今すぐ借りたいスピードキャッシング

「今すぐ借りたいスピードキャッシング」のコンテンツ

無人契約機は最長22時まで!スピードキャッシング審査は何時まで?

夜・夜間でも営業中

今日中にお金を借りたい時は、消費者金融が一番です。土曜日・日曜日・祝日・夜間でも、最長22時までスピード審査をしているので、ギリギリの場面でも申し込みやすくなっています。

プロミス・アコムが特におすすめ

上に書いた「最長22時まで」というのはアコム・プロミスのことです。SMBCモビット・アイフル・ノーローンは21時までなので、「今日中にお金を借りたい」という時は、やはりプロミス・アコムが有利といえます。

審査の所要時間は、どこも「最短30分」

スピード審査の受付時間は上のように「1時間違う」のですが、審査にかかる時間はすべて「最短30分」となっています。ノーローンのみ「最短20分」ということで、少し早くなっていますが、その代わりとして、ノーローンは審査通過率が低いということがよく言われます。

あくまでそういう口コミ・評判が見られるというだけなので、本当にノーローンが審査に通りにくいのかはわかりません。しかし、他の4つの消費者金融の方が「審査通過率が高い」(ノーローンと比較して)という評判・体験談がよく見られますので、確実に今日中にお金を借りるためには、審査の所要時間が10分長くても、他の4つの消費者金融の方がいいでしょう。

(そもそも、いくら急ぎでお金が必要という時でも、10分の違いで変わるということはめったにないですからね)

振り込みで借りるか、ATMで借りるか

今日中にお金を借りたいという時は、この2つの借入方法の違いも、知っておく必要があります。

  • 銀行振込で借りる…平日の日中のみ
  • ATMで借りる…夜間・土曜日・日曜日・祝日でも借入可能

この違いはどうして生まれるのかというと、銀行振込は銀行が閉まっている日時にはできないということですね。振込手続き自体はキャッシング業者がしてくれても、それが申込者の銀行口座に反映されない…ということです。

たとえば楽天銀行スーパーローン(カードローン)・オリックス銀行カードローンなどは、「土曜日・日曜日・祝日でも、楽天銀行・オリックス銀行、それぞれの銀行口座であれば反映される」という風になっています。そうした例外(主にネット専業銀行)ならあるのですが、基本的には、銀行振込によるスピードキャッシングは、夜間・土曜日・日曜日・祝日では不可能なのです。

なので、そのような日時に「今日中にお金を借りたい」という場合は、無人契約機・自動契約機などでローンカードの発行をして、ATMから借りるという方法になります。

無人契約機でのカード発行の時間に注意

そのようにして「ローンカードの発行をして、ATMで借りる」という時に注意することは、ローン申込機・無人契約機の営業時間に気をつける…ということ。ギリギリで審査が完了して、それから無人契約機・自動契約機に向かうとなると、そこで時間切れ・タイムオーバーとなってしまうことも考えられます。

となると結局「スピード審査の受付時間」(締切時間)と同様になっています。ということは、「締切時間ギリギリで、審査完了できるような申し込み」をしていては、カード発行が間に合わないということです。審査結果が出てからローンカードの発行をしに行くわけですからね。

もちろん「審査結果が出るのを、無人契約機・自動契約機の中で待っている」という方法もあるでしょう。しかし、これでは万が一審査落ちした時の時間のロスも大きいので、あまりおすすめできません。やはり審査結果がわかってから自動契約機に行くというのが理想であり、そのためには早めに審査の申し込みをする必要があるということです。

SMBCモビットは10秒で簡易審査結果表示

今日中にお金を借りたいという人は、当然「審査結果もすぐ知りたい」と思っているでしょう。そのような場合は、SMBCモビットがイチオシです。

見出しの通りSMBCモビットは「10秒で簡易審査結果表示」という、独自のメリットがあるんですね。この10秒簡易審査というのは、インスタントのお借入診断のようなものではありません。いわゆる「書類審査」であり、全ての審査項目を記入して送信し、それが自動審査されたものになります。つまり「かなり本審査に近づいた審査結果」です。

大体の審査結果がわ借りるメリット

SMBCモビットのように、大体の審査結果がわかると、今日中にお金を借りたいという人にとっては、非常に役立ちます。というのはもし審査落ちしそうなら、次のキャッシングブランドに申し込む準備ができるということです。

キャッシングの審査では連続申込みはしない方がいいのですが、それでも1件だけならOKですし、事前に準備しておけば、SMBCモビットで落ちた瞬間にすぐ申し込むことができ、2件目でもスピード借入に間に合うという可能性があります。

もちろん、SMBCモビットで審査通過できたらできたで、そのままSMBCモビットでキャッシングすればいいだけなので、こちらの方がむしろ有利な展開です。

つまり、急ぎでお金が必要な時に、SMBCモビットのように「ある程度の審査結果が予測できる」というのは、申込者にとって非常にいいことなのです。こうしたサービスは他の消費者金融でもどんどん広まってほしいものです。

本審査の結果と、10秒簡易審査の結果が変わる要因

SMBCモビットのか消費者金融の結果は、ほとんど本審査に近い…ということを書きました。もちろん実際には異なることもあります。具体的にどのようなケースだと異なるのかというと、例えば下の一覧のような原因が考えられます。

  • 個人信用情報に事故情報・異動情報が記録されていた
  • この半年以内に、SMBCモビットで審査に申し込みしたことがあった
  • 電話口で、明らかに不信感を持たれる対応をした(申込者が)
  • 職場への在籍確認に失敗した
  • 身分確認資料が偽造されたものだった or 不鮮明だった

