今すぐ借りたい即日キャッシング

「今すぐ借りたい即日キャッシング」のコンテンツ

【今すぐ借入】お金がない人は?カードローンでお金を借り入れたい!

今すぐに、急げ

お金がない人が今すぐキャッシングをしたい…という場合には、消費者金融がおすすめです。スピードキャッシングがしやすいというのはもちろん、実は利息面でも「短期間なら」という条件つきで、消費者金融の方が低利息になっているのです。

申し込みから最短60分で借入可能

消費者金融と言っても中小業者もあれば大手もありますが、アコム・SMBCモビット・アイフルなどの大手の消費者金融の場合は、申し込みから最短60分でキャッシング可能となっています。これは説明や実際の振込みなど、融資の全ての手続きにかかる時間であり、審査だけだったら「最短30分」となっています。

土曜日・日曜日・祝日でも21時~22時まで最短即日審査

プロミス・アコム・アイフルなどの大手のキャッシングブランドは、土曜日・日曜日・祝日でも夜9時から夜10時という遅い時間帯まで、最短当日審査に対応しています。そのため、休日の夜間というギリギリの日時でお金を借りたいという場面でも、これらの大手の消費者金融であれば問題なくキャッシングができるということです。

「今すぐ借り入れをしたい」という人は、当然このようなギリギリの日時で審査の申し込みをする…ということが多くなるでしょう。そのような点でも、最短即日審査の受付時間が短い(狭い)銀行カードローンよりも、消費者金融を選んだ方がメリットがあるわけですね。

銀行カードローンでも土曜日・日曜日・祝日・夜間に借りられる?

一応補足しておくと、銀行カードローンでも土曜日・日曜日・祝日・夜間に最短当日借入ができる…という金融機関はいくつかあります。

  • 三井住友銀行カードローン
  • 新生銀行カードローン(レイク)
  • 三菱東京UFJ銀行・バンクイック

これらが「土曜日・日曜日・祝日でも最短当日キャッシングができる銀行カードローン」です。特に有利なのは新生銀行カードローン レイクと三井住友銀行カードローンで、どちらのキャッシングの審査も、消費者金融と同様に曜日に関係なく21時まで最短当日審査可能となっています。夜9時まで最短当日審査に対応してくれる…ということですね。

消費者金融の場合、アコム・プロミスについては「夜10時まで」(日付けや店舗によって違いあり)ということで、三井住友銀行・新生銀行(レイク)よりも一時間が長くなっています。しかし、その他の消費者金融のアイフル・SMBCモビット・ノーローンについては、新生銀行・三井住友銀行と同じ受付時間になっているわけですね。つまり、これら3つの消費者金融とは、三井住友銀行・新生銀行(レイク)は受付時間で対等になっているというわけです。

審査通過率の面で、消費者金融の方が有利

このように、三井住友銀行カードローンや新生銀行カードローン レイク(あるいは三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」)に関して言えば「今すぐお金を借りたい」という人でも、銀行カードローンを選ぶという選択肢はあります。しかし、これらの3つの銀行カードローンでも消費者金融にかなわない部分があります。それは「審査通過率の高さ」です。

つまり「最短当日審査を受け付けている」「審査スピードも早い」(最短30分)という条件が揃っていてもその審査で、実際に借り入れの許可が下るかどうかというのは、また別の話なのですね。最短即日審査を受け付けてくれて、そのスピードも早かったとしても「審査に落ちてしまうようでは意味がない」ということです。

なので「今すぐお金が必要」という人の場合は「審査通過率」も頃する必要があるのですが、そうした視点から見ると、銀行カードローンより消費者金融の方が申し込みやすいのでおすすめ…というわけです。

半年で完済すれば、銀行よりも低利息

ここまでは「申し込みの便利さ」の面で、消費者金融の方が銀行カードローンよりも優れている、という点を説明してきました。これは、キャッシングを利用したことがない人でも、大体想像がつくメリットかと思います。

