キャッシングコラム

「キャッシングコラム」のコンテンツ

おまとめローンを利用して借金を一括返済したい方はこちら

複数の借入先がある

借金の一本化も、当然できる人とできない人がいます。すべての借金総額が「年収の3分の1以下」なら、一本化できることが多いですし、それ以上の場合は、その人の状況・条件によります。

ただ、わかりやすい基準としてはそもそも、おまとめローンの審査に落ちるくらいの多重債務だったら、もう債務整理をした方がいいという考え方もあります。債務整理はある程度「返済不能」と認めてもらえる状態でなければいけませんが、ある意味では「そのくらい苦しい」ということで、「債務整理をするチャンス」でもあるのです。

おまとめか債務整理、どちらかはできる

冒頭の内容をまとめると、どれだけ借金で困っても、借り入れの一本化か債務整理のどちらかはできるということです。つまり「最低限、窮地を脱することはできる」というわけですね。

「いや、債務整理はちょっと…」と思われるかも知れませんが、法律の知識が少しでもある人なら「おまとめローンで一本化できたら理想だけど、できないなら債務整理で特に問題なし」と答えるでしょう。

自己破産にしても個人再生にしても、債務整理の決定的なデメリットというのは、その後5年~10年、新規のクレジットカードなどが作れないということくらいです。逆に言えば「それ以外のデメリットは、特にない」のです。

国は「借金を全額返済しろ」とは言っていない

そもそも、債務整理やそれに関する知識・法律を学ぶとわかりますが、日本政府や金融庁は、借金を全額返済しろとは言っていないんですね。「どうしても返せない時は、自殺したり野垂れ死んだりするより、自己破産して、借金がチャラにしてくれた方がいいです」と言っているわけです。

(実際、その方が道徳的にも経済的にも、明らかに社会全体のメリットですからね)

そして、キャッシング業者やクレジット会社などの側も、現実に毎年一定の債務整理が出る以上「それも想定した金利」を設定しています。スーパーやコンビニでいう「万引きコスト」に近いものですが、もし借金の一本化ができなかった場合は、債務整理をしてしまっても何も問題ないわけです。

債務整理のデメリットは、実はほとんどない

先ほど「債務整理のデメリット・短所はほとんどない」と書きましたが、本当に驚くほど日常生活に影響しません。一番ヘビーな債務整理である「自己破産」でも、その後のお給料は全部自分のものになりますし、貯金をすることも可能となっています。

破産する時点で持っている自動車とか住宅、100万円以上の貯金などは放棄しなければいけません。しかし、自己破産するくらいの人なら、これらも「最初から持っていない」という人が多いので、そうした方にとっては「自己破産すら、デメリットがほぼない」のです。

借金コンサルタント・猫次郎氏の言葉

多重債務から復活した有名人として、吉田猫次郎さんという方がいます。借金コンサルタントとしても有名な方ですが、「いざとなったら債務整理していい」というのは、猫次郎さんも言われていることです。

猫次郎さんが言うには、「ギャンブルなどで、最初から破産することがわかっていてした借金は微妙だけど、事業や生活のため、つまり生きるために仕方なくした借金であれば、返済できなくても、きっぱり謝って、債務整理などで対処すればいい」ということを言われています。

また、やはり返済できないことは申し訳ないことですし、ピンチの時にそのキャッシング業者や銀行などが助けてくれたわけですから「それに対する感謝の気持ちは、忘れてはいけない」と言われています。

つまり、債務整理自体がいい悪いではなく、「どんな気持ちで借金をしたのか、債務整理をしたのか」ということが大事なわけですね。これは動植物を殺して食べる時にも言えることでしょう。

…というように、いざという時には債務整理という方法もありますし、もちろん、それに至らずにおまとめローンで一本化できたら、それはそれで理想です。要は「どちらに転んでも大丈夫」ということなので、多重債務や借入超過で、あまり思い悩まないようにしてください。

(もちろん、借り入れの一本化も含めて、適切な行動を取っていくことは大事です。楽観して寝ていればいいというわけではありません)

おまとめローンは、銀行と消費者金融どっちがいい?

いざ借金の一本化をすることになったら、銀行カードローンと消費者金融のおまとめローン、どちらを利用するのがいいのか。ここではその比較をしていきます。

大体の人は消費者金融の方がいい

基本的に、ほとんどの多重債務者の方々は、消費者金融のおまとめローンを利用した方がいい、と言えます。理由は、そもそも、多重債務になる時点で信用度が低いので、銀行の審査は厳しくなることが多いというものです。

もちろん、借入総額やこれまでのクレジットヒストリー、あるいは職業や年収などの総合的な条件によっては「銀行カードローンでも問題なく借りられる」ということはあります。この辺は完全にケースバイケースなのですが、「客観的に見て、自分の経済的な信用度が、平均以下か、以上か」で判断しましょう。

  • 有利な場合…銀行カードローン
  • やや不利な場合…消費者金融

このように申し込み先を使い分ければ、審査通過率はより高くなるでしょう。

(これは別に消費者金融の方が銀行カードローンより劣る借入先というわけではなく、最初から金融用語でいう「信用リスク」によって、お互いこのように住み分けをしているのです。なので、このような区別だと考えて、大体問題ありません)

