銀行系カードローンガイド

「銀行系カードローンガイド」のコンテンツ

銀行カードローン人気ランキング!サラリーマン・専業主婦借り入れOK

ランキング

この記事では、人気の銀行カードローンの中でも、特にベスト3といえる銀行カードローンを紹介していきます。こうした「おすすめランキング」はネットではよくありますが、「なぜ、その銀行カードローンがおすすめなのか」という理由も合わせて、チェックしてみて下さい。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

日本を代表するメガバンクである三菱東京UFJ銀行は、現時点ですでにメインバンクとして利用している方も多いでしょう。その三菱東京UFJ銀行が提供するカードローンが「バンクイック」です。バンクイックのメリットは、下のようになります。

土日・祝日&夜間でも即日借入できる

土日・祝日・夜間の即日キャッシングは、銀行カードローンだと難しくなっています。土日・祝日は最短即日審査をしていないという銀行カードローンは多いですし、平日でも午前中に審査申込みをしないと、即日借入はできないという条件の銀行カードローンが多くなっています。

しかし、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、土日・祝日の最短即日キャッシングに対応しているだけではなく、「平日でも土日・祝日でも、夜間まで最短当日審査している」という、便利なサービスが売り。特にギリギリのタイミングでお金を借りたいという時に、非常に役立つ銀行カードローンなのです。

最短30分で審査でき、三菱東京UFJ銀行の口座も不要

バンクイックは、最短当日審査の受付時間が長いというだけではありません。「実際に、審査にかかる時間」も非常に短いのです。最短30分というスピード審査が可能になっていますが、これは消費者金融と同じレベルです。

たとえば新生銀行カードローン レイクなどのように「上限金利が消費者金融とほぼ同じ」という銀行カードローンだったら、そのようにスピード審査をできるのもあり得るでしょう。しかし、「バンクイックの場合は、消費者金融よりかなり安い金利」なのです。それで消費者金融と同レベルのスピードで審査ができる、ということなんですね。

学生でも借入可能と、明記されている

借入可能な職業・属性の面でも、三菱東京UFJ銀行・バンクイックは他の銀行カードローンよりも有利になっています。学生でも、親権者の同意書があれば借入可能と明記されているんですね。

「いや、親権者の同意書が必須なら、親バレするということではないか」と思う人もいるでしょう。その通りで、どうしても親に内緒でキャッシングしたいという学生さんにとっては、三菱東京UFJ銀行・バンクイックのこのルールでは「事実上借入不可」ということになります。

しかし、それでも「学生借入可能」と明記されている時点で、「他の、明記されていない銀行カードローン」より、学生のキャッシングはしやすいと言えます。他の銀行カードローンの大部分は「学生はキャッシング不可」と明記しているか、学生融資について書いていないか、どちらかですから。

無収入の専業主婦でも借りやすい

また、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の借入資格の、もう一つの有利な点として、「自分の収入がない専業主婦でもキャッシングをしやすい」という点があります。具体的には配偶者の同意書を提出しなくても、借りられるということです。

配偶者の同意書というのは「夫・旦那の同意書」のこと。銀行カードローンの中にはこの提出が必須となっているものがありますが、これだと、上の学生の「親権者の同意書」と同様に「必ず夫バレ・旦那バレする」ということなのです。

当然ですが、キャッシングが夫バレ・旦那バレしても平均…という専業主婦の女性はなかなかいないでしょう。そう考えると、「夫バレ・旦那バレしないで借りられる」という条件を満たしている三菱東京UFJ銀行・バンクイックは、「専業主婦にとって、キャッシングがしやすい銀行カードローン」といえるわけです。

みずほ銀行カードローン

2番目におすすめするのは「みずほ銀行カードローン」です。具体的にどのような理由でおすすめなのか、みずほ銀行カードローンのメリット・長所をまとめていきます。

バンクイックよりも0.6%安い低金利

まず、みずほ銀行カードローンの利点は「低金利」ということ。銀行カードローンは全体的にどれも低金利なのですが、その中でも、みずほ銀行カードローンは特に低金利となっています。

たとえば先程の三菱東京UFJ銀行・バンクイックと比較すると、それぞれの上限金利は下のようになっています。

  • みずほ銀行…14.0%
  • 三菱東京UFJ銀行…14.6%

このように「0.6%」の金利差があるわけですね。これはもちろん、「三菱東京UFJ銀行が高金利」ということではありません。バンクイックの上限金利は、「銀行カードローンの標準レベル」なのです。

その「標準的な銀行カードローンの金利」と比較しても、みずほ銀行カードローンの上限金利(一般的なキャッシングで適用される金利)は、大幅に安くなっているわけですね。

専業主婦が夫・旦那の同意書なしで借りられる

これは先に書いた三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」と同じメリットですが、無収入の専業主婦がキャッシングする時、夫・旦那に内緒で借りやすいというのがみずほ銀行カードローンのメリットです。理由もバンクイックと同じで「夫・旦那の同意書の提出が不要」ということ。これは「内緒でキャッシングしやすい」というメリットにもつながりますが、「提出書類を用意する時間が不要なので、急ぎでお金を借りやすい」というメリットにも発展します。

土日キャッシングができないのが難点

このように「低金利」「専業主婦のキャッシングで有利」などのメリットがあるみずほ銀行カードローンですが、唯一のデメリット・短所は「土日キャッシングに対応していない」という点です。