しかし、冒頭に書いた通り意外なことに、短期間の借り入れだったら消費者金融の方が利息目でも有利という事実があるわけですね。ここではこの「金利・利息面の、消費者金融の有利さ」について書いていきます。

アコム・アイフル・プロミスで借りる

まず絶対条件として「アイフル・アコム・プロミスで借りる」という点が指摘できます。これらの消費者金融なら「30日間無利息」で借りることができるからです。

  • アコム・アイフル…初回のみ
  • プロミス…ポイントを貯めれば、初回以外でも何度でも可能

*プロミスで30日間無利息を利用するには、メールアドレス・WEB明細利用の登録が必要

このような条件で、プロミス・アコム・アイフルは30日間無利息でキャッシングすることができるわけですね。この条件で借り入れをすると、最初の4ヶ月から半年程度は、大部分の銀行カードローンよりも低利息になるのです。

(詳しい計算はここでは省略しますが、実際に計算してみるとわかります)

新生銀行カードローン レイクは例外

ただ、例外のケースとして新生銀行カードローン レイクがあります。新生銀行カードローン レイクも30日間無利息のシステムがあるので、ここと比較すると、アコム・アイフル・プロミスのメリットが消えるということです。

しかし、これについても実は、新生銀行カードローン レイクが圧倒的に低利息になるということはありません。というのは「新生銀行カードローン レイクの実質年率(金利)は、消費者金融と同じレベル」だからです。

  • 消費者金融…18.0%
  • 新生銀行カードローン レイク…18.0%

というように、どちらも上限金利(一般的なキャッシングで適用される金利)は同じなのですね。一応、新生銀行カードローン レイクは「5万円まで180日間無利息」というサービスもあるので、これによってレイクの方がアコム・アイフル・プロミスよりも低利息になりますが、一番利子総額を左右する「30日間無利息」については同じ、ということです。

というように、新生銀行カードローン レイクという例外はあるものの「実質年率が同じである以上、消費者金融の側が不利になる度合いは小さい」ということで、やはり短期間の借り入れだったら、アコム・プロミス・アイフルかもしくは新生銀行カードローン レイクが、一般的な銀行カードローンよりも低利息になるということです。

少額借入なら、半年で完済できる

急ぎでお金を借りたいということは、大体の場合は「10万円以内の少額キャッシングをしたい」というケースのはずです。そして、このくらいの小口借入であれば、ほとんどの人は半年あれば返済できるでしょう。

半年で10万円が完済できないということは、下のようなケースが考えられます。

  • 多重債務で、返済のために借りた
  • 全然稼いでいない・働いていない
  • 稼いでいるが、出費が多すぎる

このような状況・条件だったら、確かに半年で10万円を完済することも難しいでしょう。しかし、これはもっと根本的な問題であって、ここまできたら返済計画の再編が必要だったり、そもそもの収支のバランス・人生の見直しが必要…ということです。

そうした例外的なケースを除外すれば、基本的には10万円程度の小口借入であれば、多くの人は半年で完済できるわけです。なので、「消費者金融の方が低利息になるパターンは、かなり多い」といえるわけですね。

消費者金融でいくらまでキャッシングできる?

ここまで書いた通り、消費者金融であれば「今すぐ借り入れしたい」という時でも、問題なくそのニーズを満たすことができます。しかし、今度は「いくらまで借りられるのか知りたい」という方もいるでしょう。特に30万円や50万円と、少々大きい金額が必要という時には、そうした借入可能金額も知りたい…ということが多いはずです。なので、ここでは実際に消費者金融の借入審査に通ると、大体いくらまでキャッシングできるのか、それを解説していきます。

学生なら、初回は10万円

明確に決まっているわけではありませんが、学生のキャッシング審査の場合は、初回の借入可能金額は10万円と設定されることが多いです。ほとんど9割方そのような与信枠になると思って下さい。

