今すぐ借りたい即日キャッシング

「今すぐ借りたい即日キャッシング」のコンテンツ

お金がないときはカードローンキャッシングで乗り切ろう!

金欠(お金がない)

お金がない時、キャッシングで乗り切る人は多いです。もし、リサイクルショップに売れるような不要品がたくさんある場合は、それを売ってお金を確保するという手もありますが、そのような時間がないという切羽詰まった場面では、やはりキャッシングが一番です。

最短60分でお金が手に入る方法

「短時間でお金が手に入る方法」などと書くと、何やらあやしげな「ネットビジネス」のようですが、実際、キャッシングでは「最短60分」という短時間で、現金を手にすることがで来ます。もちろん、これは借金であって自分のお金ではないので、この点はくれぐれも勘違い詩ないようにして下さい。

(何を当たり前のことを、と言われるかも知れませんが、これを勘違いして多重債務者・借入超過者になってしまう方が、本当に多いのです。人間は、自分たちが思っているほど賢くないのです)

審査は最短30分、融資までは最短60分

上の最短60分というのは「審査通過後の説明なども全て含めたトータルの時間」です。「審査作業だけ」だったら「最短30分」で終わるようになっています。

もちろん、全てのキャッシング業者がそのようなスピード審査をできるわけではありません。消費者金融だったら、SMBCモビット・アイフル・アコムなどの、有名なキャッシングブランドに限られます。(一応、中小業者でもそのくらいのスピード審査をしている所もありますが、あまりおすすめできません)

その他、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」や静岡銀行カードローン「セレカ」などの銀行カードローンでも、同様に「最短30分」というスピードで最短当日審査をしています。このように、審査が厳しい銀行カードローンであっても、条件さえよければ短時間ですぐにお金を借りられる時代になっているわけですね。

不要品の売却だと、最短60分は不可

この「最短60分」という短時間で資金調達することは、不要品の売却などの方法では当然不可能です。リサイクルショップと自宅を往復するだけでも、1時間は確実にかかるでしょう。人によってはもっとかかるはずです。(そもそも、どこにリサイクルショップがあるか、から調べないといけないですからね)

また、下のような時間もかかります。

  • 不要品についた埃や汚れを取る時間
  • リサイクルショップで査定してもらう時間
  • 物によっては、マンションの上階から下ろして、車に積む時間

…と、考えただけで人によっては「丸一日かかるわ…」と思うような作業です。特にマンション暮らしだと、意外と大変なのが最後です。特にタワーマンションの最上階など、悲惨ですね。

不要品の売却によってお金が必要な用事を乗り切るというのは、確かに借り入れに頼らないという点ではいい方法です。しかし、こうした手間を考えると、どう考えても「大至急お金が必要」という場面では間に合わないので、そのような時にはキャッシングを利用するべき、ということです。

携帯電話一つで、すぐに申し込み可能

消費者金融でも銀行カードローンでも、キャッシングの審査は携帯電話一つで、すぐに申し込めるようになっています。ガラケーでもOKですが、スマートフォンやタブレットだったらもっと楽です。

  • スマートフォンなら、専用アプリで申し込める
  • タブレットは、アプリでもPCサイトでも申し込める
  • 必要書類の送信も、スマートフォン・タブレットのカメラで可能
  • 確認電話も、そのままスマートフォン・タブレットで受けられる

このように申し込み・提出書類の送信・確認電話を受ける作業、とすべてを携帯電話一つでできるというわけです。パソコンだと「パソコン+携帯電話」になりますが、何にせよ、非常に簡単な手続きでキャッシングができるということは間違いありません。

キャッシングでいくらまで借りられるのか

お金がないというのが「どのくらい、ないのか」にもよりますが、中には「50万円足りない」という強者もいるでしょう。そのような高額の借り入れが必要な方の場合、「キャッシングでいくら借りられるのか」という、借入限度額も気になるはずです。ここでは、そうしたキャッシングの借入枠について書いていきましょう。

