初めてのキャッシングガイド

「初めてのキャッシングガイド」のコンテンツ

スマホで簡単!インターネットでキャッシングカードローン申し込み

スマホで完結

消費者金融のキャッシングをスマートフォンで利用することは可能です。この記事では、そのようにスマホのキャッシングに対応している消費者金融の中でも、おすすめの借入先を紹介していきます。

スマートフォンで申し込みやすい消費者金融

大手の消費者金融はどこでも、スマートフォンの専用アプリを持っています。なので、アコム・SMBCモビット・プロミスなど名前がよく知られている大手のキャッシングブランドであれば、どこでもスマートフォンでのキャッシングは簡単だと思って下さい。

(言うまでもありませんが、簡単というのはあくまで「手続きが楽」ということで、審査が甘い・ゆるいという意味ではありません)

SMBCモビットのアプリは、コンテンツがユニーク

大手の消費者金融が提供するスマホアプリの中でも、一番ユニークで個性的なのはSMBCモビットです。人気のタレントさん・女優さんの壁紙や目覚まし時計などのコンテンツがあり、特にファンの方だとそれだけでも楽しめるでしょう。

アプリをダウンロードしたからといって、SMBCモビットでキャッシングをしなければいけないというわけではないですからね。もちろん、アプリのダウンロードは無料です。なので「別にキャッシングする気はないけど、SMBCモビットのアプリは持っている」というファンの方もいるでしょう。

また、このような娯楽系のコンテンツだけでなく、申し込みの作業や必要書類の送信なども非常にしやすいように設計されています。もともとSMBCモビットのコンセプトは「金融のIT化」ですから、スマホでの借り入れについても、最先端を行っていると言えます。

その他の消費者金融は、シンプルで使いやすい

SMBCモビット以外の大手の消費者金融のスマホアプリは、どれも非常にシンプルです。「申し込み」「店舗検索」「返済シミュレーション」「公式サイト」などの、これから借り入れをする人が必ず必要とするだろうメニューだけが並んでおり、いたって無駄のないものです。

「大至急お金を借りたい!」というような急ぎの場面では、このようにわかりやすい操作画面の方が、キャッシングの審査の申し込みもしやすいかも知れません。そういった点では、これらの消費者金融のアプリも、SMBCモビットのアプリにはないメリットがあるといえます。

必要書類は写メで送信できる

必要書類についても、ガラケー・携帯電話の時代と同様に、写メで運転免許証・パスポートなどを撮影して、それをメール添付で送信するだけという風になっています。特にガラケーの時代はメールでの送信という作業が必要でしたが、アプリはその機能が最初からアプリについているので、送信の作業がより楽になっています。

(インスタグラムなどに、撮影してすぐ画像をアップするような、ああした雰囲気で提出書類を送信することができます)

これはキャッシングの知識がある人ならよく知っていることですが、「必要書類の提出については、パソコンからの申し込みよりも、むしろスマートフォンの方がやりやすい」というシステムになっているわけですね。パソコンだと、スキャナで取り込んだ後、さらに添付の作業をしなければいけませんから。また、そもそもスキャナが必要だし、常時接続していない人は、スキャナを接続する作業も必要…ということで、かなり面倒なのです。

そうしたパソコンでの必要書類の送信と比較すると、スマートフォンでの審査申込み(提出書類の送信)が、いかにやりやすいかわかるでしょう。

アプリでスピードキャッシングをする時の流れ

スマホアプリでのスピードキャッシングについて、流れややり方をさらに詳しく書いていきましょう。基本的に解説するまでもないくらいシンプルで簡単なのですが、消費者金融・銀行カードローンでの借り入れが初めての方など、不安がある時はこれを読んで払拭していただけたらと思います。

アプリから審査情報を送信する

審査情報というのは、主に下のようなものです。

  • 勤務先情報
  • 自宅情報
  • 借入状況
  • 個人情報

それぞれどのようなものか簡単に書くと、勤務先情報というのは年収・職業・会社名・勤務先住所・勤続年数など、仕事にまつわるすべての情報です。審査項目は消費者金融によって多少違いますが、大体これらのような内容です。

自宅情報というのは「持ち家か賃貸か」「名義は自分名義か家族名義か」「居住年数は何年か」というようなことです。これもやはり持ち家が有利で、自分名義がよく、居住年数は長い方が審査に申し込みやすい…というようになっています。アパート・マンションの賃貸の審査でも同じですね。

借入状況はそのままで「他社借入件数・総額」のことです。銀行カードローンや住宅ローンなどの「真面目な借り入れ」は含まないので、消費者金融やクレジットカードのキャッシングのみ回答します。

身分確認資料を撮影して送信

これは先に書いた通りですが、身分証明書の種類についても補足しておきましょう。大手の消費者金融では大体下のような本人確認資料が、認められています。

  • パスポート
  • 住基カード
  • 個人番号カード
  • 運転免許証
  • 各種健康保険証
  • 在留カード
  • 外国人登録証明書
  • 印鑑証明書

