初めてのキャッシングガイド

「初めてのキャッシングガイド」のコンテンツ

キャッシングどこで借りる?消費者金融の選び方、選ぶポイントはこれ!

おすすめのイメージ

お金を借りたいけど、キャッシングをどこでするか…。と迷っている方も多いでしょう。申し込みの便利さを重視するのであれば、消費者金融が一番キャッシングをしやすいのでおすすめです。その消費者金融の中でも、さらにどういう基準で借入先を選ぶべきか…ということを説明していきます。

「30日間無利息」かどうかで決める

できるだけ低利息・低金利なキャッシング業者で借りたい―。という方は多いでしょう。そうした方には、30日間無利息で借りられるキャッシングブランドをおすすめします。これは文字通り「最初の1ヶ月の利子がまったくゼロになる」というものですが、これによって「短期間で完済するのであれば、銀行カードローンよりも低利息になるくらい」なのです。

アコム・プロミス・アイフルは、30日間無利息

そのような「30日間無利息」のサービスがあるキャッシングブランドは、アコム・アイフル・プロミスとなっています。プロミスで30日間無利息のキャッシングをするには、メールアドレス・WEB明細利用の登録が必要なので、その点のみ注意してください。

アイフル・アコムの場合は、初めてアコム・アイフルを利用する方のみ…という条件になっています。要は「初回のみ」ということです。ただ、大抵の人はアコム・アイフルのどちらかは初めて利用するはずなので、この点は特に問題ないでしょう。どちらでもいいので、初めて借りる方法を選んでください。

プロミスだと「初回のみ」ではなく「ポイントを貯めれば、繰り返し30日間無利息にできる」という大盤振る舞いのサービスになっています。もちろん、ポイントを貯めるにもそれなりの時間はかかりますが、「とりあえず、完済した後も長期間契約を残しておいてもいい」という人であれば、その期間にポイントが貯まっていくので、また30日間無利息で利用するチャンスができます。

ノーローンなら「何度でも1週間無利息」

「30日間無利息」とは違いますが、ノーローンにも「何度でも1週間無利息」という独特の無利息キャッシングがあります。これの便利な点は、すぐにわかった人もいるかと思いますが、給料日前などの「ちょっとだけお金を借りたい」という時に役立つということです。

つまり少額・短期間の借り入れに対するサービスに、特化しているシステムということですね。1週間で2万円だけとか、5日で1万円だけとか、そういう少額・短期間の借り入れをする時に、非常に便利なサービスということです。

また、ノーローンは審査スピードが大手の消費者金融の中でも一番早いということで、有名。他の大手の消費者金融の「最短30分」より更に早く「最短20分」で審査できるようになっています。

SMBCモビットは無利息期間がない

無利息キャッシングで借入先を選ぶ場合、唯一不利になるのがSMBCモビット。というのは、SMBCモビットには(この記事の執筆時点で)無利息キャッシングのサービスがないからです。

今後追加されていくかもしれないので、この記事を読んでいただく時には、すでに30日間無利息などのサービスがあるかも知れません。ただ、とりあえずこの時点ではないので、低利息や無利息での借り入れを希望する方には、ここまで書いてきた4つの消費者金融(アコム・ノーローン・アイフル・プロミス)をおすすめします。

「審査スピード」で決める

次にキャッシング先を選ぶポイントは、審査スピードでしょう。スピードキャッシングはすべての消費者金融が得意とする分野ですが、その中でも特にスピード借入がしやすい消費者金融を紹介していきます。

SMBCモビットは「10秒で簡易審査結果表示」

無利息サービスについては不利なSMBCモビットですが、スピード審査に関しては、大手の消費者金融の中でほぼナンバーワンといっていいでしょう。というのは、「10秒で簡易審査結果表示」という、独自のシステムがあるからです。

キャッシングの経験がある人だと「ああ、あの借入診断・お試し診断とかいうやつでしょ」と思うかもしれません。それだったら確かに、他の消費者金融も「3秒診断・1秒診断」などをやっています。

しかし、SMBCモビットの10秒簡易審査は、すべての審査情報を送信する、ほぼ本審査に近い本格的な審査なのです。入社試験などでいうと、書類選考のようなものですね。その結果がわずか10秒で出る…というわけです。

この10秒簡易審査の後の本審査でする作業というのは、下のようなものです。

  • 勤務先への在籍確認の電話
  • 本人の携帯への確認電話
  • 本人確認資料のチェック

というものです。身分証明書については、偽造していないかぎり大丈夫ですし、携帯電話の確認も、電話の電源が入っていれば大丈夫です(何か審査されるわけではありません)。

職場への在籍確認の電話も、その職場に本当に勤務しているのであれば、まったく問題ないので、つまり、本審査の作業は、何かやましいことがある人とでなければ、大体通るものなのです。

ということは、10秒簡易審査の結果は、限りなく本審査で出る最終的な結果に近い…とわけですね。そのように、大体自分が審査に通るかどうかが即時にわかる…というのがSMBCモビットの魅力なのです。

「最短30分」の審査は、みんな同じ

スピード審査に関して突出しているのはSMBCモビットですが、その他は大体同じです。審査の所要時間はみんな「最短30分」で、融資・説明などもろもろの手続きもすべて終えるまでの時間は、大体最短60分程度…という風になっています(念の為補足ですが、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合がありますので、100%絶対60分というわけではないので気をつけてください。)

