初めてのキャッシングガイド

「初めてのキャッシングガイド」のコンテンツ

キャッシングおすすめ人気ランキング!みんなが使っているのはどこ?

人気NO.1

消費者金融と銀行カードローンの両方を含めて、キャッシングの人気ランキングベスト3を紹介します。これからお金を借りようとしている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

プロミス

消費者金融の中で、総合的に一番サービスが優れている…という口コミ・評判が多いのはプロミスです。

  • 30日間無利息でキャッシングできる
  • 実質年率が一番安い
  • 三井住友銀行ATMで無料で借入・返済できる

などのメリットがあります。以下、それぞれ具体的に説明していきます。

30日間無利息で借りられ、通常金利も一番低金利

プロミスは、30日間無利息という無利息サービスを提供しています。アコム・アイフルが提供している「初回30日間無利息」との違いは、初回だけではなく、ポイントを貯めることで、繰り返し30日間無利息をのサービスを利用できるという点にあります。

(あと、申込み時にメールアドレス・WEB明細利用の登録が必要なので、それも忘れないようにして下さい)

何度でも利用できるということで、とりあえず完済した後も契約だけ残しておき、またいつかお金が必要になった時に利用する…という使い方もあります。

もちろん、借り過ぎたり、キャッシングに頼ってしまうことが怖い…という人は解約すればいいですし、要は「そういうシステムがある以上、どちらでもお客さんが自由に選べる」ということです。これは非常に便利なことだといえます。

また、30日間無利息のシステムだけではなく、通常金利でも一番安いというのがプロミスの魅力。

  • プロミス…17.8%
  • 他の消費者金融…18.0%

…という風になっています。0.2%という僅差ではありますが、それでも実質年率(金利)が一番安いことは確か。このため金利・利息の面で、消費者金融で最強なのは、プロミスと、物理的に断言できるのです(この記事を書いている時点では、ですが)。

三井住友銀行のATMで、借入・返済が無料

さらにプロミスでキャッシングするメリットとして、三井住友銀行のATMが、手数料無料で利用できる…という点が挙げられます。(
ちなみに同じ大手消費者金融系サービスのモビットも三井住友銀行のATMが無料になっています。)

他の消費者金融は、アコムが「楽天銀行なら手数料なし」というメリットはありますが、楽天銀行はATMがないので、やはりプロミスの方が便利です。

消費者金融の専用ATMに入る恥ずかしさがない

三井住友銀行ATMを使えることの何がいいかというと「台数が多い」というのもあるのですが、アコム・アイフルなどと違い、消費者金融の専用ATMに入ってく恥ずかしさがないということです。

私は消費者金融というビジネスが好きですし、多重債務者だったころ、消費者金融の自社ATMに入るのはもう慣れたので、別にそれほど恥ずかしいことだとは思いません。

しかし、アイフルのトップセールスマンだった笠虎崇氏が、新卒で入社後初めてアイフルの支店に仕事で行った時、一緒にエレベーターに乗り合わせた人(同じビルの他のオフィスに行く人)がいて、思わずこう思ったそうです。

(僕、アイフルの社員なんです。アイフルでお金を借りに来た訳じゃないですから…!)

一年目からトップセールスマンになったほどモチベーションの高かった方でもそう思うくらい、消費者金融の支店に行くとか、自動契約機やATMに入る…ということは、やはり恥ずかしいんですね。

もう20年ほど前のエピソードなので、現代ではその感覚もだいぶ薄れているでしょう。とは言え、やはりまだ一抹の恥ずかしさがあるのは事実で、三井住友銀行のATMやローン契約機を使えるプロミスは、その恥ずかしさがないという点で、極めて有利だといえます。

楽天銀行スーパーローン

2番目におすすめするのは楽天銀行スーパーローンです。理由とメリットを最初に箇条書きすると、下のようになります。

  • 銀行口座があれば、土日・祝日でも最短即日借入できる
  • 専業主婦のキャッシングの審査で提出書類が一番少ない
  • おまとめ・借り換えの審査にも積極的である