職業や年収など、属性情報のいい人は、まず銀行から

上に書いた通り、ある程度自分の年収や職業などの条件に自信がある人は、まずは銀行カードローンで申し込むようにしましょう。もし銀行カードローンで借りられるなら、消費者金融のおまとめローンよりも銀行カードローンの方が低金利だからです。

そして、もし銀行カードローンで審査に通らなかったら、消費者金融のおまとめローンで借りるというようにするのがいいでしょう。

低金利にならなくても、一本化するだけで有利になる

銀行カードローンで一本化することができず、消費者金融のおまとめローンで一本化する事になっても、これはこれでまったく問題ありません。問題ないというより、これでも十分有利になります。

確かに低金利になった方が理想ですが、そもそも多重債務というのは「まとめて一本化するだけでも、十分に有利になる」ものなんですね。これは現時点で多重債務者である方々が、一番良くわかるでしょう。

借入先が複数あるというだけでも、ストレスがたまりますし、自分の借入状況が正確に把握できず、無駄な返済の手間・手数料が増えてしまいます。なので、その混乱状態を脱出できるというだけでも、消費者金融のおまとめローンなどで一本化するメリットがあるわけですね。

一括で返せる金額を借りたい

当然ですが、借金の一本化をする時には「現時点の借入残高を、すべて一括返済できる金額」を借りる必要があります。それだけの金額を借りて、A社・B社・C社とすべて返済して解約し、最初に「まとまったお金を貸してくれた」D社だけが残る…、というのがおまとめローンの仕組みです。

そして、その「一括で返せる金額」というのは、消費者金融と銀行カードローンで、それぞれいくらまで融資してもらえるのか。ここではそれをまとめていきます。

消費者金融のおまとめローンは「300万円」まで

消費者金融のおまとめローンは、下の3つの会社・ブランドが提供しています。

  • アコム
  • プロミス
  • アイフル

この内、アコム・プロミスのおまとめローンは「300万円まで」となっています。そして、アイフルの「おまとめMAX」だけは「500万円まで借入可能」となっています。しかし、消費者金融が300万円以上融資するということは、おまとめでも普通のキャッシングでも珍しいので、大体300万円が上限…と思っておいた方がいいでしょう。

銀行だったら「500万円~1000万円」

銀行カードローンは、おまとめローンというのは基本的にありません。(新生銀行カードローン レイクなどの一部の例外を除けば)

なので、普通のキャッシングの最高限度額が、そのままおまとめローンの最高限度額になります。そして、その普通の与信枠で見ると、「500万円~1000万円」となっています。なので500万円を超える高額の多重債務の一本化なら、銀行カードローンを利用すると考えるといいでしょう。

そもそも個人再生で「5分の1」にできるケースも

「銀行カードローンの審査は通らないけど、消費者金融の300万円では足りない」…というような場合は、そもそも「個人再生」という債務整理を使う方法もあります。

これは借金総額を最大で5分の1にできるというもの。(正確には法的には10分の1なのですが、これは「数千万円借りている場合」なので、普通の人には関係ありません)

こうした方法で「一度借金総額を減らしてから、おまとめローンを利用する」という方法もありです。債務整理は一種の「ブラックリスト」になるので「おまとめローンの審査に通らなくなる」ということもあるかも知れませんが、キャッシング業者によっては(主に中小業者なら)相談の上で、これもできるかも知れません。

借金をおまとめローンで返す・まとめ

以上、多重債務の借金をおまとめローンで返済する…というやり方についてまとめてきました。最後に特に重要なポイントを、再度強調して説明していきます。

返済先が一箇所になるだけで、大幅に楽になる

まず、一番重要なことはこれです。たとえ金利が下がることがなくても、借入先が一箇所に絞られるだけで、一気に楽になるということですね。たとえば消費者金融のおまとめローンだと、「借入総額が100万円以下だと、一本化をしても金利が変わらない」というケースがよくあります。

消費者金融の普通のキャッシングの実質年率は「18.0%」が基本ですが、おまとめローンでもそのままに近い金利…となりやすいわけですね。(もしくは、完全にそのまま)

しかし、それでも上に書いた通り「借入先が絞られて、返済のストレスがなくなる」というだけで、大きなメリットがあるのです。なので、あまり完璧主義にとらわれず、「まずは一本化するだけで意義がある」と考えて、少額でも積極的に一本化をすることをおすすめします。

おまとめか債務整理のどちらかは、絶対にした方がいい

これも序盤で強調したことですが、多重債務で苦しんでいる以上、「おまとめローン」「債務整理」のどちらかの選択肢は、必ず選ぶべきだといえます。債務整理というと大げさに感じるかも知れませんが、たとえば「任意整理・特定調停」という一番軽いものであれば、自己破産などと違い、比較的気軽にできます。

任意整理・特定調停は、簡単に書くと借金総額の減額や、利息の一部カットなど、内容は何でも自由というもの。キャッシング業者や銀行カードローンとの話し合いによって決める、ということですね。

最近は司法書士・弁護士の依頼料金も安くなってきていますし、こうした軽度の債務整理であれば、意外と簡単にできるのです。なので、債務整理も含めて、多重債務をいかにクリアするか…ということを考えてみてください。

キャッシングコラムに関連するその他の記事