今すぐ借りたいスピードキャッシング

「今すぐ借りたいスピードキャッシング」のコンテンツ

急な出費で今日中に3万円借りたい!どうすればいい?

金欠(お金がない)

急な支出で3万円借りたい…、という場面だったら、消費者金融がおすすめです。「最短60分」で借り入れができ、30日間無利息でキャッシングできる…という理由からです。以下、急な出費が生じた時のキャッシングについて、まとめていきます。

プロミス・アコム・アイフルがおすすめ

30日間無利息のキャッシングは、大手の消費者金融の中ではこの3つのブランドで利用可能となっています。プロミスはポイントを蓄積すれば何度でも利用可能で、アコム・アイフルは最初のみとなっています。

(プロミスの場合は、メールアドレス・WEB明細利用の登録も必要になります。)

3万円程度の借り入れだったら、1ヶ月あれば全額返済できるという方が大部分でしょう。少なくとも、他の買い物を多少我慢すれば何とかなるはずです。

そのため、これらのような「30日間無利息の消費者金融」で借りたら、「完済まで利息ゼロでOK」となりやすいわけですね。そのため、大手の消費者金融の中で急な出費の時に借り入れするなら、この3つの消費者金融をまずおすすめします。

融資まで最短60分、審査は最短30分

冒頭に書いた通り、審査スピードの早さも、これら大手の消費者金融の特徴・メリットです。審査作業だけなら「最短30分」で、融資に関するすべての手続きや作業を合算すると「最短60分」という風になっています。つまり、最短の場合は、申し込みしてから1時間後には、もうお金が振り込まれている(あるいは引き出せる)ということです。このスピード感は、大手の消費者金融ならではのものだと言えるでしょう。

無利息期間なしなら、SMBCモビットもおすすめ

無利息サービスなしでいいなら、SMBCモビットでお金を借りるのもおすすめです。理由は10秒で簡易審査結果表示できるシステムがあるので、急ぎでお金を借りたい時に一番いいということ。急な出費の時は、利息が安いのもメリットかも知れませんが、やはり「最速で借りられる」というのが一番重要でしょう。

SMBCモビットの審査の所要時間も「最短30分」で(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)、この点は先述のアコム・アイフル・プロミスと変わりありません。しかし、SMBCモビットのように「10秒で簡易審査結果表示」というのは、プロミス・アイフル・アコムだけではなく、ノーローンや銀行カードローンなど、すべての大手の借入先を見ても、SMBCモビットだけのメリットなのですね。

この10秒簡易審査というのは、もちろん「お試し診断・借入診断」のようなものではありません。勤務先情報・自宅情報・借入状況など、審査の申し込みのフォームから、すべての審査項目を記入して送信する―、その情報を全部審査した結果です。

つまり、その後在籍確認の電話や個人信用情報のチェック、身分確認資料の真贋の判定などで問題なければ、そのまま借入可能となるわけですね。

逆に、10秒簡易審査の結果が「借入不可」ということであれば、その後よほどのことがない限りは、本審査の結果が変わることはないので、「SMBCモビットでキャッシングできるかどうか、大体10秒でわかる」ということなのです。これは急な出費で今日中にお金を借りたいという方には、非常に役立つシステムでしょう。

何時までに申し込めば、今日中に借りられる?

今日中にキャッシングしたいという場合は、何時までに審査の申し込みをすればスピード借入ができるのか。これは、銀行カードローンで借りるか消費者金融で借りるかによって当然違います。ここでは消費者金融をおすすめしているので、まず消費者金融から書いていきましょう。

消費者金融なら21時~22時までスピード審査

ノーローン・SMBCモビット・アコム・アイフルなどの大手の消費者金融は、21時~22時まで毎日スピード審査をしています。キャッシングブランドによって時間(締切時間)が違っていて、下のようになっています。

  • SMBCモビット・アイフル・ノーローン…夜9時(21時)まで
  • アコム・プロミス…夜10時(22時)まで

このように、ノーローン・アイフル・SMBCモビットと、アコム・プロミスでは、1時間違うわけですね。なので「今日中にお金を借りたい」という方で、夜間ギリギリの時間で借りようとしている方は、プロミス・アコムの方が受付時間が長いので、申し込みやすいわけです。

1~2時間前には申し込む

上に書いた時間は、率直なところ「その時間までに申し込めばいい」のか「その時間で審査が終わってしまう」のか、ハッキリとはわかりません。その時の申し込み状況などによっても変わるので、明確には決まっていないのだと思われます。

そう考えると、「21時~22時」というジャストの時間に申し込むのではなく、その1~2時間前、つまり19時~21時程度には申し込むようにしておくべきでしょう。

実際、キャッシングの審査でも何でも人間が何かをする時は、大抵予想外のトラブルが起きるものです。たとえば自動契約機・無人契約機で借りようとして出向いたら、身分証明書を忘れていた…というようなトラブルですね。

そのような不測の事態に備えるという意味でも、やはりスピード審査の受付時間の1~2時間前には遅くとも審査の申し込みをするようにする…と考えてください。

銀行カードローンの審査の締切時間は?

