今すぐ借りたい即日キャッシング

「今すぐ借りたい即日キャッシング」のコンテンツ

今日中に『現金』を借りたい人のためのキャッシング方法まとめ

現金1万円

現金を今日中に借りたい―、というケースは誰にでもあるものです。「買い物ならクレジットカードですればいい」という指摘もあるでしょうが、たとえば税金の支払いだったり、クレジットカードの引き落としだったりすると、現金でないと払えないということですね。

そのように、今日中に現金でキャッシングする必要がある場合のポイントを、まとめていきます。

現金を今日借りたいなら、消費者金融

まず、借入先については、アイフル・アコム・モビットなどの「大手の消費者金融」で借りるようにしましょう。中小業者で借りる必要もないし、銀行カードローンを選ぶ必要もない、ということです。

こう書かなくても、初めてキャッシングする人は大体これらの大手の消費者金融で申し込むので、あえて書かなくても大丈夫かも知れませんが、これらのキャッシング業者・ブランドで借りるべき理由をまとめます。

申し込みから融資まで、最短60分で借入可能

まず、「今日中に借りたい」ということは、当然、審査と融資のスピードの早さが必要なわけです。その点で、審査申込みから実際の融資まで、最短60分でできるこれらの大手の消費者金融は、圧倒的に優れています。

審査完了だけだったら最短30分でできる、というくらいのスピードなので、たとえば「審査結果だけでもすぐに知りたい」という人にとって、これらの消費者金融のサービスは、非常に有効なものです。

急ぎの時、銀行カードローンで借りる理由はない

大手の消費者金融と並んで、多くの人がキャッシングする時の選択肢に挙げるのは、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」などの、大手の銀行カードローンでしょう。しかし、「今日中にお金を借りたい」という場面でこれらの銀行カードローンを選ぶ理由はないということを知ってください。

理由はまず「最短即日キャッシングがしにくい」「審査スピードが遅い」(消費者金融と比較して)ということですが、もう1つ「実は、少額の借り入れだったら、消費者金融と銀行カードローンの金利差は、ほとんどないも同然」という点も指摘できます。これについて、詳しく書きます。

30万円以下なら、銀行との利息差もない

「今日中に現金でキャッシングしたい」という場合、大抵は少額の借り入れでしょう。高額だったとしても30万円以下で大体おさまるはずです。

(急ぎでお金を借りたいという場面でもっと必要という人は、根本的に危険な状態なので、新たに借り入れするより、債務整理を検討する必要があります)

そして、そのように「30万円未満」という金額でキャッシングするなら、実は大手の銀行カードローン・消費者金融の利息差はそれほどないのです。具体的に1ヶ月の利息を書くと、それぞれ下のようになります。

銀行カードローン 3600円程度
消費者金融 4500円程度

このように「30万円という、それなりに大きな金額」を借りても「1ヶ月で900円」という利子の差しかないわけですね。10万円だったらこの3分の1、20万円だったら半分です。

「900円は大きい」という方もいるかも知れませんが、これだけキャッシングすることが必要になった方の場合、大体生活で「もっと大きな支出」を山程しているはずです。

たとえば、マイカーローンを組んで数百万円の車を買うとか、外食をひんぱんにするとか、そういう使い方ですね。もちろん、「そうでなく、つつましく生活していても、お金が必要になった」という場面もあるでしょう。

そのような方だったら仕方ないのですが、それでも「月900円」くらいだったら、多くの人が「どこかを切り詰める」あるいは「働いて稼ぐ」だけで、割と簡単に埋められる金額のはずです。

銀行カードローンと消費者金融の利息差はその程度しかなく、しかも「最短即日借入は、断然消費者金融の方がやりやすい」となっているのですから、あえて銀行カードローンを選択する必要がまったくないわけですね。

専業主婦なら、銀行カードローンで借りる

ただ、例外もあって無収入の専業主婦は、大手の消費者金融では借りられないというルールになっています。別に法的に決まっているわけではないのですが、それぞれの消費者金融が、自主的に「自分の収入がない専業主婦には融資しない」という方針を設定しています。

「中小の消費者金融」だったら借りられるが…

実は、上に書いた通り、専業主婦が消費者金融でキャッシングすることは「法的に禁止されているわけではない」ので、「中小の消費者金融だったら、専業主婦でもキャッシングできる」という事実があります。しかし、こうした中小業者で借りることは、あまりおすすめできません。理由を箇条書きすると下のようになります。

  • ごくまれに、悪質業者がまざっている
  • 中小業者は、ATMでの借入・返済が不便である
  • 大手のように審査がシステム化されていないので、即日借入しにくい

特に「今日中にお金を借りたい」という場合は、最後の「最短当日キャッシングがしにくい」というのが、かなりの難点になるでしょう。

先ほど大手の消費者金融と銀行カードローンを比較して「銀行カードローンは、最短当日借入がしにくい」ということを書きましたが、これは「アコム・プロミス・アイフルなどと比較した場合」です。

中小の消費者金融と比較したら、大手の銀行カードローンの方が断然、最短即日キャッシングがしやすいシステムになっているので、中小業者で借りるくらいなら、大手の銀行カードローンで申し込んだ方がいいということですね。(もともと、消費者金融より低金利ですし)

夫・旦那に内緒で借りられる銀行カードローンは?

