわけですからね。自分の収入がある人で、その人の返済能力の範囲であれば、問題なく返済できるわけですから、喜んで融資してくれるわけです。

一応借入可能だが、審査は厳しい

ということで、借入資格・申込資格としては、パートでも銀行カードローンでお金を借りることは問題なく可能です。ただ、消費者金融と比較すると当然審査通過率が低くなる…ということは理解して下さい。もちろん、「パートだったら、銀行カードローンでは借りられない」というくらいの厳しい審査ではないので、その点は安心してください。しかし、自分の月収・勤続年数・勤務先・借入状況などの諸条件に自信がないようであれば、消費者金融で借りた方がいい、ということです。

50万円以下なら、消費者金融でも問題なし

「クレジットスコア(信用度)に自信がないから、消費者金融で借りたいけど、金利が高いのが心配…という方もいるかも知れません。しかし、この点については借入金額が50万円以下なら、消費者金融で借りても問題ないといえます。

その根拠は、貸金業法によって、「50万円以上の借り入れになって初めて、消費者金融の審査で収入確認資料のチェックが義務付けられている」ということ。一般的に考えれば「これだけ借りたら危険」という金額だったら、当然年収確認資料の提出を義務付けるでしょう。

それをしていないということは金融庁にとって、50万円以下の借り入れというのは、収入証明書なしでもOKなくらい、少額であるということ。実際、50万円で破産するような人は、現代の日本人ではまずいません。学生ですら、時間はかかっても何とか返済できるくらいです。

(そもそも、奨学金の借り入れなんて数百万円レベルですからね。50万円などかわいいものです)

ということで、借りたい金額が50万円までであれば、「消費者金融でも、それほど高利息になることはない」と安心して下さい。

利息差もないし、早期完済するのが一番重要

利息差というのは「消費者金融・銀行カードローンの利息差」のこと。1ヶ月あたり、10万円ごとに「300円」の利息差しかありません。20万円借りたら、600円の利息差。30万円だったら900円の利子の差…という風に単純計算できます。

50万円でようやく「1500円」という利息差になりますが、ここまで来ると多少大きいかも知れません。しかし、消費者金融には「30日間無利息」というサービスもありますし、これを利用すると、最初の半年感程度は、実は消費者金融の方が安い金額の利息で借り入れができる…という少々意外な事実があります。

また、モビット・ノーローンなど、この「30日間無利息のシステム」がないキャッシングブランドで借りたとしても、早期完済さえしていれば、最終的な利子総額の差はほとんどない…というのが実情なんですね。

だから、銀行カードローンで審査に通る自信がなければ消費者金融…という風に、気軽に考えてまったく問題ないわけです。それよりどこで借りるかよりも、いかに早く完済するかということに、焦点を当てて努力してください。

パートで重要なのは「勤続年数」

月収についての話題で何度か出てきましたが、パートの主婦の方々がキャッシング審査を受ける時に、一番重要なのは勤続年数とも言われます。つまり、

  • 仕事をやめない
  • クビにならない

という確率が高いことが、審査する業者・銀行の側にとって、一番安心できる要素になる…ということです。パートの主婦の方々の場合は。

これは何となくわかるでしょう。パート・アルバイト・フリーターの方々を見て私達が思うのは「その仕事を、ずっと続けられるのだろうか」ということです。会社員・OL・公務員と違って、いつでもクビを切ることができますからね。

年収・月収も重要だが…

月収や年収も、確かキャッシングの審査では非常に重要なのです。しかし、「審査に通るかどうか」という観点で見れば、金額についてはその人の年収・月収の範囲内で融資すればいいわけです。そのため、年収・月収は「借入限度額」を左右することはよくありますが、「審査通過自体」を左右するか…というと、勤続年数ほどではないこともあるのです。

勤続年数が長いか短いかは、先に書いた通り「仕事が続くかどうか」の判断の分かれ目になります。仕事さえ続くのであれば、その人の収入の範囲内で貸し付ければ、現代の日本人だったら、多少時間はかかても、必ず返済できるものです。しかし、仕事をやめてしまったら、たとえ少額融資であったとしても、一気に多重債務者に落ちる危険がある…ということですね。

(安定収入がなくなると、毎月の返済も「別の借金」でするようになりますから。落ちるのはあっという間なのです)

キャッシング審査では「安定性」が最重要

つまり、キャッシングの審査では「ホームラン」も必要ないし、「1試合4安打」も必要ないのです。むしろ「毎試合安打」「毎試合出塁」の方が、よほど高い評価がされる…というわけです。

とにかく安定して、毎月決まった金額をコツコツ返済してくれるという、公務員タイプの方々が、キャッシングの審査では一番信用されるということですね。ベンチャー投資等の場合はともかく、これはただの「臨時の貸し付け」ですし、それなりの金利をとっていますから、「問題なく、延滞・滞納なく返済してくれれば、それが一番いい」ということなのです。

なので、その「安定性」の一環として、勤続年数・月数が重視される…ということですね。

パートでも勤務先への在籍確認はある

キャッシングの審査では職場への在籍確認の電話というものがつきものですが、これはパートの主婦の方々でも、当然あります。そのパート先に電話をかける…と、ただそれだけですね。

在籍確認の電話の内容は、会社員・OL・公務員の方々の時などと、まったく同じです。その職場に在籍していることさえ確認できればいいというもので、何か電話口で質問・審査する…というようなことはありません。

職場の電話で長々と審査したり質問したりしていたら、それに対応する申込者の態度から、職場の人にキャッシングがバレてしまうかもしれないですからね。そのような職場バレ・会社バレは、融資する金融機関の側も恐れていることなので、そうした失態は犯さないわけです。

パートのキャッシング・まとめ

以上、パートの主婦の方々のキャッシングについて役立つだろう&必要と思われる情報をまとめてきました。以下、補足も交えつつ、要点を整理していきます。

10万円~30万円なら、大体融資可能

最高限度額についてですが、パート収入の方々は、10万円はかなりの確率で借りられます。もちろん、本当に借りられるかどうかは、この記事で繰り返し書いてきた通り、「総合的な信用度(クレジットスコア)」次第です。

そして、そのスコアリングで高評価だった人は、パートでも30万円は借りられます。さらに高年収で勤続年数も長い…というような人だったら、50万円のキャッシング枠をもらえることもあるかも知れません。

ただ、基本的には10万円~30万円が一般的なライン…という風に理解して下さい。

パートという部分を、特に気にする必要はない

ここまでの内容で大体わかったと思いますが、パートという職業・属性自体は、まったくキャッシングの審査で不利になることはないのです。それより、年収や勤続年数などの属性情報が良好であることと、これまでの借入・返済の履歴がいいこと…などが、キャッシング審査を通過したり、高い借入枠をもらったりするために必要なことです。こうした「総合」の部分を重視して下さい。

主婦・専業主婦キャッシングガイドに関連するその他の記事