今すぐ借りたい即日キャッシング

「今すぐ借りたい即日キャッシング」のコンテンツ

【現金がない】今すぐキャッシングでお金を借りたい人の緊急・最短即日融資法

現金

現金がなくて、今すぐお金を借りたい―。ということは誰にでもよくあるものです。そのように現金を今すぐ借りたいという時には、消費者金融がおすすめ。「クレジットカードの現金化」などには、絶対に手を出さないようにして下さい。

消費者金融以外の選択肢は、ない

今すぐ現金を借りたい―。という時の選択肢は、基本的に消費者金融以外にないと思って下さい。これは別に消費者金融の宣伝ではなく、物理的な事実です。理由を箇条書きすると下のようになります。

  • 目的は「今すぐ借りる」ことである
  • 今すぐ必要な金額は、大抵少額である
  • 少額なら、高金利でも影響はない
  • だから、審査スピードだけを重視するべき

そうしてスピードキャッシングができるかどうかで比較すると、銀行カードローンと消費者金融では、比較にならないレベルで、消費者金融が有利なのですね。これはファーストフードと高級店の勝負のようなもので、それぞれの存在意義・ビジネスドメインが違うのですから、当たり前なのです。

すでにクレジットカードのキャッシング枠があるならいいが…

例外として、すでにクレジットカードのキャッシング枠を持っている…という場合があります。クレジットカードというのは、ショッピングで使うことが多いですが、それとは別に「現金で直接借りる」ための「キャッシング枠」もあるんですね。

人によっては、申請していなかったり、信用度(クレジットスコア)が足りなくて、キャッシング枠をつけてもらえなかったり…という理由で、キャッシング枠がないこともあります。そのため、誰もが使える方法ではありませんが、もし現時点でクレジットカードのキャッシング枠がまだ余っているようであれば、それを使うのが「今すぐ現金を借りる」方法のベストです。

消費者金融なら「最短60分」で、土曜日・日曜日・祝日・夜間でも借入可能

「今すぐお金を借りたい」という時、アコム・SMBCモビットなどの消費者金融ほど強い味方はいません。

  • 最短30分で審査完了でき、全体で最短60分
  • 土曜日・日曜日・祝日や夜間でも最短当日キャッシングできる
  • 最短即日融資にはこの銀行口座が必要などの条件もない

ということで、最短即日借入をしやすいありとあらゆる条件がそろっています。そのために運営されているサービスですからね。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

10万円~30万円は借りられる

一口に現金がない、お金を借りたいといっても、その金額は人によって千差万別でしょう。とりあえず、大手の消費者金融では10万円から30万円程度は、ほとんどの人が借りられるようになっています。借入限度額の大体の目安を書くと、職業・属性別に下のようになります。

  • 学生・シフトの少ないアルバイト…10万円
  • フルタイムのアルバイト・若い会社員…30万円
  • ある程度勤続している会社員・OL・公務員…50万円

ここですべて細かく書くことは無理なので、多少大雑把ではありますが、大体このような融資枠になっています。「若い会社員」といっても、たとえば東証1部の上場企業などに勤務している場合は、新卒でもいきなり50万円借りられる…ということもあります。わかりやすく言うと、トヨタ自動車とか電通、リクルートなどの社員さんですね。

学生だと、かなりアルバイト収入があっても10万円が最初の限度額…と思って下さい。学生はとにかく精神的に不安定なので、まずは少額を融資してみて、金銭感覚がまともかどうか、チェックする必要があるからです。

消費者金融で借りるデメリットはない

意外かも知れませんが、消費者金融でお金を借りるデメリットというのは、ほとんどないのです。たとえば「消費者金融でキャッシングすると、個人信用情報に傷がつく」などと思っている方もいるかも知れませんが、こうしたイメージは大半が「勘違い」です。それを説明していきます。

個人信用情報でも、マイナスにはならない

個人信用情報は、一般的な日本人のイメージと違います。標準的なイメージだと「借金をした時点でマイナス」となるでしょう。その感覚でとらえているため「消費者金融で借りると、個人信用情報の評価が下がる」となるわけですね。

