キャッシングコラム

「キャッシングコラム」のコンテンツ

人気キャッシングおすすめピックアップ!プロミス、アコム、楽天銀行カードローン

おすすめナンバーワン

大手の消費者金融で特に人気なアコム・プロミス。そして、特に若者に人気のクレジットカード・楽天カード。

この記事では、これらのキャッシング審査の流れや、それぞれの特徴を紹介していきます。

アコムのキャッシング審査

アコムでもその他の消費者金融でも、キャッシングの審査の流れは大体共通しています。ただ、アコムで他の消費者金融と違う点は、最短即日審査の受付時間が長いということ。モビット・ノーローン・アイフルなどの消費者金融は「毎日夜9時まで」しか最短当日審査していませんが、アコムは「毎日夜10時まで」という時間設定出て、最短即日審査をしているのです。

土日・祝日・休日でも同じ締切時間

このアコムの「22時まで当日審査」というシステムは、平日だけではありません。土日・祝日などの休日でも、同様に22時まで最短当日審査をしています。

なので、たとえば週末のレジャーなどで急にお金が必要となった時でも、安心してキャッシングができる…ということですね。

なお、この「22時まで」というのはあくまで締切時間なので、その日中にキャッシングしたい場合は、その2時間前程度には申し込む必要があります。一応アコムは最短30分で審査でき、全手続きを含めて最短60分となっていますが、できるだけ時間の余裕を持った方がいいでしょう。

銀行の営業時間外なら、むじんくんでカード発行

土日・祝日・夜間など、銀行が営業していない時間だったら、むじんくんという自動契約機・無人契約機を利用して、ローンカードを発行します。

ローンカードというのは、ATMに差し込んで利用するキャッシュカードのようなもの。使い方は銀行口座のキャッシュカードとまったく同じで、これを挿入して、タッチパネルでメニューを選び、金額を指定して借り入れする…というだけです。

(返済も同様の操作で、ATMに自分のお札を入れて、行います。)

銀行が営業している時間帯であれば、即日振り込みによってキャッシングすることもできるのですが、銀行が閉まっている日時であれば、ATMで現金で直接借りるしかないわけですね。

なので、ATMを利用するためのローンカードが必要で、それをむじんくんで発行する…というわけです。

楽天銀行の口座なら、年中無休&24時間、振り込み可能

銀行が閉まっている日時でも、アコムなら最短即日振込によってキャッシングする…という選択肢があります。楽天銀行の口座を持っている人であれば、365日いつでも24時間、リアルタイムで即日振込をしてもらうことができるのです。手数料もかからないので、非常に便利なサービスです。

なので、たとえばその日に口座からの引き落としがあるなど、「借り入れ」でなく「銀行口座への入金が必要」という人は、この方法を利用するのがいいでしょう。

(もちろん、言うまでもなくその引き落としの口座が楽天銀行の口座である場合ですが)

以上、アコムのキャッシングの審査ならではの特徴を書いてきました。その他の流れは他の消費者金融と同じなので、特に難しいことはありません。

  • ネット申込み
  • 本人の携帯に確認電話
  • 勤務先への在籍確認の電話
  • 融資実行
  • *カード発行が必要な場合は、自動契約機で発行

というだけの流れです。

プロミスのキャッシング審査

続いて、アコムと並んで大手の消費者金融の中でトップレベルの人気を誇る、プロミスのキャッシングの審査について説明していきます。

プロミスもアコムと同様に、平日でも土日・祝日でも22時(夜10時)まで最短即日審査というスタイルになっているので、ギリギリの夜間の申し込みでも最短当日借入が間に合いやすい…というメリットがあります。

全体的な審査の流れは、これもやはりアコムと同様に他の消費者金融と同じです。中にいくつか「プロミス独特」のものがあるので、それらの特徴について説明していきます。

三井住友銀行のローン契約機で、審査・カード発行が可能

これはプロミスのキャッシングの審査の最大の特徴と言えます。(最大というのは私の個人的な価値観ですが)

先ほどアコムでの「ローンカードの発行」について書きましたが、「カード発行が必要なのはわかるけど、無人契約機・ローン契約機に入るのは嫌だ…」と思った方もいるでしょう。

しかし、プロミスだったら、三井住友銀行の「SMBCローン契約機」が使えるので、その恥ずかしさがないわけですね。もちろん、プロミスも専用の自動契約機を持っているので、それも合わせて利用できます。

「恥ずかしい」というのがまったくない人でも、プロミスと三井住友銀行の両方のローン契約機が使えるのであれば、「より近い距離で、ローンカードの発行ができる」ということです。その点でも、特に時間がない時の最短当日借入で便利でしょう。