以下、これらの楽天銀行スーパーローンのメリットについて、詳しくまとめていきます。

楽天銀行の口座があれば、土日・祝日でも最短即日借入可能

すでに楽天銀行の口座を持っている人であれば、楽天銀行スーパーローンだったら、土日・祝日でも最短即日キャッシングをすることができます。

消費者金融だったら土日キャッシング可能というのは当たり前ですが、大手の銀行カードローンだとみずほ銀行カードローン・横浜銀行カードローンなどが対応していないように、「土日借入ができるだけでもメリット」なのです。

専業主婦の提出書類が少なく、一番借りやすい

さらに楽天銀行スーパーローンが優れている点は、自分の収入がない専業主婦のキャッシングも可能で、しかも必要書類が一番少ないということ。自分の身分確認資料を提出するだけで借入可能…というケースが多くなっています。

もちろん、最終的にどれくらいの提出書類が必要になるかは、その専業主婦の女性の信用度によって千差万別となっています。しかし、それでも口コミ・評判を見る限り、本人確認資料だけで借入可能となった専業主婦の女性は、一定数いるようです。

そのように必要書類が少なくて済むということは、ギリギリの場面で書類の準備に手間取って最短即日借入ができなくなる…というトラブルも回避できるわけです。そのような点でも、特に専業主婦の女性がキャッシングする時は、楽天銀行スーパーローンでお金を借りるメリットがあるといえます。

おまとめローンにも積極的

また、楽天銀行スーパーローンは借り換え・おまとめの審査についても非常に積極的です。決して多重債務の一本化だからといって、審査が甘くなる・ゆるくなるということでは、もちろんありません。

ただ、普通の銀行カードローンより、借金の一本化に対して理解があるので、当落線上ギリギリという場面では、他の銀行カードローンよりも審査に通りやすくなるかもかも知れない…ということです。

楽天銀行スーパーローンは当然消費者金融よりかなり低金利なので、消費者金融での複数の借り入れを楽天銀行スーパーローンでまとめる…というだけでも、大幅に低金利になります。

(たとえ借入総額が100万円を超えていなかったとしても、です。消費者金融同士だと、100万円以上のおまとめ総額でなければ、大体低金利にはなりませんからね)

アイフル

ランキングの3位としておすすめするのは、アイフルです。消費者金融の代名詞とも言える知名度の高いキャッシング会社ですが、以下、アイフルの借り入れのメリット・長所をまとめていきましょう。

初回30日間無利息でキャッシングできる

これはランキング1位のプロミスの部分でも触れましたが、アイフルは「初回30日間無利息」でお金を借りることが可能となっています。こうして最初の1ヶ月の利息がなしになると、実は、最初の4ヶ月から5ヶ月程度の期間、銀行カードローンでお金を借りるよりもアイフルで借りた方が、合計の利子総額が安くなるという意外なシステムになっているんですね。

つまり、最初の1ヶ月でアイフルに生じた利子総額のリードを、銀行カードローンが埋めて追いつくまでに、4ヶ月か5ヶ月という期間がかかる…というわけです。

それ以後は逆転して、銀行カードローンの方が低利息になるわけですが、高額キャッシングをしていない限り、5ヶ月経過する頃には、借入残高はかなり減っています。つまり、銀行カードローンの方が低金利であろうと、利息差はほとんどなくなっている…ということですね。

というわけで、実はアイフルのように30日間無利息でキャッシングできる消費者金融は、「金利・利息の面でも銀行カードローンに勝つ」ということなのです。意外かも知れませんが、消費者金融というのは「最短即日キャッシングがしやすい」というだけのサービスではないんですね。