これは、ずっと10万円しか借りられないということではありません。あくまで最初の借入枠なので、そこから借入・返済の実績を積み重ねて行くことで、キャッシング可能な金額も徐々に増えていく…ということは当然言えます。

ただ、急ぎでお金を借りたいという時は大抵初回の借り入れでしょうから、その時は「10万円」になると思ってください。

(もちろん、審査に通ればの話です)

アルバイトなら、10万円~30万円が多い

学生ではなく、フリーターやアルバイト、あるいはパートの女性であれば、初回の借入枠は10万円~30万円に設定されることが多いです。学生だったら仕事ができる時間が短いですが、アルバイト・パート・フリーターの方々であれば、学生よりは多めに働ける…と判断されるからです。

もちろん実際に多めに働いているかどうかは、審査の時に回答した年収などによって判断されます。もしあまりシフトに入っていなくて年収・月収が少ないという場合には、学生のように「10万円」というキャッシング可能枠になることもあります。

しかし、フルタイムで働いていて、職場もある程度安定していて、勤続年数もそれなりにある…という条件であれば、30万円を借りられることは多いです。これらの諸条件が良く、クレジットヒストリーも良好という方であれば、非正規雇用であっても、50万円というキャッシング枠をもらえることもあります。

(ただ、これは基本的に少数派と思って下さい。)

会社員なら30万円~50万円が一般的

フリーター・アルバイト・パートの方々のように非正規雇用ではなく、正規に正社員・契約社員・派遣社員として雇用されている会社員・OL・公務員の方々の場合は、30万円~50万円という与信枠が一般的になります。

もちろん、これも勤め先の信用度や年収、現時点での借入状況、これまでのクレジットヒストリー…というすべての状況・条件によってかなり変動があります。しかし、全体的な傾向としては、大体少なくとも30万円はキャッシングできる会社員・OL・公務員の方々が多い…ということは言えるでしょう。

お金がない人の借り入れ・まとめ

以上、お金がない人が、カードローンで借り入れをする時に、どのような点に注意して借入先を選べばいいかという点をまとめてきました。最後にいくつかの点を補足していきます。

お金がない時には、銀行カードローンは考慮しなくていい

お金がない人にとって、銀行カードローンというのは特に考慮する必要がない借入先です。銀行カードローンはある程度お金に余裕がある人のためのサービスであって、カツカツで、今すぐお金を借りたいという方にとって役立つサービスではないからです。

正確に言うと、銀行カードローンでも新生銀行カードローン レイクや三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」などは、消費者金融に近いくらい審査スピードも早く、最短当日借入の体制も整っています。しかし、銀行カードローンである以上ある程度審査が厳しくなっていますし、「確実に今日中に借りたい」という場面では、やはり「借りられない」というリスクがあるわけです。

そう考えると、お金がなくて最短当日キャッシングを必要としているような人であれば、最初から消費者金融一本に絞る…というのが一番合理的な考え方なわけですね。なので、こうした場面ではSMBCモビット・アイフル・アコムなどの消費者金融で借りることだけ考えればいい…という結論になります。

余裕があるなら、銀行カードローンもおすすめ

お金がない人でも、たとえば高年収だったり、安定した職場に勤務している…というような好条件の方であれば、銀行カードローンの審査をパスすることも可能です。現時点のお金のあるなしではなく、その収入や職場の条件によって、キャッシングの審査は行われるからです。

もちろん「これだけの収入がありながら、どうしてキャッシングが必要になったのか」という点は、審査する銀行カードローンの側も、当然疑問に思います。なので、必ずしも高年収であれば有利というわけではありませんが、それでも「お金がない人」にも、いろんなパターンがあるということは言えるでしょう。

なので、そうした「割と有利なお金がない人」であれば、消費者金融でなく銀行カードローンで借りるという選択肢もあります。

今すぐ借りたい即日キャッシングに関連するその他の記事