他にもいろいろありますが、基本的には「三種の神器」とも呼ぶべき「運転免許証・パスポート・保険証」を出すのが基本です。特に運転免許証は、審査項目で「運転免許証の有無」を聞かれるくらい信用度が高い身分確認資料なので、運転免許証がある時は、基本的に運転免許証を提出するようにしましょう。

(高齢者の方々など、すでに運転免許証を返還したという場合は、運転経歴証明書がまったく同じ効力を持つので大丈夫です)

確認電話を、そのスマホで受ける

このようにして、審査情報や本人証明書類の送信をしたら、あとは申し込みの確認電話をそのスマートフォンで受けるだけです。確認電話では下のようなことを聞かれます。

  • 今回の申し込みは、本人殻で間違いないか
  • これから勤務先への在籍確認の電話をかけるが、いいか

必ずこのような内容とは決まっていません。消費者金融によっても当然違いますが、大体このような内容を電話で確認されます。OKだったら、すぐに職場への在籍確認の電話をかけられ、それで確認が取れたら融資決定となります。

スマホのスピード借入の注意点

このように便利なスマートフォンでのスピードキャッシングですが、当然注意点もあります。ここではどのようなポイントについて注意しながら申し込むべきか…をまとめていきます。

出先で申し込む時は、Wi-Fi環境に注意

たとえばカフェなどの出先で審査の申し込みをする場合は、そこのWi-Fiを使う…ということもあるでしょう。このようなフリーのWi-Fi環境では、自分の個人情報を誰かに傍受されている…という可能性もあります。

めったにないことではありますが、万が一傍受された場合には、キャッシングの審査の申し込みというのは、相当細かい個人情報が送られているので、かなりの痛手になります。

そのため、くれぐれもパスワードなしで使えるような完全フリーのWi-Fi環境(たとえば駅や空港のものなど)は、利用しないようにして下さい。

審査情報のタイプミスに注意

これもよくあることですが、審査情報を間違って入力しないようにして下さい。これはスマートフォンだけでなくパソコンでもタブレットでも同じですが、特にスマートフォンで申し込む時は、出先などで焦っていることが多いので、入力ミスが多いという統計もあります。

(これはキャッシングの審査に限らず、普通の通販の申し込みなども同じです)

私もスマートフォンの入力は苦手ですが、特に年配の男性など、まだスマートフォンの操作になれていない方は要注意です。

本人確認資料は鮮明に撮影すること

これもスマートフォンでの審査の申し込みでよくあるミスの一つですが、「身分確認資料の画像が不鮮明で、やり直しになる」ということがあります。これは特に急ぎでお金を借りたい時には大きなタイムロスになるので、やり直しにならないよう、身分確認資料は鮮明に撮影する」という点に注意してください。

基本的に普通に撮影していればOKなのですが、極端に暗い場所や手ブレなどがあるとやり直しになります。また、画像サイズが小さすぎるのも、偽造の確認ができないということで、NGになります。できるだけ大きいサイズで送信するようにして下さい。

消費者金融のスマホキャッシング・まとめ

以上、消費者金融でのスマートフォンを利用したキャッシングについてまとめてきました。最後にいくつかの要点を、再度整理していきます。

急ぎでお金を借りる人のため、利便性が高い

消費者金融というのは、もともと「急ぎでお金を借りたい」という人のためのサービスです。そのため、申し込みの手続きはパソコンや電話審査でも非常にやりやすいのですが、これがスマートフォンになるとさらにやりやすくなります。

言うまでもなく、出先から申し込むくらいなので、相当急いでいるということですね。そのような急ぎでお金が必要な方でもストレスなく借り入れができるように、どの消費者金融のアプリも非常に操作しやすくなっています。

なので、先に書いた通り「審査がゆるい・甘い」という意味ではないのですが「手続きがシンプルで簡単」という意味で「申し込みやすい」といえます。

パソコンでの申し込みもおすすめ

ここではスマートフォンでの申し込みについて書いてきましたが、パソコンからのネット申込みも、もちろん非常にやりやすくなっています。世代によりますが、特に年配の男性などはスマートフォンよりパソコンの方が断然やりやすいでしょう。

(かくいう私も、パソコンの方が使いやすい人間の一人です)

若い女性だと、大学生やOLさんでなければ、パソコンなどほとんど触らない…ということもあるかも知れません。そのような場合は、スマートフォンの申し込みの方が楽かと思います。

どちらにしても、スマートフォンでもパソコンでも、あるいはタブレットでも、審査申込みの手続きは非常にやりやすいようになっているので、ご自分が一番好きなガジェット・端末を使っていただければと思います。

初めてのキャッシングガイドに関連するその他の記事