今すぐ借りたい即日キャッシング

「今すぐ借りたい即日キャッシング」のコンテンツ

今日中に1万円を借りたい!少額希望の最短即日融資のおすすめは?

1万円を借りたイメージ

今日中に1万円借りたい…、というケースは、人生の中で山のようにあるでしょう。一人暮らしの大学生などはしょっちゅう、ヘタすると毎月でしょうし、もしかすると高校生ですら「1万円借りたい」などと思っているかも知れません。

そんな身近な?1万円のキャッシングですが、今日中に、あるいは今すぐ借りたいという場合は、アコム・プロミス・アイフルなどの消費者金融で申し込むのがいいでしょう。

また「とにかく急ぎ」というのではなく、「今日中」ということで、しかもまだお昼であれば「不要品の売却をして、1万円用意する」という方法もあります。

どのくらい急ぎで借りたいのか?

上で「不要品の売却」について触れましたが、「1万円をとにかく今日中に借りたい」という時はまず、どのくらい急ぎなのかを考えてください。上に書いた通り「今日中」ということであれば、不要品の売却でもいいのです。ただ「数時間以内」などとなると、不要品の売却では間に合いません。

数時間で借りるなら、消費者金融しかない

数時間程度で1万円用意しないといけない…ということであれば、もう消費者金融しかありません。こういう場面で銀行カードローンを選ぶ必要はないといえます。

  • 1万円という「超少額」なので、金利差は関係ない
  • 銀行カードローンは最短即日借入がしにくい
  • 消費者金融は逆に、非常に申し込みやすい

ということです。もちろん、この消費者金融の「申し込みやすい」というのは、審査がゆるいという意味ではありません。あくまで土曜日・日曜日・祝日でも最短即日審査をしているなど「システム面」の話です。

SMBCモビット・アイフル・ノーローンなどの大手の消費者金融だと、審査時間は最短30分か最短20分、すべての手続きを入れても最短60分でお金を借りることができます。これは「最短」ですが、平均でも2時間程度でキャッシングすることができるので、数時間以内に1万円を用意したい…というような緊急の場面では、やはり消費者金融がベストなのですね。

半日~1日でもいいなら、不要品の売却も検討

もしもっと時間に余裕があって、半日程度かかってもいい…というのであれば、不要品の売却で1万円作り出す…という方法もありでしょう。1万円程度なら、ほとんどの人の部屋にある不要品を売却すれば、何とかなるはずです。

仮に不要品の売却だけではどうにもならなくても、たとえば5000円用意できたら、後5000円は家族から借りる…などの方法もあるでしょう。「1万円貸して」だと難しくても、「5000円貸して」だったら、割と頼みやすいはずです。

売却は売値が不明なので、消費者金融が確実

何にせよ、不要品の売却のデメリット・短所として「いくらで査定・買い取りしてもらえるかわからない」という点があります。売値が不明…ということですね。

そのため、確実にその日中に1万円用意しなければならない…という時には、やはり消費者金融でキャッシングした方がいいのです。

1万円は、ほぼ無利息に等しい

消費者金融でお金を借りるのに抵抗がある人というのは、大体「消費者金融は高金利」と思っているからでしょう。あるいは「強引な取り立てや督促をする」というイメージを持っているかも知れません。しかし、1万円を現代の消費者金融で借りるという場合、このイメージは2つとも間違っています。

  • 1万円は1ヶ月借りても、150円の利息しかかからない
  • 1万円の取り立てで騒ぐのは、ヤミ金くらいである

特に後者については、東証1部上場のアイフル・アコムなどの大手の消費者金融が、1万円の取り立てで騒ぐわけがないというのは、小学生でもわかるでしょう。ヤミ金でも、最低でも3万円くらいは貸していないと騒いだりしません。(騒ぐのもエネルギーが要るからです)

1ヶ月借りても、わずか「150円」の利息

上に書いた通り、大手の消費者金融の金利だと、1万円を1ヶ月借りて、150円の利息しかないのです。当サイトでは繰り返し書いていますが、「1500円」ではなく「150円」です。おそらく、消費者金融に悪いイメージを持っている人は、1万円借りると、1ヶ月で1000円くらいの利息をとられると勘違いしているでしょう。実は、私も初めてキャッシングをしようとした時は、そう思っていたものです。

(そのため、クレジットカードの現金化の方が安いと思って、最初にそちらに電話したくらいです。本当に危ない所でした)

確かに昔の法定金利は109.5%と、現代の法定金利「18.0%」の5倍以上の高金利でした。この金利だと確かに「消費者金融は高利貸」というイメージが根付いたのも、仕方ないでしょう。

しかし、今ではジャパンネット銀行やオリックス銀行のカードローンなどが、消費者金融とほぼ同じ金利であるように、「消費者金融・銀行カードローンの差が、ほとんどないレベル」まで低金利になっているのです。「消費者金融は金利が高い」というのは、完全に昔話であり、都市伝説になりつつあるんですね。

レイクなら、半年間「5万円」まで無利息

消費者金融をさかんにおすすめしてきましたが、銀行カードローンでも、1万円程度の最短即日借入に向いている借入先があります。新生銀行カードローン レイクです。

理由は5万円まで180日間無利息というサービスによって、ほぼ確実に無利息でキャッシングできるということ。もっと大きい金額を借りるのであれば、絶対に無利息とは言えませんが、何しろ「1万円」なので、「ほぼ確実に無利息で全額返済できる」と言っていいでしょう。