10万円はほとんどの人が借りられる

よほど問題がない限り、10万円は大体の人が借りられるようになっています。具体的には、最低限下のような条件を満たしていれば、10万円はキャッシングできることが多いです。

  • アルバイト・パートでもいいので、働いている
  • 月収が5万円~7万円ある
  • 勤続月数が3ヶ月以上ある
  • 他社借入がない
  • ブラックリスト入りしていない

このような条件です。他社借入については、もう少し月収が多い人であれば、多少他社での借入残高があっても、審査に通ることはあります。一応、月収5万円や勤続3ヶ月というようなギリギリの属性情報だと、他社借入がない人でなければ、少々厳しい…ということです。

10万円というのは、キャッシングの借入枠の中で、最小の金額なので、10万円のキャッシングわがもらえないということは、審査自体落ちるということです。逆に言えば審査に通った人であれば、誰でも10万円は借りられるということになります。

アルバイトでも30万円は可能

パート・アルバイト・フリーターの方々でも、ある程度条件がよければ30万円キャッシングできることも多いです。具体的には、下のような条件が一例として挙げられます。

  • 勤続1年以上
  • 月収8万円以上
  • 他社でのキャッシング残高がない
  • 返済トラブルを起こしたことがない

大体先程の10万円の条件と同じですが、それがレベルアップしたものですね。返済トラブルというのは具体的には債務整理・代位弁済・過払い請求・重度の遅延…というような、いわゆるブラックリストの情報になります。こうしたあまりにも大きな返済トラブルを起こしていない限りは大丈夫ということです。

(たとえばクレジットカードの支払で、数日遅延・延滞した…というようなレベルだったら、ブラックリストというほどではありません。その関連会社でキャッシングする場合は、影響することがありますが)

会社員・OLなら、50万円も融資可能

フリーター・アルバイト・パートというような非正規雇用の方々とは違い、会社員・OL・公務員として働いている方々であれば、さらに上の50万円のキャッシング枠を手にする…ということも可能です。(手にするなどというと大げさですが)

一応、アルバイト・パートでも50万円の借入枠が設定されることはあります。しかし、最初から50万円はめったになく、借入・返済の実績を積んでいくうちに、50万円まで増額されるというパターンが多いといえます。

一方、会社員・OL・公務員の方々については、「いきなり50万円もある」というのが、パート・アルバイト・フリーターの方々との大きな違いです。もちろん、これも誰でもそうなるというわけではありません。

たとえば新卒で入社したばかりの新入社員の方々などは、やはり「最高でも30万円」となることが多いです。月収の手取りが少ない場合は、10万円から始まることも多いでしょう。

この辺、キャッシングの審査の基準というのは、完全に千差万別で、一概に「この条件だとこの与信枠」ということは言えません。その人のこれまでのクレジットカードの利用実績なども影響してきますからね。(たくさん借りて、たくさん返済している人は、クレジットヒストリーが良好ということで、同じ年収でも審査に通りやすくなります)

このように、会社員・OL・公務員の申込者でも、キャッシング枠がいくらになるかは完全ケースバイケースです。ただ、全体的に見れば「30万円・50万円が多い」と思って下さい。

30日間無利息などのサービスもある

お金がなくてキャッシングをするということは、当然そこから先の返済も、しばらくは大変でしょう。しかし、利息がなくなるだけでも、かなり楽になるはずです。ここでは、そのようなお金がない方々にとって福音と言える、30日間無利息のサービスについて説明していきます。

アコム・プロミス・アイフルで利用できる

大手のキャッシングブランドの場合、30日間無利息でキャッシングが利用できるのは、アコム・プロミス・アイフルの3つの消費者金融です。これはでは3つのブランドとも「初回のみ30日間無利息」という条件だったのですが、今ではプロミスは、ポイントを貯めることによって、何度でも30日間無利息にできるという風に、サービスが進化しています。(なので、一番お得なのはプロミスですね)

