今すぐ借りたい即日キャッシング

「今すぐ借りたい即日キャッシング」のコンテンツ

即日融資でお金を借りるおすすめは?消費者金融で最短1時間以内も?

今日中

キャッシングでお金を借りたい人は、基本的にその日中に借りたい…という切羽詰まった用事を抱えているものです。ここではそのように「即日融資でお金を借りたい」という方のための情報をまとめていきます。

即日でお金を借りたいなら、断然消費者金融

「当日中にキャッシングをしたい」という場面では、迷うことなく消費者金融をおすすめします。キャッシングでお金を借りる先には、他に銀行カードローン・クレジットカードがありますが、「急ぎでお金を借りたい」という場面では、断然消費者金融が向いているのです。

銀行カードローンとはスピードが全然違う

キャッシングの借入先として、一番よく比較されるのは「消費者金融・銀行カードローン」の二者です。それぞれの特徴をまとめると、下のようになります。

  • 消費者金融…借りやすい・高金利
  • 銀行カードローン…借りにくい・低金利

この違いは、キャッシングを利用したことがない方でも、何となく想像できるでしょう。「銀行の方が審査が厳しい分低金利」というのは、多くの人が持っているイメージだと思います。また、ただのイメージではなく実際にその通りです。

そして、両者の審査スピード・融資にかかる時間を比較すると「圧倒的に消費者金融の方が早い」といえます。

  • 消費者金融…最短30分
  • 銀行カードローン…最短即日

というのが、両者の一般的な審査の所要時間だからです。銀行カードローンは一部、新生銀行カードローン レイクや三菱東京UFJ銀行(バンクイック)、三井住友銀行カードローンなど「消費者金融と同様に最短30分で審査可能」という所もあります。

しかし、これはあくまで「最短」であって、「本当に30分で終わる割合」では、やはり消費者金融にはかないません。その分、消費者金融は銀行カードローンよりもやや「金利が高い」わけですが、これは「申し込む人の属性の違い」になります。

スピードだけでなく、審査の通りやすさも違う

即日キャッシングをする際、重要なのは審査スピードだけではありません。実際に審査に通るという「審査通過率」が一番重要です。これは言うまでもありませんね。「審査はあっという間に終わった。しかし落ちていた」では、笑い話にもなりません。

(医学の世界ではこれに似た有名な言葉で「手術は成功した。しかし患者は死んだ」というものがあります)

そのように「実際に審査に通る」ということを考えても、やはり消費者金融は銀行カードローンより断然有利です。それぞれの審査通過率を大まかに一覧にすると下のようになります。

  • 消費者金融…約40%
  • 銀行カードローン…約25%~35%

銀行カードローンの上限の方が意外と高いと感じられるかも知れませんが、これは新生銀行カードローン レイクなど、消費者金融と同レベルの金利の銀行カードローンも混ざっているからです。金融の世界では「金利と審査通過率は一致する」というのが常識ですが、新生銀行レイクの金利(上限金利で18.0%)は消費者金融と同じなので、審査通過率も消費者金融に近くなるわけですね。

(もちろん、レイクは銀行カードローンなので、総量規制の対象外であるなど、他の消費者金融にはない銀行ならではのメリットが多くあります)

何はともあれ、そうした「一部審査通過率が高い銀行カードローン」はあるものの、基本的には「消費者金融の方が圧倒的に審査に通りやすい」ので、この点でも「最短即日借入を希望する場合は、消費者金融で申し込むべき」となるのです。

土日・祝日や夜間でも、最短即日借入可能

さらに消費者金融が最短当日キャッシングで有利な点は、土日・祝日・夜間でも最短即日借入をしやすいということ。土日キャッシングは、銀行カードローンでは対応していない所も多くあります。メジャーな銀行カードローンの中では、たとえば下のような例があります。

  • みずほ銀行カードローン
  • 横浜銀行カードローン
  • 静岡銀行カードローン「セレカ」

横浜銀行・静岡銀行のように地方銀行だと、特に土日借入はしにくくなっています。また、土日・祝日の即日審査には対応しているけど、その銀行の口座が必要という条件の銀行カードローンも多くあります。

  • 楽天銀行スーパーローン
  • イオン銀行・カードローンBIG
  • オリックス銀行カードローン

これらの銀行カードローンが、そうした条件に該当します。もちろん、「すでにその銀行口座を持っている」という人であれば、この条件の土日融資でもまったく問題ないのですが、口座を持っていない人にとっては「借入不可」になるわけです。

その点でも、特定の銀行口座を持っていなくても、誰でも土日審査をできるという、アコム・アイフル・プロミスなどの大手の消費者金融は、即日キャッシングでは銀行カードローンより有利だといえます。

30万円以下なら、消費者金融の利息は高くない

ここまでの説明で「最短即日借入をしたい時は、消費者金融の方が有利」ということは理解していただけたでしょう。しかし「消費者金融は金利が高いからちょっと…」と思う人もいるかも知れません。しかし、消費者金融が高利息になるのは、あくまで「高額借り入れの時だけ」であって、30万円以下の少額借り入れの場合は、消費者金融の利息はそれほど高くならないんですね。それを説明していきます。

銀行カードローンとの利息差はどのくらい?