(1万円を、半年かかっても返済できないというのは、現代の日本人では、少々あり得ないはずです。ヤミ金から借りたなら別ですが)

ということで、たとえ150円でも利息を払いたくない…という人は、新生銀行カードローン レイクをおすすめします。銀行カードローンではありますが、消費者金融のようにスピードキャッシングをしやすいので、「今日中に1万円を借りたい」というニーズでも、しっかり応えてくれます。

消費者金融でも、初月は無利息で借入可能

先に新生銀行カードローン レイクの無利息期間について書きましたが、消費者金融も「初回30日間無利息」でキャッシングすることができます。アコム・アイフルは初月のみ、プロミスはポイントを貯めれば初月+何度でも…という条件で、30日間無利息になります。

(あと、プロミスはメールアドレス・WEB明細利用の登録も必要条件になっています)

ということで、1ヶ月で完済できるめどが立っていれば、新生銀行カードローン レイクでなくても、消費者金融でもいいでしょう。また、さらに1週間で返済できる自信があれば、ノーローンでも「何度でも1週間無利息」というサービスがあるので、これを利用するのもありです。

(30日間無利息で借りられるプロミス・アコム・アイフルは、もっと高額キャッシングが必要になる時に備えて、とっておく…という計算です)

審査通過には「10万円」レベルの信用度が必要

1万円のキャッシング…というと、審査もかなり簡単になるイメージがあるでしょう。しかし、押す銀行カードローンのキャッシングでは、「最低の融資枠が、10万円から」となっています。これはつまり、最低でも、10万円融資できる程度の信用度(クレジットスコア)がある人でなければ、1万円借りる権利も与えられないということです。個人レベルの貸し借りとは、この辺が違うわけですね。

大手の融資枠は、最低「10万円」から

当たり前ですが、SMBCモビット・アイフルなどの大手の消費者金融が「1万円」とか「5万円」というような少額の借入枠を利用者に与えていたら、システムの維持費だけがかかって、ひたすら大赤字になってしまうわけです。

そのため、最低でも10万円の限度額は設定しないといけないわけですね。なので、1万円の最短即日借入であろうと、「10万円レベルのクレジットスコアを持っている必要がある」ということです。

「1万円」レベルの審査は、学生専用ローンなら可能

もしどうしても「1万円だけの借入枠が欲しい」ということであれば、学生さんであれば「学生専用ローンで借りる」という選択肢があります。これは学生ローンの業者さんによるのですが、「文字通りの1万円単位」で融資している、小規模な業者さんもあるからです。

ただ、そうした学生専用ローンの貸金業者は、大抵東京(それも高田馬場)に集中していますし、大阪や名古屋ですら、ほぼ借入不可です。1万円程度の少額となると、大抵は対面審査になるので、このような超高額借入ができる人は、学生さんでも少数派…と思って下さい。

レディースローンなどの街金は要注意

中小業者の小口キャッシングについて書くと、特にレディースローン・レディースキャッシングを謳っている街金業者については、注意が必要です。ほとんどはもちろん、良心的な業者さんなのですが、中にごく一部、反社会勢力が経営する風俗店とつるんでいる、あるいはそもそもグループの系列である…という貸金業者があります。

こうした「レディースローン」の目的は、当然「女性を返済不能にして、風俗店のスタッフに回す」ということです。最初から「返済など期待していない」ということですね。人材確保のために、レディースキャッシングの事業をしている…というわけです。

「マクドナルドが、実は不動産業」というのはビジネスの世界では有名な話ですが、看板に掲げている本業と、利益を上げるためのビジネスモデルが違う…ということは、よくある話なのですね。

1万円を今すぐ借りたい時・まとめ

以上、1万円を今日中、あるいは今すぐにキャッシングしたい…という人のための情報や注意点をまとめてきました。最後に「これだけは借り入れの前に押さえておきたい」という要点を整理していきます。

他社借入がなければ、消費者金融なら大体OK

1万円というのは、高校生でも貸し借りしているかもしれないくらい、圧倒的に小さい金額です。そのため、何千億という単位でお金を動かしている大手の銀行カードローン・消費者金融にとっては、ハッキリ言って「一円玉」のようなものなのです。

そのため、他社借入が現時点でない人であれば、少なくとも消費者金融であれば、かなりの確率で審査に通る…と思ってください。なので、あまり複雑に考える必要はないということですね。「急ぎで借りて、急いで返済して、何事もなかったかのように、日常生活に戻る」というのがベストです。

(というより、1万円を借りている状態も、普通に日常生活と言ってまったく問題ないのですが…)

大手の方が中小業者より、安心だし早い

学生専用ローンやレディースローンなど、一部中小の消費者金融の話もしてきました。これらの話題でわかったと思いますが、中小のキャッシング業者というのは、少々危険なのです。もちろん、ほとんどのキャッシング業者が良心的な経営をされているというのは、間違いありません。しかし、それでもごく一部、悪質業者が存在している…というのも事実なのです。

そうした現状がある以上、やはり万が一にでも彼らに引っかかるリスクを避けて「大手の消費者金融で借りるようにする」というのが、一番安全だといえます。提携コンビニATM・提携銀行ATMでの借入・返済ができるなど、大手ならではのメリットも多いので、安全性だけでなく、利便性を見ても、やはりプロミス・SMBCモビットなどの大手の消費者金融で借りるべきでしょう。

今すぐ借りたい即日キャッシングに関連するその他の記事