プロミスで30日間無利息で借りるには、申込み時にWEB明細の利用や、メールアドレスの登録をする必要がありますが、これは手間も特にかからないので、大したことではありません。(一応、忘れないようにしておいて下さい。)

1ヶ月で完済すれば、利息は完全にゼロ

この30日間無利息というサービスの素晴らしい所は、1ヶ月で完済すれば、何事もなかったように利息ゼロで、その借り入れを終えられるということです。10万円や50万円という大金を貸してもらったのに、何のお礼もしなくていい…というような感じですね。まるで親からの借り入れのようです。

実際には、50万円などの高額キャッシングをした場合、さすがに1ヶ月で完済というのはなかなか難しいでしょう。しかし、ボーナスの直前など、時期によっては高額借入でも1ヶ月で完済できるという点も指摘できます。そのような場面では多少大きい金額を借りても大丈夫でしょう。(審査の段階で、ボーナスの月も答える消費者金融の場合は、それによって審査に通りやすくなることもあります)

1ヶ月過ぎても、問題なし

30日間無利息にしても、他の5万円まで180日間無利息などのサービスにしても、無利息期間というのはその期間をオーバーした瞬間、それまでの利息が一気に大量に発生するのでは?という不安を持っている方が多いようです。しかし、このような心配はありません。別にトラップを仕掛けているわけではないのですから、そんな利用者にプレッシャーを与えるようなルールを、銀行カードローン・消費者金融が設定するわけがないのです。

たとえば30日間無利息だったら、最初の1ヶ月分の利息は、これから先、未来永劫支払う必要がないというシステムになっています。「なかったことにして」という郷ひろみの名曲がありますが、まさに最初の1ヶ月の利息は「なかったことにして」くれるわけです。

そのため、別に1ヶ月で完済できなくても、全然問題ないわけですね。最初の1ヶ月の利子が亡くなるだけで、確実に得するわけですから、この30日間無利息というサービスは、積極的に利用していただきたいと思います。

その他の無利息キャッシング

30日間無利息以外にも、キャッシングの世界にはいろいろな無利息サービスがあります。

  • 5万円まで180日間無利息…新生銀行カードローン レイク
  • 何度でも1週間無利息…ノーローン
  • 最大45日間利息キャッシュバック…静岡銀行カードローン「セレカ」

無利息サービス関して最強なのは新生銀行カードローン レイクで、初回30日間無利息に加えて、さらに、5万円まで180日間無利息という珍しい、独特のシステムも持っています。最初の1ヶ月でできるだけ返済して、残りの半年の借入総額を、5万円に近い少額にしておけば、ほとんど利息を払う必要はない…ということです。もしくは、最初から5万円借りるだけだったら、半年間完全に利息ゼロになるというわけですね。

このように、現代のキャッシングは、金利・利息面でもかなりお得にできています。もちろん、返済が長引いたらこれらの無利息期間のメリットも薄れていくわけですが、できるだけ早く完済するようにすれば、何も問題ありません。

(基本的にキャッシングでも何でも、この世は真面目な人が得するようにできています)

お金がない時の対処法・まとめ

以上、お金がない時の対処法として、ベストのものの一つである、消費者金融・銀行カードローンなどでのキャッシングについてまときました。最後に注意点を補足すると、いくらお金がないと言っても、クレジットカードの現金化・ヤミ金・偽装質屋などからお金を借りるのは、絶対に駄目ということです。

ヤミ金については言うまでもないでしょう。偽装質屋も、高齢者の方々以外は、存在自体知らないと思います。

危ないのはクレジットカードの現金化で、これは特に若い人がよく引っかかります。何となくイメージが良さそうなので、消費者金融でお金を借りる前に、クレジットカードの現金化を利用してしまうという人もいるくらいです。

しかし、これは膨大な手数料を取られた上に、クレジットカードの利息も自分で支払うということで、悪質極まりない商売です。絶対に引っかからないようにして下さい。

今すぐ借りたい即日キャッシングに関連するその他の記事