銀行カードローンは、消費者金融と違ってスピード審査の受付時間がバラバラになっています。「午前中に申し込まないとダメ」という所もあれば、「14時まで」という銀行カードローンもありますし、消費者金融のように「夜9時までスピード審査」という所もあります。

21時までスピード審査をしているのは、三井住友銀行カードローン・新生銀行カードローン レイクです。これよりやや短くなって、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」が、平日だったら20時まで…という時間設定でスピード審査をしています。

その他の銀行カードローンは、基本的に午前中~14時までには審査の申し込みをしないといけない…と思ってください。

「3万円だけ」借りることは可能か

「今日中に3万円キャッシングしたい」という場合、3万円という必要な金額がはっきり決まっているわけですから、「それ以上の借り入れはいらない。代わりに審査に申し込みやすくしてほしい」と思っている方もいるでしょう。そのように「3万円だけ」キャッシングすることは可能なのかを説明します。

最小の借入枠は「10万円」からだが…

大手の銀行カードローン・消費者金融の場合、一番小さいキャッシング枠で「10万円から」となっています。つまり「3万円」のような少額の借入枠はないということですね。

しかし、「3万円だけ借り入れる」というのは可能です。与信枠は10万円でも、その中で3万円だけ自主的に借りればいい」だけだからです。7万円は無視するということですね。

10万円分のクレジットスコア(信用度)は必要

ただ、キャッシング枠として10万円が設定されるということは、「借りようと思えば、いつでも10万円借りられる」ということ。消費者金融・銀行カードローンとしてはそのため、「10万円貸し付けても大丈夫な人」にしか融資をしないということです。

なので「3万円だけキャッシングしたい」という場合でも、「10万円借りられるだけの年収や勤続年数・勤務先の安定度」などの条件が必要になる、ということですね。ただ、10万円借りるということはそれほど難しいことではありません。一般的な生活をしている方であれば、ほとんどの人が借りられると思って下さい。

「一般的な生活」とは?

これはたとえばですが、下のような条件になります。

  • 20才以上である(18才・19才は不可)
  • パート・アルバイトなど何らかの仕事をしている
  • もちろん、会社員・OL・公務員ならなお良し
  • 現時点で他社借入がない
  • これまでブラックリスト入りしたことがない
  • 最低限勤続3ヶ月以上ある

他にも条件はいくつかありますが、大体このようなものです。どの審査項目をとっても、普通の人であることがわかるでしょう。

多少注文が細かいのは「勤続月数」ですが、これにしても一般的な感覚なら、3ヶ月働いていない職場では、いつやめるかわからないと感じられるはずです。そのため、最低限3ヶ月の勤続月数が必要…というのも普通のことでしょう。

というように「ごく普通の生活」をしている人であれば、キャッシングの審査で10万円の借入枠をもらうのは「楽勝」なのです。そこから3万円借りて、次の給料日などに返済するだけなので、大して難しく考える必要はありません。

急な出費で3万円借りたい・まとめ

以上、急な出費をまかなうために、今日中に3万円キャッシングしたいというケースについて、必要な知識やおすすめなどをまとめてきました。最後にいくつかのポイントを、追加で補足していきます。

大抵、10万円全部使いたくなるが…

最初は3万円だけキャッシングする予定だった人でも、10万円のキャッシング枠をもらうと、ついつい後日10万円まで使い切ってしまうものです。これはかなりの確率でそうなります。統計があるわけではありませんが、過半数の利用者はそうなるでしょう。

そもそも、たとえ急な支出だったとは言え、借り入れが必要になった時点で、その人の資金繰りや収支のバランスは黄信号が点滅しているわけですね。となると、その「3万円の急な支出」が終わった後でも、また何かしら同様のことが起きる可能性は、非常に高いのです。

お金があると、用事をこなしてしまう

もし追加借入ができない状態だったら、その新しい「急な出費」の用事を、断ったかも知れません。しかし、なまじお金がある(キャッシングですが)と、ついつい引き受けてしまうわけですね。

友達の結婚式にしても、飲み会にしても、誰かへのプレゼントにしても、おみやげにしても、とにかく「それをしないといけない」気がしてしまうのです。お金さえなければ「お金がないから無理」と、はっきり決断できるのですが…。

このように、3万円のキャッシングのために10万円の与信枠をもらい、まだ限度額が余っている…という状態は少々危険でもあります。早めに3万円稼いで完済し、できれば解約してその後は使わないようにした方がいいでしょう。

(これは消費者金融・銀行カードローンなどのビジネスを否定しているのではなく、「人間、何度も手術をしない方がいい。薬も飲み続けない方がいい」というだけの話です。キャッシングというのは、家計の西洋薬であり、外科手術なのです。)

今すぐ借りたいスピードキャッシングに関連するその他の記事