消費者金融・銀行カードローンの利息差は簡単に書くと「10万円を1ヶ月借りて、300円」です。それぞれの1ヶ月の利息が、下のようになっています。

消費者金融 1500円前後
銀行カードローン 1200円前後

「どっちにしても、意外と安いんだな」と思った方もいるかも知れません。逆に「高い」と思った方もいるとは思いますが、どちらにしても「消費者金融・銀行カードローン両者の利息差があまりない」ということは、実感していただけると思います。

しかし、これは「借入金額が10万円」という小口借入だったからであり、たとえば「50万円だと、月1500円の利息差」となります。毎月1500円の差がつくわけですから、年間では「1万8000円」の利息差になるわけです。これだと、かなり大きく感じられますよね。

これが「30万円」の借り入れだったら、まだ「月900円」ということで、それほど大きな利息差はつきません。そのため「30万円以下の少額キャッシングだったら、消費者金融でもそれほど利息は高くない」と言えるわけです。それ以上の金額だと要注意…ということですね。

借入金額のボーダーラインは「50万円」

この「50万円以上が高額借り入れ」という定義は、金融庁も採用しているものです。貸金業法では、50万円以上の融資では「収入確認資料の提出を義務付ける」というルールになっていて、これを制定した金融庁も「50万円以上は高額キャッシングに入る」と認めていることがわかります。

また、一部の銀行カードローンでは「50万円」の借入金額から適用金利が変わるということもあり、ここが一つの、キャッシングの融資枠の「ボーダーライン」になっているわけですね。他にも専業主婦の借入枠は、最大でも50万円までなどのルールが、いくつかの銀行カードローンで定められています。

急ぎなら少額借り入れなので、問題なし

このように「50万円」のような大きい金額を借りるのであれば、確かに消費者金融・銀行カードローンの金利差は重要です。しかし、「急ぎでお金を借りたい」という場面では、そもそもそんなに借りないという人がほとんどでしょう。大抵は3万円・5万円・10万円程度が必要なだけで、多くても30万円でしょう。

50万円を急ぎでお金を借りたいという人は、大抵「他社の返済に当てようとしている、多重債務者の方々」ですが、ここまで来ると、即日キャッシングよりも債務整理やおまとめの方が重要なので、いずれにしても「急ぎでお金を借りる場面」で、50万円のような高額借入は必要ないといえます。

即日キャッシングに必要なもの・書類は?

ここまで書いてきた通り「即日借り入れでは、消費者金融が断然有利」「銀行カードローンとの利息差もそれほどない」と言えます。では、いざ消費者金融から当日融資を受けるとなると、一体どんな書類やものが必要になるのか。

身分確認資料だけでOK

実は提出する書類・用意する物はほとんどなく、「運転免許証などの身分証明書」だけでOKというルールになっています。これは大手の消費者金融・銀行カードローンではほぼどこでも、共通したルールです。

運転免許証以外では、下のような身分確認資料が認められます。

  • パスポート
  • 住基カード
  • 各種健康保険証
  • マイナンバー
  • 在留カード
  • 外国人登録証明書

最後の2つの「在留カード」「外国人登録証明書」などはもちろん、外国人の方や、いわゆる在日韓国人などの方々がキャッシングする場合に必要なものです。

ネット申込みだけ、来店・郵送は不要

現代のキャッシングの審査は、郵送や来店などの審査はまったく不要で「ネット申込みだけで借入可能」となっています。本人確認資料や収入証明書などの書類の提出をする時も、パソコンのスキャンや、スマートフォン・ガラケーの写メなどでOKというシステムになっているのです。

そのため、最低限の電話確認(その携帯電話が本人のものか、勤務先に本当に在籍しているか)をするだけで、審査に必要な作業というのは、極限まで少なくなっています。そのため、消費者金融だったら「最短30分」(ノーローンなら最短20分)という短時間で審査が完了するわけです。

最短30分で審査完了、融資まで最短60分

ここまで書いてきた通り、モビット・アイフル・プロミスなどの大手の消費者金融なら、最短30分で審査が終わるというスピード感になっています。ただ、これは「審査の作業」にかかる時間です。審査通過した後、もろもろの説明や手続きも含めると、実際に振り込みなどの融資がされるまでは、合計で1時間となることが多いので、この点は注意してください。(これもあくまで「最短で」60分ということです)

急ぎでお金を借りたい方にも「一応、今日中に借りられればいい」という方もいれば「30分でも遅れたらアウト」というような方もいるでしょう。後者の方の場合は、特にこの「最短30分」「最短60分」の違いに注意してください。

即日でお金を借りるポイント・まとめ

以上、即日でお金を借りるために知っておくべきポイントをまとめてきました。最後にもう一度要点を整理します。

  • 即日キャッシングを希望する場合は、銀行カードローンより消費者金融
  • 審査の所要時間が短いだけではなく、審査通過率も高い
  • 土日・祝日の即日審査・当日借入にも対応している

このような理由から、まず「銀行カードローンではなく消費者金融で申し込む」ということをおすすめしてきました。そして、その時に多くの人の懸念になるのが「消費者金融は高金利」ということですが、これについては下のように言えます。

  • 実は少額借り入れだったら、利息差はそれほどない
  • 30万円までは、消費者金融でも対して高利息にならない
  • 50万円以上借りる場合は、消費者金融の利息はやや高くなる

そして、多くの人が「急ぎでお金を借りる」場面では「50万円も借りることはない」ので、「消費者金融の金利設定でも、問題なし」ということです。

(特に別の記事で詳しく書いていますが、30日間無利息で借りられる消費者金融の場合は、むしろ最初の5ヶ月、銀行カードローンより低利息になりますからね)

また、即日キャッシングをするのに必要な書類も「本人証明書類だけ」で基本的にOKなので、非常に借りやすくなっています。郵送や来店などの手続きも不要で「ネット申込みだけで融資可能」となっているので、家族バレなどのリスクも、極めて小さくなっています。

以上、即日審査・当日キャッシングに必要な知識や情報をまとめてきました。急ぎでお金を借りたい方はこれらを参考にして、消費者金融で借りるようにしてください。(時間に余裕がある場合はもちろん、銀行カードローンでもいいのですが)

今すぐ借りたい即日キャッシングに関連するその他の記事