銀行系カードローンガイド

「銀行系カードローンガイド」のコンテンツ

銀行カードローンはスマホ(ネット)で簡単申し込みが当たり前

ネットでキャッシング

「簡単キャッシング」というフレーズは、中小業者や地方銀行なども含めて、多くのカードローンの公式サイトでよく見られます。このフレーズの通り、実際にキャッシングの審査はネットで簡単にできるようになっています。

  • 郵送
  • 来店
  • 電話

このような「面倒な作業」が全て無しで借りられるので、「キャッシングをしたいけど、手続きが面倒なのは嫌だ」という人でも、ストレスなく借りられるでしょう。

電話は、自分の携帯と勤務先にはかかる

「ネット審査なら電話もなし」ということを上に書きましたが、正確には最低限の電話だけはあります。

  • 本人の携帯への確認電話
  • 会社への在籍確認の電話

という2種類ですね。すべての消費者金融・銀行カードローンがそのルールでやっているというわけではありませんが、大体この2つの電話だけは必須となっています。

ただ、電話口でいろいろ質問されたり、電話で審査するということはないので、そういう意味で「電話もなしで、ネット審査のみで借入可能」と言われているわけですね。

「電話審査」について

電話審査というのは、もうピンと来ない世代の方もいるかも知れません。私が大学時代に学生専用ローンでお金を借りた時には、この電話審査を受けました。

簡単に言うと「電話で面接をする」ようなものだと思ってください。基本的な収入・職業などは聞かれますが、下のようなことまで、根掘り葉掘り聞かれました。

  • 家族構成
  • 父親の収入
  • 父親の勤務先・役職
  • 母親の仕事・収入
  • 兄弟の職業
  • 自分の給料日
  • 現在のアルバイトのシフト

…と、まだたくさんあったのですが、とにかく「少しでも役立ちそうな情報は全部聞き出す」というような勢いでした。これを電話でするわけなので、家族や勤務先の人など、誰かに聞かれたらまずい、と緊張しながら審査することになります。外でやるにしても、やはり緊張しますからね。

ということで、電話審査というのは私の経験談からすると、非常に面倒なのです。それが無しで借りられる大手の消費者金融のキャッシング審査というのは、本当に便利だと思います。

提出書類はメールなので、郵送は不要

郵送なしという部分を読んで「身分確認資料などの提出書類を郵送しなくていいのか?」と思った人もいるかも知れません。これは、パソコンのメールや、携帯電話の写メで送信するので、郵送の必要はないのです。ファックスは基本的に受け付けていないようです。鮮明に写せないので、偽造がしやすいですからね。

(『闇金ウシジマくん』でも、運転免許証を偽造して消費者金融から借りまくって逃げる…という悪役の手口が描かれていました)

このように必要書類を提出する時でもメールでできるので、郵送は不要なのです。業者・ブランド・銀行の側からローンカードを送ってくることはありますが、これも自動契約機・無人契約機・ローン契約機で発行すれば、郵送で受け取る必要はありません。

土曜日・日曜日・祝日・夜間の最短即日キャッシング

ここまで書いた通り、キャッシングの審査というのは割と簡単な手続きでスムーズにできるものです。しかし「それは平日のお昼の話であって、土曜日・日曜日・祝日・夜間などは難しいのでは?」と思う人もいるでしょう。土曜日・日曜日・祝日・夜間だと、普通の会社のサービスでも、利用できないことが多いですからね。

しかし、この点もまったく問題ありません。消費者金融にしても銀行カードローンにしても、キャッシングは土曜日・日曜日・祝日・夜間でも平日とほぼ同様にできるようになっています。(銀行カードローンは多少不利になりますが)

土日キャッシングが、平日の借り入れと変わる部分を書くと、まず「カード発行が必要になる」という点です。

土曜日・日曜日・祝日・夜間は「カード発行」が必要

土曜日・日曜日・祝日だけでなく、平日の夜間もそうですが、このような銀行が閉まっている日時の最短即日借入は、ローンカードの発行が必要という条件になっています。銀行が閉まっている以上、銀行振り込みによって借り入れすることができないからですね。

銀行振込を使えないということは「ATMから現金で直接借りる」しかないわけです。そのためには「ATMを操作するカード」が必要になります。それがローンカードということですね。

土曜日・日曜日・祝日・夜間だと、店舗で発行できない

もし有人店舗が開いている日時であれば、別に無人契約機・ローン契約機などで発行しなくても、有人店舗の窓口で発行する…という選択肢もあるでしょう。しかし、土曜日・日曜日・祝日・夜間は、消費者金融の有人店舗も閉まっています。

「じゃあ、郵送で」というのも当然無理です。郵送で「その日中にローンカードを受け取る」なんていうのは不可能ですからね。速達でも一日かかります。

となると、「その日中にローンカードを受け取って、ATMで借り入れする」ためには、「自動契約機・ローン契約機でカード発行をする」というのが、唯一の方法になるわけです。だから、土曜日・日曜日・祝日・夜間に最短即日キャッシングをしたい場合には、借り入れの流れとして「自動契約機に行く」ことも、計算しておく必要があるわけですね。

営業時間・移動時間を計算する

当然ですが、まず「無人契約機・自動契約機まで移動する時間」というのが必要になります。東京などの都市部に住んでいる方は割と近くに、目当ての消費者金融のローン申込機があるでしょう。しかし、田舎の方だと「車で30分や1時間走らないと、見当たらない」ということが多いです。

そして、消費者金融のローン契約機は「21時~22時」で閉まることが多いので、それに間に合うように移動時間も計算して申し込む…ということが必要なのですね。

(要は、できるだけ早く申し込みしておけば、一番いいということですが…)

ネットのカードローン審査の提出書類は?