専業主婦の女性がお金を借りる時、特に気になるのは「夫・旦那に内緒で借りられるかどうか」ということでしょう。この点は、借りる銀行カードローンを選べば問題ありません。

選び方としては、配偶者の同意書なしで借入可能な銀行カードローンを選べばいいのですが、一覧にすると下の通りです。

  • イオン銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 楽天銀行
  • みずほ銀行
  • じぶん銀行
  • 横浜銀行

これら以外の銀行カードローンもありますし、これらの銀行カードローンでも「状況・条件によって、配偶者の同意書やその他の書類が必要になる」ということもありますが、基本的には、口コミ・評判を見る限り、これらの銀行カードローンは「夫・旦那の同意書なし」でキャッシングできるようです。

専業主婦がスピードキャッシングできる銀行

上に書いた中で、特に「今日中に現金で借りる」時に申し込むべき銀行カードローンはどれか。これは三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」になります。理由は下の通りです。

  • 土日・祝日でも最短即日借入可能
  • 夜間でも最短当日審査できる
  • 三菱東京UFJ銀行の口座を持っていなくてもOK
  • 最短30分で審査できる

ということです。つまり「最短即日借入しやすい条件」を、すべて満たしているわけですね。もちろん、「平日だし、昼間だし、楽天銀行の口座を持っているから大丈夫」というような方であれば、他の銀行(この場合は楽天銀行)で借りるのがいいでしょう。

もし、土日・祝日・夜間・口座なしなど、不利な条件で最短当日キャッシングをするとしたら、三菱東京UFJ銀行(バンクイック)が一番いいということです。

学生が最短即日借入をしたい場合

学生でも「今日中に現金が必要」という場面はあるでしょう。学生の場合「親から借りる」というのが一番いいのですが、内容や使い道によっては、そうできない場面も多々あると思います。そうした場面での、学生の最短当日借入について、書いていきます。

学生ローンではなく、消費者金融で借りる

まず、いわゆる「学生専用ローン」はおすすめできません。理由は下の通りです。

  • 審査スピードが遅いので、当日借入しにくい
  • 土日審査に対応していない業者が多い
  • 夜間審査も、大手の消費者金融ほど対応していない
  • 借入・返済をコンビニATM・銀行ATMでできないので不便

上に書いた理由は、学生専用ローンによっては部分的に当てはまらない…ということもあります。しかし、総合的に見るとこういう傾向があるので、「今日中にお金を借りたい」という場面では、安定した収入があれば学生さんでも「モビット・アイフル・ノーローン」などの大手の消費者金融を選んだ方がいい」というわけです(安定した収入があればと文言を追加しましたが、消費者金融を利用するためには、アルバイトで少額でもよいので安定した収入が必要です)。

20才以上で、平均的なアルバイト収入があればOK

そして、アコム・プロミス・モビットなどの大手の消費者金融でキャッシングするために必要な条件ですが、これはさほど厳しいものでもありません(甘いものでもないですが)。

  • 20才以上
  • アルバイト収入がある

という2つの要素を満たしているだけで、学生でも借入資格を満たすことができます。もちろん、これはあくまで「申し込み資格を満たしている」というだけであって、これだけで、どの学生でも借入可能というわけではないので、その点は注意してください。

レディースローンには注意

学生が中小の消費者金融でお金を借りる時、学生専用ローンだったらまだいいのですが、ごく一部の「レディースキャッシング」(女性向けローン)には注意してください。あくまでごく一部の業者ですが、反社会勢力などとつるんで、女性を風俗店に回すことを目的としているキャッシング業者があるからです。

本当にごく一部であり、ほとんどのレディースローンの業者さんは、そのような違法業者ではありません。しかし、「収入がほとんどない学生なのに、何でこんなに高額を貸してくれるんだろう」と思ったら、「悪徳業者の可能性が高い」と思ってください。

現金を今日借りたい時のポイント・まとめ

以上、主婦の女性や学生のキャッシングも含めて、「現金を今日中に借りたい」という方々のための情報をまとめてきました。基本的にはあまり深く考えず「下の大手の消費者金融で借りる」ということだけ、意識していただければOKです(主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です)。

  • アコム
  • モビット
  • ノーローン
  • プロミス
  • アイフル

一番審査スピードが早いのはノーローンで「最短20分」という短時間で最短即日審査ができます。ただ、ノーローンはその分審査通過率が低い(審査が厳しい)という体験談・口コミも多いので、「今日中に確実にお金を借りたい」という人の場合、その他の4つの消費者金融の方がいいでしょう。実際問題、最短で20分と表記されているのか、30分と表記されているのかの違いしかありませんので、大手の消費者金融で申し込むのをお勧めします。

また、学生のキャッシング審査についての補足ですが、18才・19才でも一応お金を借りる方法はあります。最短即日借入は少々厳しいですが、下のような手順で、未成年・10代でもキャッシングが可能となっています。

  • 学生向けクレジットカードを発行する
  • そのキャッシング機能を使う

具体的には「三井住友VISAデビュープラスカード」「楽天カード」などのクレジットカードが、学生の審査に対して積極的です(あくまで積極的というだけで、学生に対して審査が甘い・ゆるいなどということは、もちろんありません)。

これらのクレジットカードだと、大体5万円~10万円のキャッシング枠をもらえるので、審査の結果、そうしたキャッシング枠をもらえた学生さんであれば、18才・19才でも、現金でお金を借りる…ということが可能です(ショッピングだけではなく)。

ただ、やはり「今日中に借りる」というのは難しいですし、そのお金が必要な用事が「どうしても、遅れるわけにはいかない」ものだったら、やはり確実にキャッシングするために、大手の消費者金融で申し込むことをおすすめします。

今すぐ借りたい即日キャッシングに関連するその他の記事