これらの原因によって、SMBCモビットの仮審査と本審査の結果が食い違う…ということは確かにあります。しかし、冷静に見ていただくとよくわかりますが、これらは、普通の人だったらまず起きないような状況です。特に「本人確認資料の偽造」というのは絶対にないでしょう。

「身分証明書が不鮮明でわかりにくい」というのも、大抵は再送信を求められるだけです。また、個人信用情報にブラックリストの情報(異動情報・事故情報)が記録されているというのも、大体本人に見に覚えがあるはずです。

その他「電話口での口の聞き方が悪い」など、人間としての、キャッシングの審査以前の問題ですし、どれをとっても「普通でない」というのは確実にいえます。

逆に言えば、SMBCモビットの10秒簡易審査で審査通過していたら、本審査もそのまま通ることが、かなりの確率で期待できるというわけです。なので、決定ではないものの「かなり精度が高い審査結果が、瞬時にわかる」ということです。

キャッシングの多重申し込みについて

SMBCモビットのように「大体の審査結果がすぐわかる」となると、もし「審査落ちの確率が高い」とわかったら、「次の準備」をする人が多いでしょう。特に急ぎでお金を借りたいという時であれば、なおさらそうだと思います。

このような時、ついつい「連続申込み」や「同時申込み」をしてしまうと思いますが、これは審査ブラックになる可能性があるので、くれぐれもしないようにして下さい。

(なお、見出しの多重申し込みというのは、同時申込み・連続申込みを合わせたもののことを言います)

連続申込みは2件まで

まず連続申込みの方ですが、これは最大で2件までと考えて下さい。明確にキャッシング業界でルールが決まっているわけではありませんが、かなりの確率でこのような傾向が見られます。

これは一般的な感覚で感じていただくとわかりますが3件も連想で消費者金融の審査に申し込むというのは、普通の人ではないということですね。かなりお金に困っていたとしても、その「お金に困る」ということが、普通でないと見なされますし、困っていないのにそのようなことをするのも「気が短い」などの短所が想定されます。

(気が短いくらいいいではないかと思われるかも知れませんが、そうした方々は仕事も突然やめてしまうリスクがあるので、返済不能になるリスクが高いのです)

ということで、今日中にお金を借りたいという時に焦る気持ちはわかりますが、キャッシングの審査の連続申込みは、最大でも2件までとして下さい。

2件落ちたら諦め、半年間待つ

では、もし連続で2件審査落ちしてしまったらどうすればいいのか―。これはキャッシングの審査はもう諦めて半年間待つという結論になります。

「いや、何が何でも借りたいんだ」と思う人もいるかも知れませんが、下のような理由で、申し込みを控えることをおすすめします。

  • 2件落ちたということは、3件目もかなりの確率で落ちる
  • 審査落ちの記録も、軽度のブラックリストである
  • その記録が消えるまでに半年間かかる

「2件ダメだったら、3件目もダメ」というのは、一般的な感覚で大体わかるでしょう。そして、何より注意して欲しいのは「審査の申し込み・審査落ちの記録も、個人信用情報にしっかり残る」ということ。

もちろん審査の申し込みをして「無事に審査を通過できた」なら、それはブラックリストにならないどころか、そのキャッシング業者でその後延滞・滞納をしなければ、プラスになります。

なので、あくまで「審査に落ちた場合」の話ですが、その時は「審査落ちの記録が抹消される、半年後まで待つ」というのが基本になるわけです。

(アコムの公式サイトなどでも「アコムで半年前以内に申し込みをされた方は、受け付けていません」という内容が書かれています。

今日中にお金を借りる方法・まとめ

以上、今日中にお金を借りる方法や、連続申込み・同時申込みなど「やってはいけないこと」などもまとめてきました。最後に追加して、銀行カードローンでのスピード借入や専業主婦のスピードキャッシングについて補足します。

銀行カードローンは検討しなくていい

キャッシングの知識がある人だったら当たり前のように理解しているでしょうが「今日中にお金を借りたい」という時に、銀行カードローンを検討する必要はありません。新生銀行カードローン レイクなどの「消費者金融のようにスピード借入がしやすい」という銀行カードローンだったら別ですが、そうでない一般的な銀行カードローンは、「急ぎでお金を借りたい」という時に利用するサービスではありません。

これは「とにかくお腹が減っている」という時に、高級フレンチに行く必要がない(というより行かない方がいい)というのと同じです。急ぎでお金を借りたいのであれば、このキャッシング業界でファーストフードやファミレスの役割をこなしている、消費者金融で借りるべきなのです。

ファミレスやファーストフードが高級店に劣らないビジネスであることは、マクドナルドやケンタッキーなどの世界的企業の存在を見れば、わかるでしょう。キャッシングにしても何にしても「急ぎで何かをしたい時には、それにふさわしいサービスを利用すべき」ということです。

専業主婦だけは、消費者金融で借りられないので別

しかし、例外として、家庭に入っている女性の方は、急ぎでお金が必要な時でも銀行カードローンを選ぶべきです。というのは消費者金融でか家庭に入っている女性がキャッシングすることは最初から不可能となっているからです。

中小の消費者金融だと「配偶者貸付」というシステムによって借りられることもあるのですが、アコム・SMBCモビット・アイフルなどの大手の消費者金融では借入不可です。

つまり、職業・属性別に「今日中にお金を借りたい」という人の場合は、借りるべきキャッシング先が、下のように分かれるわけです。

  • 専業主婦…銀行カードローン
  • それ以外…消費者金融

この区別も参考にしながら、ぜひスピードキャッシングを成功させてください。

今すぐ借りたいスピードキャッシングに関連するその他の記事