学生・フリーターキャッシングガイド

「学生・フリーターキャッシングガイド」のコンテンツ

【アルバイトでもお金を借りられる】バイト・フリーター向けキャッシング

アルバイトでお金を稼ぐ

キャッシングは「アルバイト対応可」が基本です。つまりアルバイトや、パート・フリーターでも申し込めるということです。ここでは、そのような非正規雇用の方々でもキャッシングできる業者・ブランド・銀行の中で、おすすめをを紹介していきます。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

まず、大手の銀行カードローンの中で特におすすめなのが、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」です。理由は下の通りです。

  • 土曜日・日曜日・祝日でも最短即日キャッシングできる
  • 三菱東京UFJ銀行の口座を保有していなくてもOK
  • 学生でもアルバイト収入があれば借入可能

以下、それぞれの理由とメリットを詳しく解説していきます。

土曜日・日曜日・祝日・夜間でも最短即日借入可能

アルバイトの方でも、その他の職業・属性の方々でも、やはり土曜日・日曜日・祝日や夜間などの緊急の場面で急ぎでお金を借りたい!ということは多いでしょう。そのような時、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」のように「土曜日・日曜日・祝日・夜間でも最短即日借入ができる」というシステムになっていると、非常に安心です。

プロミス・SMBCモビット・ノーローンなどの消費者金融は、どこも土曜日・日曜日・祝日・夜間でも最短即日審査に対応しています。しかし、銀行カードローンだとそうは行きません。

銀行カードローンは、夜間の最短即日審査は対応していないことがほとんどですし、土曜日・日曜日・祝日の最短即日借入になると、昼間でも全日借入不可…ということがよくあります。三菱東京UFJ銀行と同じメガバンクである、みずほ銀行カードローンですらそうです。

このように、土曜日・日曜日・祝日・夜間のキャッシングがしにくい大手の銀行カードローンの中で、それができるバンクイックは貴重であるといえます。

三菱東京UFJ銀行の口座がなくてもOK

銀行カードローンの審査情報の特徴として、その銀行口座を持っていないと最短即日借入ができないことがある…という点が挙げられます。しかし、バンクイックについては三菱東京UFJ銀行の口座を持っていなくても、最短当日借入が可能となっています。

これは特に、口座開設をできない土曜日・日曜日・祝日などに、極めて役立ちます。オリックス銀行・楽天銀行など、土曜日・日曜日・祝日のキャッシングには対応しているけど、それぞれの銀行口座を持っていないといけない…という条件の銀行カードローンも存在します。もちろん、こうした条件キャッシングでも土日融資に対応しているだけ便利なのですが、それでもやはり、口座なしで平日でも土曜日・日曜日・祝日でも最短即日借入できる…という三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」のシステムの方が、便利であることは間違いありません。

学生のアルバイトでも借入可能

また、銀行カードローンは学生は借入不可という所が割と多いのですが、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は学生であろうと、20才以上で自分の収入があるという審査情報を満たせば融資可能となっています。

そのため、フリーターの方々のようにフルタイムに近いくらい働いているアルバイトの方々でなくても、学生程度のシフトでも、借り入れできるようになっている…ということです。

ただ、一つデメリット・短所として指摘できるのが、「学生がバンクイックでお金を借りるには、親権者の同意書が必要」ということ。親権者の同意書をもらうということは、100%親バレするということです(勝手に親権者の同意書を偽装するのは不可能ですからね)。

このような理由から、どうしても親に内緒でないとキャッシングできないという学生さんだと、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」では融資不可ということになりますが、それ以外の学生さんや、その他の職業・属性の方々であれば、バンクイックはおすすめであると言えます。

プロミス

プロミスも、アルバイトの方々のキャッシングの借入先として、非常に人気があるキャッシングブランドです。ここでは、アルバイトの方々にとっても、その他の身分の方々にとっても共通する、プロミスでお金を借りるメリットをまとめていきます。

銀行カードローンよりも審査通過率が高い

当たり前ですが、消費者金融である以上、プロミスは一般的な銀行カードローンよりも、審査通過率が高くなります。そのため、アルバイトのようにやや不利な職業・属性の場合は、「確実に審査に通りたい」と思う時は、プロミスなどの消費者金融で申し込む方がいいわけです。

もちろん、アルバイトでも、クレジットスコア(信用度)が高い人なら銀行カードローンの審査に問題なく通るので、そうした自信がある方の場合は、プロミスなどの消費者金融にしなくても大丈夫です。

しかし、少しでも自分のクレジットヒストリーなどに不安がある方、あるいは何が何でも今日中にお金を借りたい…というような方は、プロミスおよびその他の大手の消費者金融を選ぶべきでしょう。

三井住友銀行ATMが手数料なしで利用可

プロミスのメリットとして、三井住友銀行ATMが利用手数料なしで使える…という点が指摘できます。これは同じように三井住友銀行グループのSMBCモビットも同じですが、提携銀行ATMが無料で利用できるのは、この記事の執筆時点では、大手の消費者金融ではSMBCモビット・プロミスのみです。

もちろん、プロミスの専用ATM・自社ATMも手数料なしで利用できるので、三井住友銀行ATMと合わせて、相当広範囲で利用できる…ということになります。これだけ手数料がかからないATMが多くなると、少しでもお金に余裕がある時、臨時返済をすることがまったく苦でなく、返済のモチベーションも上がっていくでしょう。

やはりキャッシングで利息総額を小さくする方法は、一番は早期完済をすることですが、それをするために必須である「小まめな臨時返済」が、プロミスだと自然にできる…といえます。