しかし、個人信用情報とかキャッシングの世界の常識は逆なのです。借金をしない人が偉いのではなく「借金して、返済する」人が偉いのです。もっと言うと、「借りても、すぐに完済して利息をほとんど払ってくれない」というような人は「あまりありがたくない」のです。(世間では、こういう人ほど立派だと思われていますし、確かにそうですが、キャッシングの世界では、評価が逆になるのです)

つまり、消費者金融で借りているということ自体は善でも悪でもなく、そこで延滞・滞納することなく、コツコツ返済しているかどうかということなのですね。まじめに返済しているようなら、「この人は、借りて利息を払ってくれる、非常にいい利用者だ」ということで、むしろ個人信用情報的に「プラス」になるのです。

半年で完済すれば銀行より安く、1年ならほぼ同じ

さらに意外なメリットとして、最初の半年程度は、実は消費者金融の利子総額の方が、銀行カードローンよりも安い…という点が指摘できます。これはキャッシングの知識がある人だったら、あちこちのキャッシングの情報サイトですでに既読の情報かも知れません。(既読と書くと、とっさにラインを連想する方が多いでしょうが)

細かい利息シミュレーションはここでは省きますが、大体一般的な銀行カードローンの「14.5%」という金利で借りると、最初の5ヶ月は、利子総額の安さで「30日間無利息の消費者金融」に追いつけないんですね。30日間無利息で借りられる消費者金融というのは、アコム・プロミス・アイフルのことですが、これらの消費者金融の方が、実は低利息なのです。

1年経っても、それほど変わりません。最初の半年で、かなり返済できているから、消費者金融・銀行カードローンの金利差がほとんど影響しなくなっているのです。もちろん、借入総額が大きければ半年を過ぎても借入残高が多いので、金利差が大きく影響します。

というわけで「高額・長期間」を借りるのでなければ、実は消費者金融は「全然金利が高くなどない」というわけです。

厳しい取り立てなどもない

消費者金融でキャッシングすると、遅延・延滞をしただけでヤクザが取り立てに来る…などと思っている人は、今ではさすがにいないでしょう。しかし、「しつこく電話がかかって来る」とか「督促のハガキがどんどん来る」などというイメージはあるかも知れません。

しかし、これらは全部間違いです。今の消費者金融で、強引な取り立て・厳しい督促というものは、一切ありません。理由は下の通りです。

  • 東証1部の大企業が運営しているので、イメージを最重視する
  • 1件でも厳しい取り立てをして、それが社会問題になったら、何千億円の大打撃

ということです。この好例は武富士でしょう。かつては創業者の武井保雄氏が、世界で5番目の資産家になったこともあるくらい、圧倒的な売上を誇っていました。しかし、強引な取り立てが社会問題になって、今では倒産。武富士は跡形もなくなっています。

今の消費者金融にとって、強引な取り立てをして得るものなど、何もないわけですね。ひたすら失う一方です。有名になるとか、一部上場するというのは、そういうことです。もちろん当然良いことと言えます。

クレジットカードの現金化は絶対にNG

現金がない人でも「クレジットカードのショッピング枠はあるんだけどな…」ということは多いでしょう。そういう人がよく考えるのは「クレジットカードの現金化」です。実は、私も一度まじめに利用しようとして、電話をかけて問い合わせたことがあります。

なので、そういう申し込みをする方の気持ちはわかりますが、クレジットカードの現金化業者にだけは、絶対に手を出してはいけません。電話すらしないようにしてください(彼らの話術も危険なので)。

法外な手数料を取られる

クレジットカードの現金化の何がいけないのかというと、とにかく手数料が法外ということです。相場などないに等しい業界なので千差万別ですが、たとえば「10万円につき2万円」などの金額です。つまり、下のような流れですね。

  • 彼らから、10万円の商品を買う
  • その商品を、すぐに彼らに返す
  • 正確には別の業者で、リサイクルショップに売ったような形
  • その業者から「8万円」が渡される
  • 2万円が、現金化業者の取り分になる

このような流れです。ここで重要なのは自分が手にした金額は8万円なのに、クレジットカードでは「10万円」利用したことになっているということ。もちろん、システム上当然なのですが、「2万円損しただけではなく、10万円分の利息も、これから払っていかないといけない」わけですね。どう考えても、踏んだり蹴ったりの搾取なのです。