強いて言うなら、アコム・プロミスは、最短当日審査の受付時間が22時までということで、ノーローン・SMBCモビット・アイフルよりも長くなっています。(これら3つの消費者金融は21時まで)

という点では、特にギリギリで審査申込みする時などは、アコム・プロミスを選ぶべき…と言えるかも知れません。

ノーローンは「最短20分」で審査可能

審査の所要時間に関しては、先にも少し触れた通り、ノーローンが唯一「最短20分」となっています。10分の違いではありますが、最短30分でも十分早いのに、それがさらにスピーディーになるというのは、驚異的ですらあります。

ただ、口コミ・評判によればノーローンは他の消費者金融に比較してやや審査通過率が低いようです。こうした口コミ・体験談がどこまで本当かは不明ですが、仮にそうだとしたら、自分の信用度(クレジットスコア)に自信がないという方は、SMBCモビット・アイフルなど、他の消費者金融にした方が安全かもしれません。

「ATMの利用手数料」で決める

その他の消費者金融の選び方としては「ATMの利用手数料が有料か無料か」…という点も挙げられるでしょう。この点ではプロミス・SMBCモビットが他の消費者金融よりリードしています。その理由を説明していきます。

プロミスは「三井住友銀行ATM」が無料

まずプロミスですが、三井住友銀行のATMが、借入・返済ともに無料…となっています。もちろん、プロミスが自社で持っている専用ATM(街中で見かけるプロミスの看板の建物の中にある)も、無料で利用できます。

三井住友銀行ATMを使えるメリット・長所は、プロミスのATMに入る恥ずかしさがないということ。プロミスのATMはおしゃれなので、それほど恥ずかしく無いですし、そもそも人間はあまり他人のことなど見ていないので、別に気にする必要はないのですが…。それでも気になるという方はいるでしょう。

そうした方でも、三井住友銀行ATMだったら当然気兼ねなく使えるはずです。そこで利用手数料がかからないわけですから、これほど便利なサービスはありません。

SMBCモビットも三井住友銀行ATMが利用できる

また、SMBCモビットもプロミスと同じく三井住友銀行ATMを利用手数料なしで使うことができます。以前のSMBCモビットは「期間限定」となっていたのですが、その期間限定が解除されて、現在は恒久的に、三井住友銀行ATMが無料で利用できるようになっているようです。

これもやはりプロミスと同じく「SMBCモビットのATMに入らなくても、三井住友銀行ATMで無料で借入・返済できる」というのがメリットだといえます。消費者金融に対する世間の悪いイメージはどんどんなくなっていますが、やはりまだ一抹の恥ずかしさが残る…という方には、SMBCモビットやプロミスがいいでしょう。

その他は「自社ATM」が無料

その他の消費者金融、アコム・アイフル・ノーローンについては、無料になる提携銀行ATMはありません。また、提携コンビニATMについては、どの消費者金融でも現時点では(この記事の執筆時点では)借入・返済ともに有料となっています。

唯一、アコムは楽天銀行のオンラインバンキングでの返済・借入がいつでも無料というメリットがあります。ただ、楽天銀行はATMは持っていないので、街中での借入・返済を無料でできる…というわけではありません。

(楽天銀行の口座の引き出しが無料でできるATMはあるので、間接的にはできるということですが…)

消費者金融の選び方・まとめ

以上、消費者金融をどういうポイントで選ぶべきか…という選び方を説明してきました。基本的には「アコム・アイフル・SMBCモビット・プロミス・ノーローン」の5つの消費者金融であれば、大体どこでもいいのですが(いい意味で大差がないのですが)、最後に再度、ポイントを説明しておきます。

一番重要なのは「30日間無利息」

やはり、もっとも重要なのは「30日間無利息」です。これまでも書いてきた通り、これによって銀行カードローンよりも低利息になるわけですから、このサービスを利用しない手はないでしょう。

(銀行カードローンより安くなるのは、5ヶ月程度です)

この視点から行くとSMBCモビットは不利ということになりますが、「すぐに審査結果を知りたい」という方は、これもやはり先に書いた通りの理由で、SMBCモビットがいいといえます。

30日間無利息の中では、プロミスが一番有利

そして、「30日間無利息でキャッシングできる消費者金融」の中では、プロミスが一番有利と言えます。理由は下の通りです。

  • 初回のみではなく、何度でも利用できる
  • 三井住友銀行ATMを無料で使える

特に大きいのは後者です。無料で借入・返済できる場所が多ければ多いほど、小まめに臨時返済する習慣がつくので、それによってどんどん早期完済が近づいていきます。

もちろん、このメリットはSMBCモビットでも同様にあるわけですが、30日間無利息で借りられるという条件も加えると、やはりプロミスの方が有利なわけです。

また、「借り入れがしやすいと、追加借入を繰り返していつまでも借入残高が減らない」という指摘もあるかも知れません。もちろん、そうした方もいるでしょう。

しかし、それを言い出すと「スマホは楽しいけど、使いすぎて中毒になるから良くない」とか「ケーキは美味しいけど太るから良くない」とか、「スポーツは楽しいけど、怪我のリスクがある」とか、何でも言えるわけです。結局「メリットだけのものなどない」ということですね。最終的には、人間次第なのです。

特に「消費者金融の専用ATMに入らなくていい」という点で、三井住友銀行ATMが使えるのは明らかに有利ですから、これプラス30日間無利息で借りられるプロミスは、消費者金融で一番おすすめだといえます。

初めてのキャッシングガイドに関連するその他の記事