審査通過率が大手の消費者金融の中でも高め

また、アイフルでお金を借りるメリット・長所として、「大手の消費者金融の中でも特に、審査通過率が高い傾向が見られる」という点が指摘できます。

審査通過率は、同じ業者・銀行でも時期によってまったく違うものですし、借入超過者・多重債務者の方々など、「審査落ちして当たり前」という方々の申し込みもかなり混ざっていますから、あまり宛てにはなりません。それでも、口コミ・評判を見る限り「アイフルの審査通過率は、全体的に高い」ということは言えそうです。そのため、特に審査通過しやすいキャッシングブランドで借りたい…というような方は、大手の消費者金融の中でもアイフルを選ぶといいでしょう。

女性専用の「SuLaLi」もある

アイフルが持つ、大手の消費者金融の中でも珍しいメリット・長所としてSuLaLi(スラリ)という、女性向けローン・レディースキャッシングを持っている…という点が指摘できます。

SuLaLiが特徴的なのは、借入可能金額10万円と、極めて少額に設定されているということ。これによって、借りすぎて多重債務者になったり、紛失・盗難した時に不正利用されて大金を失う…というリスクがなくて安心できるわけですね。

また、SuLaLi(スラリ)はカードのデザインも非常にオシャレなので、若い女性が財布の中に入れていても、テンションが下がるどころかむしろ上がっていき、日常生活を楽しむ上でもメリットがあると言えます。

キャッシングの人気ランキング・まとめ

以上、プロミス・楽天銀行スーパーローン・アイフルと、特に人気ランキングの上位に上がりやすい消費者金融・銀行カードローンの、メリット・長所をまとめてきました。最後に、これらのランキング以外の内容を補足していきます。

銀行カードローンだったら、メインバンクで借りるのもおすすめ

もし「銀行カードローンで借りる」とすでに決めている人であれば、楽天銀行スーパーローンのようなキャッシングでもいいのですが、普段使っている銀行のカードローンを利用するという選び方もおすすめです。

メインバンクだと、普段の口座の利用実績によって審査に通りやすくなるという利点もありますし、その後の借入・返済もかなりやりやすくなりますからね。

もちろん、借り入れがしやすいと「ついつい追加借入を繰り返してしまい、いつまでも借入残高が減らないのでは?」という危惧もあるでしょう。これはまったくその通りですが、これを言うと、自動車を持っていると、交通事故に遭うのでは?とか、包丁を使うと指を切るのでは?…というように、人間は何もできなくなってしまうんですね。

「借り入れが便利」というのは確かに本人に金銭感覚や自制心のレベルによって、リスクもあります。しかし、それ以上に「返済が便利」なことによって早期完済でき、最終的な利子総額が安くなる…というメリットの方が断然大きいと私は考えます。大きいだけでなく、起こる確率もそちらの方が高いといえます。

なんだかんだいって、日本人の大部分は堅実なのです。消費者金融やクレジットカードの利用で延滞・滞納をしている人は、全体のごくわずかであり、借入・返済が便利なサービスでは、それが「良い方」に出るのが、日本人の平均的な姿なのです。

専業主婦など、属性によっても変わる

また、どの銀行カードローン・消費者金融がおすすめかというランキングは、そもそも「その人の職業・属性によっても変わる」ということがいえます。

たとえば、自分の収入がない専業主婦だったら、ここでおすすめしてきたプロミス・アイフルについては、最初から借入資格がないわけです。そのため、今回のランキングの中では楽天銀行スーパーローンが一番いいし、あるいは他の銀行カードローンがいい…という風になるわけですね。

逆に学生だと銀行カードローンは借りにくいので、ランキングにしても楽天銀行スーパーローンより、モビット・アコム・ノーローンなどを入れた方がいい…という風になります。

ブッダが対機説法(相手に合わせて話す)大事さをいつも説いていたように、結局「どの金融機関やキャッシングがベストかは、人による」ので、諸条件を比較しながら、ご自身にあったものを選んでいただくのがいいでしょう。

初めてのキャッシングガイドに関連するその他の記事