三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・新生銀行レイクなど、「土日・祝日でも最短即日審査に対応」している銀行カードローンはいくつかあるのですが、みずほ銀行カードローンは残念ながら「土日・祝日の最短当日借入は、まったく不可能」となっているんですね。その分低金利になっているのですが、「休日のキャッシング」をしたい人には、使えないということです。

楽天銀行スーパーローン

3番目におすすめするのは、楽天銀行スーパーローン。メガバンクのみずほ銀行・三菱東京UFJ銀行と違い、新しいネット専業銀行ならではの特徴があります。

専業主婦の借入可能金額が最大50万円と、大きい

まず、楽天銀行スーパーローンのメリットとしてよく指摘されるのが、「専業主婦が最大で借りられる金額が大きい」ということ。他の銀行カードローンでは「どれだけ増額されても30万円まで」ということが多いのですが、楽天銀行スーパーローンでは、最大で50万円まで、借入枠が増額される…という風になっています。

もちろん、これはその専業主婦の女性のクレジットスコア(信用度)によるので、誰でも50万円まで借りられる…というわけではありません。特に初めてキャッシングする時には「10万円~30万円程度が一番多い」と思ってください。

ただ、何にしても「最高借入金額が大きい」ということは、それだけ「専業主婦が信用されている借入先」ということでもあります。決して審査基準が甘くなったりゆるくなったりするわけではありませんが、「専業主婦のキャッシングについて、理解がある」ということは言えるでしょう。

土日・祝日でも最短即日借入できる

先ほど紹介したみずほ銀行カードローンは、土日キャッシングができませんでした。しかし、楽天銀行スーパーローンは土日・祝日の最短即日キャッシングについても、まったく問題なく対応しています。

土日・祝日だけは、即日借入には楽天銀行の口座が必須という条件になっていますが、そもそも楽天銀行の口座を持っている人でなければ、楽天銀行スーパーローンでのキャッシングは考えないはずなので、この点は特に問題ないでしょう。

土日・祝日の最短即日審査の受付時間ですが、大体平日と同じく午前中には審査申込みをしておいた方がいい…といえます。もう少し遅くても(たとえば14時などデモ)間に合うという口コミ・評判はありますが、どんなトラブルが起きるかわからないので、念のために午前中に申し込むようにして下さい。

学生の融資は明記されていないが、おそらく借りやすい

また、楽天銀行スーパーローンのメリットとして「学生がキャッシングしやすい」と言われています。これも評判・口コミによるもので、事実かどうかはわかりませんが、大体合っていると言えるでしょう。

というのは、楽天銀行自体が、非常に若い銀行なので、若年層を取り込む必要があるということ。ネット専業銀行である楽天銀行は、実店舗もATMも持っていません。そうした銀行は高齢者の方々にとっては、まったく利用できない(する気が起きない)ので、自然と「若年層を味方につける」しかなくなっていくのです。

もちろん、これは楽天銀行が不便なわけではなく、何時の時代も、どんなサービスについても、高齢者の方々は適応できないのです。(脳が老化する以上、これは仕方がありません)

こうした背景を考えると、銀行カードローンの審査でも、楽天銀行は学生など、若い世代に対して好意的になる傾向があるわけですね。もちろん、それで審査がゆるめになるとか、甘めになる…ということはありません。ただ、「他の銀行カードローンよりも、学生の借り入れに対して理解がある」ということです。

人気の銀行カードローン・ランキングまとめ

以上、特におすすめな銀行カードローンのランキングを、上位3つに絞って紹介して来ました。最後に補足をしていきます。

ベスト3以外では、新生銀行カードローン レイクもおすすめ

ここまで書いたベスト3以外の銀行カードローンでは、「新生銀行レイク」がもっともおすすめです。おすすめな理由を箇条書きすると、下のようになります。

  • 消費者金融と同じく最短30分で審査できる
  • 毎日夜9時程度まで、最短即日審査している
  • 土日・祝日でも最短当日キャッシングできる
  • 審査通過率が高い
  • 無利息サービスがもっとも充実している

このように、非常にメリットが多いのですが、特に大きいのは「最短当日借入がしやすい」という点です。

借りやすさ、審査スピードの早さはダントツ

大手の銀行カードローンの中で「借りやすさ・審査スピード」のランキングを作るなら、トップに入るのは間違いなく新生銀行カードローン レイクです。そのくらい、最短当日キャッシングがしやすくなっています。

  • 審査の所要時間の短さ
  • 受付時間の長さ
  • 審査通過率の高さ
  • 特定の銀行口座が不要という条件
  • ローンカードを発行できる時間の長さ

これらのどの条件をとっても消費者金融とまったく遜色ないか、むしろ消費者金融より上なのです。特に最後の「ローンカードの発行」については、アコム・プロミス・アイフル・モビットなどの消費者金融が「21時から22時程度まで」なのに対して、新生銀行レイクは「24時程度まで」可能となっています。

つまり、ギリギリで審査完了した後、「それからゆっくり、レイクのローン契約機に向かっても間に合う」というわけですね。消費者金融だとギリギリの場合「自動契約機で、審査結果が出るのを待ち構えていなければいけない」となるわけです。こうした点で比較すると「新生銀行レイクは、むしろ消費者金融より最短即日借入がしやすい」という側面もあるのです。

以上、このように最短即日キャッシングで有利な新生銀行レイクも含めて、三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行・楽天銀行などのカードローンを、ぜひチェックしてみて下さい。

銀行系カードローンガイドに関連するその他の記事