ネット完結の審査も、最短30分で可能

また、プロミスはネット完結の審査が「最短30分」という短時間でできるようになっています。これは他の大手の消費者金融も同じですが、プロミスもそれらの消費者金融と並んで、キャッシング業界最速で、スピード審査をできるということです。

正確には、ノーローンが「最短20分」で審査できるので、スピードだけ見れば、ノーローンが最速。しかし、ノーローンはその分、審査に通らないことが多いという口コミ・評判がよく見られるので、実際の借りやすさも考えると、プロミスなど、他の大手の消費者金融の方が有利…と思って下さい。

ネット審査以外の申込方法もある

プロミスでも他の消費者金融・銀行カードローンでも、ネット申込みが一番便利なのですが、他の方法も、プロミスn申し込みでは使えるようになっています。

  • 郵送
  • 来店
  • 電話
  • 自動契約機

などですね。また、ネット審査については2通りの申込方法があり、「カンタン入力」「フル入力」となっています。カンタン入力を選ぶと、本審査は電話ですることになるので、WEB完結の審査がいい人は、フル入力を選ぶようにして下さい。

楽天カードのキャッシング審査

楽天が提供するクレジットカードを「楽天カード」といいます。これはクレジットカード全般で言えることですが、楽天カードも「キャッシング専用」ではなく「ショッピング枠も使える」ようになっています。と言うより本来そちらがメリットです。

そのため「楽天カードのキャッシング審査」というよりは、普通の「審査」ですが、以下その流れやポイントを書いていきます。

審査結果は、早ければ即日出る

クレジットカードの審査結果は、出るまで数日や1週間かかると言うものも多いですが、楽天カードの審査結果は、早ければ即日わかるようになっています。

そういう点では、非常に審査スピードの早いクレジットカードなのですが、最短即日審査ができることと、即日発行ができることはまったく違うので、この点は注意してください。

カードが届くまでは最短3日、平均1週間

楽天カードは、審査完了してからカードが自宅に届くまで、最短で3日となっています。平均で1週間なので、一応1週間と思っておいた方がいいでしょう。

銀行のキャッシュカードと同じで、これは自宅で本人が受け取る必要があります。そうでないと、何らかの詐欺に使われる可能性があるからです。

このため、留守にすることが多い人だと、受け取りが多少厄介かも知れませんが、それはキャッシュカードでも他のクレジットカードでも同じです。この点は理解して下さい。

キャッシング枠があるかは、人による

楽天カードの発行が無事にできても、キャッシングができるかはわかりません。クレジットカードのキャッシング枠というのは、ついていない人もいるからです。

実際、私は学生時代に楽天カードを発行しましたが、ショッピング枠が20万円ついていたのみで、キャッシング枠はありませんでした。これは信用度が低かったからですが、信用度(クレジットスコア)が低い人は、社会人でもキャッシング枠がついてこないということがよくあります。そのため、楽天カードの審査に通過しても、必ずキャッシングできるとは限らない…という点に注意してください。

キャッシング審査の流れ・まとめ

以上、アコム・プロミス・楽天カードのキャッシング審査の流れや、それぞれの特徴について書いてきました。最後に補足として、いくつか重要なポイントをまとめていきます。

銀行カードローンなら午前中に申し込むのが基本

今回は銀行カードローンについては書きませんでしたが、銀行カードローンでか審査に申し込む場合は「午前中に申し込む」というのが基本です。

三井住友銀行カードローンや新生銀行カードローン レイクなどは、毎日夜9時まで最短当日審査をしていますし、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」も17時~20時までと、かなり遅い時間まで最短即日審査に対応しています。

しかし、例えば楽天銀行スーパーローンは14時頃までに審査の申し込みが必要ですし、みずほ銀行カードローンなども「午前中の申し込みが基本」となっています。

特に地方銀行のカードローンなどは「平日の午前中」が事実上の締切時間になっている…ということも多いので、できるだけ早めに申し込むようにして下さい。

14時を過ぎたら、銀行カードローンでなく消費者金融一択

一応、新生銀行カードローン レイクや三井住友銀行のような例外もあるのですが、基本的には、14時を過ぎた後の借り入れは、すべて消費者金融でした方がいい…と思ってください。

このように銀行の営業時間が終わる頃でも、最短当日借入ができる銀行カードローンは限られていますし、万が一審査落ちした時でも、スピーディーに審査してくれる消費者金融だったら、またすぐ次のキャッシング業者で審査の申し込みをして、何とかピンチをしのぐ…ということができるわけです。

仮に審査落ちしないにしても、やはり時間に余裕がある方がストレスもないですから、そのような時間帯であれば、キャッシングの審査は消費者金融で受ける…というのが基本だと考えて下さい。

キャッシングコラムに関連するその他の記事