(いわゆる貧困ビジネスというものですね)

しかも、規約違反でカードが強制解約になることも

さらに最悪なのが、クレジットカードの現金化は利用規約に違反しているということ。もしクレジットカード会社にバレたら強制解約になる危険性もあります。

クレジットカードが強制解約になったら、これは5年間はブラックリストに載ります。正確にはブラックリストというものはないので、個人信用情報のことですが、その5年間、新しいキャッシングやクレジットカードの発行などは一切できなくなる、というわけですね。

電子マネーにチャージすれば、現金と同じ効果がある

クレジットカードの現金化に限りなく近いやり方で、しかも合法&安全…というやり方があります。それが「電子マネーへのチャージ」です。たとえばnanacoや楽天Edyなどですね。

電子マネーは、コンビニやデパートなどで使えます。特にnanacoであれば税金や保険料の支払いでも使えます。保険料や税金などの支払は、現金でなければできないもののトップですが、それがクレジットカードのチャージによってできるのです。つまり、間接的にクレジットカードで税金を払っているようなものなのですね。

しかも、この方法は「クレジットカードのチャージ&nanaco利用時」のダブルでポイントが貯まるのです。実は「普通に現金で納税するよりお得」なのですね。そのため、お金に余裕がある人ほど、むしろ積極的にこのテクニックを使っているくらいです。

(詳しくは、クレジットカードの情報サイトでチェックしてみて下さい)

また、先に書いた通りスーパーやコンビニ・量販店でも使えるので、食費などの買い物をすべて電子マネーにすれば、とりあえず現金の出費はかなり減らせます。クレジットカードが使えないお店でも、電子マネーだったら使える…ということはよくありますからね。

(私の近所だと、ホーマックというホームセンターがそうです。楽天Edyは使えます)

現金がないので、すぐに借りたい時・まとめ

以上、電子マネーへのクレジットカードのチャージなどの裏ワザも含めて、現金がなくてすぐにお金を借りたい人に、役立つ知識・情報をまとめてきました。最後に特に精神的に重要なポイントを書いていきましょう。

とにかく焦らないこと

まず、最重要なのはこれです。別にキャッシングとか現金の不足に限った話ではないのですが、どんな時でも「焦らない」「生きることを喜ぶ」というのが大事です。

これは、想像を絶する借金を背負って乗り越えてきた方々の体験談を見てもわかることです。有名人なら、さだまさしさんなどは、つい最近30億円の借金を、数十年がかりでようやく完済したところですし、『借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記』という本で有名な金森重樹氏などは、多額の借金を背負った時ほど、ぐっすり眠って冷静な判断をするべきと書いています。

「いやいや、無理でしょ」と思う人もいるかも知れませんが、実はリーダー論でも、その他の哲学や心理学の本でも、何を見ても同じことが書かれているのです。どうも、世界というのはそれほど深刻なものではなく、それを知っている人は、大体うまくいくようなのですね。

(私も小心者なので、知識としてしか理解できていませんが)

何はともあれ、多少お金がなかったり、支払いができなかったりしても、慌てないことです。日本で、それが原因で命をとられるようなことは、絶対にないわけですから。

大抵の支払は、数日の遅延なら何の問題もない

私は実は、この2年間程度、何度かクレジットカードの返済に遅れています。長い時は1週間は遅れたはずです。

それで、個人信用情報にもばっちり記録されていると思っていたのですが、先日開示請求したら、少なくともCIC(シーアイシー)の記録では、全部「予定通り返済」となっていました。

そして、三年前に1ヶ月返済に遅れて、強制利用停止となったクレジットカードも「強制解約」という記録にはなっていませんでした。(お客様の都合により、この月は入金なし、という記録だけでした。いわゆる「A」マークです)

というように、個人信用情報という一番権威のあるデータを見ても「数日の遅延など、一切問題ない」…という可能性があるわけです。

もしかしたら、私が利用しているクレジットカード会社がゆるいだけかも知れませんし、借入金額なども影響するかもしれないので、一概にはいえません。しかし、「とりあえず、自分を苦しめるほどのピンチではない」というのは、理解していただけるかと思います。

今すぐ借りたい即日キャッシングに関連するその他の記事