繰り返し「30日間無利息」で借入可能

さらにプロミスは、「繰り返し30日間無利息で借りる」ことができます。アコム・アイフルなども「初めての借り入れだけ」だったら30日間無利息でキャッシング可能ですが、プロミスはポイントを貯めることによって、何度でも繰り返し30日間無利息で借りられる…というわけですね。

アルバイトの方々は、特に日払いや週払いでお給料をもらっている場合は、最初の1ヶ月でもかなり返済できるでしょう。そうして1ヶ月で完済する…あるいは、完済までいかなくても「大部分を返済する」ということができたら、プロミスだとほとんど利息がかからない…というわけです。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンも、アルバイトの方々におすすめできるキャッシング先の一つです。言わずと知れたメガバンクであるみずほ銀行が提供しているカードローンなので、特に普段からみずほ銀行を使っている方は、アルバイトでもその他の職業・属性でも、ぜひおすすめしたいカードローンです。

大手の銀行カードローンの中でも、特に低金利

みずほ銀行カードローンのメリット・長所はまず、大手の銀行カードローンの中でももっとも低金利なグループであるということ。そのグループというのは、みずほ銀行カードローンも含めた下の3つの銀行カードローンになります。

  • みずほ銀行…14.0%
  • イオン銀行…13.8%
  • ソニー銀行…13.8%

どのくらいの基準から「大手の銀行カードローン」と認めるかにもよりますが、とりあえず誰もが大手の銀行カードローンと認識するレベルの規模の銀行カードローンでは、これら3つの銀行カードローンが最も低金利になっています。

この一覧の上限金利がどのくらい低金利かは、一般的な銀行カードローンの上限金利が「14.5%」前後であることを考えれば、理解していただけるかと思います。

アルバイトでも10万円~30万円なら借入可能

このように低金利な銀行カードローンだと、相当審査が厳しいのでは…と腰が引けてしまう方もいるかも知れませんが、みずほ銀行カードローンは、アルバイトでも、10万円か30万円程度までは借りられるようになっています。

一口にアルバイトといっても、当然月収をどのくらい稼いでいるか、今の勤務先のどれくらいの年収、連続して勤務しているか…というような勤続年数・月数などのデータによって、審査通過率はまったく異なってきます。

また、審査通過率だけでなく借入限度額をいくらに設定してもらえるか…という与信枠の部分でもやはり諸条件によって大きな差がつきます。とりあえず、最高借入枠の大体の目安としては、下のようになると思って下さい。

  • 月収7万円前後のアルバイト…10万円
  • 月収10万円前後のアルバイト…20万円~30万円

これはあくまで「一つの目安」であり、実際にはかなり前後します。同じ月収でも勤続年数によってまったく審査結果は異なりますし、さらに同じ勤続年数・月数でも、勤務先の信用度によってまた、借入限度額は変わってきます。

そのため、みずほ銀行カードローンで、アルバイトの方々がいくら借りられるか…ということはなかなか断言できないのですが、とりあえず上の数字を一つの基準にしてみてください。

普段からみずほ銀行を使っている人は、特におすすめ

特にアルバイトの方々の中でも、普段から使っているメインバンクがみずほ銀行…という方の場合、みずほ銀行カードローンは特におすすめだと言えます。これは下の2つの理由から言えます。

  • 借入・返済がしやすい
  • 口座の利用実績によって審査に通りやすくなる

借入・返済がしやすいというのは、言うまでもないでしょう。普段の用事でよくみずほ銀行に行くわけですから、そのついでに借入・返済ができる…というわけですね。

「ついでに借り入れができてしまうと、ついつい借りすぎるので不安…」という方もいるかも知れません。確かにその通りですが、大部分の人はそれ以上に、小まめに臨時返済できるようになって、むしろ早期完済できるというメリットの方が大きいと言えます。

また、後者の口座の利用実績についてですが、たとえば給与の振込先がみずほ銀行の口座だったりすると、その口座の動きを見て、確かに架空の人間ではない…ということがわかるわけです。消費者金融でも銀行カードローンでも、反社会勢力が架空の人間を仕立てあげてたくさん借り入れをし、それでわざと自己破産して逃げる…という悪質な手口があるんですね。

しかし、普段使っている銀行であれば、その口座の利用実績によって「そのような架空の人間でない」ということが確認できるので、信用度が高くなるわけです。

アルバイト対応可能な借り入れ先・まとめ

以上、アルバイトのキャッシング審査にも対応可能な消費者金融・銀行カードローンを紹介してきました。最後にアルバイトの方がお金を借りる時に特に重要なポイントをまとめていきます。

20才以上だったら、大体借入可能

アルバイトをしていて、年齢が20才以上であれば、消費者金融でも銀行カードローンでも基本的に借入可能です。もちろん、下のような条件に該当していたら、アルバイトの方でもキャッシングはできなくなります。

  • 月収が少ない(5万円未満など)
  • ブラックリスト入りしている
  • 現時点で他社借入を延滞・滞納している
  • 半年以内に、その業者・ブランド・銀行で審査の申し込みをしている
  • 勤続年数・月数が短かすぎる
  • 不安定な勤務先である

このような条件が揃っている、あるいはいくつか、どれかに該当している…という場合は、残念ながらアルバイトの方でもキャッシングできなくなります。

しかし、ここに書かれている、たとえば「ブラックリスト入り」などは会社員・OL・公務員の方々でも「絶対に審査に落ちる」条件になるので、アルバイトの方だから厳しくなるということはありません。

というように、「かなり悪い条件」でなければ、アルバイトの方でも問題なくキャッシングができる…ということです。これからお金を借りたいと思っているアルバイトの方々は、安心して気軽に申し込んでみて下さい。

学生・フリーターキャッシングガイドに関連するその他の記事