どんな手続きでも必要書類や、必要なものがありますが、カードローンの審査をネット完結でする場合は、どのような書類が必要になるのか…それをまとめていきます。

基本的に「身分確認資料」だけ

キャッシングの審査をネットでする場合は、「本人確認資料」を提出するだけで借入可能…というのが基本です。本人証明書類というのは、具体的には下のような書類です。

  • 住民基本台帳カード
  • マイナンバー
  • 各種健康保険証
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 在留カード
  • 外国人登録証明書

最後の「在留カード」「外国人登録証明書」については、やや特殊な例なので、普通の人には関係ありません。(いわゆる在日韓国人・朝鮮人の方など、あるいは英会話講師などの外国人の場合のみ、必要なものです。在日韓国人の方などは、別に全く珍しくないですね)

この中で一番キャッシングの審査で信用されるのは「運転免許証」です。審査項目の中にも「運転免許証はあるか」という内容があるくらいです。なので、もし運転免許証をすでに取得しているのであれば、それを提出するのが一番いいでしょう。

50万円以上の借り入れなら「収入証明書」も必要

本人確認資料だけで借入可能という部分を読んで「収入確認資料は要らないのか?」と思った人も多いでしょう。これは、消費者金融でキャッシングする場合は、下のような2つのケースでのみ、必要になります。

  • その消費者金融での借入金額が50万円を超える
  • 他社も含めた借入総額が、100万円を超える

この2通りに(どちらかに)該当するようであれば、収入証明書が必要となります。逆に言えば、少額借り入れの場合は、完全に本人証明書類だけでOKというわけです。

自営業なら、金額に関係なく必要

ただ、例外もあって、下のような職業・属性に該当する「独立系」の方々は、キャッシング金額に関係なく、必ず年収確認資料を提出する…という条件になっています。

  • 個人事業主
  • 会社代表者
  • 法人経営者
  • 自営業
  • 商店主
  • フリーランス

要は「自営業」ということですが、個人事業主・自営業は収入が不安定ですし、人によっては確定申告書を確認しない限りは、そもそも本当に事業をしているのかどうかもわからないということで、年収証明書をチェックする必要があるわけですね。

年収証明書の具体例としては、下のような種類になります。

  • 源泉徴収票
  • 年金証書
  • 支払調書
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 青色申告決算書
  • 収支内訳
  • 納税通知書
  • 課税証明書

まだいろいろありますし、同じ収入確認資料でも呼び名が違っていたりしますが、何はともあれ、迷ったら、とりあえず確定申告書・納税通知書・源泉徴収票あたりを出せばOKと思っておいて下さい。カードローン審査では基本的に「一番メジャーな書類を出す」というのが、審査に通りやすくなるのです。

(要は普通の常識のある人として振る舞う…というのがいいわけですね。審査する側も、見慣れた書類の方が作業が早くなりますし)

ネットのキャッシング審査・まとめ

以上、ネットのキャッシング審査についてまとめてきました。ここまで書いた通り、提出書類や必要書類も少なく、WEBのみで申し込めるということで、現代のカードローン審査は、非常に簡単になっています。

パソコンでもスマートフォンでも、簡単にできる

補足しておくと、ネット申込みというのはパソコンはもちろん、スマートフォンやタブレット(iPhone・iPad)などの端末でもできるようになっています。もちろん、ガラケー(フィーチャーフォン)でも申し込みできます。

スマートフォンだと、特にアイフル・SMBCモビット・プロミスなどの大手の消費者金融は「専用アプリ」を持っているので、アプリの指示に従いながら操作するだけで、簡単に審査の申し込みができるようになっています。

ネットが使える人なら、ネット申込みが圧倒的に有利

ネット申込み以外の方法でも、カードローン審査はたとえば「自動契約機・店舗窓口・郵送・電話審査」…などの方法でできるようになっています。しかし、これらの方法は、ネットを使える世代の方であれば、もうほとんど使っていません。高齢者の方々などが郵送を使うくらいで、あとはせいぜい無人契約機・ローン契約機での申し込みがあるくらいです。

これらの方法も便利なのですが、やはりキャッシングの審査はWEB完結が圧倒的に便利なのですね。その理由はここまで書いてきた通りです。

家族バレ・親バレなどのリスクもないので、学生や家庭に入っている女性などにもおすすめです。ぜひチェックしてみて下さい。

銀行系カードローンガイドに関連するその他の記事